Casio Basic: For~To(~Step)~Next

Casio Basic
コマンドリファレンス

Casio fx-5800P、fx-9860GII、fx-CG20、fx-CG50 で確認をとっています。Casio fx-FD10 Pro では互換性はあると考えられますが、実機で確認していないので「可能性」としてご覧ください。
最終更新: 2015/01/09

fx-5800P / fx-9860GII / fx-CG20 / fx-CG50
For ~ To (~ Step) ~ Next (For 文)

◆ 概 要:
繰り返し処理の開始時と終了時の制御変数(インデックス)を指定して、インデックスを一定間隔で変化させながら、繰り返し処理を行う。


◆ 書 式1: 
For [初期値][制御変数] To [終了値]
[処理]
Next


※ Stepを指定しない場合は、制御変数の変化は +1 (1づつ増加) となる。


◆ 書 式2:
For [初期値][制御変数] To [終了値] Step [制御変数の変化間隔]
[処理]
Next


※ Step には 負の数も設定できる。


1) [初期値] には、数値、変数、式 を使える。正の整数である必要はなく、ゼロでも良い。
2) [制御変数] には、変数(A~Z)を使えるが、配列変数は使えない(エラーになる)
3) [制御変数] には
  • fx-5800P では、0(ゼロ)より大きい数のみ使える。整数である必要は無いが、0(ゼロ)はエラーとなる
  • fx-9860GII (OS Ver. 2.04) では、0(ゼロ)を含んだ整数が使える。0(ゼロ)や負の数でエラーにならない
4) [終了値] には、数値、変数、式を使える。生の整数である必要はなく、ゼロでも良い。配列変数も使える。
5) [制御変数の変化間隔] には、数値、変数、式を使える。正の整数である必要はないが、ゼロは不可(エラーになる)




プログラム事例


1から100までの総和

0→S
For 1→N To 100
S+N→S
Next
S


5050 と表示される。


フィボナッチ数列の1項から50項までの総和 (fx-5800P)

フィボナッチ数列は、
・1項と2項がそれぞれ1
・3項目以降は、「1つ前」と「2つ前」の項の和がその項になる

1 1 2 3 5 8 13 21 34 55 ...と続く

100→DimZ
1→Z[1]:1→Z[2]
2→S
For 3→I To 60
Z[I-2]+Z[I-1]→Z[I]
S+Z[I]→S

Next
0→DimZ
S


2147483646 と表示される。

ここでは、配列変数 Z[ ] (fx-5800P のみ、fx-9860GII や fx-CG20/50 では行列を使う。




応援クリックをお願いします。励みになるので...

人気ブログランキングへ


FC2ブログランキングへ


keywords: fx-5800PCasioBasicFor文プログラミング入門プログラム関数電卓

リンク集 | ブログ内マップ
関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
C# (3)
検索フォーム
Visitors
Online Counter
現在の閲覧者数:
プロフィール

やす (Krtyski)

Author:やす (Krtyski)
since Oct 30, 2013


プログラム電卓は、プログラムを作って、使ってナンボ!

実際に触って気づいたこと、自作プログラム、電卓プログラミングについて書いています

おもしろい・役に立つならクリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


FC2ブログランキングへ


写真: 「4駆で泥んこ遊び@オックスフォード郊外」

リンク
月別アーカイブ
Sitemap

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR