FX-502P/602P/603P のプログラム

学生時代の荷物の片付けをしていたら、カシオのプログラム関数電卓FX-502PFX-602Pfx-603P で作ったプログラムライブラリが出てきました。A6程度のサイズの「京大カード」に、1プログラム1枚で、書き留めていました。

FX-603P は、2007年に fx-5800Pを購入するまで使っていました。

手帳サイズで、プログラムを作れる関数電卓 FX-502P は、おそらく個人が入手可能な世界最初の携帯プログラミングツールだったのではないかと思います。この製品により、世界中で多くのカシオファンが生まれたようです。

私が生まれて初めて作ったプログラムが、FX-502Pで作った「反射ゲーム」でした。
出てきたカードには、以下のように書かれていました。

反射ゲーム
P0,
LBL 3, INV RAN#, x, 9, =, INV INT, INV x=0, GOTO 3, Min0, 0,
LBL 1, INV PAUSE, INV DSZ, GOTO 1,
LBL 2, INV ISZ, MR0, GOTO 2 

操作表示Memory
1.[P0]0 (zero)M0: 回数制御
2.(ランダム数秒後)M1:結果表示 
3."-" 表示直後に[HLT]キー押す

[P0]キーを押すとプログラムが起動し、0(ゼロ)が何回かランダム回数点滅し、表示が - に切り替わったところで、[HLT]キーを押し、反応が速ければ小さい数が表示される、という単純なものです。

FX-502Pのプログラム記法はかなり忘れてしまったので、ここでは説明しませんが、CasioBasicに比べるとまるで暗号文ですね。


反射ゲーム以外にも、

ピタゴラス数: x2 + y2 = z2 となる (x, y, z) を次々と計算して表示するプログラム

1~N個の順列: S = NN + NN-1 + NN-2 + ・・・ + N2 + N を計算するプログラム

分子量計算: C,H、O、N、P、Si、Mg、Zn、Cl、Br、I、Ga、As、Al、In、などの個数を入力すると、分子量が表示され、メモリに格納するプログラム。メモリに格納された数を利用して、実験用の仕込み量をさらに計算する、といった使い方をしていました。。後年、半導体を触るようになって、Gaなどを追加しています。fx-603P専用。

などに加えて、主に技術計算用のものばかりです。


改めて、CasioBasicの良さ、そしてfx-5800P と言えども、十分なプログラム領域と広いディスプレイを実感します。




応援クリックをお願いします。励みになるので...

人気ブログランキングへ


FC2ブログランキングへ

keywords: FX-502PFX-602Pfx-603Pfx-5800Pプログラミングプログラム関数電卓

リンク集 | ブログ内マップ
関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

思い出

 うらやましい。その手があったですね。しかし、タブレット、スマホにばかりになって、電卓の種類も減っておもしろみも同じく減退。

Re: fx-502P

こんばんは、


>  残念ながら、502P,602Pは実機を扱ったことはありません。カタログに載っていて欲しかったのです。残念ながら、当時は中学か高校生で資力がありませんでした。
>  最初に買ったプログラム関数電卓は、高卒後、就職してから出た給料でfx-7000Pを購入。現在は故障しているようで、コレクションになっています。


私の場合は、親にねだって、1年分の誕生日とクリスマスとお年玉全部を放棄した引き替えに、買って貰いました。当初、親はプログラム電卓の価値を全く理解しておりませんでした。

私が反射ゲームを作って見せたところ、技術者だった父親にしばらく貸す出すことになり(要するに取り上げられた)、ようやく価値を認めてもらいました。

その後、父親も自分で購入して仕事で使っていたようです。それによって、子供の私としてもプログラム電卓の価値が、自分が思っていたよりも高いものだと再認識したものです。

面白いもので、父子とはライバルなんでしょうか?互いにプログラミングの質問をしませんでした。

後年、私がPCでプログラムを作るようになって、ようやく父が「プログラムは若くないと無理だ」などと言い出して爆笑しました。

fx-502P

 残念ながら、502P,602Pは実機を扱ったことはありません。カタログに載っていて欲しかったのです。残念ながら、当時は中学か高校生で資力がありませんでした。
 最初に買ったプログラム関数電卓は、高卒後、就職してから出た給料でfx-7000Pを購入。現在は故障しているようで、コレクションになっています。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
C# (3)
検索フォーム
Visitors
Online Counter
現在の閲覧者数:
プロフィール

やす (Krtyski)

Author:やす (Krtyski)
since Oct 30, 2013


プログラム電卓は、プログラムを作って、使ってナンボ!

実際に触って気づいたこと、自作プログラム、電卓プログラミングについて書いています

おもしろい・役に立つならクリックしてください。励みになります。
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


FC2ブログランキングへ


写真: 「4駆で泥んこ遊び@オックスフォード郊外」

リンク
月別アーカイブ
Sitemap

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR