Casio Basic入門 -目次-

Casio Basic入門

新しい記事の公開に合わせて随時追記・修正します
最終: 2016/10/09


目 次

        - 1.はじめに: [1]

        - 2.プログラミングとは: [1]  

        - 3.fx-5800PのCasio Basicコマンド一覧: [2] 

        - 4.Casio Basicを使ってみる
            - Chapter 0 - プログラム作成・実行のポイント: [2] 
            - Chapter 1 - Getkey と Locate を使いこなす: [3] [4] [5] [6] [7] [8] 
            - Chapter 2 - 動きのあるプログラムを作る: [9] [10][11][12][13][14] 
            - Chapter 3 - 自由自在に入力する(入力ボックス): [15][16][17][18] 
            - Chapter 4 - 換算プログラムを作る: [19][20][21][22] 
            - Chapter 5 - サブルーチンを使いこなす: [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] 
            - Chapter 6 - プログラムを速くする(入力ボックス) [32] [33] [34] [35] [36] [37]  
            - Chapter 7 - 超入門 - ゼロからのプログラム作成と機能追加: [38] [39] [40] [41] [42]
            - Chapter 8 - Basic 命令を活用してみる: [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50]
            - Chapter 9 - 簡単な換算プログラム - 入力ボックスの活用: [51] [52] [53] [54] [55] 

        - 5.Casio Basicでグラフィックス / 目次
            - Chapter G01 - LCDと3つの座標系: [G01] 
            - Chapter G02 - グラフィックス画面の設定と描画: [G02] 
            - Chapter G03 - ClrGraphViewWindow[G03] 
            - Chapter G04 - Plot コマンド: [G04] 
            - Chapter G05 - Plot と ViewWindow: [G05] 
            - Chapter G06 - F-Line と線のスタイル設定: [G06] 
            - Chapter G07 - 点線とViewWindow: [G07]
            - Chapter G08 - ViewWindow の有効活用 / RclPict と RclCapt の違い: [G08] 
            - Chapter G09 - ViewWindow と設定変数: [G09] 
            - Chapter G10 - Circle コマンド: [G10] 
            - Chapter G11 - PxlOn コマンド: [G11]
            - Chapter G12 - PxlOff コマンド: [G12]
            - Chapter G13 - PxlChgコマンド: [G13] 
            - Chapter G14 - PxlTest( ) コマンド: [G14] 

            - Chapter G15 - 
            - Chapter G16 - 
            - Chapter G17 -
            - Chapter G18 -

詳細な目次へ



Casio Basic入門の概要

CasioBasic入門では、最初から順に読むことを前提に書いています。最初は基本的な部分から丁寧な説明を心がけていますが、進むにつれて同じ説明を省略するようになります。CasioBasicの命令やコマンドの説明だけでなく、プログラミングの考え方、手法、知っておくと役立つ数学的な話題なども、折に触れ紹介しています。

当初、fx-5800P 使用を前提にして始めましたが、「4. Casio Basic を使ってみる」 で取り上げているプログラムは、簡単な変更で fx-9860GII への移植も可能です。具体的に fx-5800P から fx-9860GII への移植も取り上げています。

fx-CG20 については、fx-9860GII の Casio Basic プログラムファイルからの移植性が非常に高いので、物理座標系で動くグラフィックスコマンド(PxlOnPxlOffPxlChgPxlTest など)を使っていないプログラムファイルは、fx-CG20 に転送するだけで、ほぼ正常動作します。

Casio Basic - 機種別の互換性

fx-9860GII への移植 - 厄介な旧来の命令


「5. Casio Basic でグラフィックス」 では、グラフィックス機能を持たない fx-5800P ではなく、fx-9860GII を前提にしています。fx-CG20 / fx-CG10 は、カラー対応の部分を除き、fx-9860GII から比較的楽に移植できます。fx-9860GII と fx-CG20 で互換性のないコマンドの紹介を順次追加してゆきます。


Casio Basic入門の読み方

PCなどでの構造化Basic や他の構造化高級言語でのプログラミング経験者には、最初から順に読み進めて頂ければ、Casio Basic が構造化Basicで、割と使える言語であることに気付かれると思います。

昔の古い電卓での行番号付きのBASIC(非構造化BASIC)などでのプログラミング経験しか無い方、およびプログラミング未経験者の方は、以下の順序で読み進めると良いと思います。

構造化高級言語によるプログラミング経験の少ない方、プログラミング初心者向けの進め方

2. プログラミングとは
   
4. Casio Basicを使ってみる [fx-5800P 向け、fx-9860GII にも移植可能]
   
 ・Chapter 0 (プログラム作成・実行のポイント)
   
 ・Chapter 7 (超入門:ゼロからのプログラム作成と機能追加) ※1
   
 ・Chapter 8 (Basic コマンドを使ってみる) ※2
   
 ・Chapter 1 (Getkey と Locate コマンドを使いこなす)
   
 ・Chapter 2 (動きのあるプログラムを作る)
   
 ・Chapter 3 ~ Chapter 6 / Chapter 9 ~
   
5. Casio Basic でグラフィックス [fx-9860GII 他、グラフ関数電卓向け]

※1 fx-5800P プログラミング(超)入門
Chapter 7 (超入門:ゼロからのプログラム作成と機能追加) は、fx-5800P を始めて使うプログラミング未経験者を想定したものです。Chapter 8 へ繋がります。 ⇒ Chapter 7

※2 新世代 Casio Basic への導入
Chapter 8 は、カシオのプログラム電卓で古くから使われてきた命令から、新世代 Casio Basic への導入を目的にしています。古いプログラム電卓を使いこなしているが、新しい Casio Basic にはなじみの無い方向けです。 ⇒ Chapter 8

※3 PCなどでの高級言語プログラミングの経験者には...
管理人自身がこのカテゴリーに入ります。高級言語、特に構造化Basicでのプログラミング経験者は、当ブログで公開している Hit & Blow ( ここここ や ここ )、もぐら叩き (ここ) を見て、実際に fx-5800P で実行して頂ければ、Casio Basic の能力が分かると思います。さらに、改造や改善してみると Casio Basic がさらに分かると思います。

記事中で、Casio Basic コマンドリファレンスの個別項目へのリンクも入れています。このコマンドリファレンスは、管理人オリジナルのもので、取扱説明書に書かれていない多くの情報を提供しています。


新世代 Casio Basicについて

2006年発売の fx-5800P に搭載されたプログラミング言語は、カシオ自身が Basic-Like プログラミング言語と言っています。機能やコマンドが限定されているので、厳密にはその通りです。しかし実際に使ってみると、使えるコマンドに着目すれば、構造化プログラミングができる Basic であり、実用的な電卓プログラムが作れることに気がつきました。構造化プログラミングには諸説ありますが、当ブログでは「ブロック構造による分かりやすいプログラムを作ること」 が構造化プログラミングだ、との立場です。例外処理やエラー処理のために Goto で処理を一カ所に集中させるのは、プログラムが分かりやすくなるので良いものとして考え、それ以外は極力 Goto なしでプログラムを書くという考え方です。実際に多くの高級言語では、例外処理には内部的に Goto と同様に特定アドレスへの強制ジャンプをしています。

ここでは、カシオ製 プログラム関数電卓とグラフ関数電卓をひとくくりにして、プログラム電卓と呼ぶことにします。2006年に 発売された fx-5800P 以降のプログラム電卓に搭載されている Casio Basic は、構造化プログラミングが可能である点で、それ以前のものとは大きく異なることが分かっています。

そこで、fx-5800P 以降の機種に搭載されている新しい Casio Basic を 当ブログでは、新世代 Casio Basic と呼んでいます。これらに共有しているのは、構造化プログラミングが可能なだけでなく、テンキーだけでなく全てのキー([AC]キー除く)押下の検出が可能な Getkey コマンド、そして柔軟な Locate コマンドを搭載し、条件判定を 0で偽、0以外を真できることです。なお、プログラム関数電卓として販売されている fx-71F や fx-72F に搭載されている言語は、ここでいう新世代 Casio Basic ではありません。

<新世代Casio Basic搭載機>
  - fx-5800P
  - fx-9860G (OS ver 2.以降推奨)
  - fx-9860GII (OS ver 2 以降推奨)
  - fx-CG10 (OS ver 1 以降)
  - fx-CG20 (OS ver 1 以降)
  - fx-FD10 Pro
  ※ OS は最新バージョンへアップグレードできます

初級・中級の表記について
  初級 - Casio Basic の命令/コマンドの使い方を覚えるレベル
  中級 - プログラムの構造やロジック、変数の使い方を工夫するレベル
  中級者で十分使いこなせるので、上級と言う表記はありません

Casio Basic でのグラフィックス プログラミングを取り上げています。先ずは グラフィックスコマンドを徹底的に調べている段階なので、別系統で連載します。これまでの「Casio Basicを使ってみる」の連載は、継続予定です。
 ⇒ Casio Basicでグラフィックス



詳細な目次

1. はじめに
      ⇒ Casio Basic入門1

2. プログラミングとは
      ⇒ Casio Basic入門1

3. fx-5800P CasioBasicのコマンド一覧
      ⇒ Casio Basic入門2

4. CasioBasicを使ってみる
[fx-5800P 向け、fx-9860GII (OS2.04)にも移植可]

Chapter 0

プログラム作成・実行の操作ポイント

      - プログラム新規作成
      - プログラム編集
      - プログラム実行
      - →命令 (代入命令)
      - ?命令 (入力命令)
      - 命令 (出力命令)

      ⇒ Casio Basic入門2

Chapter 1 - 初級
Getkey と Locate コマンドを使いこなす
キーコード取得プログラム - GET KEYCODE を作る 

      - Locate
      - Getkey
      - Doループ
      - Whileループ
      - Isz命令 (インクリメント・ジャンプ命令)
      - " " 出力命令
      - EngOn / EngOff
      - If 文
      - ⇒命令 (条件ジャンプ命令)


      ⇒ Casio Basic入門3
             - Chapter 1-1: Getkey、Locate
             - Chapter 1-2: Goto / Lbl ループ、EngモードとLocate

      Casio Basic入門4
             - Chapter 1-3: 繰り返し処理 Doループ

     Casio Basic入門5
             - Chapter 1-4: Locateコマンドと出力命令" "の違い
             - 
Chapter 1-5: 思い込みの罠 - Locateの表示桁数
             - Chapter 1-6: プログラム完成
             - Chapter 1-7: 思い込みの罠(補足) - 1桁のキーコード

      ⇒ Casio Basic入門6
             - Chapter 1-8: DoループとWhileループ再び

      Casio Basic入門7
             - Chapter 1-9: Locateコマンドで陥るバグ
             - Chapter 1-10: 利用価値の高い⇒命令(条件ジャンプ)を使ってみる

      ⇒ Casio Basic入門8
             - Chapter 1-11: ダイナミックな表示機能の実装
             - Chapter 1-12: プログラムのバックアップ


Chapter 2 - 初級
動きのあるプログラムを作る
反射ゲーム - REACT を作る

      - Lbl / Goto ループ
      - Dsz命令 (ディクリメント・ジャンプ命令)
      - Int( ) / Frac( ) 関数
      - Break コマンド
      - 例外処理 / 例外フラグ
      - 複数条件分岐 - Else If
      - ブロック構造 (構造化プログラミングの勧め)
      - アルファベット小文字の表示
      - For~To~Next
      - Progコマンド(サブルーチン)

      ⇒ Casio Basic入門9
             - Chapter 2-0: Lbl / Gotoループを使う
             - Chapter 2-1: 回る羽根を作る

      ⇒ Casio Basic入門10
             - Chapter 2-2: ランダム関数を使う
             - Chapter 2-3: 再びGetkeyとDoループでカウンタ計測
             - Chapter 2-4: 例外処理・例外フラグ・Breakコマンド

      ⇒ Casio Basic入門11
             - Chapter 2-5: プログラム制御
             - Chapter 2-6: 複数条件分岐の記法

      ⇒ Casio Basic入門12
             - Chapter 2-7: ゲーム終了条件の実装

      ⇒ Casio Basic入門13
             - Chapter 2-8: ゲーム進行に変化を付ける
             - Chapter 2-9: ゲームの仕上げ - 構造化プログラミング

      ⇒ Casip Basic入門14
              - Chapter 2-10: For文とProgコマンドを使ってみる


Chapter 3 - 中級
自由自在に入力する
入力ボックス - INPI を作る

      - 配列変数
      - 論理演算コマンド
      - For~To~Next
      - Progコマンド(サブルーチン)
      - サブルーチンの使い方
      - アルファベット小文字の表示
      - デバッグ方法
      - ド・モルガンの法則
      - 変数の使い方 - 予約変数と使捨て変数
      - 変数の適用範囲

      ⇒ Casio Basic入門15
             - Chapter 3-0: 動作確認用メインルーチンを作る

      ⇒ Casio Basic入門16
             - Chapter 3-0(続き): 「入力ボックス」を作る - 論理演算をする

      ⇒ Casio Basic入門17
             - Chapter 3-1: 「入力ボックス」プログラムの改造

      ⇒ Casio Basic入門18
             - Chapter 3-2: 入力ボックス - 末尾文字の削除機能を追加する
                デバッグ方法、ド・モルガンの法則、変数の適用範囲を理解する


Chapter 4 - 中級
換算プログラムを作る
和暦・西暦変換プログラム - YEAR CONV を作る

      - Progコマンド (サブルーチン)
      - サブルーチンの使い方
      - 変数の使い方 - 予約変数と使い捨て変数

      ⇒ Casio Basic入門19
             - Chapter 4-0: 和暦・西暦換算プログラム - 完成状態の紹介
             - Chapter 4-1: 最初にプログラム構造を考える
             - Chapter 4-2: 和暦・西暦換算プログラムを実装する

      ⇒ Casio Basic入門20
             - Chapter 4-3: オマケ機能の追加 - 数の桁数の求め方

      ⇒ Casio Basic入門21
             - Chapter 4-4: キー長押しによるメニュー選択

      ⇒ Casio Basic入門22
             - Chapter 4-5: キー長押しの処理を作る
             - Chapter 4-6: サブルーチンを使いこなす


Chapter 5 - 中級
サブルーチンを使いこなす

世界時間換算プログラム - TIME ZONE を作る

      - 入力ボックスを使う
      - サブルーチンを活用した効率的な機能追加
      - 変数の使い方 - 予約変数と使捨て変数
      - キー長押しの活用
      - 矢印キーによる循環項目選択

      ⇒ Casio Basic入門23
            - Chapter 5-0: プログラムの仕様
            - Chapter 5-1: TIME ZONE プッログラムの完成形

      ⇒ Casio Basic入門24
            - Chapter 5-2 Getkey、入力ボックス、Locate の活用

      ⇒ Casio Basic入門25
            - Chapter 5-3: 同様の機能を追加する

      ⇒ Casio basic入門26
            - Chapter 5-4: 少し異なるルーチンを、分かりやすく追加する

      ⇒ Casio Basic入門27
            - Chapter 5-5: 少し異なるルーチンを、分かりやすく追加する(2)

      ⇒ Casio Basic入門28
            - Chapter 5-6: キー長押しによる機能呼び出し

      ⇒ Casio Basic入門29
            - Chapter 5-7: 矢印キーの活用

      ⇒ Casio Basic入門30
     - Chapter 5-8: 類似処理による機能追加

      ⇒ Casio Basic入門31
     - Chapter 5-9 キー長押しによる別機能の呼び出し


Chapter 6 - 中級
プログラムを速くする
入力ボックスの高速化と拡張 - 入力ボックス 2.0 を作る

      - 処理速度の遅いコマンド/命令を見極める
      - プログラムロジックの見直し

      ⇒ Casio Basic入門32
     - Chapter 6-0: コマンドや命令の処理速度を比較する
     - Chapter 6-1: 具体的に対処する遅い処理を見つける

      ⇒ Casio Basic入門33
     - Chapter 6-2: ロジックの見直しでプログラムを高速化する

  ⇒ Casio Basic入門34
     - Chapter 6-3: 処理速度を意識して機能拡張する

  ⇒ Casio Basic入門35
     - Chapter 6-4: 処理速度を意識して機能拡張する

  ⇒ Casio Basic入門36
     - Chapter 6-5: キーリピートを抑制する

  ⇒ Casio Basic入門37
     - Chapter 6-6: fx-5800P から fx-9860GII へ移植する


Chapter 7 - 超初級
ゼロからのプログラム作成と機能追加
温度換算プログラム- TEMP CONV を作る

      - 初めての fx-5800P プログラミング
      - プログラム作成の手順
      - プログラムの実行方法
      - ?(入力)命令

  ⇒ Casio Basic入門38
     - Chapter 7-1: 最もシンプルなプログラム

  ⇒ Casio Basic入門39
     - Chapter 7-2: 同様の機能を追加する

  ⇒ Casio Basic入門40
     - Chapter 7-3: 選択肢3つの換算プログラムに拡張する

  ⇒ Casio Basic入門41
     - Chapter 7-4: バグの原因と対処 - フラグの利用

  ⇒ Casio Basic入門42    
     - Chapter 7-5: プログラムの効率化


Chapter 8 - 初級
Basic 命令を使ってみる
温度換算プログラム - TEMP CONV を作る

   - ?(入力)命令を Baisc コマンでに置き換える
     ・ Getkey と Do ループ の使い方
     ・ 入力ボックスの使い方
   - ⇒(条件分岐)命令のメリット
   - キー入力制御
     ・ Getkey と While ループの使い方

  ⇒ Casio Basic入門43
     - Chapter 8-1: メニュー選択に Getkey を使う

  ⇒ Casio Basic入門44
     - Chapter 8-2: 入力ボックスを使ってみる

  ⇒ Casio Basic入門45
     - Chapter 8-3: 換算プログラムの入力ボックスを実装する

  ⇒ Casio Basic入門46
     - Chapter 8-4: テンキー以外のキー入力を利用する

  ⇒ Casio Basic入門47
     - Chapter 8-5: [EXIT] キーで正常終了させる

  ⇒ Casio Basic入門48
     - Chapter 8-6: fx9860GII 用入力ボックスを準備する

  ⇒ Casio Basic入門49
     - Chapter 8-7: fx-9860GII へプログラムを移植する

  ⇒ Casio Basic入門50
     - Chapter 8-8: fx-9860GII 用に表示を最適化する


Chapter 9 - 初級
簡単な換算プログラム - 入力ボックスの活用
福利計算プログラム - CompInt を作る

   - Getkey と Do ループ の使い方
   - 入力ボックスの使い方
   - 数値の3桁区切り表示をサブルーチンで実装
   - 3桁区切りのロジックを改善(高速化)
   - 

  ⇒ Casio Basic入門51
     - Chapter 9-1: fx-5800P で複利計算プログラムを作る

  ⇒ Casio Basic入門52
     - Chapter 9-2: fx-5800P で3桁区切り表示をする

  ⇒ Casio Basic入門53
     - Chapter 9-3: fx-5800P での3桁区切り表示を高速化する

  ⇒ Casio Basic入門54
     - Chapter 9-4: fx-5800P での3桁区切り表示を改良する


5. Casio Basicでグラフィックス [fx-9860G (OS2.04) 向け]

Casio Basicでグラフィックス
グラフィックスコマンドの仕様や特徴

  ⇒ Casio Basic入門G01
     - Chapter G01: LCDと3つの座標系

  ⇒ Casio Basic入門G02
     - Chapter G02:  グラフィックス画面の設定と描画

  ⇒ Casio Basic入門G03
     - Chapter G03: ClrGraphViewWindow

  ⇒ Casio Basic入門G04
     - Chapter G04: Plot コマンド

  ⇒ Casio Basic入門G05
     - Chapter G05: PlotViwWindow

  ⇒ Casio Basic入門G06
     - Chapter G06: F-Line と 線のスタイル設定

  ⇒ Casio Basic入門G07
     - Chapter G07: 点線と ViewWindow

  ⇒ Casio Basic入門G08
     - Chapter G08: ViewWindow (直交座標系) の有効活用 / RclPictRclCapt の違い

  ⇒ Casio Basic入門G09
     - Chapter G09: ViewWindow と設定変数

  ⇒ Casio Basic入門G10
     - Chapter G10: Circle コマンド

  ⇒ Casio Basic入門G11
     - Chapter G11: PxlOn コマンド

  ⇒ Casio Basic入門G12
     - Chapter G12: PxlOff コマンド

  ⇒ Casio Basic入門G13
     - Chapter G13: PxlChg コマンド

  ⇒ Casio Basic入門G14
     - Chapter G14: PxlTest() コマンド

  ⇒ Casio Basic入門G15
     - Chapter G15: 



応援クリックをお願いします。励みになるので...

人気ブログランキングへ


FC2ブログランキングへ


  


keywords: fx-5800Pfx-9860GIICasioBasicプログラミング入門プログラム関数電卓

リンク集 | ブログ内マップ
関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
C# (3)
検索フォーム
Visitors
Online Counter
現在の閲覧者数:
プロフィール

やす (Krtyski)

Author:やす (Krtyski)
since Oct 30, 2013


プログラム関数電卓は、プログラムを作り・使ってナンボ!

実際に触って気づいたこと、自作プログラム、電卓プログラミングについて書いています

おもしろい・役に立つならクリックしてください。励みになります。

人気ブログランキングへ


FC2ブログランキングへ


写真: 「4駆で泥んこ遊び@オックスフォード郊外」

リンク
月別アーカイブ
Sitemap

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR