番外編 - Win 10 / Dell Inspiron / Dell のサポート

番外編
e-Gadget

追記・修正 2016/01/30

Inspiron 3148_1 

個人用のノートPC(Sony VAIO Type P だったと言う...)が壊れて、修理見積もりをとると12万円(゜Д゜)

そこで、新しくノートPC、Dell Inspiron 11-3148 を買いました。自分のためのメモを兼ねて書き留めておきます。

New Inspiron 11 3000シリーズ 2-in-1 (3148)


バランスの良い設計で、相変わらずコスパが素晴らしいですね。

コストパフォーマンスの良さから 2台続けてDell 製品の購入です。
2013年の春に Windows XP のサポート終了に伴って、初めてDell のノートPCを使い始めました。この時初めて Windows 8.1 を使い始めたので、それについてメモ代わりに記事を書いています。
この時は、Win8.1 の新インターフェースへの対応や、いくつかのアプリケーションソフトについてメモをとっています。


Windows 10 について
今回購入したノートPCは、Windows10 がプリインストールされているので、初めて使う Win10 について気がついた点をメモとして残します。多くのブログや書籍でも取り上げられているので、重複は避けて、私自身が特に重要だと思った点や問題だと思った点に限定します。


Dell のパソコンとサポートについて
Dell はサポートが良くないという風評があるので、過去の Dell 製品については特段の追加サポート契約をしていません。ネットで最近のDellのサポートが良くなっていると書いているケースが散見されたので、今回は3年間のサポート契約をフルに付けてみました。そして、Dell のテクニカルサポートを利用してみたところ、良い印象を持ったので、それについてもメモを残します。一言でいえば、真摯な対応です。丁寧なフォローのメールや電話をしてくれるのは、他社のカスタマーサポートと比べて遜色ありません。たまたま良い担当者に出会えた可能性も高いですが、しかし個人が良いのなら組織も良くなっていると思うべきでしょう。Dellのテクニカルサポートは大きく変わったと強調しておきます。


Microsoft Office Premium について
今回はMicrosoft Office をプリインストールにせず、安く別途購入を考えていました。
ところが Office 製品の供給方法ライセンス方式が大きく変わった Office Premium が主流になってきています。
そして、ネット通販で安売りされているものを購入するとライセンス認証に問題のあるものを掴まされるというトラブルが多いことがわかりました。そこで今回はプリインストール版を購入することにしました。

今回購入した Office Home & Bsuiness Premium は、新しい供給形態を示す Premium という名前が付いていて、Word, Excel, PowerPoint, Outlook, OneNote については、以前と違ってインストールしたPC1台のみへのライセンスに変更され(以前は2台まで)、その代わりそのPCが使える限りは無期限アップグレードができるという形態と、1年間のサブスクリプション契約で使える Office 365 のパッケージ商品になっています。実際にインストールしてみると、Office 2016 となっていて、現状の最新バージョンとなっています。

OneNote はこれまで使ったことが無いのですが、少し興味があるので使ってみようと思っています。また、1年間のサブスクリプション契約の製品については、よく分からないことがあるので、これから色々調べたり使ったりしてみようと思っていて、それらについてメモを残そうと思います。

新たに気付いたこと、分かったことがあれば、随時追加してゆきます。



目 次

Dell Inspiron 11-3148 の特徴と不具合解消(Dell のサポート) [項目追加に伴い別エントリーへリンク]

Windows 10 Home について
Microsoft Office Home & Business Premium について





Windows 10 Home について

Windows 10 については、書籍やブログで十分な情報を入手できると思います。但しこのOSは、Windows10として継続的にアップデートを続け、本来なら製品名を変えるようなメジャーアップデートを年に2~3回程度実施するというポリシーです。つい先日、メジャーアップデート November Update で、Threshold 2 (TH2 Version 1511 Build 10586) へのアップデートがあったばかりです。Microsoftの情報によれば、次は Redstone 1 と名前が変わるくらいのメジャーアップデートが予定されているようです。

このようにアップデートが続くことで、書籍やブログの詳細内容がアップデートに追いつかない状況が既にあり、今後は即時性や信頼性の高い情報発信源を見つけておく必要がありそうです。

Windows10 に関しては、多くのブログや書籍で取り扱っているので、その内容をここで紹介するのは意味のないこと。これらを参照して頂くことを前提として、それらでは触れられていない点や明言を避けている点、そして曖昧な点について、私が気付いたことを紹介しようと思います。


ホバーしたときに非アクティブウィンドウをスクロールする機能

フォーカスされていなくても、マウスカーソルを持くるだけでホイールによるスクロールができるのは、とても便利です。

例えば、Outlookで、左ペインのフォルダビューの上にマウスを持ってきてホイールを回せばスクロールできます。しかしフォーカスはメール一覧や、メール編集ウィンドウの残ったままなのです。或いは、下に重なったウィンドウにはフォーカスがありませんが、その上にマウスポインタを持ってきてホイールを回せば、下のウィンドウがスクロールします。

使ってみれば、その便利さが分かるでしょうし、一度この便利さを味わえばもう逃れられないのです。

Windows 8.1 までは、この機能がOSには無かったので、エレコムのマウスに以前添付されていた「マウスユーティリティー2」を使ってこの機能を実現していました。他にもフリーソフトがいくつかありますが、Windows8.1 での安定性の面で「「マウスユーティリティー2」が一番良いので、これを使っています。Logicoolのマウスでもこの機能を使えます。

Windows 8.1導入時に、「マウスユーティリティ2」について触れた記事はこちら;
番外編 - Win8.1 移行メモ(2)

そして Windows 10で、この機能がついに導入されました

[スタートメニュー]-[設定]-[ デバイス]-[マウスとタッチパッド] で、「ホバーしたときに非アクティブウィンドウをスクロールする」オンにすることで、この機能が使えるようになります。

目次に戻る


サポートするメディアファイルが増えた

Windows8.1までは、例えば PowerPoint に埋め込んだ動画を再生するには、QuickTimeなどの余計なものをインストールする必要がありましたが、Windows10では、デフォルトで再生できるようになっています。

Microsoftによれば、Matroska に対応することで、QuickTime Codec、mpeg-1/-2/-4、H.264、VC-1 などの多くのフォーマットをデフォルトで使えるようになるとのこと。動画だけでなく FLAC、Apple Lossless などの音声ファイルへの対応も増えているとのこと。

これまでに試した範囲では、Quick Time Codec, mpeg-4 には対応しています。特にパソコンが重くなったり余計なことをするQuickTimeをインストールしないで済むのは、個人的には大歓迎です。

但し、プリインストールされた Windows 10 では、DVD再生ができませんでした。そこで、Windows DVD をウィンドウズストアから ¥1,500 でダウンロードしました。これには mpeg-2 コーデックも含むので、Windows Multimedia Player でも mpeg-2動画が見られるようになるのは良いかもしれません。

今回のPC買い換えで壊れた元のPCには CyberLink の PowerDVD9 Ultra を購入してインストールしていたのですが、CyberLink のホームページに行くと、PowerDVD12 Ultra へ無償アップグレードできることがわかったので、併せてこのアップグレード版もインストールしておきました。

目次に戻る



Windows Updateの制御

実は今、これが一番気になっています。今回の新しいPCにインストールされているのは、Windows 10 Home で、Windows Update は自動更新されます。もし問題のあるアップデートにより特定のソフトや機能に障害が出ることがわかっていても、アップデート延期の制御ができません。しばらく推移を見守る必要があります。必要ならば、Pro エディションへアップグレードすることも考える必要があります。ただし Microsoftが発表している内容では、Proエディションも更新延期はリリースから8ヶ月以内となっているので、これで十分なのかどうか?このあたりも推移を見守る必要がありそうです。

しばらくは、仕事で使うのは怖いので、個人用PCでWindows10 に慣れながら、状況をみたいと思います。

目次に戻る



モバイル時に勝手に通信する困った機能を退治した
モバイルとして使うことが多く、Y! Mobile のPocket Wi-Fi を利用しています。所定の通信量を超えると帯域制限がかかり、通信を継続するには追加料金が必要になるのは、UQ WIMAX を除き docomo、Y! Mobile などで普通に実施されています。従って、出先で動画配信や大きなファイルのダウンロードや送信は、できる限り抑えるようにしています。

ところが、突然帯域制限がかかって驚きました。何かの間違いだと最初は思ったのですが、OneDriveが主犯でした。


OneDrive の設定
OneDrive はこれまで使ったことがなく気付かなかったのですが、Windows10 の一部として 組み込まれていて、デフォルト設定では、ユーザーデータにアクセスすると、自動的にクラウドへファイルをアップロードや更新していました。

Windows 10 をモバイルで使う時は、真っ先に OneDrive をオフに!皆様も十分にお気をつけください。

OneDriveをオフにするかアンインストールする

この問題に警鐘を鳴らす記事が既にあったのですが、知りませんでした;
- Windows 10は通信上限に注意!? データ通信料を節約する


Windows Update の設定
次に Windows Update も問題です。私の場合は、モバイルで使っている時に、Threshold 2 へのメジャーアップデート (November Update)に引っかかってしまった。この時の通信料は OneDrive ほどの通信量では無かったが、今後数百メガバイトにならない保証はありません。そもそも Windows 10 Home では Windows Updateによるダウンロード保留を設定することができず、インストールするタイミングのみ管理できます。

これへの今のところの対処は、以下で紹介されているように、Wi-Fi の設定で「従量制課金接続」を指定するくらいしかなさそうです。
- Windows 10の「強制 Windows Update」がもたらすデータ通信制限を回避する


プライバシーの設定

さらに、Windows 10 は、デフォルト設定で、ユーザーに関する情報を最大限に発信するようになっていることも知っておくべきです。
ユーザーに断り無く情報を盗む(敢えてこう表現します)初期設定になっているのは問題です。

[スタートメニュー]-[設定]-[プライバシー] で最低必要限の設定に変更しましょう。殆どオフで良いと思います。

これについては、以下が参考になるかもしれません;
- デフォルトのままは危険? 「Windows 10」 のプライバシー設定はこう変えよう


目次に戻る



今後、気付いたことがあれば、随時紹介しようと思います。




応援クリックをお願いします。励みになるので...

人気ブログランキングへ


FC2ブログランキングへ


keywords: Windows8.1環境移行

リンク集 | ブログ内マップ
関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
C# (3)
検索フォーム
Visitors
Online Counter
現在の閲覧者数:
プロフィール

やす (Krtyski)

Author:やす (Krtyski)
since Oct 30, 2013


プログラム電卓は、プログラムを使ってナンボ!

実際に触って気づいたこと、自作プログラム、電卓プログラミングについて書いています

おもしろい・役に立つならクリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


FC2ブログランキングへ


写真: 「4駆で泥んこ遊び@オックスフォード郊外」

リンク
月別アーカイブ
Sitemap

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR