自作プログラムがPC保護機能に引っかかる

プログラム電卓のためのWindowsプログラミング - トップページ
e-Gadget


2017/03/05



せっかく作った Windows プログラムを実行すると、PC保護の機能に引っかかることがあります。

自分の意思で「実行する!」と設定すれば良いのですが、嫌な気分になります。

自分のPCでウィルスやワームなどのセキュリティーをキチンとやっていても関係ありません。安全だと分かっていてもお構いなしです。

例えば、以下をご覧ください。
Windows 8 / 10 上で、起動出来ないソフトがある!

この記事では Windows SmartScreen の機能をオフにするのは推奨しないと書かれていますが、私も万が一を考えてオフにしないています。

Norton Internet Security を利用していますが、これも同じように警告を出します。

これらは、ユーザーが使うソフトの情報を吸い上げて自社のデータベースを更新していて、使用数が少ないと警告が出る仕組みのようです。多数決の暴力とも言えます。

以前自作したソフトや最近作ったものを Win 8 / 8.1 / 10 で初めて実行すると、ほぼ確実に警告が出ます。一旦「実行する!」としても、起動フォルダが変われば、また警告が出ることがあります。

Windows 10 の場合は、以下のような警告が出ます。

Win10のPC保護警告1 

自作プログラムや、信用している人やサイトから入手したプログラムの場合は、左上にある 詳細情報 をクリックします。すると画面が変わって、

Win10のPC保護警告2 

[実行]ボタンが出てきました。ここで [実行] をクリックすればOKです。改めてプログラムを起動すれば動くはずです。


そのあと、セキュリティーソフトが同じことをやります。Norton Internet Security の場合は、

NortonのPC保護警告

[このプログラムを実行する] をクリックすれば、言われ無き疑いが晴れて、保護を解除できます。

 常にこのファイルを許可する

にもチェックを入れてから、[このプログラムを実行する] をクリックしましょう。










応援クリックをお願いします。励みになるので...


人気ブログランキングへ


FC2ブログランキングへ



    

keywords: プログラム関数電卓、Windowsプログラミング

リンク集 | ブログ内マップ
関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
C# (3)
検索フォーム
Visitors
Online Counter
現在の閲覧者数:
プロフィール

やす (Krtyski)

Author:やす (Krtyski)
since Oct 30, 2013


プログラム関数電卓は、プログラムを作り・使ってナンボ!

実際に触って気づいたこと、自作プログラム、電卓プログラミングについて書いています

おもしろい・役に立つならクリックしてください。励みになります。

人気ブログランキングへ


FC2ブログランキングへ


写真: 「4駆で泥んこ遊び@オックスフォード郊外」

リンク
月別アーカイブ
Sitemap

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR