Casio Basic入門54

Casio Basic入門
<目次>

誤字脱字・記載ミスや分かりにくい表現は随時追記・修正します

修正 2016/07/18
追記: 2017/07/02


 4. CasioBasicを使ってみる(続き)

Chapter 9 - 初級

前回: Casio Basic入門53 を見る


◆ Chapter 9 の目標: 簡単な換算プログラム - 入力ボックスの活用


Chapter 9-4 
fx-5800P での3桁区切り表示を改良する

前々回(Casio Basic入門52 - Chapter 9-2)で作ったものは、3桁区切りがパラパラと表示されます。


前回(Casio Basic入門53 - Chapter 9-3)で改良したものは、3桁区切り表示が高速化しました。

ところが、いずれも表示する桁数が1行以内に収まらない時はエラーが発生します。これを放置していたのですが、ここでエラーが出ないように手を入れてから、fx-9860GII へ移植することにします。

fx-5800P用パラパラ表示版

・サブルーチン: 3DIGIT
・メインルーチン: COMPINT2

ファイル名: 3DIGIT

Z=0⇒Retuen
Int(log(Z))+1→D
D-3Int(D÷3)→F

For 1→I To D
Int(Z÷10^(D-I))→C
Locate X+I-1,Y,C
Z-C10^(D-I)→Z
If I-3Int(I÷3)=F
Then Isz X
I<D⇒Locate X+I-1,Y,","
IfEnd
Next



ファイル名: COMPINT2
Locate 1,1,"1-C:"
Locate 1,2,"2-R:"
Locate 10,2,"3-Y:"
Locate 1,3,"TOTAL"
Locate 1,4,"MONTH"


0→B:0→R:0→N:0→T:0→M

Do

0→K:Do
Getkey→K
LpWhile K=0
K=73⇒Break

If K=35
Then
5→X:1→Y:8→D:1→E
Locate X,Y,"      " (スペース11個)
Prog "INP":Z→B
Prog "3DIGIT"
Else If K=36
Then
5→X:2→Y:4→D:1→E
Prog "INP":Z→R
Else If K=37
Then
14→X:2→Y:3→D:1→E
Prog "INP":Z→N
IfEnd:IfEnd
IfEnd

If BRN:Then
Int(B(1+R÷100)^(N))→T
Locate 7,3,"     " (スペース10個)
T→Z:7→X:3→Y
Prog "3DIGIT"
Int(T÷N÷12)→M
Locate 7,4,"     " (スペース10個)
M→Z:7→X:4→Y
Prog "3DIGIT"
IfEnd

LpWhile
 1
Cls
Locate 7,2,"BYE!"



fx-5800P用高速表示版

・サブルーチン: 3DIGIT2
・メインルーチン: COMPINT3

ファイル名: 3DIGIT2

Z=0⇒Return
Int(log(Z))+1→K
(LK4)+(K≥7)+(K≥10)→I
Frac(Z÷1
x103)×1x103→U
Int(Frac(Z÷1x106)×1x103)→V
Int(Frac(Z÷1x109)×1x103)→W
Int(Z÷1x109)→D

If K≤8:Than
Locate X,Y,1x108×W+1x104×V+U
I≥1⇒Locate X+K-2-(I=1),Y,","
I≥2⇒Locate X+K-6,Y,","
Else
Locate X+3+2×(I≥3),Y,1x107+1x104×V+W
Locate X+0,Y,1x104×D+W
Locate X+K-2+(I≥3),Y,","
Locate X+K-6+(I≥3),Y,","
I≥3⇒Locate X+1,Y,","
IfEnd



変数の説明
入力値: Z
X座標: X
Y座標: Y


ワーク変数 U:下3桁
ワーク変数 V:中3桁
ワーク変数 W:上3桁
ワーク変数 D:最上位1桁
ワーク変数 K:数値の桁数
ワーク変数 I:三桁区切り文字の数


ファイル名: COMPINT3
Locate 1,1,"1-C:"
Locate 1,2,"2-R:"
Locate 10,2,"3-Y:"
Locate 1,3,"TOTAL"
Locate 1,4,"MONTH"


0→B:0→R:0→N:0→T:0→M

Do

0→K:Do
Getkey→K
LpWhile K=0
K=73⇒Break

If K=35
Then
5→X:1→Y:8→D:1→E
Locate X,Y,"      " (スペース11個)
Prog "INP":Z→B
Prog "3DIGIT2"
Else If K=36
Then
5→X:2→Y:4→D:1→E
Prog "INP":Z→R
Else If K=37
Then
14→X:2→Y:3→D:1→E
Prog "INP":Z→N
IfEnd:IfEnd
IfEnd

If BRN:Then
Int(B(1+R÷100)^(N))→T
Locate 7,3,"     " (スペース10個)
T→Z:7→X:3→Y
Prog "3DIGIT2"
Int(T÷N÷12)→M
Locate 7,4,"     " (スペース10個)
M→Z:7→X:4→Y
Prog "3DIGIT2"
IfEnd

LpWhile
 1
Cls
Locate 7,2,"BYE!"





1行の桁数を超えた表示の際のエラーを抑制

このエラーは、3桁区切りを行うと ,(コンマ)が追加されるから発生します。そこで、3桁区切りの桁数を調べ、それが1行の桁数を超える時は、3桁区切り無しで表示させるようにします。

元の桁数と3桁区切り表示の桁数は以下のようになります。

表1 桁数の一覧
元の数値例元の桁数3桁区切り表示コンマの数3桁区切り表示の桁数
11101
1221202
123312303
123441,23415
12345512,34516
1234566123,45617
123456771,234,56729
12345678812,345,678210
1234567899123,456,789211
1234567890101,234,567,890313
123456789011112,345,678,901314
12345678901212123,456,789,012315
1234567890123131,234,567,890,123417
123456789012341412,345,678,901,234418

これを見れば、

[3桁区切り表示の桁数] = [元の桁数] + [コンマの数]

だと分かります。

元の数値は、変数Z に格納してから、サブルーチン 3DIGIT3DIGIT2 が起動されるので、このサブルーチンの中で、

3DIGIT
Int(log(Z))+1→D [元の桁数]


3DIGIT2
Int(logZ))+1→K [元の桁数]

のように、求められています。

=====

次に、[コンマの数] を求めると、[3桁区切り表示の桁数] を計算できます。

上の表1を見ると、[元の桁数] を3で割った時の商 が [コンマの数] になることが分かります。

[コンマの数] = Int([元の数] ÷ 3) 

従って、

[3桁区切り表示の桁数] = [元の数] + Int([元の数] ÷ 3])

となります。


あるいは、もう一つ [コンマの数] を求める面白い方法があります。これは、既に sentaro様が提案された 3DIGIT2 で使われています。

Int(log(Z))+1→K [L: 元の桁数]
(K≥4)+(K≥7)+(K≥10)→I 
[I: コンマの数]


[2017/07/02 追記]
2行目が何故コンマの数を示すのか、説明を加えます。
最初の (K≥4) をみてみます。Kが4以上の時 K≥4 の値が 1 になる性質を利用しています。
詳しく見てゆきます。 は論理演算を行い、K≥4 が正しければ(つまり真ならば)1を返します。正しくなければ(偽ならば)0を返します。これは Casio Basic を含む多くの高級言語で採用されている仕様です。
(K≥4) 自体が値を持つわけです。
Kが5ならば、(K≥4)(K≥7)(K≥10)0 になるので、I1 となり、コンマの数になります。
Kが8ならば、(K≥4)(K≥7)1 になり、(K≥10)0 になるので、I2 となり、コンマお数になります。
=== 追記おわり ===

従って、

[3桁区切り表示の桁数] = [元の数] + I

となります。

=====

3桁区切り表示を始める桁は、変数 X に入れた直後にサブルーチン 3DIGIT あるいは 3DIGIT2 が呼び出されるので、このサブルーチンが起動した時、変数 X が表示を始める桁数になっています。

すると、3桁区切り表示を行う行に [表示される全ての桁数] は、

[表示される全ての桁数] = X + [3桁区切り表示の桁数] - 1

となります。

fx-5800P では、Locate コマンドで [表示される全ての桁数] は16桁で、これを超えるとエラーになります。このエラーが発生する条件は、

[表示される全ての桁数] > 16

つまり、

X + [3桁区切り表示の桁数] - 1 > 16

この式を整理すると、

X + [3桁区切り表示の桁数] > 17

となります。

====

この条件を満たすとき、どうするかを決めます。

1) 何もしないで、サブルーチンを終了させる

2) エラーにならない換わりに、例えば -------- を表示をする

3) 3桁区切り表示ではなくて、元の数を表示する

といった処理を行えば良いですね。

今回は、「3) 3桁区切り表示ではなくて、元の数を表示する」 を採用することにします。

====

以上をまとめると、

If X+[3桁区切りの桁数]>17
Then
Locate X,Y,Z
Retuen
IfEnd


とすれば、表示が1桁に収まらない時のエラーを回避でき、3桁区切り無しで見づらいが数値が表示されます。

具体的に、3DIGIT と 3DIGIT2 に追加するプログラムコードは以下のようになります。

3DIGITへの追加分
Int(log(Z))+1→D [既にあるコード]

If X+D+Int(D÷3)>17
Then
Locate X,Y,Z
Return
IfEnd



3DIGIT2への追加分
Int(log(Z))+1→K [既にあるコード]
(L≥4)+(L≥7)+(L≥10)→I [既にあるコード]

If X+K+I>17
Then
Locate X,Y,Z
Return
IfEnd




fx-5800P用パラパラ表示版

・サブルーチン: 3DIGIT
・メインルーチン: COMPINT2

ファイル名: 3DIGIT

Z=0⇒Retuen
Int(log(Z))+1→D
D-3Int(D÷3)→F
If X+D+Int(D÷3)>17
Then
Locate X,Y,Z
Return
IfEnd


For 1→I To D
Int(Z÷10^(D-I))→C
Locate X+I-1,Y,C
Z-C10^(D-I)→Z
If I-3Int(I÷3)=F
Then Isz X
I<D⇒Locate X+I-1,Y,","
IfEnd
Next



ファイル名: COMPINT2 (変更なし)
Locate 1,1,"1-C:"
Locate 1,2,"2-R:"
Locate 10,2,"3-Y:"
Locate 1,3,"TOTAL"
Locate 1,4,"MONTH"


0→B:0→R:0→N:0→T:0→M

Do

0→K:Do
Getkey→K
LpWhile K=0
K=73⇒Break

If K=35
Then
5→X:1→Y:8→D:1→E
Locate X,Y,"      " (スペース11個)
Prog "INP":Z→B
Prog "3DIGIT"
Else If K=36
Then
5→X:2→Y:4→D:1→E
Prog "INP":Z→R
Else If K=37
Then
14→X:2→Y:3→D:1→E
Prog "INP":Z→N
IfEnd:IfEnd
IfEnd

If BRN:Then
Int(B(1+R÷100)^(N))→T
Locate 7,3,"     " (スペース10個)
T→Z:7→X:3→Y
Prog "3DIGIT"
Int(T÷N÷12)→M
Locate 7,4,"     " (スペース10個)
M→Z:7→X:4→Y
Prog "3DIGIT"
IfEnd

LpWhile
 1
Cls
Locate 7,2,"BYE!"




fx-5800P用高速表示版

・サブルーチン: 3DIGIT2
・メインルーチン: COMPINT3

ファイル名: 3DIGIT2

Z=0⇒Return
Int(log(Z))+1→K
(K≥4)+(K≥7)+(K≥10)→I

If X+K+I>17
Then
Locate X,Y,Z
Return
IfEnd


Frac(Z÷1x103)×1x103→U
Int(Frac(Z÷1x106)×1x103)→V
Int(Frac(Z÷1x109)×1x103)→W
Int(Z÷1x109)→D

If K≤8:Than
Locate X,Y,1x108×W+1x104×V+U
I≥1⇒Locate X+K-2-(I=1),Y,","
I≥2⇒Locate X+K-6,Y,","
Else
Locate X+3+2×(I≥3),Y,1x107+1x104×V+W
Locate X+0,Y,1x104×D+W
Locate X+K-2+(I≥3),Y,","
Locate X+K-6+(I≥3),Y,","
I≥3⇒Locate X+1,Y,","
IfEnd



ファイル名: COMPINT3 (変更なし)
Locate 1,1,"1-C:"
Locate 1,2,"2-R:"
Locate 10,2,"3-Y:"
Locate 1,3,"TOTAL"
Locate 1,4,"MONTH"


0→B:0→R:0→N:0→T:0→M

Do

0→K:Do
Getkey→K
LpWhile K=0
K=73⇒Break

If K=35
Then
5→X:1→Y:8→D:1→E
Locate X,Y,"      " (スペース11個)
Prog "INP":Z→B
Locate X,Y,"      " (スペース11個)
Prog "3DIGIT2"
Else If K=36
Then
5→X:2→Y:4→D:1→E
Prog "INP":Z→R
Else If K=37
Then
14→X:2→Y:3→D:1→E
Prog "INP":Z→N
IfEnd:IfEnd
IfEnd

If BRN:Then
Int(B(1+R÷100)^(N))→T
Locate 7,3,"     " (スペース10個)
T→Z:7→X:3→Y
Prog "3DIGIT2"
Int(T÷N÷12)→M
Locate 7,4,"     " (スペース10個)
M→Z:7→X:4→Y
Prog "3DIGIT2"
IfEnd

LpWhile
 1
Cls
Locate 7,2,"BYE!"




fx-5800P 用の2つのバージョン、パラパラ表示版と高速表示版を、ここで完成とします。



つづく...

⇒ Casio Basic入門55 / Casio Basic入門G01 / 目次




応援クリックをお願いします。励みになるので...
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ




  



keywords: fx-5800PCasioBasic、入力ボックス, プログラミング入門プログラム関数電卓

リンク集 | ブログ内マップ




関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
C# (3)
検索フォーム
Visitors
Online Counter
現在の閲覧者数:
プロフィール

やす (Krtyski)

Author:やす (Krtyski)
since Oct 30, 2013


プログラム関数電卓は、プログラムを作り・使ってナンボ!

実際に触って気づいたこと、自作プログラム、電卓プログラミングについて書いています

おもしろい・役に立つならクリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


FC2ブログランキングへ


写真: 「4駆で泥んこ遊び@オックスフォード郊外」

リンク
月別アーカイブ
Sitemap

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR