" " (Text Display) Command

 " " (Text Display)
<Inside Casio Basic> <C.Basic>

This content is checked by fx-5800P, fx-9860G Series (OS 2 or later) and fx-CG10/20/50.
This is on-going project, any changes may be made.


Model

fx-5800P, fx-9860GII and fx-CG10/20/50


Syntax

"
<string>"


Key Press

fx-5800P: [ALPHA][SqrRoot]

fx-9860GII: [ALPHA][EXP]
fx-CG10/20/50: [ALPHA][EXP]


Function
  1. Display string or character(s) between " and ".

Description
  1. <string> (string or charactoer) can be combination of  an alphabet, a charactor, a command, a mathimatical function or any simbol.
  2. After display of <string> by "<string>" code, internal cursor row for input or output moves down to the next row.
  3. UNDOCUMENTED The internal cursor row is reset back to top row after text clear command (Cls on fx-5800P or ClrText on fx-9860GII or fx-CG10/20/50) runs.
  4. When the internal cursor row comes to bottom row [4th row from top (fx-5800P) or 7th row from top (fx-9860GII and fx-CG10/20/50)], the internal cursor row stay at the botom row even "<string>" runs.

Note

UNDOCUMENTED Detailed behavior of the " " output command on fx-9860GII or fx-CG10/20/50 is deferent from on fx-5800P. Following sample code gives deferent result;   
Locate 5,1,"-RIGHT-"
"LEFT"


[fx-5800P] The output result is...

LEFT-RIGHT-

This result tells you that the "LEFT" code over-writes 4 column.

[fx9860GII or fx-CG10/20/50] The output result is...


LEFT

This result tells you that the "LEFT" code over-writes whole row.


Copyright (C) 2013 Krtyski / egadget.blog.fc2.com  All Rights Reserved.

関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
C# (3)
検索フォーム
Visitors
Online Counter
現在の閲覧者数:
プロフィール

やす (Krtyski)

Author:やす (Krtyski)
since Oct 30, 2013


プログラム電卓は、プログラムを使ってナンボ!

実際に触って気づいたこと、自作プログラム、電卓プログラミングについて書いています

おもしろい・役に立つならクリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


FC2ブログランキングへ


写真: 「4駆で泥んこ遊び@オックスフォード郊外」

リンク
月別アーカイブ
Sitemap

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR