Casio Basic入門2

Casio Basic入門
<目次>

誤字脱字・記載ミスや分かりにくい表現は随時追記・修正します.
最終:2016/04/23


3. fx-5800P CasioBasicの コマンド一覧

fx-5800P Casio Basic の主なコマンド

(1) 入力
 ・入力命令:?
 ・Getkey

(2) 出力
 ・出力命令:
 ・文字列出力: "   "
 ・Cls
 ・Locate

(3) 代入
 ・代入:

(4) ジャンプ
 ・Goto / Lbl 
 ・Dsz / Isz 
 ・ 

(5) 条件分岐
 ・If 文: If ~ Then ~ Else ~ IfEnd 

(6) ループ(繰返し)
 ・Goto / Lbl
 ・Do 文: Do ~ LpWhile 
 ・While 文: While ~ WhileEnd 
 ・For 文: For ~ To (~ Step) ~ Next 

(7) 関係演算
 ・= / / > / / < /

(8) 論理演算
 ・And / Or / Not

(9) 配列変数
 ・Z[ ]

(10) リスト
 ・List

(11) 行列
 ・MAT
 ・det( )
 ・Trn( )
 ・MAT A-1
 など

(12) 実行制御コマンド
 ・Prog
 ・Break
 ・Return
 ・Stop

(13) 各種関数
 ・Int( ) / Frac( )
 ・log( )
 など

(14) 出力設定コマンド
 ・EngOn / EngOff
 ・Norm / Fix / Sci
 など


※ CasioBasic 特有のものは、入力:?出力:代入:ジャンプ命令:Dsz / Isz / ⇒ です。これらの中で、特にジャンプ命令は、非常に利用価値の高いものです。


さて、多くのプログラミング言語と比較すると、fx-5800P のCasioBasic で覚えるべき項目は、とても少ないのです。と言うのも、一般的にパソコンでプログラミングを覚えるには、WindowsなどのOSの動作に関する知識、APIやMFC、様々な機能の多層構造などを知らなくてはなりません。プログラミングの本質を覚える前にギブアップとなりやすいのです。

プログラミングの基本は fx-5800P の CasioBasic に凝縮されていると言えます。

[2016/04/23 追記]
fx-9860GII、fx-CG20 を入手し、これらの Casio Basic についても調べています。機種が異なれば、ハードウェアの違いなどから Csio Basic も少し違ったものになっています。グラフィックスに関しては、fx-9860GII について詳しく調べて Casio Baisc入門 G01~G14 で紹介しています。そして、fx-CG20 までを含めて Casio Basic の互換性について調べました。

Casio Basic - 機種別の互換性

これを見て改めて思うことは、機種間の互換性がかなりのレベルで保たれていて、fx-5800P の Basic Basic が基本になっているということです。Casio Basic 入門には 価格面で入手し易い fx-5800P が適していると言えます。

グラフィックスの描画速度が、fx-CG20 よりも fx-9860GII が速いので、グラフィックスまで含めれば、そして余裕があれば、¥10,000 ~ ¥20,000 程度の fx-9860GII が入門機として良いかも知れません。グラフィックス・プログラミングをしないのであれば、fx-CG20 も入門機として問題ないと思いますが、fx-9860GII と同様に価格が気になります。


「CasioBasic入門」では、実際にプログラムを作りながら、これらのコマンド類を解説してゆく予定です。作って面白いプログラムを題材に取り上げたいと考えています。基本は fx-5800P 向けの内容ですが、fx-9860GII への移植についても触れています。


Casio Basic 入門と並行して、コマンドリファレンスも作っています。

⇒ CasioBasicコマンドリファレンス: 目次 (随時拡充中)

当初 fx-5800P 向けに書いていますが、fx-9860GII や fx-CG20 への適用についても、順次付記してゆく予定です。




4. CasioBasicを使ってみる

実際に手を動かしてプログラムを作ってみることが、プログラミングのスタートです。そして、正しく動作する簡単なプログラムを改良することが、プログラミング習得の最短の道だと思います。

そこで、実際にプログラムを一緒に作りながら、ゆっくりと確実に進めてゆきます。



Chapter 0
プログラム作成・実行の操作ポイント

多くの場合、電源を入れると以下のCOMPモードの画面になります。

Compモード 

fx-5800P は電源を切った時の状態が保存され、次に電源を入れた時に保存された状態で画面表示されます。従って電源を入れた時、上記のCOMPモードでない可能性もあります。

fx-5800P では、左上にある [MODE] キーが操作の起点となります。どのような状態であっても、[MODE] キーを押すと必ず以下に示すモード選択画面になります。

ch1-ModeSelect 

このモード選択画面では、メニュー番号を入力する以外に、この画面からの遷移はできません。

通常の電卓の画面にするには、[1] (1:COMP)、プログラムモードにするには、[5] (5:PROG) とします。

[5] (5:PROG) を選ぶと、以下の Program Menu 画面になります。

TC7-ProgMenu 

この Program Menu 画面から抜けるには、[MODE] キーを押してモード選択を行います。

プログラムの作成、実行、編修は、全てこの Program Menu 画面を起点に操作します。
プログラムの作成、実行、編修中に、[EXIT] キーを何回か押せば、必ず Program Menu に戻ります。


プログラムの作成、実行、編修でポイントとなる画面は、以下の4つです;

1) Program Menu 画面: [EXIT] キーを何回か押せばここに戻る

TC7-ProgMenu 


2) Prog Edit 画面: Program Menu から [3] (3:EDIT) で編修するプログラムを選択

TC7-ProgEdit 


3) Prog List 画面: Program Menu から [2] (2:RUN) で実行するプログラムを選択

TC7-ProgList 


4) プログラム編修画面: プログラムの作成、編修を行う

TC3-5 


先ずは fx-5800P の取り扱い説明書 の88ページ以降の説明を読みながら、実際に操作をしてみてください。また、ハードカバーの裏側に説明のあるステッカーが貼ってありますので、それも少しは参考になります。

1. 最も多用するキー
プログラムの編集画面が表示されている時は、

[FUNCTION] キー

[EXIT] キー

[MODE] キー


を押すと、必要なメニューが出てきます。これら3つのキーから始まる操作で、プログラム作成作業の殆どを行えます。


1.1 [FUNCTION] キー
これを押すと出てくるメニューのうち、最も多用するのが、「3:PROG」メニューと、「1:MATH」です。ここから Casio Basic のコマンドを選んで、編集画面でコマンドを書き込みます。

1.1.1 [1] (1:MATH) メニュー
様々な関数を選択して、プログラム編集画面に書き込めます。さらに、ミリ(m)、マイクロ(μ)、キロ(k)、メガ(M)といった、3桁区切りの接尾記号も、その本来の意味で使えます。例えば1000と書く代わりに1kと書けます。
また、"  " で括られた中には、数字やアルファベット以外にも、表示すべき文字列を書き込めますが、「1:MATH」メニューから文字として書き込むこともできます。

1.1.2 [3] (3:PROG) メニュー
ほぼ全てのコマンドを、このメニューから選んで書き込めます。
また、"  " で括られる中には、数字やアルファベット以外にも、表示すべき文字列を書き込めますが、「3:PROG」メニューから文字として書き込むこともできます。例えば、"<EXE>" などという表示は、「3:PROG」 メニューから、大小関係を判定する <> を選んで文字として使えます。


1.2 「EXIT] キー
1つ前の表示に戻るために使います。分からなくなったら、[EXIT] キーを何度か押せば Program Menu へ戻ります。


1.3 [MODE] キー
Program Manu から抜けて、関数電卓の画面へ戻る時には、[1] (1:COMP) を選びます。
もし、うっかり [MODE] を押してしまうことがありますが、そこで出てくるメニューから [5] (5:PROG) を選べば、プログラム編集画面へ戻れます。この場合でも、作業中の内容はj保存されています。



2. プログラム実行の手順

作成したプログラムを実行するには、2つの方法があります。

Program Menu 画面からのプログラム実行
COMPモードからのプログラム実行: [FILE] キー


2.1 Program Menu 画面からのプログラム実行
Program Menu 画面で、[2] (2:RUN) を選び、ここで表示される Prog List からプログラムを選べば、実行できます。

2.2 COMPモードからのプログラム実行: [FILE]キー
[MODE] [1] (1:COMP) で遷移する、通常の電卓画面(COMP モード)で、プログラムを実行したい時に [FILE] キーを押します。そこで現れるプログラムリストから、プログラムを選んで実行します。


2014/01/21追記: 上記いずれの方法においても、プログラムリストが表示されている時、目的のプログラム名の頭のアルファベットを入力すると(例えば "P")、そのアルファベット("P")で名前が始まるプログラム名にジャンプします。もし "P" で始まるプログラムが無い場合は、アルファベット順で "P" よりも後ろの文字で始まるプログラム名までジャンプします。
プログラムリストが表示されている時はアルファベット入力モードになっているので、例えば "P" で始まるプログラムへジャンプさせるには、[ALPHA] キーを押さずに、いきなり [6] キー(このキーの右上にピンク色で "P" と印刷されています)を押すだけのワン・アクションなので、便利です。


3. アルファベットや数字の入力

[ALPHA] キー と [SHIFT] キーを使って、通常入力モード、ALPHAモード、SHIFTモードを切り替えて入力します。

[ALPHA] を押すと、画面左上に A が表示され、ALPHA入力モードになっていることを示し、キーの右上にピンク色で印刷されているアルファベットや記号を入力できます。但し、キーを1つ入力する前に必ず [ALPHA] を押す必要があります。[ALPHA] をもう一度押すと、画面左上の A  が消え、キーに白で印刷されている数字や関数などを入力できます(通常入力モード)。

[SHIFT] を押すと、画面左上に S  が表示され、SHIFT入力モードになっていることを示し、キーの左上にオレンジ色で印刷されている記号や関数を入力できます。もう一度 [SHIFT] を押すと、画面左上の S  が消え、キーに白で印刷されている数字や関数などを入力できます(通常入力モード)。

[SHIFT] を押してから [ALPHA] を押すと、画面左上に A のみが表示され、ALPHA入力モードであることを示し、ALPHAモードで入力できるアルファベットや記号を、連続して入力できます。いちいちキー一つごとに [ALPHA] を押す必要がありません。


これで、プログラムを作成する準備ができました。


つづく...

⇒ CasioBasic入門3 / 目次




応援クリックをお願いします。励みになるので...

人気ブログランキングへ


FC2ブログランキングへ


カシオプログラム関数電卓 FX-5800P-Nカシオプログラム関数電卓 FX-5800P-N
(2006/09/22)
CASIO(カシオ)

商品詳細を見る


keywords: fx-5800PCasioBasicプログラミング入門プログラム関数電卓

リンク集 | ブログ内マップ

関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
C# (3)
検索フォーム
Visitors
Online Counter
現在の閲覧者数:
プロフィール

やす (Krtyski)

Author:やす (Krtyski)
since Oct 30, 2013


プログラム関数電卓は、プログラムを作り・使ってナンボ!

実際に触って気づいたこと、自作プログラム、電卓プログラミングについて書いています

おもしろい・役に立つならクリックしてください。励みになります。

人気ブログランキングへ


FC2ブログランキングへ


写真: 「4駆で泥んこ遊び@オックスフォード郊外」

リンク
月別アーカイブ
Sitemap

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR