Casio fx-JP900 (その3)

  更新 2015/08/05

fx-JP900
fx-JP900 は、なかなかエポックメイキングな新製品で、高精細液晶(黒液晶)の採用と日本語表示、CPUの高速化というハードウェアの大きな進化が見られます。

実は、fx-JP900 の1つ前のモデル fx-995ES は、ソフトウェアにおいて関数電卓としての新機能搭載と重要な改善が多くなされ、関数電卓としての大きな進化を遂げたモデルと言えます。但しデザインや主要なハードウェアは fx-993ES に近いもので、fx-JP900 への移行モデルだった、と言えます。fx-995ES は、そのソフトウェア改善だけをとっても、エポックメイキングなモデルだと思っていました。

そんな fx-995ES を経て、ハードウェアが大幅に更新され1つの完成形としてJP900 が登場しました。当然ながらソフウェアについては、多くは fx-995ES を踏襲していますが、3桁区切り記号の追加など重要な改善もみられます。

fx-JP900 のソフトウェア上の新機能のなかで、統計計算での四分位数計算の追加、グラフ関数電卓には既に実装されているが関数電卓に初めて搭載された表計算機能があります。表計算については、Casio fx-JP900 (その2) で取り上げています。今回は、四分位数について、そしてCPUの高速化を見るために積分計算について取り上げます。

fx-JP900 は単なる関数電卓ですが、それまでプログラム電卓(グラフ関数電卓)に搭載されていた表計算が搭載されたこと、高精細液晶が搭載されCPUも高速化されたことから、近い将来のプログラム電卓への展開が気になるので、多くの文字数を使って取り上げています。

以下は、Casio fx-JP900(その2)の追記部分の後半の分量が多くなったので、別エントリーにしたものです。


全般的な操作系
fx-995ES、fx-993ES そして fx-5800P まで遡っても、fx-JP900 はキー配置の共通性が高いので、戸惑うこと無く操作できるのが有り難いです。ここにも、過去からのユーザーの継続利用を十分考慮したカシオらしさが現れています。


四分位数と箱ひげ図 - 統計とCLASSWIZ [2015/06/04 追記あり]
fx-995ES で初搭載され、fx-JP900/JP700/JP500 にも含まれている四分位数(第1四分位数、中央値、第3四分位数)の計算ですが、四分位数はよく知りませんでした。そこで、ネット検索してみたところ、2012年度から高校の数Iで教えるようになったとあります。不勉強なことに、これをグラフ化した箱ひげ図についても、どこかで見た気がする程度で、よく知りませんでした。

fx-JP900 の QRコード表示機能を使い、CLASSWIZ のWebサービスで箱ひげ図を表示してくれるので、興味を持ちました。
 
ざっと調べてみると、バラツキが大きいデータをざっくり分析するのに、四分位数や箱ひげ図が用いられるらしい。私自身はこれまで本格的とはいかないまでも、多くのデータを解析するのに、標準偏差、分散、二乗平均、平均、移動平均、差分、ヒストグラム、ガウス分布、ポアッソン分布、ワイブル・プロットなどの考え方を使っていますが、これで特に困ることはありませんでした。高校で必修になった四分位数や箱ひげ図は、ビッグデータ時代を反映しているのだろうか?と思い、仕事でも役に立つ可能性を感じたので、ちょっと調べてみました。

面白いことに、極めて多くの高校教科書では間違った記述がなされているらしいことが分かりました。

- 小林道正, データ分析における「「箱ひげ図」の誤解、中央大学論集, 第34号 (2013)

全く異なるヒストグラムを示すデータでも、箱ひげ図は全く同じになることが当然ありますが、箱ひげ図で示される四分位範囲が広いか狭いかで、データの散らばり具合(分散)を論じている点が、誤りだという指摘がなされていて、確かにその通りです。

教科書の著者や検定を行った人が、大きな勘違いをしていたと言うことでしょうか?だとすれば、ちょっとお粗末です。このような教科書で教えられた高校生は気の毒です。但し、現場の先生達はきっと誤りを修正して教えておられることとは思うし、2013年の教科書の誤りは、2015年版では既に改訂されていることを祈ります。

箱ひげ図と散布図を1つのグラフに書き込んで一緒に眺めたら、全体の傾向と特異的なデータを同時に把握できるので、これらの併用が良さそうだと思います。実際のデータ分析を行う時、特に箱ひげ図が役立つ局面がまだよく分からず、個人的にはもう少し勉強してみようとは思います。

但し、電卓のおかげで、良いきっかけをもらいました。プレゼンで話をうまく誘導する目的で使えそうです(但し自分で自分を騙してしまうことには要注意ですね!)。

[2015/06/04 追記]
仕事で色々な技術資料を目にしますが、今回の記事を書いた後、箱ひげ図にお目にかかりました(アメリカ人技術者が作った図です)。過去に箱ひげ図を見た記憶があまり無いのですが、そもそも知らなかったから気がつかなかったのかも知れません。
箱ひげ図 
上で、箱ひげ図は散布図と一緒に書けば、使い物になるだろうと書きましたが、まさに散布図と一緒に描かれています。少ないサンプル数の場合は、このように役立つことが分かりました。散布図だけよりも、箱ひげ図を重ねて描くことにより、中央値やデータの広がりが一目瞭然です。
=== [2015/06/04 追記] おわり ===


CLASSWIZ - グラフ表示のクラウドサービス
CLASSWIZ のWebサービスは、QRコードの表示ができる局面が限られており、主に学習用に考えられているように思います。 式情報をQRコードで渡して Web上でグラフ化するのは、クラウドサービスによる電卓の機能拡張と言え、グラフ描画機能がなくてもグラフが書けることを証明しています。面白いサービスですね。積分した結果をグラフ上の領域で表示するなどが出来れば、さらに面白くなりそうです。

また、電卓の液晶画面上の数式を、クラウドで画像ファイル化するのは、どのような用途を想定しているのでしょうか?


素因数分解

fx-995ES で素因数分解の機能が追加され、fx-JP900 にも搭載されています。fxJP900 では素因数分解が改良され、処理速度が速くなっています。幾つかの素因数分解結果を、fx-995ES、fx-JP900、fx-5800P のプログラム、カシオの高精度計算サイトKe!san で行った結果を一覧にしてみます。

整数fx-955ESfx-JP900fx-5800PKe!san
1,234,567127x(9721)127x9,721127x9721127x9721
98,765,43223x37x(333667)
(1.7秒)
23x37x333,667
(0.4秒)
23x37x333667
(27秒)
23x37x333667
9,516,208,47332x172x(3,658,673)32x172x(3,658,673)32x172x365867332x172x3658673
123,456,78932x(13717421)32x(13,717,421)32x3607x380332x3607x3803

fx-JP900 では、fx-995ES よりも計算速度が大幅に向上しています。

因数分解できない場合は ( ) 付きで表示される仕様で、そこは fx-955ES も fx-JP900 も同じ。fx-995ES は素因数が4桁以上で ( ) 付きになっていましたが、fx-JP900 では素因数の桁数制限が大幅に緩和され、上の例ですと6桁まではOK。

ところで、fx-JP900 の取扱説明書17ページを見ると、素因数が 1,018,081 以上の時は計算エラーになると書かれていますが、上の1つめ、2つめ、3つめの例では、( ) 付きで結果が表示されています。これ以上計算できないが、たまたまそれが素因数だったと解釈すれば良さそうです。( ) 付きの場合は、それが正しいかどうかの保証が無いと言うことでしょう。

4つめの例では、( ) 付きの結果は、さらに因数分解できるが、これ以上計算できないことを示しています。

fx-JP900 では計算速度が速くなったことは、積分計算の速度向上で明かなのですが、計算可能な素因数の桁数が増えた理由に興味があります。計算速度が向上したらたタイムアウト設定を変えただけとは考えにくく、使用するメモリ量を増やしたのかロジックが変更されたとも考えられます。

なお、fx-5800P は自作プログラムで計算していますが、電卓の精度が保証されている10桁以内なら、時間が多少かかっても正しい結果が得られています。精度範囲ならば桁数制限とは無関係に計算するアルゴリズムなので、当然ではありますが、それにしても時間がかかります。桁数制限があっても高速化できないだろうか?と少し考えてみています。
Casio 関数電卓の素因数分解


積分計算
遠藤先生による関数電卓マニア のページで、以下の積分計算をさせてみると、fx-955ES に比べて fx-JP500 で非常に速くなったとの記載があります。
積分1 
そこで、実際に fx-995ES、fx-JP900、fx-5800Pfx-9860GII (ノーマルクロック、29MHz) で、実行時間を比較してみます。
さらに時間のかかる別の積分(下記)も測定してみます。
積分2 
この積分区間の下限は、0 としたいところですが、数値計算をするとき x = 0 の場合に ln x がエラーになるので、電卓の仕様上精度が得られる範囲での最小値(1x10-10)を使っています。

ちなみに積分の式は、fx-JP900 で入力してQRコードを取得し、CLASSWIZのサイトから得た画像です。

機 種積分1
積分1
積分2
積分2
計算結果0.5
fx-995ES25.6秒4.7
241秒
4.9
fx-JP9005.5秒48.7秒
fx-5800P10.1秒1.856.7秒1.2
fx-9860GII1.5秒0.278.4秒0.17

fx-995ES に対して  fx-JP900 は、両方の積分ももぼ同じ比率で高速化されています。
一方、fx-JP900 に対して、fx-5800P と fx-9860GII は、積分1と2で処理時間の比率に差が出ています。積分1では、fx-5800P に比べて、fx-JP900 が大いに健闘していますが、積分2では差が少なくなっています。

この差が何によるのか? 興味はありますが、まだよく分かりません。



関連ページ:
- Casio fx-JP900
- Casio fx-JP900(その2)
- Casio fx-5800P や他の電卓の数値積分
- fx-JP900 と fx-5800P 後継機への期待




応援クリックをお願いします。励みになるので...

人気ブログランキングへ





keywords: fx-JP900fx-5800Pfx-9860GII関数電卓

リンク集 | ブログ内マップ

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

Casio fx-JP900 価格推移

 2015/06/27
  追記 2015/07/13

2015/07/13

落ち着いたようです。

 fx-JP900価格推移20150713 

一体何の騒ぎだったのでしょう?



2015/06/27

なんだか凄いことになっています。

JP900価格推移20150627 
 引用: 価格.com fx-JP900 価格推移


2015/06/18 には最安値で¥3,809 だったものが、翌日には一気に ¥4,643 へ、その後若干下がるも高値維持です。
なんだか急に値上がりしたと話しをしていましたが、これほど激しいかったとは...

akatuki様のブログ「高機能電卓の情報」でのこちらの記事にあるような、ASCII の記事がきっかけで、一気に在庫不足になったのだろうか...




応援クリックをお願いします。励みになるので...

人気ブログランキングへ





keywords: fx-JP900fx-5800Pfx-9860GII関数電卓

リンク集 | ブログ内マップ

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

fx-995ES / fx-993ES / fx-991ES のイースターエッグ

  2015/06/15

fx-JP900 以外の最近のカシオ製スタンダード関数電卓、特にドットマトリックス液晶を備えた機種のイースターエッグ/自己診断機能を、所有している電卓についてもまとめてみます。

発端は、akatuki様によるブログ:高機能電卓の情報の記事、素晴らしい!「CLASSWIZ」の記事 のコメント欄でのやりとりです。fx-JP900 以外のカシオ関数電卓自己診断機能についてもまとめてみます。

自己診断機能を開始させるキーの組み合わせは、fx-995ES、fx-993ES、fx-991ES は全く同じです(fx-JP900 とも同じ)。診断モードでは、液晶表示チェックとキー入力チェックを行う。これら3機種は、同じパターンの青液晶のパネルを使っていて、ドットマトリックスと、その上のインジケータでパターンが構成されています。

なお、fx-JP900 の診断モードで行うキーマトリックスのチェックと電源チェックは、これらの機種では行いません。他の診断モードがあるならば、これを起動するキーの組み合わせがまだ不明です。


fx-995ES / fx-993ES の診断モード
Int_fx-995ES Int_fx-993ES Int_fx-991ES 


診断モードに入るには、[SHIFT]+[7] を同時押ししたまま [ON]を押します。この操作は電源が入っている、入っていないに関わらず有効です。これは、最近のカシオのスタンダード関数電卓でほぼ共通のようです。

診断モードの動作は、fx-995ES と fx-993ES は全く同じです。これらは、診断モードに入ると、

DIAGNOSTIC

Press AC


と表示されます。ここで何もしないと、診断モードを抜けて通常の計算モードに移行します。この表示がされた後、タイムアウトする前に [9] を押すと診断ル-チンが始まります。

fx-991ES は、診断モードに入ると、すぐに液晶チェックが始まります。その後の動作は、fx-995ES / fx-993ES とほぼ同じです。

操作画面出力
0[SHIFT]+[7]+[ON]診断モードに入る
1[9]液晶のインジケータと全ドット点灯
2[SHIFT]液晶のインジケータと全ドット消灯
3[SHIFT]ドット領域外縁の1ドットのみ点灯(枠の表示)、但し中間輝度
4[SHIFT]インジケータ半分、ドットは1つおき(千鳥格子)に点灯、但し中間輝度
5[SHIFT]残りのインジケータとドットを表示
6[SHIFT]ファームウェアバージョン表示、
CPUとメモリチェック(?)
7[AC]コントラストチェック
8[AC]00 と表示 ([AC] のキーチェック?)
9[SHIFT]01と表示、他のキーは受け付けない
10[ALPHA]02と表示、他のキーは受け付けない
11[上矢印]03と表示、他のキーは受け付けない
12[右矢印]04と表示、他のキーは受け付けない
13[MODE/SETUP]05と表示、他のキーは受け付けない
14[CALC]06と表示、他のキーは受け付けない
15[積分]07と表示、他のキーは受け付けない
16[左矢印]08と表示、他のキーは受け付けない
17[下矢印]09と表示、他のキーは受け付けない
18[x-1]10と表示、他のキーは受け付けない
19[log□]11と表示、他のキーは受け付けない
20[分数] ~ [ln] まで順に押す12, 13, 14, 15, 16, 17 と順に表示、他のキーは受け付けない
21[(-)] ~ [Ans] まで左から右、上あら下へ順に押す18 から 48まで順に表示、他のキーは受け付けない
22※)[=]TEST OK

Reset All
Press AC
23[AC]診断モード終了、計算モードへ移行

※) fx-991ES では、出力メッセージの3行目が Press ON となる。
TEST OK

Reset All
Press ON
 



関連ページ:
- fx-JP900 のイースターエッグ - 診断機能
- fx-991MS のイースターエッグ - 診断機能
- fx-991W のイースターエッグ - 診断機能

- fx-5800P のイースターエッグ - 診断機能
- fx-9860GII のイースターエッグ - 診断機能




応援クリックをお願いします。励みになるので...

人気ブログランキングへ





keywords: fx-JP900fx-5800Pfx-9860GII関数電卓

リンク集 | ブログ内マップ

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

fx-JP900 のイースターエッグ - 診断機能

  修正 2015/06/20

akatuki様によるブログ:高機能電卓の情報の記事、素晴らしい!「CLASSWIZ」の記事 にて、コメント欄に sentaro様が fx-JP900イースターエッグのヒントを書き込まれました。面白いので、色々と調べた結果を紹介します。

実は、かなり以前にカシオ関数電卓 fx-373ES のイースターエッグ(診断モード)の出し方が、動画で紹介されていました。ここでもおなじみの藤堂様による投稿です。私は全く知りませんでした。⇒ オヒ!の伝殿堂3:計算機情報





fx-JP900 の診断モード
fx-JP900
今回見つけた fx-JP900イースターエッグです。基本は、 [SHIFT]+[7] を同時押ししたまま [ON] を押します。この操作は電源が入っている、入っていないに関わらず有効です。これは、最近のカシオのスタンダード関数電卓でほぼ共通のようです。

診断モードに入って何もしないと、診断モードを抜けて通常の計算モードに移行します。診断モードに入った後、タイムアウトする前に [8] を押すか、[9] を押すかで、異なるル-チンが走ります。





先ず、[8] を押した時の処理をみてみます。
操作画面出力
0[SHIFT]+[7]+[ON]診断モードに入る
1[8]キーマトリックスの試験
2表示されたキーを押す表示が反転する
38つ全てのキーを順不同で押す全ての表示が反転する
4全てのキーを押した後、太陽電池への光を遮蔽するBattery MODEL OK!
5遮蔽を外すSolar MODEL OK!
6[AC]計算モードへ移行

[0] キーから始まる一番下の横一列、6つのキーは、[(-)] キーから始まる横一列に繋がるようなキーマトリックスになっているのが興味深いです。

キーマトリックス試験での表示;
[1]KI1K01[SHIFT]KI8K01
[5]KI2K02[9]KI3K03
[ ) ]KI4K04[log]KI6K05
[logab]KI7K06[0]KI5K07

[logab] キーは、fx-JP900 では [SHIFT] - [(-)] なのですが、[SHIFT] 付きや抜きで押しても反転しません。正解は [x] キーでした。実は、fx-995ES や fx-993ES のキー配置を見ると、[x] キーの位置には [logab] のキーがあることを発見! ルーチンは昔のままなのですね。概ね左下から右上までのキーマトリクスのチェックを行っているようです。

次に、[9] を押した時の処理です。
操作画面出力
0[SHIFT]+[7]+[OK]診断モードに入る
1[9]8888888888888888

   8.888888889x
1015
2[SHIFT]インジケータと全ドット点灯
3[SHIFT]インジケータと全ドット消灯
4[SHIFT]インジケータ点灯、ドットが交互(千鳥格子状)に点灯
5[SHIFT]インジケータ消灯、ドットは反転
6[SHIFT]ファームウェハのバージョン表示
7[MENU][AC] で分岐
 [MENU]CPUとメモリチェック(?)、7へ続く
 [AC]8へジャンプ
8[AC]シリアル番号を表示
9[AC]00 と表示 ([AC] のキーチェック?)
10[SHIFT]01と表示、他のキーは受け付けない
11[ALPHA]02と表示、他のキーは受け付けない
12[上矢印]03と表示、他のキーは受け付けない
13[右矢印]04と表示、他のキーは受け付けない
14[MENU/SETUP]05と表示、他のキーは受け付けない
15[OPTN]06と表示、他のキーは受け付けない
16[CALC]07と表示、他のキーは受け付けない
17[左矢印]08と表示、他のキーは受け付けない
18[下矢印]09と表示、他のキーは受け付けない
19[積分]10と表示、他のキーは受け付けない
20[x]11と表示、他のキーは受け付けない
21[分数] ~ [ln] まで順に押す12, 13, 14, 15, 16, 17 と順に表示、他のキーは受け付けない
22[(-)] ~ [Ans] まで順に押す18 から 48まで順に表示、他のキーは受け付けない
23[=]コントラスト調整画面
24[AC]TEST OK

Reset All
Press AC
25[AC]診断モードから計算モードへ移行

動作がおかしい時に、メーカーでは先ずこのチェックを行うのでしょう。異常時にどのような表示になるのかは分かりません。これも興味ありますが、さすがに壊すつもりはありません(^^;)




関連ページ:
- fx-995ES / fx-993ES / fx-991ES のイースターエッグ
- fx-991MS のイースターエッグ - 診断機能
- fx-991W のイースターエッグ - 診断機能

- fx-5800P のイースターエッグ - 診断機能
- fx-9860GII のイースターエッグ - 診断機能




応援クリックをお願いします。励みになるので...

人気ブログランキングへ





keywords: fx-JP900fx-5800Pfx-9860GII関数電卓

リンク集 | ブログ内マップ

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

fx-JP900 と fx-5800P 後継機への期待

  更新 2015/06/14

fx-JP900_x480 

これまで、独断と偏見で fx-JP900 に関して述べてきましたが、実際に使っているうちに、このデザインが益々好きになってきました...カシオの電卓で初めての気分です。

前の記事で、白の筐体とカバーは長期使用を考えるとよろしくないと書きましたが、エンボス処理した黒と白を基調にシルバーがアクセントを添えるこのデザインには、ケースの白色の必要性がわかります。

素因数分解の計算速度をプログラム電卓と比較することで(sentaro様の分析を参照)、 fx-JP900 の CPU は fx-5800P と同等以上で、なおかつ低消費電力 (1Vでの動作保証?)と、推察されます。メモリは、fx-955ES の倍の容量になっています。

関数電卓のターゲットは教育市場で、学生や先生に学校で使って貰えることを主眼に設計されていて、高精細液晶も教育現場の声が反映されていて、理工系の学生が想定ユーザーなのは既知のことです。ところが、今回は学校を卒業した後の技術者に所有する喜びを持って貰うデザインにしたのだそうです(下記の参考ホームページにある記事の動画で、開発者が語っています)。

ニュースリリースでは、fx-JP900/700/500 まとめて年間20万台生産の計画になっています。海外では それぞれの現地に合わせた異なる型式が国内よりも多いラインアップで投入されています。デザインに拘って、従来の関数電卓ユーザーの買い換え需要を意識しているに違いないのです。



カシオの関数電卓には、スタンダード関数電卓、グラフ関数電卓、そしてプログラム関数電卓の3つのカテゴリがあります。それらが、互いの進化を取り込むことで、それぞれ進化してきています。

最近のスタンダード関数電卓では、主に表示と入力方法が進化しています。グラフ関数電卓では、主に表示のカラー化とCasio Basicの進化が進んでいます。おそらく新しい要素技術の量産化は、スタンダード関数電卓で低コスト化を主に進め、プログラム関数電卓ではマーケティング要素で製品化するといった感じで、良いところを取り込みながら進化してきているように思われます。

進化の一例としては、現在のグラフ関数電卓では、プログラム実行のためには、いちいち Program モードに入る必要があります。日常的にプログラムを使うにはこれが、なかなか不便です。これに対して fx-5800P は、Programモードに入らずに、プログラムリストを表示して実行させるための [FILE] キーが備わっているので、日常的にプログラムを使うには、とても利便性が良くなっています。このように、グラフ関数電卓のプログラム機能を、使いやすくチューニングしているわけです。これが、プログラム関数電卓の位置づけのように思われます。



スタンダード関数電卓 fx-991ES での新機軸、自然数学入力機能をベースに、CFX-9850GC PLUS の Casio Basci を融合させて、fx-5800P にまとめ上げました。

最近の流れはどうか?

土木測量専業電卓 fx-FD10 Pro は、これまでのグラフ関数電卓をベースに、fx-5800P に備わったプログラム実行の利便性、そして旧来の命令である 入力命令にも fx-5800P と同じ利便性が備わっています。私は、fx-FD10 Pro は、fx-5800P の1つの進化形としての実験的なモデルだと見ています。

10年以上(16年間)継続発売されていた FX-603P の後継機としての fx-5800P は、2006年の発売開始から今年で9年目。このタイミングで、最新のハードウェアとデザインで、新機軸を打ち出した関数電卓 fx-JP900 の登場。さらに、プログラム電卓として fx-FD10 Pro で先行実験も済んでいます。fx-5800P 登場前夜とよく似た状況です。

準備完了!いよいよ次の10年を目指したプログラム関数電卓、fx-5800P の後継機が登場するに違いないのです。

是非とも、現行機の欠点を解決し、fx-JP900 の改良点を取り入れ、さらに所有する喜びを満たすデザインを纏い、グラフ関数電卓とはひと味違った実用本位のモデルを開発して頂きたい。

電池駆動で良いので、fx-FD10 Pro の機能を、fx-JP900 のデザインに融合したモデルが理想です。



参考ホームページ: 異様に欲しくなった電卓の話 カシオ CLASSWIZ

関連ページ:
- Casio fx-JP900
- Casio fx-JP900(その2)
- Casio fx-JP900 (その3)
- Casio fx-5800P や他の電卓の数値積分


応援クリックをお願いします。励みになるので...

人気ブログランキングへ





keywords: fx-JP900fx-5800Pfx-9860GII関数電卓

リンク集 | ブログ内マップ

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

Casio fx-JP900 (その2)

更新 2015/05/24

電卓を持って出るのを忘れて関西出張し、無くて困ったので急遽電卓を購入。fx-JP900 が¥4,190 (ヨドバシカメラ) と比較的安かった (Amazonで¥3,809, 2015/5/19時点) ので、購入しました。fx-JP900 はエポックメイキングな製品なので、いずれ入手しようと思っていました。

ちなみに、1つ前の fx-995ES が、¥1,980 となっていました。

fx-JP900

国内3社(カシオ、シャープ、キャノン)の関数電卓を比較する限り、先ずはこのシリーズを入手すれば間違いなし、と勧められるものです。私は収集目的もあるので、最も機能が豊富な fx-JP900 にしましたが、実用を考えれば、fx-JP500 か fx-JP700 が推奨機種と言えます。

黒液晶
fx-995ES や fx-993ES の青液晶にくらべて、やはり黒液晶は見やすいですが、黒液晶のフォントが小さめで、老眼が始まっている私の年代には、少し見づらいのは、悲しいけど事実。コントラストを変えてもあまり違いが出ないので、フォントの形そのものを見やすいものに変更する余地がありそう。

3桁区切り
3桁区切りは、とても有用です。出先で電卓を使う用途は、お金の計算と技術計算。いずれも3桁区切りは必須とも言えるくらいに、必要な機能です。対応が遅すぎたとも言えますが...

印刷フォント
キーの上部に印刷されている文字が、見づらいのも気になります。ある年代以上になると現実の問題です。特に照明の暗い環境では大変苦労します。カーボンファイバーのような模様が字の見づらさを助長しているように感じます。もう少し太い文字、コントラストのあるものにすべきでしょう。

ソルブ機能
出先で、重心の計算をする必要があって、いきなり fx-JP900 のソルブ機能を使ってみましたが、fx-5800P、fx-995ES や fx-993ES と基本的には同じなので、問題なく使えました。

[x] キーと [x-1] キー 
関数電卓としては、多機能になっても使い勝手が阻害されていない(使い勝手が劇的に改善したわけではないが...)、[x-1] キーが表に出てきたこと、[x] キーがソルブ機能を使う時に便利だと実感。他にも変数 x を入力して使う機能では有用です。

変数一覧表示
変数一覧表示はとても良い改良で、私には使いやすくなったと感じられる大きな要因の1つです。

表計算
表計算を使ってみたところ、fx-9860GII のように、入力したものを保存することはできないことが分かりました。電源を切っても内容は消えないものの、計算モードを変更すると内容が消去されます。fx-9860GII は内容をファイルとして保存して、それを読み込むことができますので、パソコンに比べて入力性が悪くても一旦入力したものを読み込んで使えて助かりますが、fx-JP900 の表計算は実用的ではありません。こんなことも出来るとアピールするだけのオマケ機能だと感じます。表計算機能の無い fx-JP700やfx-JP500 で十分でしょう。

先ずは小数表示
入力は数式通りにできて、出力を小数に指定できる機能は、fx-995ESから搭載され、fx-JP900/JP700/JP500 でも採用されています。電卓は数値計算が主な目的な人が多いと思います。先に分数や平方根表示がされて、変換キーで小数にするのは、なんとももどかしいのですが、それが最初から小数表示になるのは、有り難いです。分数表示や平方根表示が必要なのは、中学生かせいぜい高校生くらいのものでしょうね。

循環小数
循環小数表示は、fx-995ES から採用された機能ですが、これも子供向けのオマケ機能のように思います。数値計算、特に技術計算では有効数字の概念が重要なので、普通の小数表示が一発で出てくるのが必須だと思います。

複素数計算
複素数計算については、さすがに π や ii などの複素指数関数の計算はできないですね。ひょっとして、と思ったのですが...

fx-9860GII や fx-CG20 (おそらくカシオの他のグラフ関数電卓も...)では、これらの計算ができます。ちなみに、
 eπ = -1 
 ii = e-π/2 = 0.2078795764...
です。

なお、fx-JP900 は、その薄さと軽さには驚かされます。店頭に並んでいた他社の関数電卓よりも多機能(必要性については意見が分かれるでしょうが...)、それらと比較すれば、迷わず fx-JP900 或いは、fx-JP500 でも十分競争力があるでしょう。



2015/05/20 追記:

パッケージ
購入した fx-JP900 のパッケージに興味を持ちました。紙の台紙がうまく外せ、またきちんと元に戻せるようになっています。日本以外では考えられない無防備なパッケージではありますが、製品本体や、取説やその他の紙片の入れ替えの可能性や必要性があったのではないかとも思えます。初期ロット品だけかも知れませんが...

筐体とカバーの色
筐体とカバーが白色というのは、長期間使うユーザーのことを本当に考えてのことなのか、大いに疑われます。
購入して3日、カバンに入れて持ち歩き、昼食や夕食のレストランの机で使っただけで、既に汚れが目立っています。恐らく、ユーザーの支持は得られないデザインでしょう。何故、このようなつまらないことをするのか、理解できません。実用を考えれば、筐体とカバーが濃い色で、実用機能も十分な fx-JP500 や fx-JP700 が良いと思います。

ハードカバー
ハードカバーの設計も??です。購入時は、すぐ使えるようにカバーが本体の裏側に取り付けられています。持ち運ぶためにキーや液晶面を保護するようにハードカバーを付け替えると、液晶側(上側)が大きく持ち上がって、厚みが増して無駄にかさばります。fx-993ES や fx-995ES ではカバーはどちらの方向で装着してもうまくフィットしてくれたので、残念です。設計力が落ちているのか、それとも理由があっての設計なのか不明ですが...

カシオメンバーズ
カシオメンバーズと言うユーザー用ページが新設されています。今まで知りませんでした。カシオメンバーズURLが記載された黄色の紙片が同梱されています。昨年ヨドバシカメラで fx-5800P を購入した時には、このような紙片はありませんでした。
実際に製品の登録を行いました。fx-JP900だけでなく、持っている全てのカシオ製品を登録しようとしたら、電卓については 2014年以降の製品のみ登録可能となっています。従って、fx-995ES や それより古い fx-993ES は登録できません。

ところが、fx-5800P、fx-9860GII は登録できました。fx-CG20, fxFD10 Pro も登録可能です。fx-5800P は発売開始は古くても、Casio のホームページに掲載されていて、 fx-9860GII は生産中止とはなっておらず、販売を継続しているので登録できるのは分かります。一方、fx-995ES はホームページで生産中止品ではあるものの、掲載されています。ホームページへの掲載の有無にかかわらず、実際に生産中止されたものは登録不可にしているようです。

ところで、カシオメンバーズとは、それまで製品ごとに愛用者登録を行っていたのを、1つの共通IDで登録するように変更したとのこと。新しいカシオメンバーズへの移行が 予定より遅れて2015年5月15日に終わったばかりなので、fx-JP900 発売には間に合わなかったようです。従って、カシオメンバーズでの登録を促す黄色の紙片は、後からパッケージに追加した可能性が高いですね。なるほど、そのために何度も開けられるパッケージになっていたと思えば納得です。

ユーザー登録情報の統合(ID統合)のお知らせ

カシオメンバーズのトップページ


これ以降に記載した内容は、Casio fx-JP900(その3) に分けて掲載しました。




関連ページ:
- Casio fx-JP900
- Casio fx-JP900(その3)
- fx-JP900 と fx-5800P 後継機への期待





応援クリックをお願いします。励みになるので...

人気ブログランキングへ





keywords: fx-JP900fx-5800Pfx-9860GII関数電卓

リンク集 | ブログ内マップ

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

Casio fx-JP900

2015/01/06 追記
2015/01/26 追記
2015/05/20 追記

カシオから、最新の関数電卓 fx-JP900 が発表されました。
最初にお断りしておきますが、fx-JP900 にはプログラミング機能はありません。プログラム電卓を扱う当ブログで fx-JP900/700/500 に関する記事を書くのは、これらの製品の際だった新機軸が将来のプログラム電卓に与える影響が無視できないからです。



2015/05/20 追記: 購入したので実際に使ってみた結果を公開しました ⇒ Casio fx-JP900(その2)

fx-JP900


2015年2月
 発売予定とのこと(2014年12月19日から fx-JP500を先行して販売の模様)。
 ⇒ カシオのニュースリリース

中国を含めて海外のカシオサイトではまだリリース情報が無いようです。
[2014/12/01 追記] sentaro様の情報では、中国では fx-991CN と言う型式で先行販売されているようです。

型式に JP と付き、日本語表示なので日本専用モデルですが、おそらく中文対応が準備されていると思われます。先ずは日本市場でバグ出しを行ってからと言うことも考えられます。

スタンダード関数電卓として初めて採用されるアイコンメニューは、グラフ関数電卓には既に採用されているので、
プログラム関数電卓やグラフ関数電卓への波及効果が気になるところです。


最近のカシオの関数電卓に対して、以前から問題だと思っていたのは以下の3点:

- 3桁区切りのコンマを付けて欲しい。昔のモデルにあったのに、なぜか最近のモデルには無い。


- 見にくくて安っぽい青液晶ではなくて、見やすい黒液晶にして欲しい。

- fx-993ESは半年使い込むとキートップの印刷が消え始める。昔のモデルではこのようなことは全くなかった。


この最新モデルでは、上から2つが実現しています。特に3桁区切りはとても重要です。技術計算にしてもお金の計算にしても、桁数の多い計算を行う時に3桁区切りが無いと、まともに使いづらい。敢えて Eng表示にして確認することが多く、確認しないと読み取りを間違ってしまいます。fx-5800P にも3桁区切りがありません。関数電卓として利用する際には、このうえなく不便なわけです。

黒液晶は、fx-993ES や fx-995ES と fx-5800P を比べると一目瞭然、fx-5800P の黒液晶は飛躍的に視認性が良いのです。

キートップの印刷については、使い込まないと分かりませんので、判断は保留です。


先週、ドイツ出張の機会があり、そこで家電量販店 SATURN に立ち寄る時間があり、プログラム関数電卓やグラフ関数電卓が、どの程度の価格が調べようと思っていました。すると、グラフ関数電卓は全く置いておらず、プログラム関数電卓は fx-5800P ただ1機種でした。価格は46ユーロ、6,700円程度でした。特に安くもなく、国内ではもう少し安く購入できるレベル。

このお店は、全体をみてみると売れ筋の製品に特化しておいてあるようで、電卓もスタンダード関数電卓 fx-995ES などのカシオ品のみが展示、販売されていました。グラフ関数電卓はより専門性の高いお店で売っているものと思われます。

言い換えると、fx-5800P は売れ筋とお店で判断したのかも知れません。或いは在庫一掃セールかもしれず、そうなればプログラム関数電卓の後継機が控えていることになります(思いっきり希望的観測)。

fx-JP900 を Amazonで見てみると 5,702円とあり、関数電卓としては高価です。発売開始後、値下げは必ずあると思います。

国内メーカーで電卓に力を入れて開発を進めているのは、カシオのみとなってしまっています。プログラム関数電卓にも開発資源を注いで欲しいと思う次第。


[2015/01/06 追記]
高機能電卓の情報 のブログにて、新しい情報を入手しました。ここによれば、関数電卓マニア のサイトで fx-JP500 の評価記事があり、数値積分計算の結果がかなり速くなっているとの情報があります。同じ計算を fx-5800P で行うと1.6倍も時間がかかります。つまり、それだけ高速化されており、同時に太陽電池で間に合うだけの省電力化も果たしていると思われます。

以前のプログラム関数電卓のヒット作 FX-603P が10年以上も販売が継続され、fx-5800P にその座を譲り渡したのが 2006年。そして、fx-5800P は来年で10年目に入ります。fx-5800P は、同年のグラフ関数電卓 CFX-9850GC PLUS に搭載された Casio Basic からグラフィックスとI/O関係のコマンド類を除外した以外は同等の Casio Basicを搭載。この
 Casio Basic は、初めて Getkey と Locate コマンドを備えた、いわば新世代 Casio Basic の最初のバージョンです。但し、CFX-9850GC PLUS では 空白行がエラーとなり、Then や Else の直後での改行もエラーとなるので、構造化Basic としては可読性の悪いものです。この点は fx-5800P で確実に改善されています。fx-5800P も CFX-9850GC PLUS も文字列関連のコマンドはありません。

このようにして、fx-5800P は、Casio Basic の大幅な進化とともに登場したと言えます。

そして、fx-JP500/700/900 の登場。高精細液晶と高速省電力CPUが搭載されました。また昨年登場した fx-FD10 Pro は fx-5800P にしか無かった利便性(プログラムリストボタンと ?(入力)命令)を採用した高性能機です。fx-5800P の良さを高機能機で検証した形になっています(惜しいことに、◢ (出力)命令実行時の- DISP -表示だけは、fx-9860GII や fx-CG20 の悪い癖がそのまま残っていて使いづらいままです)。グラフ関数電卓は旧来の命令を使うな、と言うことだとしても、fx-5800P の良さを取り入れた fx-FD10 Pro では非常にもったいないと思います。
[2015/01/26 追記] 上記青文字部分

一方で、fx-5800Pの最大の弱点は I/O 関係です。
 
高精細液晶に加えて低消費うI/Oの搭載による、次世代プログラム関数電卓の登場の材料が揃ったように思えます。今年が楽しみです。


関連記事:
- Casio fx-JP900(その2)
- Casio fx-JP900(その3)
- fx-JP900 と fx-5800P 後継機への期待




応援クリックをお願いします。励みになるので...


人気ブログランキングへ





keywords: fx-JP900関数電卓

リンク集 | ブログ内マップ

続きを読む

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
C# (3)
検索フォーム
Visitors
Online Counter
現在の閲覧者数:
プロフィール

やす (Krtyski)

Author:やす (Krtyski)
since Oct 30, 2013


プログラム関数電卓は、プログラムを作り・使ってナンボ!

実際に触って気づいたこと、自作プログラム、電卓プログラミングについて書いています

おもしろい・役に立つならクリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


FC2ブログランキングへ


写真: 「4駆で泥んこ遊び@オックスフォード郊外」

リンク
月別アーカイブ
Sitemap

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR