Switch Statement

 Switch... Case... Default... SwitchEnd
<C.Basic>

This content is checked by fx-9860GII (OS 2.04).
This is on-going project, any changes may be made.


Model

fx-9860G Series


Syntax

Switch
<value>
    Case
<number1>
        <statement>
        Break
    Case <number2>
        <statement>
    Case
<number3>
        <statement>
    ....
    ....
    Case <number n>
        <statement>
        Break
    Default
        <statement>
        [Break]
SwitchEnd

* Adding space for indent is available with C.Basic (Original Caso Basic does not allow this).


Key Press

Switch
:       [F3](CMD) -> [down]/[up] -> [6](6:Switch)
Case:          [F3](CMD) -> [down]/[up] -> [7](7:Case)
Break:        [F3](CMD) -> [down]/[up] -> [1](1:Break) 
Default:      [F3](CMD) -> [down]/[up] -> [8](8:Default)
SwitchEnd:  [F3](CMD) -> [down]/[up] -> [9](9:SwithEn)


Function
  1. Evaluates <value> and jump to selected <number n>.

Description
  1. This statement is same as switch / case (C language) or Select Case / Case (Visual Basic).

Note
  1. Default must come to the last.
  2. Like C language, fall through without Break is available.

Sample Code


Lbl 0
ClrText
"Press key"
Switch Getkey1
    Case 72
      "ONE"
      Break
    Case 62
      "TWO"
    Case 52
      "THREE"
      Break
    Default
      "ELSE"
SwitchEnd
Goto 0



See also: If Statement, ElseIf Statement, Getkey1, ClrText

Copyright (C) 2013 - 2016 Krtyski / egadget.blog.fc2.com  All Rights Reserved.

関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
C# (3)
検索フォーム
Visitors
Online Counter
現在の閲覧者数:
プロフィール

やす (Krtyski)

Author:やす (Krtyski)
since Oct 30, 2013


プログラム関数電卓は、プログラムを作り・使ってナンボ!

実際に触って気づいたこと、自作プログラム、電卓プログラミングについて書いています

おもしろい・役に立つならクリックしてください。励みになります。

人気ブログランキングへ


FC2ブログランキングへ


写真: 「4駆で泥んこ遊び@オックスフォード郊外」

リンク
月別アーカイブ
Sitemap

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR