電卓プログラミングのツボ

更新 2015/05/07

当ブログを訪問される方は、何に興味があって来られたのか?
について、書きました ⇒ こちら


新世代Casio Basic が結構よくできていて、電卓でも結構色々なプログラムが作れると言う点、その魅力をシェアしたいと言うのが当ブログの趣旨です。

ある程度のプログラミング経験があれば、おそらくその良さは分かると思っているのですが、プログラミング経験がなければ当然分からない。ならば、新世代 Casio Basicで実際にプログラミング入門を経験すれば、良さが分かるかも知れない...

自分用の記録に加えて、このような気持ちもあって、Casio Basic入門、Casio Basicコマンドリファレンスを連載し、逆引きCaso Basicも始めています。

そして、当ブログへ来られる方の検索キーワードやアクセス数の多い記事は何なのか?興味があって、調べた結果が冒頭の記事です。


新世代Casio Basicの面白いところ、優れているところは、GetkeyコマンドとLocateコマンドの機能と、構造化プログラミング(に近い)ことが可能であることです。これは多分間違っていないと思います。

Casio Basic入門1から3までのアクセス数が多くて、続くCasio Basic入門4以降アクセスが減っているのは、Getkeyの使いこなしが、思った以上に敷居が高いからではないか? 

その原因の1つに、Getkeyの活用で不可欠なループ処理の理解が、意外と敷居が高いのではないかと、そんな印象を持ちました。

Casio Basic入門38以降は、新世代Casio Basicにこだわらず、カシオのプログラム電卓で最も簡単にプログラムを作る方法からプログラミングを紹介しています。そしてこれらの記事のアクセス数が多いと...と言うことは、ループ処理がプログラミングのツボかも知れないと思い始めています。


改めてWeb検索してみると、プログラミングで躓くのはループ処理だと考える人が多いことが分かりました。

カシオのプログラム電卓でプログラムを作る良さは、電卓でPCに近い Basicプログラムを作れることにあると思う人は、ループ処理が分かるプログラミング経験者だけであって、未経験者や経験の浅い人はループ処理をせずに簡単に繰り返し計算のプログラムが作れることが、電卓プログラミングの良さなのかも知れません。少なくとも、Casio Basic入門38以降では、このメリットを紹介しています。

ループ処理を難しいと感じるか、魅力的で面白いものと感じるか、その違いをもう少し考えてみたいと思っています。そして、ループ処理を使わずに繰り返し計算が簡単にできる点を掘り下げてみるのも面白いかも知れません。

プログラミング入門カテゴリーで来てくれる人が多いのに、それに全く応えられずにいて、結果的に Casio Basicの良さ、電卓プログラミングの面白さを伝え切れていない可能性もありそうです。


何かご意見があれば、お聞かせください。





応援クリックをお願いします。励みになるので...

人気ブログランキングへ


FC2ブログランキングへ

 

keywords: fx-5800Pプログラミングプログラム関数電卓

リンク集 | ブログ内マップ
関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

管理人様、こんにちは!

縁あってHP-50G入手以来、今までとは180度?違ったプログラミングスタイルに壁にぶち当たることばかりでまさに入門者の心境そのものなのですが(^^;この状況からプログラミングが習得できるかどうかは結局はどれだけ電卓に興味が持てるかどうかというところが一番大きいのでしょうね。

>プログラミングで躓くのはループ処理だと考える人が多い

構文的に理解できる理解できないを超えたところに躓く原因があるとすれば克服するのは簡単ではないかもしれませんね。

>ループ処理を使わずに繰り返し計算が簡単にできる点

そういう工夫がちゃんと組み込まれているというのが電卓の利点ですよね。
その上で、さらにプログラムでループ使えばこんなことやあんなことが出来る、こういう処理を実現するにはループしかないという必要性がどれだけあるかということで、ループ処理の壁を越えられるのかもしれません。

ループ処理のプログラミングはいくつかあるループ構造のひとつでも理解できると後は割とサクサクだと思うんですけど、最初の壁を乗り越えるまでが一苦労なんですよね。

ループ処理必須で魅力的な興味を持つことのできるプログラム例があれば、と考えるとそれはやはりゲームプログラムが一番になるのかなと…(^^)

初心者の気持ち

sentaro様

面白いコメントをありがとうございます。

sentaro様でも初心者の気持ちを改めて味わっておられるのですね。ある意味面白いです。

スタックを意識したプログラミングは、私もスグには想像できません。初心者気分を満喫できそうです。

> 縁あってHP-50G入手以来、今までとは180度?違ったプログラミングスタイルに壁にぶち当たることばかりでまさに入門者の心境そのものなのですが(^^;この状況からプログラミングが習得できるかどうかは結局はどれだけ電卓に興味が持てるかどうかというところが一番大きいのでしょうね。

モチベーションは大切だと、私も思います。

私の場合は、何か明確に作りたいものがある時、そしてこれまで試したことのないモノがモチベーションになります。ある意味 Casio Basicは新しい部分がかなり無くなってしまっていますが、たまに(別エントリーにあるキーコードを計算で求めてみる...といったような)これまで出来そうでできないロジックを改めて考えたり
するのは、楽しいです。



> >プログラミングで躓くのはループ処理だと考える人が多い
>
> 構文的に理解できる理解できないを超えたところに躓く原因があるとすれば克服するのは簡単ではないかもしれませんね。

そうですね、If文などは理解し易いのですが、繰り返し処理は、おそらく日常生活にはないプログラミング独自の思考方法なので、構文で憶えようとしても難しいのかも知れません。

自分自身は初心者の時に、見事に横着できることに感動して、スムーズに頭に入ったので、却って説明するのが下手くそなのかも知れません。

ループの解説を、何かうまくできたら良いな...と言うのが当面の目標になっています。





> >ループ処理を使わずに繰り返し計算が簡単にできる点
>
> そういう工夫がちゃんと組み込まれているというのが電卓の利点ですよね。
> その上で、さらにプログラムでループ使えばこんなことやあんなことが出来る、こういう処理を実現するにはループしかないという必要性がどれだけあるかということで、ループ処理の壁を越えられるのかもしれません。

そうなんです。意外なところに電卓プログラミングの利点が見つかった、というのが正直なところ。以前は利点だとは思わなかったのですが...面白い再発見と言えます。



> ループ処理のプログラミングはいくつかあるループ構造のひとつでも理解できると後は割とサクサクだと思うんですけど、最初の壁を乗り越えるまでが一苦労なんですよね。

ま、Cの for 文を理解してしまえば、きっとこれがオールマイティーなので、他のループはそのサブセット的な感じですよね。

for (i=1; i<=10; j+=i++)
;

なんてのは、初めてみた時、その効率の良い簡潔さに感動しました。


> ループ処理必須で魅力的な興味を持つことのできるプログラム例があれば、と考えるとそれはやはりゲームプログラムが一番になるのかなと…(^^)

当ブログでは、アクションゲームを2つ、数当てゲームを1つ、紹介していますが、確かにループを多用しています。



最新記事
最新コメント
カテゴリ
C# (3)
検索フォーム
Visitors
Online Counter
現在の閲覧者数:
プロフィール

やす (Krtyski)

Author:やす (Krtyski)
since Oct 30, 2013


プログラム関数電卓は、プログラムを作り・使ってナンボ!

実際に触って気づいたこと、自作プログラム、電卓プログラミングについて書いています

おもしろい・役に立つならクリックしてください。励みになります。

人気ブログランキングへ


FC2ブログランキングへ


写真: 「4駆で泥んこ遊び@オックスフォード郊外」

リンク
月別アーカイブ
Sitemap

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR