C:Basic - Top Page

C:Basic - Add-In Casio Basic

Update and correction may be made at any time without notice.

1st: 18th Dec. 2015
Updated: 27th Mar. 2016

About C:Basic

C:Basic is an upper comatible Casio Basic which is provided as an Add-In for Casio fx-9860GII USB POWER GRAPHIC 2 (SH4A CPU model). The C:Basic will provide fast interpreter and compiler version. At this moment only interpreter is ready as alpha version., so we call the interpreter version as C.Basic (single dot).

Casio original Casio Basic is a minimal programming language working in limited hardware of calculator, but it's a practical language allowing us to enjoy 'Structured Programming'. Old fans of Programmable calc and poket computer who used to enjoy Basic programming well know that the old Basic requires line number. Unlike such old Basic, current Casio Basic can be categorized as new Generration, so we define current Casio Basic is Caso Basic New Generation. The Casio Basic is very easy-to-use language and you can create programs on your calc only, no PC is required.

You can also create Add-In programs which can be built on your PC with C language SDK and the Add-In runs much faster than the original Casio Basic. Comparing with Add-In, the Casio Basic is very slow to compute complecated calculation with high comlexity and to draw bitmap graphics. In order to improve such weak point of original Casio Basic, we started development of C.Basic (interpreter first) which is compatible with Casio Basic. Currently it gives you much faster computing speed in factor of 10 or 20 than original Casio Basic. Now we know C:Basic (compiler version) is capable to run x10 or more fasterr than interpreter version of C.Basic.

The C:Basic Project is driven by sentaro21 (author of this Add-In), Krtyski (owner of this blog, testing, making sample programs, preparing User's Guide and Command Reference) and some fans of C.Basic.



▋ Latest Test Version of C.Basic
NOTE: This is still an alpha version, so it must includes bugs and there is a possibility to destroy data in your calc (in this case you may need to restart or reset your calc). So it's highly recommneded to make backup of your data before trying C.Basic.



Overclock Add-In: Ftune2

To enjoy fast operation, an over-clock Add-In,
Ftuen2 is recommended to use with C.Basic.
Review following pages for reputation of this program;
-
@ Unversal Casio Forum
-
@ CEMETECH
-
@ TI-Planet

I have used this Add-In over 1 year, there is no problem found so far. Ftuen2 has well considerred safwty features, so it unlikely damages your calc. But please make backup of data of your calc for sure.

Please download Ftune2 for Casio fx-9860GII POWER GRAPHIC 2 (SH4A model), not other editions.



Potential of C.Basic & C:Basic

Let me show you capability of C.Basic and C:Basic with sample program(s).

Conway's Game of Life

C.Basic is upper compatible with original Casio Basic, and has some extended commands and language functions.

If you want to make a fast bitmap graphics program with original Casio Basic, I can say it's reckless try. But with C.Basic you can enjoy programming of Conway's Game of Life as a good example.



- Download:
Game of Life Ver 0.73

To get this speeed, C.Basic Ver 0.83 or later version is requred.

- Download latest version of C.Basic:


In this video, clock is tuned up to 236MHz by Ftune2.

- Download:
Ftune2
   Please be careful to download an edition for Casio fx-9860GII USB POWER GRAPHIC 2 (SH4 model).

=====

To evalaute capability of C:Basic (compiler version), most frequently porcessd codes of Game of Live Ver 0.73 is replaced by a special command "DotLife" to make the codest run at native code speed. 



As you see, it's much faster in factor of 10 until getting to generation 517. Now we believe fully native code by C:Basic (compiler version) should acheive a bit faster computing speed than this case.



How to Use C.Basic

  Installtion of C.Basic
  Check C.Basic readme
  Check of C.Basic version
  Start up C.Basic
  Copy a program in Main Memory to Strage Memory to run in C.Basic
  Copy a program in Storage Memory to Main Memory to run in original Casio Basic
  Make a New program and Edit it
  Cut & Paste in program Editor
  Updating a program source of Prog01 to Prog02
  Setup function of C.Basic
  Run a program
  Use Favorite Program List function
  Refer and Initialze Variables
  Refer and Initialze Matrix/Array
  Refer and setup ViewWindow setting
  How to input commands



C.Basic Command Reference







▲Back to Top



関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

Installation of C.Basic

C:Basic - Add-In Casio Basic
<Top Page>

Update and correction may be made at any time without notice.

27th Mar. 2016


How to Use C.Basic



Installation of C.Basic

For the first installation or updating to latest version of C.Basic, down load the C.Basic and transfer it to your fx-9860GII using PC Link software FA124A and USB cable which are included in your fx-9860GII package.

It's simple to transfer C.Basic to your fx-9860GII, Import the downloaded C.Basic to FA-124A and then transfer the C.Basic to your fx-9860GII.

- Download C.Basic

-
Install FA-124A to your PC

-
Import C.Basic at FA-124A
 ・
Start up FA-124A
 ・
Switch to Storage Memory Mode
 ・
Import C.Basic to FA-124A

-
Transfer C.Basic to fx-9860GII
 ・
Connect fx-9860GII to FA-124A
 ・
Transfer C.Basic
 ・
Check transferred C.Basic

-
Optimization of Memory




Download C.Basic

Download Latest Verion, store in proper folder and unzip the downloaded file (ZIP file). CBASIC.G1A in there is C.Basic Add-in File.


Install FA-124A to your PC

If you want to install FA-124A in your favorite launguage, you should use CD which is included in your fx-9860GII package and select your favorite language before the installation.

▲Back to Top


Import C.Basic at FA-124A

Start up FA-124A

When FA-124A is started up, Main Memory mode is selected, in this mode Calc icon button is pushed in.
When mouse cursor comes over the Calc icon button, "Main" is popped up.

FA124A_Start

Left pane shows files in Calc and right pane shows files imported in FA-124A of your PC. Now you use right pane to import C.Basic Add-In file (CBASIC.G1A) at FA-124A.

fx-9860GII has Main and Storage memory, so FA-124A has also Main and Storage memory mode which you can siwtch each other. At starting-up, FA-124A is in Main memory mode.

An add-in program is installed and used in Storage memory of fx-9860GII. Since C.Basic should be transferred to Storage memory, you should switch FA-124A to Storage memory mode.  


 Switch to Storage Memory Mode

In right pane, click "Storage " mode button (on the right side of Calc icon button) to switch to Storage mode.

FA124A_Storage


 Import C.Basic to FA-124A

Click on "Default" by right button of your mouse, then select "Import" at pop-uped menu.

FA124A_Import

Then Insert CASIO File dialog is shown, where,
- select folder where CBASIC.G1A is stored,
- select file type as G1A File(*.g1a),
- select CBASIC.G1A,
and click Open(O) button.

Then check if there is CBASIC.g1a in file list at right pane.

FA124A_CBASIC

▲Back to Top


Transfer C.Basic to fx-9860GII

Connect fx-9860GII to FA-124A

Connect fx-9860GII to PC by USB cable, you will see following pop up window (Select Connection Mode) at your calc.

SelectConnectionMode 

Then push [F1] (DataTrans), then click very left button ("Connect" button) in left pane of FA-124A.

FA124A_Connect

Waiting until connection is completed, then you will see "User1" in left pane.

FA124A_Connected


Transfer C.Basic

Push left button of your mouse on the Impoted CBASIC.g1a in right pane and drug to "User1" in left pane then drop it (Drug & Drop).

FA124A_Drag_Drop

Check if there is CBASIC.g1a in file list of left pane.

FA124A_Moved


Check Transferred C.Basic

With your fx-9860GII, push [MENU] key to show MAIN MENU and check if there is C.Basic icon.

MAIN_MENU_CBasic 

Select C.Basic ison and push [EXE] key to run C.Basic.

Starting up C.Basic, you will see File List screen and key in [SHIFT][MENU](SET UP), C.Basic Setup menu is shown.

CBasic_Setup 

In Function menu shown in bottom, push [F6](Ver.) key to show version of C.Basic and check is correct version is installed.

CBasic_Ver 

▲Back to Top


Optimization of Memory

C.Basic itself (add-in file) and Casio Basic source files should be installed in Storage memory. After meny times of file writing, files are fragmanted and actually usable memory size is getting descreased. Optimization solves the fragmentation to get back usable memory area. It's recommended to carry out memory Optimization at the installation or update of C.Basic.

Push [MENU] to show MAIN MENU and select Memory icon,

MENU_Memory 

Push [EXE] key to start Memory Manager.

MemoryManager 

Then push [F5] (F5: Optimization) key to run memory Optimizarion feature.

▲Back to Top








関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

C.Basicのインストール

C:Basic - アドイン Casio Basic
<トップページ>

内容の更新や修正を随時行います.

2016/03/27


C.Basic の使い方



C.Basicのインストール

C.Basic の初めてのインストールや最新バージョンへのアップデートを行う時、ダウンロードした C.Basic のプログラムファイルを fx-9860GII に転送する。転送には、fx-9860GII に添付されている PCリンクソフト FA-124A とUSBケーブルを使う。

簡単に言えば、アドインプログラムである C.Basic プログラムファイル (CBASIC.g1a) を、一旦 FA-124A に登録した後(読み込んだ後)、FA-124A上の操作で PC へ転送するのが大きな作業の流れになる。

- C.Basic をダウンロードする

- FA-124A をインストールする

- C.Basic を FA-124A に登録する
 ・FA-124A を起動する
 ・FA-124A でストレージメモリに切り替える
 ・C.Basic を FA-124A にインポート (Import) する

- C.Basic を fx-9860GII へ転送する
 ・FA-124A を fx-9860GII に接続する
 ・C.Basic を転送する
 ・転送を確認する

- メモリを最適化する




C.Basicをダウンロードする

最初に、最新バージョンをダウンロードし、適当なフォルダに解凍して保存する。拡張子が G1A の CBASIC.G1A ファイルが C.Basic のプログラムファイルだ。


FA-124A をインストールする

FA-124Aの日本語マニュアルを併せてインストールするには、fx-9860GII に添付されているCDから言語に「日本語」を選んでインストールする。

▲Top に戻る


C.Basic を FA-124A に登録する

FA-124A を起動する

FA-124A を起動する。右ペインのツールバーに電卓のボタンが選択された状態になっている。
電卓のボタンにマウスを持ってくると、Main とポップアップされる。これは、メインメモリが選択されたことを示す。

FA124A_Start

左ペインが電卓内のファイルの状況を示し、右ペインがPCにあるファイルの状況を示す。今は右ペインに注目する。

fx-9860GII には、メインメモリとストレージメモリの2種類が内蔵されている。それに会わせて、FA-124A ではメインメモリとストレージメモリを切り替えて管理するようになっていて、起動した直後はメインメモリが選択されている。

アドインプログラムである C.Basic はストレージメモリに転送して使うので、ダウンロードした C.Basic はストレージメモリへ転送する必要がある。従って、起動時に メインメモリの状況を表示している FA-124A を、ストレージメモリの状況を示すように切り替える必要があるわけだ。 


 FA-124A でストレージメモリに切り替える

右ペインで、メインメモリの電卓ボタンの右にあるストレージメモリのボタンをクリックすると、ストレージメモリの状況を示す画面に切り替わる。

FA124A_Storage


 C.Basic を FA-124A へインポート(Import)する

右ペインに表示されている "Default" でマウスを右クリックして、メニューから "Import"をクリックする。

FA124A_Import

ここで現れる Insert CASIO File ダイアログで、

・ ファイルの場所(I): で CBASIC.G1A ファイルを保存したフォルダを選び、
・ ファイルの種類(T): で G1A File(*.g1a) を選び、
CBASIC.G1A を選んで、[開く(O)] ボタンをクリック。

FA124A_Select 

右ペインに、CBASIC.g1a が追加されていることを確認する。

FA124A_CBASIC

▲Top に戻る


C.Basic を fx-9860GII に転送する

fx-9860GII を FA-124A に接続する

fx-9860GII と PC をUSBケーブルで接続すると、fx-9860GII の画面に コネクションモードの選択画面 (Select Connection Mode) が現れる。

SelectConnectionMode 

ここで、[F1] (DataTrans) を押し、次にFA-124A のペイン (今度はペイン) に並んでいるボタンの一案左にある "Connect" ボタンをクリックすると、

FA124A_Connect

接続プロセスの進行状況が表示された後、fx-9860GII が FA-124A に接続される。

接続が完了すると、ペインに "User1" の表示が現れる。

FA124A_Connected


C.Basic を転送する

既に Import して 右ペインにある CBASIC.g1a にマウスカーソルを合わせてドラッグして、ペインの User1 でドロップする (ドラッグ&ドロップ)。

FA124A_Drag_Drop

初めてインストールした場合は、ペインの User1 をクリックして展開して、CBASIC.g1a が有れば、転送が成功している。

FA124A_Moved


転送を確認する

fx-9860GII で [MENU] キーを押して、MAIN MENU を表示してC.Basic アイコンが有ることを確認し、

MAIN_MENU_CBasic 

C.Basic アイコンを選んで [EXE] キーを押して、C.Basic を起動する。

起動すると、File List 画面になるので、そこで [SHIFT][MENU](SET UP) とキー操作すると、C.Basic のセットアップメニューが表示される。

CBasic_Setup 

一番下の行にあるファンクションメニューで、[F6](Ver.) を押して C.Basic のバージョンを表示し、正しいバージョンがインストールされていることを確認する。

CBasic_Ver 

▲Top に戻る


メモリを最適化する

C.Basic 本体や、C.Basic で使う Casio Basic プログラムファイルは、いずれもストレージメモリに格納して使う。メモリへの書き込みを繰り返すと、ファイルの断片化が進んで実際に使えるメモリ容量が減ってしまうので、定期的にメモリの最適化作業を行う必要がある。そこで、C.Basic 本体を転送するタイミングでのメモリの最適化を勧める。

[MENU] キーを押して、MAIN MENU から Memory アイコンを選び、

MENU_Memory 

[EXE] キーで、Memory Manager を起動する。

MemoryManager 

ここで、[F5] (F5: Optimization) を押して、メモリの最適化を実行する。

Top に戻る





応援クリックをお願いします。励みになるので...

人気ブログランキングへ


FC2ブログランキングへ







keywords: fx-9860GIICasioBasic、プログラミング入門グラフィックスプログラム関数電卓

リンク集 | ブログ内マップ




関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
C# (3)
検索フォーム
Visitors
Online Counter
現在の閲覧者数:
プロフィール

やす (Krtyski)

Author:やす (Krtyski)
since Oct 30, 2013


プログラム関数電卓は、プログラムを作り・使ってナンボ!

実際に触って気づいたこと、自作プログラム、電卓プログラミングについて書いています

おもしろい・役に立つならクリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


FC2ブログランキングへ


写真: 「4駆で泥んこ遊び@オックスフォード郊外」

リンク
月別アーカイブ
Sitemap

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR