fx-5800P【ゲーム】:もぐら叩き~まとめ~

fx-5800Pでもぐら叩き
e-Gadget


fx-5800P で作る「もぐら叩き」ゲームのまとめ
コード修正 2014/03/20
fx-FD10 proに関する記述追加 2014/09/28
コード誤記修正 2016/05/12
  fx-CG20 に関する記述修正 2017/01/04
fx-CG50 に関する記述追加 2017/07/24
 


普通のプログラム作成の記事と異なり、多少冗長な内容になっており、(1)~(8)で、徐々にプログラムを作ってゆく様子を複数の記事で紹介した。


最終的なプログラムは、本ページの一番下に掲載した。


一連の連載は開発ストーリーになっている。

fx-5800P【ゲーム】:もぐら叩き(1)

fx-5800P【ゲーム】:もぐら叩き(2)

fx-5800P【ゲーム】:もぐら叩き(3)

fx-5800P【ゲーム】:もぐら叩き(4)

fx-5800P【ゲーム】:もぐら叩き(5)

fx-5800P【ゲーム】:もぐら叩き(6)

fx-5800P【ゲーム】:もぐら叩き(7)

fx-5800P【ゲーム】:もぐら叩き(8)



fx-5800P に搭載されているプログラミング言語は、Casio Basic というカシオの味付けをした BASIC言語 だ。

特に、もぐら叩きのようなゲームを作る際に特に重要かつ必要なものは、以下の機能だろう。
1) 広い表示画面
2) Getkeyコマンドによる、リアルタイムキー入力監視機能
3) Locateコマンドによる、柔軟な表示機能


さらに、昔のプログラム電卓に搭載されていた BASIC と異なり、構造化 BASICである点も特筆できる。昔のプログラム電卓やポケコンに搭載されていた BASIC は行番号と GOTO コマンドでプログラムの流れを作っていたが、現在の Casio Basic は Goto コマンドを使わずに制御構造を作れるので、ブロック構造による 構造化プログラミングができるようになっている。

これらの機能が、fx-5800P を魅力的にしている。


CASIOの電卓の中で、上記を満たすプログラミング言語を搭載されているのは、私が入手しているマニュアルを調べる限り、下記の4機種程度で、比較的限られている。

・fx-9860G: グラフ関数電卓(生産終了)
 取扱説明書

・fx-9860G II: グラフ関数電卓(生産終了)
 メーカーサイト / 取扱説明書

・fx-CG20 / fx-CG10: グラフ関数電卓(生産終了)
 メーカーサイト / 取扱説明書

・fx-FD10 pro:土木測量向けプログラム関数電卓 (現行品)
 メーカーサイト / 取扱説明書

・fx-CG50:Graphing Scientific Calculator (欧米のみ販売)
 メーカーサイト (英文)

・fx-5800P: プログラム関数電卓(現行品)
 メーカーサイト / 取扱説明書


fx-FD10 pro fx-FD10 pro


fx-9860GIIfx-9860G II 
fx-CG20fx-CG20 

fx-CG50fx-CG50 

fx-5800P-3fx-5800P 


上で紹介した機種には、新世代の CASIO BASIC が搭載されている。fx-5800Pが最も機能制限されていて、他はfx-5800Pのほぼ上位互換となっている。

完全互換でないのには理由がある。電卓の機種が異なると、ハードウェアの違いからキー配置が異なる。従って、Getkeyで得られるキーコードが異なるため、ソースレベルでの互換性は無い。これを除けば fx-5800Pのプログラムからの移植性は比較的高いと(旧来の命令の互換性については、少し注意が必要だ⇒こちらを参照)。

上で紹介したもの以外の、過去のグラフ関数電卓や、プログラム関数電卓では、上記の3つの条件を同時に満たすものは無い。グラフ機能の無いプログラム関数電卓としては、2006年発売の fx-5800P が唯一上記3つの条件を満たす。しかし、fx-72F、fx-71F 、fx-3600P、fx-3950Pなどはプログラム機能が十分でないので 魅力的な新世代 Casio Basic を搭載していないので、推奨機種から除外する。

fx-9860GII、fx-CG20、fx-CG50、fx-FD10 Pro は、1万円以上の価格だ。

一方で、fx-5800P は 6千円台前半 (2017/01/01時点の Amazon価格) と格段に手軽な価格だ。この価格で、上記3つの条件を満たす言語を搭載しているのだから、改めて魅力的なマシンと言える。

※ 興味があれば、最近のCasio プログラム電卓の価格動向 を参照ください。


当初は、fx-5800P のような電卓で、遊べるアクションゲームを作れるとは思っていなかった。いきさつは、以下の記事に書いた。

fx-5800P【ゲーム】:もぐら叩き(1)

たまたま、Goto~Lbl コマンドで、カウントタイマーを作ってみると、意外に速いことから、実際に遊べるレベルのアクションゲームを作れるかどうかを試したくなったのが、もぐら叩きを作り始めた動機だった。

パソコンで作るゲームと異なり、最初にゲーム仕様を作るのではなく、機能を追加した時にゲームとしてのスピード感を損なわないように探りつつ、様子を見ながらゲーム仕様を作っていった。実際に私自身が考えたり試したりした事柄を、時系列で実況中継風に書いた結果、冗長な記事となってしまった。

その結果、そこそこの出来映えとなったと思っている。

実力の有る方なら、一気にスイスイとプログラムを作れるのだろうが、そこは私のスキルレベルに読者の皆さんを付き合わせてしまった。


できあがったゲームは、バリバリのゲーマーには物足りないのだが、普段からあまりゲームで遊ばない人間(=私)には、少しすつスキルアップして、得点が増えてゆくのが愉しい。


ご興味の有る方は、是非一度プログラムを入力して、遊んでみて欲しい。


もぐら叩きが意外にうまくいったので、最近はシューティングゲームができないものか?と、色々と動きのあるルーチンを作って遊んでみている。ひょっとしたら、何かシューティングゲームができるのかも知れない。

電卓の遅い処理速度、完全シングルタスク、広いといっても16×4 しかない画面で、動きやロジックを試しながら、遊べそうなゲームを模索してみようと思っている。


おしまい( ^o^)ノ



以下は、プログラムコード: [2016/05/15 誤記修正]

もぐら叩き: Wack -a-Mole by やす(Krtyski)

Wack-a-Mole_src 





応援クリックをお願いします。励みになるので...
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ



keywords: fx-5800Pfx-CG20fx-9860G IIゲーム、プログラミングもぐら叩きプログラム関数電卓

リンク集 | ブログ内マップ

関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
C# (3)
検索フォーム
Visitors
Online Counter
現在の閲覧者数:
プロフィール

やす (Krtyski)

Author:やす (Krtyski)
since Oct 30, 2013


プログラム関数電卓は、プログラムを作り・使ってナンボ!

実際に触って気づいたこと、自作プログラム、電卓プログラミングについて書いています

おもしろい・役に立つならクリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


FC2ブログランキングへ


写真: 「4駆で泥んこ遊び@オックスフォード郊外」

リンク
月別アーカイブ
Sitemap

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR