e-Gadget Portal - いつもトップに表示します

カシオのプログラム電卓で Casio Basic を徹底的に使いこなすためのブログ
電卓でのプログラミングの楽しさを共有したい!
プログラム関数電卓 fx-5800P、グラフ関数電卓 fx-CG50、fx-9750GIII、fx-9860GIII、fx-9860GII で使えてほぼ互換の Casio Basic を徹底的に使いこなす実例が満載! Casio Python の使いこなしも始めました(^ ^;

 
アンケートのお願い
 e-Gadget に来られる皆様について伺います [集計結果も見られます]


お勧め
 1Casio Python 使いこなしの連載
 [2020/12/12]
 2:"過去3ヶ月のアクセス - トップ10ページ" 
(↓) ランキング を更新しました [2021/1/29]
 3
fx-CG50 で日本語版 実用プログラムを作りました ⇒ サンプルプログラム [2019/05/08]
 4
西暦和暦換算プログラム (Casio Basic入門) を令和対応しました ⇒ ここから  [2019/05/04].
 5fx-5800PをPCリンクする CcLinker Dongleの頒布 ⇒ 入手方法や説明 / 紹介記事

e-Gadget について
簡単なブログ紹介


管理人からのメッセージ [2021/01/02 更新]
なぜ Casio Basic が面白いのか?


検 索 / 目 次
全記事の一覧・検索
  e-Gadget 全記事の検索


e-Gadget の壁
雑談できるところを作ってみました
  掲示板


過去3ヶ月のアクセス - トップ10ページ [2021/1/29 更新]
Google Search Console のデータ
  1. プログラム関数電卓でプログラミング
  2. fx-5800P は良いプログラム電卓なのか?
  3. fx-5800P【プログラム入門】:言語仕様
  4. Casio Pythonのポテンシャル
  5. Caso fx-CG50 の概要
  6. Casio 関数電卓の素因数分解
  7. Casio Basic入門 -目次-
  8. fx-5800P で Mod を使いたい - Casio Basic プログラミング
  9. fx-5800P【プログラミング入門】:プログラム作成から実行までの操作
  10. Casio Basic の勧め


Casio Python 使いこなし
制限の大きな電卓用 Casio Python の使いこなし
  Casio Python - 目次


Casio Basic 使いこなし
取扱説明書では絶対に分からない Casio Basic の使いこなし
  Casio Basic(超)入門
   ※ fx-5800P での始めてのプログラミング
 ▶ Casio Basic入門
   ※ 更新 2016/12/08
 ▶ Casio Basicコマンドリファレンス
   ※ 更新 2016/12/08
 ▶ Casio Basicでグラフィックス / 目次
   ※ グラフィックスコマンドの機能や仕様の詳細を探索した結果を連載しています。
   G01 - G02 - G03 - G04 - G05 - G06 - G07 - G08 - G09 - G10 - G11 - G12 - G13 - G14  ...
  Casio Basicプログラミング
   ※ fx-5800P、fx-9860Gシリーズ、fx-CGシリーズの Casio Basic を網羅 - 更新 2018/02/05
 
 
プログラムライブラリ
Casio Basic プログラムを紹介
 ▶ プログラムライブラリ - 目次


プログラム経験者の Casio Basic 
Casio Basic プログラミング辞典 - 作成中...
※ プログラム経験者の Casio Basic
  インサイド Casio Basic - 目次
  Inside Casio Basic -Index


C.Basic - 高速アドインCasio Basic
アドイン版 - 高速・高機能 Casio Basic インタープリタ - 開発中...
C:Basic トップページ
 

チューンアップツール
グラフ関数電卓を高速化する アドイン・プログラム
 fx-9860G / GII (SH3) シリーズ向け Ftune
 
▶ fx-9860GII (SH4A) シリーズ向け Ftune2
  fx-9860GIII / 9750GIII / GRAPH35++EII 向け Ftune3
 
 fx-CG10/ CG20 向け Ptune2
  fx-CG50 向け Ptune3


ご意見・ご質問
各記事のコメント欄へお寄せ頂くと嬉しいです
※ 投稿の際には、本名でなくて、ニックネームやハンドルネームで結構です。
 ・ "公開コメント" > "非公開コメント"  の順でご検討ください.
 
 ▍管理人の電卓コレクション
当ブログで話題にする電卓

▍ e-Gadget Web 
e-Gadget の図書館
 ⇒ e-Gadget Web について

e-Gadget アクセス解析
当ブログのアクセス解析結果

▍ 著作権について
御願いとお約束



応援クリックをお願いします。励みになるので...
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ


 


keywords: プログラム電卓, Casio Basic, Casio Python, fx-5800P, fx-CG50, fx-9750GIII, fx-9860Gシリーズ

リンク集 | ブログ内マップ
関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

Casio プログラム電卓の価格動向

  初版 2015/01/15
更新 2021/05/10

新世代 Casio Basic 搭載機の価格動向を随時チェックしています。
2015/01/15から始めて5年を超えました。

プログラム電卓の中でにグラフ関数電卓はアメリカ市場では半値近い価格で販売されており、海外サイト(Amazon USA や e-Bay)からの購入やセカイモンを利用すると国内正規版よりもかなり安く入手できます。そこで、Amazon Japanでの国内正規品、並行輸入品、Amazon USA (日本への送料が安い) での直接購入(個人輸入) での価格同行を調べます。

[2020/10/03 追記] fx-9759GIII は、モノクロ液晶搭載プログラム電卓では最も安価に入手可能で、高性能なのでリストに追加しました。Amazon USAが最も安く入手できますが日本語で発注できるセカイモンでも十分安価に入手できます。併せて fx-9860GII は国内正規品の入手ができなくなったのでリストから外しました。


Amazon最安値 (各機種ごと新品の最安値を赤色表示最高値を青色表示)

fx-9860GII 国内版入手困難後 - Amazon最安値動向 (fx-9750GIII 追加)
製品fx-5800P
fx-9750GIII
Amazon USA
(東京までの
送料込み)
fx-9750GIII
並行輸入
fx-9860GII
Amaxon USA
(東京までの
送料込み
)
fx-FD10 Profx-CG50
fx-CG50
並行輸入
fx-CG50
Amazon USA
(東京までの
送料込み)
10/03¥7,595   $41.48  
(¥5,609)  
---$73.79
(¥9,134)  
¥19,800   ¥23,793  ¥14,800  $79.00  
(¥9,665)  
10/26¥7,232 $40.93
(¥5,550)
---$72.64
(¥9,013)
¥19,600 ¥24,072 ¥12,500 $79.00
(¥9,665)
11/30¥7,088 $39.90
(¥5,190)
¥5,854$70.99
(¥8,509)
¥19,800 ¥24,097 ¥11,998 $79.00
(¥9,324)
12/30¥6,916 $39.99
(¥5,190)
¥10,150 $70.99
(¥8,510)
¥19,800    ¥24,105 ¥11,990 $80.99
(¥9,531)
2021
03/24¥6,923 $41.90
(¥5,549)
¥8,206 $149.95
(¥17,526)
¥19,800    ¥22,003 ¥11,998 $78.85
(¥9,727)
05/10¥6,845 $44.98
(¥6,065)
¥9,643 ---¥20,500   ¥22,003    ¥12,580 $79.75
(¥9,880)
製品fx-5800Pfx-9750GIII
Amazon USA
東京までの
送料込み
fx-9750GIII
並行輸入
fx-9860GII
Amazon USA
(東京までの
送料込み)
fx-FD10 Profx-CG50

   

05/10
しばらく更新を怠っていたが、fx-5800Pは僅かに値下げ、fx-FD10 Proは横ばい、他は全て価格が上がっている。fx-9860GIIは Amazon USAでも入荷待ち状態で入手困難、過去の機種になったと言える。一方 fx-9750GIIIは Amazon USAでの価格(送料含む円換算)が fx-5800Pの国内価格よりも安い点は変わっていない。昨年11月末以降、カシオのプログラム電卓は fx-5800P, fx-9750GIII, fx-CG50 の三択状態が続いており、モノクロ液晶グラフ関数電卓 fx-9750GIII が最安値である点も変わっていない。

03/24
fx-5800P は7千円前後での推移が継続。fx-9750GIII はAmazon USAからの購入も並行輸入ともに入手性が向上し、価格面では fx-5800P よりも安価な状態が維持されている。その一方で、fx-9860GII はいよいよAmazon USAでも入手性が悪くなる。市場でのモノクロ液晶モデルは、いよいよ fx-9860GII から fx-9750GIII へ世代交代が進んできたと考えられる。fx-CG50 はいずれの入手方法でも価格は維持。1ドル=109円で計算



12/30
fx-5800P はギリギリ6千円台に戻った。fx-9750GIII のAmazon USAからの購入は横ばいで、fx-5800Pよりも安価に入手可能。fx-9750GIIIの並行輸入は異常に高価なので買う意味はない。fx-CG50はAmazon USAからの購入と並行輸入は大きな差が無く、むしろ並行輸入の方が短納期で良いかも知れない。1ドル=104円計算。

11/30
fx-5800P は以前は5千円台後半から6千円台であったが、最近は7千円台で落ち着いている。
一方、fx-9750GIII は国内での並行輸入品が5千円台で入手できるようになっている。Amazon USAから直接の購入すると5千円台前半とさらに安い。fx-9750GIII は、fx-5800P よりも安価で高機能であり、一推しモデルだ。1ドル=104円計算 (円高傾向)

10/26
fx-5800P は7千円台で高止まり。一方で fx-9750GIII がさらに値下がり、fx-5800P よりもさらに安価に入手できるようになった。もし国内販売されるとすれば、倍近くの価格になるのだろうか? fx-CG50 は Amazon USA は価格が安定化しており 1万円程度。並行輸入品が値下がり、今なら英語の煩雑さが嫌なら並行輸入品が買いだ。国内正規品はケーブル付属としても高すぎる。1ドル=106円計算。

10/03
fx-5800P は値上げが続いており7000円台後半に突入。Amazon USA の fx-9750GIII は fx-5800P よりも安価に入手できる。国内で fx-9860GII は完全に過去のモデルになっており、Amazon USAでは値下がりしている。fx-CG50 は国内では値上がり傾向だが、Amazon USAでは70ドル台、為替の影響で円ベースで少し値下がり (1ドル=106円計算)。



fx-CG50 国内発売後の Amazon最安値動向
製品fx-5800Pfx-9860GII
fx-9860GII
並行輸入品
fx-9860GII
Amazon USA
東京までの
送料込み
fx-FD10 Profx-CG50fx-CG50
並行輸入品
fx-CG50
Amazon USA
東京までの
送料込み
10/30¥6,027    ---¥12,160 $97.98    
(¥11,072)
¥19,629 ¥23,500    ---
$124.92    
(¥14,116)
 11/08¥6,027    ---¥11,000 $133.25    
(¥15,057)
¥19,629    ¥23,500    --- $124.92    
(¥14,116)
 11/10¥6,027    ---¥11,000    $133.25    
(¥15,057)
¥19,629    ¥26,784 ---$124.92    
(¥14.116)
 11/17¥6,027    ---¥9,800    ---¥19,629    ¥26,784    ---$124.87    
(¥14,110)
 11/28¥6,909    ---¥9,800    ---¥19,630 ¥26,784    ---$116.35
(¥13,147)
 12/26¥6,650 ---¥7,978 ---¥19,630    ¥22,182 ---$102.45
(¥12,365)
2018






 01/04¥6,650    ---¥7,500 ---¥19,630    ¥26,773 ---$102.45    
(¥12,365)
?
 01/25¥6,650    ---¥6,980 ↓---¥19,630    ¥22,182 ---$103.49    
(¥11,896)
  
02/16¥6,646 ---¥7,600 $67.67
(¥7,924)
¥19,799 ¥22,182    ---$99.99
(¥11,397)
02/28¥6,100 ---¥7,600    $78.99
(¥9,296)
¥19,630 ¥22,182    ---$111.17
(¥12,728) 
03/06¥6,100    ---¥7,600    $88.00
(¥10,699)
¥19,115 ¥22,149 ---$106.48
(¥12,732)
03/16¥6,642 ---¥7,600    $88.00
(¥9,416)
¥19,630 ¥22,146 ---$95.05
(¥10,881)
03/25¥6,595 ---¥8,471 $67.82
(¥7,865)
¥19,630    ¥22,146    ---$93.19
(¥10,487)
05/20¥6,494 ---¥11,000 $67.82
(¥8,799)
¥19,630    ¥20,918 ---$106.00
(¥12,395)
06/22¥6,480 ---¥11,000    $67.82
(¥8,790)
¥19,594 ¥19,700 ---$92.95
(¥10,960)
07/24¥6,457 ¥19,800  ¥10,300 $69.99
(¥8,632)
¥19,521 ¥19,653 ---$79.00
(¥9,597)
08/13¥6,440 ¥16,962 ¥11,000 $71,96
(¥8,774)
¥19,513 ¥20,527  ---$79.00
(¥9,511)
08/22¥6,446 ¥29,882 ¥11,000    $71.96
(¥8,695)
¥19,521 ¥19,808 ---$79.99
(¥9,534)
09/16¥6,228 ¥18,000 ¥11,000    $76.99
(¥8,613)
¥18,431 ¥19,808    ---$78.46
(¥8,788)
10/08¥6,195 ¥18,000    ¥11,515 $76.99
(¥9,574)
¥19,513 ¥19,808    ---$76.99
(¥9,687)
10/30¥6,191 ¥18,000    ¥10,862 $77.07
(¥9,499)
¥18,686 ¥20,995 ¥14,980    $75.53
(¥9,437)
11/21¥5,899 ¥18,000   ¥10,000 $77.07
(¥9,514)
¥18,398 ¥19,808 ¥14,980    $58.46
(¥7,407)
12/22¥6,248 ¥18,000    ---$78.31
(¥9,568)
¥18,398    ¥19,808    ¥14,980    $58.99
(¥7,344)
2019
01/07¥6,118 ¥18,000    ¥15,837 $78.31
(¥9,312)
¥18,000 ¥19,808    ¥14,980    $58.99
(¥7,147)
01/30¥7,341 ¥18,000    ¥16,177 $79.99
(¥9,594)
¥18,000    ¥19,857 ¥14,680 $58.99
(¥7,169)
02/05¥6,600 ¥18,000    ¥16,177    $79.99
(¥9,594)
¥18,000    ¥19,857    ¥14,480 $58.99
(¥7,169)
03/17¥6,198 ¥16,900 ¥16,177    $79.99
(¥9,769)
¥17,634 ¥19,567 ¥13,980 $80.99
(¥9,808)
04/20¥7,479 ¥14,800 ¥16,177     $79.99
(¥9,769)
¥16,800 ¥19,500 ¥13,960 $80.99
(¥9,808)
05/10¥7,264 ¥14,800    ¥16,177    $79.99
(¥9,595)
¥17,634 ¥19,692 ¥13,000 $78.99
(¥9,523)
05/15¥7,264    ¥14,800    ¥16,177    $79.99
(¥9,595)
¥16,800 ¥19,692    ¥12,800 $79.99
(¥9,633)
05/31¥6,888 ¥14,800    ¥16,177    $79.99
(¥9,507)
¥16,800    ¥19,390 ¥12,095 $78.99
(¥9,371)
06/15¥6,709 ¥14,800    ¥16,177    $79.99
(¥9,507)
¥17,400 ¥21,475 ¥12,050 $77.00
(¥9,154)
07/02¥6,708 ¥9,800 ¥16,490 $79.99
(¥9,507)
¥17,400    ¥21,291 ¥12,050    $77.25
(¥9,182)
08/11¥6,643 ¥12,800 ¥16,490    $66.81
(¥8,546)
¥20,000  ¥19,800 ¥14,980 $76.99
(¥8,795)
09/12¥6,764 ¥12,800   ¥8,980  $66.81
(¥7,991)
¥19,800 ¥20,254 ¥11,774 $79.00
(¥9,340)
12/06¥6,800 ¥13,037 ¥16,490 $66.81
(¥8,065)
¥20,000 ¥19,980 ¥11,000 $77.65
(¥9,236)
2020
01/04¥6,845 ---¥16,490    $66.91
(¥8,065)
¥20,186 ¥19,797 ¥11,000    $74.25
(¥8,865)
02/03¥6,845    ---¥16,490    $66.81
(¥8,065)
¥20,186    ¥22,477 ¥11,000    $73.25
(¥8,755)
03/03¥6,912 ---¥16,490    $66.81
(¥7,991)
¥20,164 ¥20,899 ¥14,426 $72.99
(¥8,648)
03/22¥6,787 ---在庫切れ$92.59
(¥13,620)
¥20,164    ¥22,476  ¥11,000$109.95
(¥23,064)
03/30¥6,777 ---¥16,177 日本への発送停止¥20,164    ¥22,476    ¥11,000    日本への発送停止
04/28¥6,777    ------日本への配送停止¥20,164    ¥26,500 ¥11,000    日本への発送停止
05/10¥6,777    ------$79.96
(¥10,571)
¥20,164    ¥22,554 ¥11,000    $78.99
(¥10,445)
05/28¥6,564 ------$77.21
(¥10,372)
¥20,164    ¥23,436 ¥11,000    $79.99
(¥10,653)
06/20¥6,846 ---¥16,177 $77.18
(¥9,145)
¥20,146    ¥23,431 ¥11,000    $77.75
(¥9,190)
07/02¥6,852  ---¥16,177    $78.89
(¥9,415)
¥20,146    ¥23,428 ¥10,905 $78.76
(¥9,384)
08/24¥7,381 ------$77.19
(¥9,495)
¥20,161 ¥21,709 ¥13,600 $79.00
(¥9,666)
10/03¥7,595 ------$73.79
(¥9,134)
¥19,800 ¥23,793 ¥14,800 $79.00
(¥9,665)
製品fx-5800Pfx-9860GIIfx-9860GII
並行輸入品
fx-9860GII
Amazon USA
( )内は東京までの
送料込み
fx-FD10 Profx-CG50fx-CG50
並 行輸入品
fx-CG50
Amazon USA
( )内は東京までの
送料込み

購入時のポイント
  • 新品購入を勧める。特に fx-5800P はカバーのヒンジが弱いので中古品は勧めない。
  • 保証が気になるなら国内正規品を勧める。並行輸入品や個人輸入品は国内保証が受けられない。
  • Amazon USAeBay USAセカイモン などからの個人輸入品の場合、中古品が分かりにくく表示されていることがある。購入前に新品であることが明記されているものを勧める。
 

10/03
fx-5800P は値上げが続いており7000円台後半に突入。国内で fx-9860GII は完全に過去のモデルになっており、Amazon USAでは値下がりしている。fx-CG50 は国内では値上がり傾向だが、Amazon USAでは70ドル台、為替の影響で円ベースで少し値下がり (1ドル=106円計算)。

08/24
fx-CG50 国内正規版以外は、軒並み値上がりしている。fx-5800P は7千円台に上がっている。fx-9860GII は国内では入手が難しくなっており、モノクロ液晶モデルが欲しい場合は Amazon USAから fx-9750GIII がベストチョイス(価格のリーズナブル)だろう。但し現在の主流は fx-CG50 であり、Amazon USA がベストチョイス、但し国内正規版が値下がり傾向なのは有り難い。1ドル=106円で計算。

07/02
fx-5800P は6千円台後半で概ね安定している。グラフ関数電卓は fx-CG50 並行輸入品が断然お得だ。国内で見る限り fx-5800P と fx-CG50 の二択になっている。敢えて廉価版を求めるなら、ここには記載がないが amazon USA かセカイモンからモノクロ液晶モデルの fx-9750GIII を購入する選択肢はある。(1ドル=108円)

06/20
fx-5800P は6千円台後半を維持。fx-9860GII は並行輸入品を含めて国内購入は非常に高価で、Amazon USA から1万円以下で購入可能。しかしAmazon USA から調達するなら最新モデルの fx-9750GIII が安価で良い(但し、バックライトはない)。今グラフ関数電卓を購入するなら、fx-CG50 が良く、並行輸入品が安値を維持しているので推奨できる\。(1ドル = 107円)

05/28
fx-5800P は1/7以来久しぶりに6,500円台まで下がった。fx-9860GII は海外から購入するしかない状況がほぼ確定的になってきた。fx-CG50 はAmazon USAと並行輸入で価格差が殆ど無い。1ドル = ¥108で計算。

05/10
アメリカが経済活動を順次再開することになり、Amazon USAからの日本向け出荷も再開された。fx-9860GII は国内では既に入手できない状況だが、Amazon USA では入手可能。fx-CG50 もAmazon USAからの入手が可能になった。但し、国際便はまだ通常よりも時間がかかるようだ。fx-CG50を入手するには現時点では並行輸入品が最も安い。コロナ蔓延による円高傾向(1ドル=107円程度)は、輸入には有利に働いている。

04/28
COVID-19パンデミックの影響で、Amazon USAから日本への配送を行うセラーが無い状況。fx-9860GII はいよいよ入手できなくなってきた。fx-CG50 は並行移入品が最安値を継続中。

03/30
fx-9860GII と fx-CG50 のAmazon USAからの日本向け出荷ができない状況。"需要が多すぎて選択肢を減らしている"との表記だが、コロナウィルス蔓延に伴う国際貨物便の減便や制限が原因だと思われる。海外からの直接購入は時期が悪いようだ。どうしても欲しいなら並行輸入品が選択肢となるが、しばらくは様子見が良いだろう。

03/22
fx-5800P は6千円台後半で維持。fx-9860GII は並行輸入が在庫切れ、Amazon USA では単体価格が大幅値上げした上に日本への輸送料が高騰して異常な価格になっている。を含めて手できない状況になってきた。おそらくヨーロッパで発売された新機種fx-9860GIII が今後並行輸入品や Amazon USA での取扱いが始まることを期待する。fx-CG50 は並行輸入品の最安値に戻ったが、Amazon USAでは大幅に値上がりした上に日本までの輸送料が異常に高騰している。輸送料の高騰は、Amazonだけの問題ではなく、コロナウィルス蔓延の影響で一般的な国際輸送料の値上げの影響だと考えられる。(1ドル=111)

03/03
fx-5800Pは一時期¥7,000を超えたが、6千円台に戻った。fx-9860GII 並行輸入品の価格は変化なし、Amazon USA の価格は下がり送料込みで7千円台に下がった(1ドル =108円)。fx-CG50は、国内正規品が2万円付近のままで、並行輸入品は大きく上がり、Amazon USAは送料込みで8千円台まで下がった(但し以前7千円台の時もあった)。ヨーロッパでは後継の fx-9860GIII が今月中に発売予定であり、Amazon USAからの購入額は fx-9860GII と fx-CG50 で千円未満の違いになっているので、今 fx-9860GII を購入する意味は殆どない。

02/03
fx-9860GII は国内正規品は正規価格での入手が難しい。異常に高値になっており蒐集目的用になっているようだ。モノクロのグラフ関数電卓として 今 fx-9860GII を購入するのは止めた方が良い。今年中に後継機種 fx-9860GIII の発売の可能性があるからだ。fx-CG50 は国内正規品が高止まりで、並行輸入品は最安値継続中。1ドル = 109円で計算。

01/04
fx-9860GII 国内正規品は見当たらない。fx-CG50は値下げ傾向が継続しており、並行輸入品は最安値を維持している。1円 = 109円で計算。



12/06
調査期間が少し空いてしまった。fx-5800P は少し値上がり、但し6千円後半で概ね維持されている。fx-CG50は購入経路に依らず値下がり傾向が続いている。並行輸入品は記録開始後最安値となった。なお一時期の円高傾向が収まって 1ドル=109円程度に戻っており、Amazon USA価格はドルベースで値下げが続いているので輸送費を含め円建て費用は低下の傾向が続いている。

09/12
fx-CG50 の並行輸入品が最安値。1ドル = 108円で計算。円高傾向から円安へ動きつつあるので今が購入のチャンスかも知れない。fx-9860GII も並行輸入品でかなり安くなっている。但し今グラフ関数電卓を購入するなら fx-CG50 をお勧めする。fx-5800P は ¥6500~¥7000の間で推移している。

08/11
fx-5800P は6千円後半で安定している。fx-9860GII, fx-CG50 のAmazon USAでのドル価格が下がっており、円高の影響もあり 安くなっている。(1ドル=106円)

07/02
fx-9860GII 国内正規品が最安値を更新、Amazon USAで買のとほぼ同額、買うなら今だ。fx-CG50は依然Amazon USAが安い。1ドル=109円で計算

06/15
fx-5800P が6千円台に戻った。並行輸入版は fx-9860GII SD の方が fx-9860GII よりも安い。fx-CG50 の並行輸入版は最安値。 

05/31
fx-5800Pは6千円台に戻った。fx-CG50の国内正規品と並行輸入品が最安値となった。fx-CG50のAmazon USAでの価格が Amazon USA での fx-9860GII よりも安くなり、輸送費を含んだ円での価格もfx-CG50の方が安くなった。為替が1ドル=109円 で計算。

05/15
fx-FD10 Proが記録開始以来の最安値になっている。それ以外は前回調査から大きな変化なし。

05/10
fx-5800Pは7千円台と高値で推移。fx-9860GII SD 並行輸入版を掲載しているが、fx-9860GII と価格が変わらず却って SD版の方が安い状況。fx-9860GIIのAmazon USAは価格が落ち着いており、円での価格は為替変動の影響による。fx-CG50は国内正規版が最安値に近い水準、並行輸入版は最安値、Amazon USAでは$80付近で推移しており円換算で1万円を切る。1ドル=110円で計算。なお、Amazon USAで fx-9860GII と fx-CG50 がほぼ同じで、fx-CG50の方が安いのは興味深い。 

04/20
fx-5800P は値上げ、それ以外は同じか値下げ。fx-9860GII 国内正規版が値下げ。fx-CG50 の国内正規版と並行輸入品も値下げ。Amazon USAはドル価格も為替レートも変わらず価格維持。1ドル=112円で計算。

03/17
fx-5800P は6,000円に近くなってきた。fx-CG50はAmazon USAでの一時期の $50台が$80台に値上がり。しかし送料込みでも¥1万円以下とお買い得 (1ドル=112円計算)。一方、国内での正規ならびに並行輸入は最安値になった。

02/05
fx-5800P の7千円超えは一過性のもので、6千円台半ばに戻った。またfx-CG50並行輸入品は僅かながら価格低下が継続中。その他は変化なし。fx-CG50 をAmazon USAで購入すると送料を含めてもかなり安く、fx-5800Pより千円程度高いという状況はここしばらく続くと思われ、プログラム電卓を入手するには fx-5800P か fx-CG50 かの2択と言える。1ドル = 110円で計算

01/30
全般的に値上がり傾向。fx-5800Pは千円ちかい大幅値上げで、2016年4月以来の7000円台という異常事態。カシオのアナウンスでは後継機種投入やOSアップデートのニュースはない。fx-9860GII は価格面で fx-CG50 より確実に高値の傾向が確定してきた。fx-CG50 を Amazon USAで購入するのが (fx-5800Pよりも) 最も安価、おかしな状況になっている。海外から購入する選択肢を有効にすれば、プログラム電卓は、価格が変わらない fx-5800P か fx-CG50 に二択で、サイズと重さが選択要因,、といった新たな状況に今後なってゆくのか? 1ドル = 110円で計算

01/07
2019年最初のチェック。fx-5800Pは6千円を少し超えるあたりで少し変動の状況で、ここしばらくの傾向通り。fx-9860GII は並行輸入品が値上がり、国内正規版は安定(ただし高い)、やはり Amazon USAで買うのがお買い得。fx-CG50は国内正規品は2万円を着るあたりで安定化傾向、並行輸入品も1万5千円あたりで安定化、Amazon USAはドルベースでは安定化しているが、円高傾向のため円換算では最安値の結果になった。1ドル=109円で計算

12/22
fx-5800Pは6千円台に戻った。5千円台になった起きが買いだ。fx-9860GIIは並行輸入品が異常に高いので今回は適用無しとした。いよいよ在庫が抵触し国内での入手性が低下している。一法で、fx-CG50は確実に安くなっていて、Amazon USAでは fx-9860GII よりも安くなり、っている。現在の為替(1ドル=112円)だと輸送費用を含めて最安値になった。

11/21
fx-5800P が久しぶり(1年11ヶ月ぶり)に5千円台に突入し、今は間違い無く買いの時期だ。fx-CG50 の国内正規品が再び2万円を切り、これまでの最安値が復活。fx-CG50の並行輸入品も1万5千円切りで維持されている。fx-CG50のAmazon USAでの購入は、7千円台で最安値となった。これはドルベースでの大幅値下げによる。1ドル=113円計算で、ここ数ヶ月はこのレベルで安定している。fx-9860GII については大きな変化なし。

10/30
fx-5800P は少しずつ確実に安くなってきている。¥6,000以下になる可能性が記載される。fx-9860GII は既に過去の機種と言え、価格面でもAmazon USAから購入すれば fx-CG50 よりも少し高い。但し fx-CG50の国内正規品が¥20,000以上に戻ってしまった。Amazon USA は最安値となった。fx-CG50の並行輸入品がついに登場し、絶妙な値付けだ (10/31追記)。1ドル = ¥113 で計算。

10/08
fx-5800P が¥6200を下回るは久しぶり。fx-9860GII の国内正規版と明記したショップは引き続き販売してくれている。それ以外は並行輸入品だが記述だけだと分かりにくい。fx-CG50 の国内正規版は価格維持。Amazon USA品の送料については、どうも不明確だ。前回調査時は納期が長くて良いなら送料無料との記述があったが、実は私には始めてだった。今回は以前と同様に、どこを探してもそのような記述が見られないので、送料込みの価格としている。1ドル = 114円で計算。

09/16
fx-5800P は久しぶりに6,200円台まで値下げ。fx-9860GII の並行輸入品は価格維持。一方、ようやく国内正規品と明記したショップが登場しリーズナブルな価格になった。並行輸入品との価格差は¥7,000だが、国内正規品には 3Pinケーブルが付属し、国内の正規保証1年も含まれるので正規品購入の価値はあるかも知れない。Amazon USA からのfx-9860GIIを購入する場合、配達を速くしたい場合は送料$6.99必要だが、配達に時間が掛かっても良いなら送料無料になっている。fx-FD10 Pro は久しぶりに18,000円台まで安くなった。fx-CG50 国内正規品は1万円台後半で価格維持。並行輸入品はまだない。Amazon USAからの購入の場合、配達に時間が掛かっても異なら送料無料、送料$6.68払えば配達が速くなる(恐らく1週間程度)。1ドル=112円で計算。

08/22
fx-5800Pは¥6,400円台を2ヶ月間維持。fx-9860GII の国内品は品不足とみられもはや海外調達が現実的。但し並行輸入よりもAmazon USAでの直接購入が圧倒的異お得。なお、もはやグラフ関数電卓はfx-CG50 が定番となりつつあるが、国内犯はついに2万円を切った。Amazon USAからの購入は1万円を切る状態が続いている。fx-FD10 Proに関してはAmazon USAは逆に割高で、国内品がお得の逆転現象。(1ドル=110円で計算)

08/13
fx-5800P はゆっくりであるが値引き傾向が続いている。fx-9860GII は国内正規版とAmazon USAからの輸入共に値下げ傾向だ。fx-FD10 Pro も値下げ傾向が継続中。fx-CG50 は国内正規版は少し高くなって2万円台に戻ったが、Amazon USA からの輸入は1万円以下を継続中。(1ドル=111円で計算)

07/24
fx-5800P は6千円台前半に入り、ゆっくりと値下げが続いている。fx-9860GII の国内版がAmazon直接取扱で漸くまともな価格で販売されるようになった。fx-9860GIIの並行輸入品を購入するならAmazon USAの方があいかわらず安い。fx-CG50は国内正規品、Amazon USA共に最安値(初の1万円未満)となった。そこでこのチャンスに2台目を購入した。カシオの値下げか在庫の増加あたりが原因だろうか?(1ドル=112円で計算)

06/22
fx-5800Pはしばらく6千円台半ばで落ち着いている。fx-CG50のAmazon USAからの調達が易くなっている。1ドル=110円と円安傾向にもかかわらず、ドルベースで易い値付けになっているためだ。今は買い時だろう。fx-CG50の並行輸入品はアマゾンではまだ登場していない。fx-9860GIIは、Amazon USAから買えばかなりお得な状態が継続中。

05/20
久しぶりのアップデート。fx-5800Pは若干値引き。fx-9860GII は並行輸入品は値上がり、むしろAmazon USAから直接購入した方が安い(1ドル=110円と円安傾向にもかかわらず...)。fx-CG50 は国内品は少し安くなったが、Amazon USAの方が送料を含めても圧倒的に安い。

03/25
fx-9860GII が欲しければ、今はピンポイントでAmazon USA でスグに注文するチャンスだ(1ドル=105円)。¥33,367のfx-9860GIIは、国内正規品では無いので単なる転売屋による異常な値付けだ。絶対に買ってはいけない。

03/16
fx-5800Pは昨年末に比べておおよそ10%増の¥6,600あたりを中心に増減。fx-9860GII のAmazon USAは輸送費用Freeで実質値下げ(1ドル=107円)。fx-CG50 の Amazon USAは送料込みで最安値を更新、購入のチャンス。

03/06
fx-5800P は変化無しだが、購入するには良いタイミングだと思う。fx-9860GII は並行輸入品が以前として安くお勧め。fx-FD10 Pro は僅かに値下げ。fx-CG50 は Amazon USAが国内正規品より1万円程度安い (1ドル=107円。

02/28
fx-5800P は値下げ。fx-9860GII は並行輸入品が安い。fx-CG50 の並行輸入品はまだ登場していない。Amazon USA からのコストは、ドルベースでの値上げに加えて1ドル=¥108円と前回よりも円安になっていることから輸送費込みで円建てで値上げとなった。

02/16
fx-5800P が若干値下げ。fx-9860GII は7千円台に戻すが、Amazon USA で日本向け出荷品が復活し円高傾向(1ドル~106円)のため安くなっている。fx-CG50 は最安値+円高傾向 (1ドル=106円) で円ベースでも最安値。

01/25
fx-9860GII並行輸入品がさらに最安値を更新。ここまで下がると海外からの調達は意味がないだろう。fx-CG50の並行輸入品はまだ登場しない。fx-CG50 Amazon USA 品は単価は若干上昇したが円高傾向(1ドル=109円)の結果円建てで安くなった。

01/04
fx-9860GII が記録開始以来の最安値になった。fx-CG50国内版は若干値上げ。



12/26
fx-5800P が値下げ。fx-9860GII 並行輸入品はさらに値下げ、これまでの最安値に近づいているので購入チャンス。Amazon USA の fx-CG50 も値下げ。国内版 fx-CG50 も若干値下げ。

11/28
fx-5800P が値上げ。fx-9860GII の相変わらず非常識な価格は輸入品の転売やによるもの。fx-9860GII 並行輸入品は購入チャンス。Amazon USA の fx-CG50 は値下げ。

11/17

fx-9860GII の相変わらず非常識な価格は相手にしてはいけない。これを買うのはどうかしている。fx-9860GII 並行輸入品が久しぶりに1万円を切った。もう少し値下げするかもしれないが購入のチャンス。Amazon USA では日本への発送可能な fx-9860GII は無い。Amazon USA の fx-CG50 は和すかに値下げ。

11/10
fx-CG50 (国内正規品)は値上げ、Amazon USA は変化なし。fx-9860GII は相変わらず馬鹿らしいほど高い値付け。これを買う人は居ないと思うので、いずれ在庫処分で値下げするかも。

11/08
fx-9860GII並行輸入品が少し値下げ、Aamazon USA では日本までの発送の可否が頻繁に変わり、前回調べた時は発送可能だったものが今は不可になっていたりする。今回も日本への発送可能なものを探した結果値上げになった。fx-CG50 は並行輸入品がまだ無いが、国内正規版とAmazon USA ともに価格維持。ドル/円為替レートは ¥113/$ で計算。

10/30
fx-CG50 国内品がようやくAmazon Japanに登場。fx-CG20は買う価値のない機種なので、価格調査から外した(¥24,000の価格なら、fx-CG50の方が安い、fx-CG50の価値を知らない人は買ってしまうかも)。fx-CG50はAmazon USAで購入すると半額近い。fx-9860GII の¥33,888というふざけた価格は相手にしてはいけないので、"---" (対象外)とした。Amazon USA での fx-9860GII は、安値を付けているものが日本へ出荷されないものが多い。



  • 2017/08/11 以降は、fx-9860GII と fx-CG50 の Amazon USA での価格(東京までの送料込み)を追記。
  • 2017/10/30 以降は、国内正規品、並行輸入品、fx-CG50 の Amazon USA での価格(東京までの送料込み)を掲載。
  • 2017/10/30 以降は、購入価値が無くなった fx-CG20 は調査から外し、fx-9860GII Amazon USAの価格を追加。
fx-CG50国内販売開始前の価格履歴 [2015/01/15 ~ 2017/10/02]
製 品 fx-5800P fx-9860GII
並行輸入品
fx-9860GII
Amazon USA
東京までの
送料込み
fx-9860GII PRIZM
fx-CG10
並行輸入品
fx-CG20 fx-FD10 Pro fx-CG50
Amazon USA
東京までの
送料込み
2015
01/15 ¥6,117     ¥8,280     ¥15,400     ¥22,530     ¥19,623    
01/20 ¥6,114 ¥8,400 ?¥19,800     ¥15,400     ¥22,530     ¥18,920
01/23 ¥6,009 ¥8,200 ¥19,800     ¥15,400     ¥22,530     ¥18,578
01/25 ¥6,114 ¥8,200     ¥19,800     ¥15,400     ¥22,530     ¥18,060
01/28 ¥6,114     ¥8,200     ¥19,800     ¥15,400     ¥22,530     ¥17,288
01/29 ¥6,114     ¥8,200     ¥19,800     ¥15,800     ¥22,530     ¥17,131
01/31 ¥6,114     ¥8,200     ¥19,800     ¥15,400 ¥22,530     ¥16,963
02/05 ¥6,114     ¥8,280 ¥19,800     ¥15,400     ¥22,530     ¥17,135
02/06 ¥6,114     ¥8,280     ¥19,800     ¥15,400     ¥22,530     ¥16,969
02/07 ¥6,114     ¥8,200 ¥19,800     ¥15,400     ¥22,530     ¥17,135
02/08 ¥6,114     ¥8,280 ¥19,800     ¥15,400     ¥22,530     ¥16,969
02/11 ¥6,114     ¥8,280     ¥19,800     ¥15,400     ¥19,146     ¥16,969    
02/12 ¥7,190 ¥8,380 ¥19,800     ¥15,400     ¥22,530 ¥23,000
02/18 ¥7,190     ¥8,380     ¥19,166 ¥15,350 ¥22,530     ¥22,505
02/23 ¥6,114 ¥8,400 ¥19,166     ¥15,400 ¥22,530     ¥21,492
03/08 ¥7,020 ¥8,400     ¥19,164 ¥15,280 ¥22,530     ¥19,944
03/15 ¥7,009 ¥10,000 ¥16,262 ¥15,280     ¥22,530     ¥19,071
03/21 ¥6,979 ¥10,150 ¥16,262     ¥15,280     ¥22,500 ¥17,935
03/25 ¥6,744 ¥10,150     ¥16,262     ¥15,280     ¥22,530 ¥17,445
03/30 ¥6,800 ¥10,122 ¥16,262     ¥15,350 ¥22,530     ¥17,130
04/06 ¥6,507 ¥10,122     ¥16,262     ¥15,350     ¥19,150 ¥16,966
05/01 ¥6,508 ¥11,000 ¥16,262     ¥15,280 ¥19,150     ¥17,135
05/13 ¥6,508     ¥9,800 ¥16,262     ¥15,280     ¥19,150     ¥17,135    
06/06 ¥6,507 ¥11,000 ¥19,166 ¥15,400 ¥19,150     ¥17,135    
06/11 ¥6,508 ¥11,000     ¥19,166     ¥17,000 ¥19,150     ¥16,979
06/14 ¥6,508     ¥11,000     ¥19,166     ¥17,000     ¥19,150     ¥17,135
06/24 ¥6,508     ¥11,000     ¥19,166     ¥17,000     ¥19,150     ¥16,944
06/27 ¥6,250 ¥12,100 ¥19,166     ¥15,480 ¥19,150     ¥16,979
06/28 ¥6,258 ¥12,100     ¥19,166     ¥17,000 ¥19,150     ¥17,100
07/07 ¥6,508 ¥12,100     ¥19,166     ¥17,000     ¥19,150     ¥17,100    
07/16 ¥6,508     ¥12,500 ¥19,166     ¥17,000     ¥19,150     ¥16,800
07/17 ¥6,508     ¥12,500     ¥19,166     ¥17,000     ¥19,150     ¥17,135
07/24 ¥6,508     ¥12,500     ¥19,166     ¥15,800 ¥19,150     ¥16,800
07/30 ¥6,100 ¥12,500     ¥19,166     ¥15,800     ¥19,150     ¥16,969
08/03 ¥6,480 ¥12,500     ¥19,166     ¥15,800     ¥19,150     ¥16,969    
08/09 ¥5,940 ¥12,500     ¥19,800 ¥15,200 ¥19,148 ¥16,979
08/17 ¥6,181
¥12,500     ¥19,800     ¥15,000 ¥19,148     ¥17,135
09/20 ¥5,878 ¥9,800 ¥19,800     ¥18,000 ¥19,148     ¥16,964
10/03 ¥6,181 ¥9,800     ¥19,800     ¥18,000     ¥19,148     ¥16,964    
10/10 ¥6.181     ¥13,380 ¥19,800     ¥18,000     ¥19,148     ¥16,970
10/11 ¥6,181     ¥13,380     ¥19,800     ¥18,000      ¥19,148     ¥16,969
10/30 ¥5,993 ¥13,000 ¥19,800     ¥18,000      ¥19,148     ¥16,970
11/14 ¥6,181 ¥13,000     ¥19,800     ¥18,000     ¥19,148      ¥16,970    
12/09 ¥6,174 ¥12,980 ¥19,800     ¥17,980 ¥18,548  ¥16,966
12/11 ¥6,165 ¥12,980     ¥19,800     ¥17,980     ¥18,548     ¥16,966    
12/18 ¥6,154 ¥12,980     ¥19,800     ¥17,980     ¥18,548     ¥16,955
2016
01/02 ¥6,135 ¥12,800 ¥19,800     ¥18,000 ¥19,148 ¥16,937
01/11 ¥6,135     ¥12,730 ¥19,800     ¥18,000     ¥19,148     ¥16,660
02/01 ¥6,079 ¥12,058 ¥19,800     ¥18,000     ¥19,148     ¥16,660    
02/21 ¥6,080 ¥11,910 ¥12,500 ¥18,000     ¥19,148     ¥16,815
02/27 ¥6,030 ¥11,780 ¥12,500     ¥18,000     ¥19,148     ¥16,815    
03/19 ¥6,080 ¥11,580 ¥19,800 ¥18,000     ¥19,148     ¥16,815    
03/27 ¥5,807 ¥11,580 ¥19,800     ¥18,000     ¥19,150 ¥16,201
04/09 ¥6,080 ¥14,200 ¥19,800     ¥18,000     ¥19,150     ¥16,815
04/20 ¥6,080     ¥12,420 ¥19,800     ¥16,853 ¥19,150     ¥16,815    
04/23 ¥7,139 ¥13,040 ¥19,800     ¥16,853     ¥19,150     ¥16,815    
04/26 ¥7,259 ¥12,980 ¥19,800     ¥16,853     ¥19,150     ¥16,201
04/27 ¥7,259     ¥13,000 ¥19,800     ¥16,800 ¥19,150     ¥16,815
05/02 ¥7,000 ¥11,580 ¥19,800     ¥16,800     ¥19,150     ¥16,185    
05/07 ¥6,995 ¥11,580     ¥19,800     ¥16,000 ¥19,150     ¥16,817
05/13 ¥6,847 ¥11,580     ¥19,800     ¥15,980 ¥19,150     ¥16,817    
05/14 ¥6,747 ¥11,580     ¥19,800     ¥15,900 ¥19,150     ¥16,815
05/18 ¥6,747     ¥11,280 ¥19,800     ¥15,800 ¥19,150     ¥16,815    
05/29 ¥6,670 ¥11,200 ¥19,800     ¥15,800     ¥19,150     ¥16,815    
06/04 ¥6,677 ¥11,190 ¥19,800     ¥15,800     ¥19,150     ¥16,815    
06/12 ¥6,666 ¥11,170 ¥19,800     ¥15,700 ¥19,150     ¥16,815    
06/25 ¥6,646 ¥10,976 ¥19,800     ¥16,990 ¥19,150     ¥16,817
07/12 ¥6,600 ¥10,720 ¥19,800     ¥15,980 ¥19,150     ¥16,817    
07/30 ¥6,540 ¥10,720     ¥19,800     ¥14,800 ¥19,150     ¥16,817    
08/12 ¥6,642 ¥10,720     ¥19,800     ¥14,000 ¥18,580 ¥16,817    
08/21 ¥5,980 ¥10,720     ¥19,799 ¥16,898 ¥18,580     ¥16,817    
10/07 ¥6,607 ¥10,720     ¥19,599 ¥16,000 ¥18,580     ¥16,817    
10/09 ¥6,650 ¥10,500 ¥19,598 ¥16,000     ¥18,580     ¥16,817    
10/19 ¥6,650     ¥9,750  ¥19,593 ¥16,340 ¥18,580     ¥16,817    
11/01 ¥6,606  ¥9,720 ¥19,570 ¥17,464 ¥18,580     ¥16,800
11/02 ¥6,606     ¥9,712 ¥19,570     ¥16,778 ¥18,580     ¥16,800    
11/11 ¥6,606     ¥7,980 ¥19,800 ¥17,200 ¥18,580     ¥16,800    
11/16 ¥6,606     ¥7,880 ¥19,800     ¥17,200     ¥18,580     ¥16,800    
11/29 ¥6,580 ¥7,650 ¥17,880 ¥17,190 ¥18,580     ¥16,650
12/03 ¥6,585 ¥7,650     ¥17,880     ¥16,986 ¥18,580     ¥16,649
12/12 ¥6,315 ¥7,570 ¥17,890 ¥16,986     ¥18,580     ¥16,650
12/16 ¥6,313 ¥7,570     ¥19,800 ¥17,200 ¥18,580     ¥16,650    
12/18 ¥6,310 ¥7,570     ¥19,800     ¥17,200     ¥18,580     ¥16,650     
12/21 ¥5,780 ¥7,570     該当なし ¥17,200     ¥18,580     ¥16,650    
12/28 ¥5,780     ¥7,570     該当なし ¥17,200     ¥18,580     ¥16,650    
2017
01/01 ¥5,780     ¥7,570     該当なし ¥17,200     ¥17,978 ↓ ¥16,201
01/03 ¥5,780     ¥7,570     該当なし ¥17,200     ¥17,978     ¥16,101 ↓
01/07 ¥5,780     ¥8,180 該当なし ¥17,050 ¥18,580 ¥16,101    
01/09 ¥5,780     ¥8,180     該当なし ¥17,200 ¥18,580     ¥16,101    
01/16 ¥5,580  ¥8,180     該当なし ¥17,200     ¥18,580     ¥16,101    
01/24 ¥5,580     ¥8,180     ¥19,800     ¥18,899 ¥17,978 ↓ ¥16,650
02/14 ¥6.650 ¥8,180     ¥19,800     ¥18,900 ¥17,978     ¥16,817
03/24 ¥6,487  ¥9,580 該当なし ¥18,900     ¥17,978     ¥16,817    
05/06 ¥6,460  ¥11,234 該当なし ¥18,900     ¥23,559 ↑ ¥16,817    
06/15 ¥6,224 ¥11,000 該当なし ¥18,900     ¥25,500 ¥19,797
07/02 ¥6,027 ¥11,000     該当なし ¥18,900     ¥25,508 ¥19,797    
08/11 ¥6,027     ¥11,000    
  $71.16    
 (¥7,757)  
該当なし ¥18,894   ¥18,144   ¥19,797    
  $111.74    
 (¥12,180)  
08/18 ¥6,027     ¥11,000    
  $71.16
 (¥7,757)
該当なし ¥18,900   ¥25,508   ¥19,797    
  $111.74
 (¥12,180)
09/01 ¥6,027     ¥13,000  
  $75.72
 (¥8329)
該当なし ¥18,900     ¥25,508     ¥19,630  
  $111.74
 (¥12,291)
10/02 ¥6,027     ¥12,135 
  $104.75
 (¥11,837)
¥16,962  ¥18,900     ¥24,000    ¥19,630    
  $125.47
 (¥14,178)
製品 fx-5800P fx-9860GII
並行輸入品
fx-9860GII
Amazon USA
東京までの
送料込み
fx-9860GII PRIZM
fx-CG10
並行輸入品
fx-CG20 fx-FD10 Pro fx-CG50
Amazon USA
東京までの
送料込み

10/02
fx-9860GII が全体的に値下げ、Amazon直販の国内正規品が復活、並行輸入品が値下げ、Amazon USAは値上げ。fx-CG50 の Amazon USAが値上げ、売れているだろう。[1ドル=¥113]

09/01
fx-9860GII の並行輸入品と個人輸入が共に若干値上げ、これらは連動していると思われる。fx-FD10 Pro が値下げ。

08/18
fx-CG10 並行輸入品とfx-CG20 国内正規品は、共にここ最近の価格に戻った。全体的に大きな変動はない。

08/11
いよいよ fx-9860GII 国内正規品の取り扱いがなくなっている。引き続き"該当なし"としておく。他の価格は大きく変化なし。
そこで、Amazon USAから東京まで直送 (Amazon Global Shipping)される送料込みの価格を、fx-9860GII に加えて、fx-CG50 (日本未発売) について記載することにした [本日1ドル=109円]。fx-9860GII は配送に多少時間がかかるが、過去最安値の並行輸入品とほぼ同じで圧倒的に安い。

07/02
fx-5800P が少し値下げ傾向になっていもう少しで¥6,000を切りそうな勢い。他は大きな変化なし。

06/15
fx-5800P は6千円台前半で値下げ傾向。fx-9860GII 平行輸入品はここしばらく高値で推移。fx-9860GII 正規品(国内保証が受けられると思われるもの)は今回も該当なしとした。fx-FD10 Pro は高値に移行か?

05/06
fx-5800Pは6千円半ばで落ち着いている。fx-CG20は記録開始以来最高値になった。

03/24
大きな動きはない。fx-9860GII は該当なし。

02/14
fx-5800P と fx-FD10 Pro が若干の値上げ。 

01/24
fx-5800P は最安値継続、fx-9860GIIは国内量販店が出品しているので国内正規版と思われ記録復帰。fx-CG20 は過去の最安値と同じ価格になった。fx-FD10 Pro は残念ながら¥16,000 を切らずに若干の値上げ。

01/16
fx-5800P が記録開始以来の最安値を記録。関東への配送料(¥515)を含めても(¥6,095)、2位のAmazon販売価格よりも安い(この配送料については注意が必要)。これ以外は状況維持。

01/09
PRIZN fx-CG10並行輸入品が¥17,200 に戻った。他は変化なし。

01/07
fx-5800P とfx-FD10 Pro は最安値継続。fx-9860GII並行輸入品と fx-CG20 は最安値が途絶えた。

01/03
fx-FD10 Pro が最安値を更新した。それ以外の機種は前回と同じ。

01/01
fx-5800P、fx-9860GII並行高輸入品は最安値継続、fx-CG20、fx-FD10 Pro は値下げで最安値となった。


12/28
上記で、並行輸入品と記載していない場合は、国内で正規保証が受けられる製品との意味で価格のモニターと記録をしてきている。従って、fx-9860GII については、国内保証が得られる保証の無い製品のみが出品されていることから「該当なし」記載することにする。国内正規保証が受けられる製品が出展された時に価格の記録を再開する予定。
国内保証が受けられる保証のない「該当なし」から ¥24,000程度の高価格で買くらいなら、最安値 ¥7,570 の fx-9860GII並行輸入品を購入する方が良いと思うので、注意を喚起したい。
その他の機種は変化なく、最安値は継続している。

12/21
fx-5800P が記録開始以来の最安値(ショップ)で、関東への送料を含めても第2位のAmazon扱い(¥6,310)より¥20だけ安い。fx-9860GII並行輸入品は最安値を維持。一方 fx-9860GII は最高値を更新、だが1つ注意が必要だ。海外在庫品や並行輸入品と説明があるショップのものは国内保証が受けられないことが分かる。これについては、fx-9860GII並行輸入品の現在最安値である ¥7,570 がお得だ。一方で国内正規品の在庫かそうでないかが不明なショップのものは注意が必要。確認が可能なら国内保証を受けられるかどうか問い合わせをすべきで、国内保証が受けられるのなら高値でも意味がある。保証が受けられないなら並行輸入品を ¥7,750 で購入すべきだろう。

12/18
fx-5800P のAmazon直送が値下げ、当面もの価格で維持の可能性大。fx-9860GII並行輸入品と fx-CG20正規品が最安値維持。

12/16
fx-9860GII並行輸入品と fx-CG20正規品が最安値維持。買うならチャンスだろう。

12/12
fx-9860GII並行輸入品が最安値更新。fx-CG20が4ヶ月間差安値維持。

12/03
fx-9860GII 並行輸入品と fx-CG20 の最安値継続中。

11/29
fx-9860GII 並行輸入品の価格低下が続いている。軒並み低価格化。fx-CG20 は最安値更新中。

11/16
fx-9860GII 並行輸入品が、最安値をさらに更新中

11/11
fx-9860GII 並行輸入品が最安値を記録!買うなら今がチャンスだが、国内での保証が受けられない可能性は受け入れる必要あり。恐らく CPU に SH3 を搭載した古いモデルの可能性は少ないだろうが、その可能性もゼロではない点に留意する必要がありそう。

11/02
fx-CG10並行輸入品が1万6千円台に戻った。fx-9860GII 並行輸入品は緩やかな値下げが継続している。

11/01
fx-CG10並行輸入品は徐々に値上げ。fx-CG20は最安値を維持。それ以外は僅かに値下げ。これから値下げが続くのか興味がある。

10/19
fx-9860GII 並行輸入品が久しぶりに1万円を切っているが、ショップの在庫が切れるまでの一時的なものだろう。

10/09
fx-5800P が徐々に上がっている。一方でfx-9860GII は並行輸入品、正規版ともに下がってきている。

10/07
fx-CG20 の最安値が継続している。fx-9860GII が僅かに下がり、fx-5800P は一時¥6,000 を切るものの、¥6,600あたりで落ち着いている。

08/21
fx-5800P が6千円を切った(一時的と思われるが...)。PRIZM fx-CG10並行輸入品は大幅に上がった。前回調査の最安値は買い時であった。

08/12
fx-5800P の価格低下が止まった(少し上昇)。一方で、fx-CG10並行輸入品と fx-CG20 は最安値になった。

07/30
fx-5800P は依然としてゆっくりと値下げが続いている。

07/12
fx-5800P と fx-9860GII並行輸入品が、引き続きゆっくりと値下げが続いている。

06/24
fx-5800P、fx-9860GII並行輸入品が引き続き値下げ傾向継続中。

06/12
fx-5800P、fx-9860GII並行輸入品、fx-CG10並行輸入品 が少し値下げ。

06/04
fx-9860GII並行輸入品がじっくりと下がってきている。fx-5800Pについてはさらに下がるか楽しみだ。

05/29
fx-5800P と fx-9860GII並行輸入版 が少し値下げ。この1ヶ月間 fx-5800P がゆっくりであるが値下げが続いている。

05/18
fx-9860GII並行輸入品とPRIZM fx-CG10並行輸入品が少し値下げ。

05/14
fx-5800P がゆっくりと確実に下がってきている。

05/13
fx-5800P が徐々に値下がり。

05/07
fx-5800P が最近の最高値から徐々に下げ続け、¥6,000 台に戻ってきた。

05/02
fx-5800P が下がり始めたが、以前高値。fx-9860GII 並行輸入品も下がっている。

04/27
fx-5800Pが乱高下傾向なので気になったが変化なし。fx-FD10 Proが瞬間的に最安値を見せたが、従来の価格に戻った。

04/26
fx-5800P が¥7,000円台でさらに上がって、記録開始依頼の最高値を更新した。これが¥7,000円台であるのが、そもそも珍しいくらいの高値傾向だ。やはり新年度需要が落ち着いて、一時的に流通量が減っているためだろうか?一方で fx-FD10 Pro は最安値になった。

04/23
fx-5800P と fx-9860GII 並行輸入品が千円単位で上がった。新年度で売れて在庫が減ったことが影響しているのか?

04/20
全体的に大きな変化は見られない。fx-9860GII と PRIZM fx-CG10 の共に並行輸入品が安いが在庫がなくなれば終わりのパターンだろう。

04/09
先月末は、新年度向けのバーゲンセールだったようで、一律元の価格に戻っている。

03/27
fx-5800P と fx-FD10 Pro の2機種が、記録を取り始めて依頼の最安値となっている。いずれもショップではなくて Amazon 本体での価格だからしばらくこの価格が継続する可能性がある。

03/19
fx-9860GII 並行輸入品がゆっくりと値下げを続けている一方で、fx-9860GII 国内正規品は一時の安売りショップの在庫が無くなって元の価格に戻っている。その他はほぼ変化なし。

02/27
fx-5800P が若干安くなっている。fx-9860GII の最安値は継続中(在庫が残り1点と表示されている)。但し、SH4A搭載機かどうかの確認は必要でしょう。

02/21
fx-9860GII が大幅安値となった。送料別だが確実に安く、記録開始後の最安値。国内正規品なので買うならチャンスだと思う。
[追記] fx-9860GII はマイナーバージョンが2つあり、CPUにSH3を使った初期バージョン(液晶ディスプレイの下にUSB GRAPHICと記載)とSH4Aを使った現行バージョン(液晶ディスプレイの下に USB GRAPHIC 2 と記載)がある。在庫処分のために SH3バージョンを格安にしている可能性はあるので注意が必要かも知れない。なお、何もしなければ SH3バージョンの方が処理が速いが、オーバークロックアドインにより最高速を得るには SH4A の方が遙かに速くなる。個人的にはSH4Aバージョンを勧める。

02/01
fx-5800P と fx-9860GII 並行輸入品 が下がり、fx-FD10 Pro は最安値継続中。なお、fx-5800Pは価格.comで先週から ¥5,400 となっている((有)マルカツの数量限定スポット販売)が、送料別となっているので要確認(結果的にアマゾンが安い可能性大)。

01/11
fx-FD10 Pro が記録を取り始めて以来の最安値となった。他は大きな変化なし。

01/02
通常の変動内に収まっている。fx-5800P と fx-9860GII 平行輸入版 が若干値下げ。


12/18
価格の大きな変化はなく、通常の変動範囲内。これまで春の進入学・異動のシーズン前に安値が付く傾向があるので、それに期待したい。

12/11
fx-5800P が少し下がった。他は変化無し。

12/09
全体的に少し値下げ傾向が出てきた。年末商戦開始か?但し、送料や返品ポリシーについては要注意。fx-CG20 は安くなっているが、本体価格は¥17,980 で、関東の配送料が¥648 なので合計 ¥18,548 と記載した。これまでより¥6,000安くなっている。これまでも関東圏での送料込みで最安値を選んでいる。

11/14

しばらく価格が動かなかった。fx-5800P は 6000円を境に10円以内で行きつ戻りつ。最安値5993円の在庫が無くなったのだろう、Amazon直販の 6181 円が最安値となった。ほかの機種は全く動かない。

10/30
fx-5800P が下って5千円台になった。fx-9860GII 並行輸入品が少し値下げ。これから年末にかけて全体的な安値になると思われる。

10/11
fx-FD10 Pro が Amazon で1円下がる。他は変化なし。

10/10
fx-9860GII 平衡輸入品が記録開始以来最高値となりました。それ以外はほぼ変化なし。

10/03
fx-5800P は5千円台の最安値から¥6,181 へ戻った。他は変化が見られず落ち着いている。

09/20
ここしばらく、fx-5800P が5千円台を維持していて、記録開始以来最安値になっている。買うなら今がチャンスだと思う。fx-9860GII 並行輸入品も9千円台になり、保証を気にしなければ購入の良い機会。

08/17
fx-5800P が安値傾向維持、¥6,000に近いところでの変動。fx-CG10 並行輸入品が記録開始以来の最安値となりました。fx-FD10 Pro は¥17,000 回りでの変動が継続中。

08/09
fx-5800P と PRIZM fx-CG10 並行輸入品 が記録を始めて以来の最安値となりました。これらは、おそらく少量在庫で売切御免のショップ販売のパターンで、劇的安値というものではありません。欲しければ即ポチッが良いでしょうが、慌てることもなさそう。特に、fx-5800P は、よく見ると関東配送料¥540なので総額¥6480、つまりこれまで継続しているAmazon直販の¥6,508 とさほど変わらないところにカラクリがあります。

08/03
fx-5800P の安値は限定在庫がなくなって、最近のレベルへ戻った。とは言っても少し安いレベル。他の機種では動きなし。

07/30
fx-5800P が大きく値下げ。記録開始後最安値は¥6,009 (瞬間風速) より1円高いだけ。しばらく安定した最安値が¥6,114 でしたが、それよりも安くなっています。ショップの在庫限りの瞬間風速かもしれず、スグに元に戻る可能性はあります。買うなら今かも知れません。それ以外は変化なし。fx-F110 Pro は小さな範囲での変動が続いています。

07/24
fx-FD10 Pro が記録を採り始めて以来の最安値に戻りました。ショップの在庫が入ったようです。fx-CG10 並行輸入品も、一気に値下げ、同様②ショップの在庫が入った模様です。正規国内品との値差¥3,300 程度を、正規保証無しと天秤にかけてどう考えるか悩ましいところです。

07/17
fx-FD10 Pro は、¥16,800 で出品していたショップの在庫が無くなり、また¥17,135に戻ったわけですが、これは Amazonの価格。今後も安い在庫を持ったショップが現れればチャンスとなることが、しばらく繰り返されると思われます。但し、記録を付け始めてからの傾向としては、安値傾向は続いています。

07/16
fx-FD10 Pro がここのところ¥17,000 を切っていて、当ブログでの記録開始以来最安値となっています。fx-CG20/10 については、国内正規品と並行輸入品が¥2,000程度の値差がしばらく続いており、この程度の差ならば、万一の故障の際の保証を考えると、国内正規品を購入するほうが得策かも知れません。

07/07
fx-5800P が戻りました。一時的な安値だったようです。他は動きなし。

06/28
PRIZM fx-CG10 が戻りました。突風だったようです。fx-5800P は少し上がっていますが、¥6,200円台を維持。この特定のショップの在庫限りの話しなのかも知れません。

06/27
PRIZM fx-CG10 が一気に値下がり、記録を付け始めて以来2番目の安値です。fx-5800P は徐々に下がってきています。fx-9860GII 並行輸入品が また上がり初めています。

06/24
fx-FD10 Pro が、¥17,000 を切り、記録以来最安値をつけました。単なる突風が吹いただけか、値下げ傾向が継続するのか注目したいと思います。

06/14
fx-9860GII 並行輸入品、fxCG10 PRIZIM 並行輸入品、ともに高値止まりです。やはり為替の影響か?なお、fx-FD10 Pro は一瞬¥17,000をきるが、また戻る...の繰り返しで、また戻っています。

06/11
fx-CG10 PRISM 並行輸入品が、突如最高値を付け、2千円近い上昇です。長期間¥15,400あたりで落ち着いていました。一つ考えられる理由に、1ドル115円辺りから125円への変化が短時間に一気に進んだことです。並行輸入品は海外在庫からの発送が多いので、在庫が少なくなったfx-CG10から値上げし、いずれfx-9860GII 並行輸入品も一気に値上げ、ということもあり得ます。しばらく推移に注目です。fx-FD10 Pro は逆に過去2番目の安値になり¥17,000を切りました。工事受注数と国内在庫数の影響だろうとおもわれます。

06/06
前回から、大きな推移が無いのですが、1ヶ月近く経つので記録しておきます。fx-9860GII 並行輸入品は一旦¥9,000円台に入ったのですが、すぐに¥10,000 に戻っています。fx-9860GII 国内品価格は僅かですが下がっていて、記録を付け始めてからの最安値になっています。

05/13
fx-9860GII 並行輸入品が9000円台へ戻る。他は変化なし。

05/01
前回から大きな価格推移はなく、安定している。放置しているわけでは無いので、区切りの良い本日、更新しておく。

04/06
fx-FD10 Pro が過去の最安値にほぼ並んだ。fx-5800P はようやく 6,500円まで価格が戻ってきた。

03/30
大きな変化なし。4月の変化に期待。

03/25
fx-5800Pが少し値下がり、但し過去最安値には全く届かない。fx-9860GII は変化なし。並行輸入品が上がって正規国内品が下がると言う妙状況のまま。PRIZM fx-CG10 並行輸入品は最安値のまま維持。fx-FD10 Proはさらに少し値下げ。いずれの機種も国内正規品が値下げ傾向と言うのは、国内の在庫整理が進んでいるためか?新機種は何時でるのか楽しみでもあります。

03/21
変化がでてきた。fx-5800P が6千円台に戻ってきました。楽天では新品が5千円後半で出てます。一時期に比べて高値維持ですが、安い在庫が出てきたようですネ。fx-9860GII 並行輸入品は最高値をマーク。一方国内版は最安値をマーク。一体どうなっているんだろう?fx-CG10 並行輸入品はおおきく変わらないが最近は最安値継続。fx-FD10 Pro が一気に下がって1万7千円台へ。これからしばらく値下げ傾向になるのか?チョット注目です。

03/15
fx-5800P が少しづつ6千円台へ戻ろうとしています。一方で fx-9860GII 並行輸入品は一気に値上げ。PRIZM fx-cg10 並行輸入品がじわじわと下げて最安値。

03/08
fx-5800Pが7千円台に落ち着いています。fx-9860GII 並行入品も8千円台の出品が減る傾向が見られます。年度末から年度初めの需要期を迎えて、高値安定になろうとしているのかも知れません。fx-5800Pの再生品は¥5,980 を維持していますが、カバーのヒンジの不具合に関して再生品に不安があるので、手を出していません。

02/23
fx-5800Pが、ほぼ以前の水準 6千円台前半に戻った。ここのところの7千円台は何だったのか?

02/18
値上げのあと、特に大きな動きなし。

02/12
fx-5800P が¥7,000台に戻ってしまいました。メーカー再生品は¥5,980 です。fx-9860GII 並行輸入品も少し上がっています。fx-FD10 Proは調査開始後最高値。本日は、全体的に値上げ傾向が見られます。昨日までは一体何だったのでしょう?

02/11
fx-CG20 が一機に値下げ。カシオの仕切り値が下がったのならば、これはきっと何かあるが、どこかの在庫を買い叩いての放出品なら一過性。新しい動きかどうか、しばらく様子見。

02/08
fx-FD10 Pro は¥17,000前後で振動中。fx-9860GII 並行輸入品は ¥8,200 ←→ ¥8,280 で振動中。

02/07
fx-9860GII並行輸入品 が¥8,200へ戻る。このところ ¥8,200 と ¥8,280 を往復している。

02/06
fx-FD10 Proが再び¥16,969へ。¥17,000 を境に行ったり来たり。

02/05
fx-FD10 Pro の値下げが一旦ストップ。fx-9860GII並行輸入品は¥8,280で落ち着くのか?fx-5800Pは¥6,114で安定(メーカー再生品は¥5,980)。2/13に fx-JP900が発売されるが、それに伴い fx-5800P がどちらへ触れるのか興味のあるところ。

01/31
fx-FD10 Pro の値下げが続いており、前日(1/30)に¥16,000台に突入、本日も¥16,000台を維持。

01/29
fx-FD10 Proが値下げ更新。

01/28
fx-FD10 Pro が¥17,000 台に入っています。

01/25
fx-5800Pが ¥6,114 に戻りました。楽天では ¥5,981 のまま。fx-FD10 Pro がさらに下がりました。そろそろ fx-FD10 Proの並行輸入品が出てくるのだろうか?

01/23
fx-5800P、fx-9860GII 並行輸入品、fx-FD10 Pro が下がりました。楽天では¥5,981 がありました。fx-5800P はいよいよ¥5,000台突入!

01/20
fx-FD10 Proが下がりました。

01/15
fx-5800P と fx-9860GII並行輸入品が下がりました。fx-5800P は¥6,000を切る勢い。fx-9860GII 並行輸入品は¥8,000を切る勢いです。


keywords: fx-5800P、fx-9750GIII、fx-CG50、fx-9860GII, fx-FD10 Proプログラム関数電卓

リンク集 | ブログ内マップ




関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

Casio Basic入門1

Casio Basic入門
<目次>

誤字脱字・記載ミスや分かりにくい表現などは随時追記・修正します.
最終更新:2021/04/18


はしがき
[2014/11/03追記]

fx5800P_calcfx-5800P を買ってきてプログラムを作ってみようと思い、取扱説明書を見ると、プログラムが分かる人向けのヒントくらいしか書かれていません。

これはヒドイ!!(以前は良かったのに...このあたりは「1.はじめに」で紹介してます)

とりあえずプログラミングを始めたものの、細かいことは、色々と試行錯誤を繰り返さないと分かりません。こうして、取扱説明書には書かれていない詳しいことが、少しづつ分かってきました。

プログラムを作りながら色々と調べているうちに、fx-5800P に搭載されているプログラミング言語:Casio Basic は、かなり優れモノだと分かってきました。プログラミング経験者向けに Casio Basic の面白さを一言で紹介すると、「電卓で使える構造化BASIC風言語 」 です。

なかなか優れている Casio Basic なのに、こんな取扱説明書では、さっぱり使いこなせない人が多いだろうし、経験者が取扱説明書を読むと、未だに古い Basic 風言語と変わらないと思うだろうし、良さを知らないままにプログラミングを諦める人も多いだろうと思うので非常にもったいないと思います。

"新世代 Casio Basic" が使える fx-5800P は、非力なプロセッサしか積んでいないにもかかわらず、まともな実用プログラムを作れます。さらに、fx-5800P はプログラムを呼び出して使う利便性が高く、高機能な fx-9860GII や fx-CG20 よりも便利なことは、あまり知られていないのではないでしょうか? 

自分の必要性に合わせて、いくつもの実用プログラムを作ってみて、分かったこと試してみたこと を含めて、取扱説明書では絶対にわからない Casio  Basic の使いこなしを整理したものが Casio Basic 入門 講座です。それと並行して、取扱説明書では絶対にわからない Casio Basic のコマンドリファレンス 、逆引き Casio Basic を公開しています。

「1.はじめに」 では、Casio Basic や fx-5800P の歴史や特徴を私見を交えて書いていますので、「2.プログラミングとは」まで飛ばしてもらって結構です。



1.はじめに [2015/01/04 修正]

私が初めて手にした電卓が、カシオのFX-502Pという関数電卓でした。手帳サイズでプログラミングできる画期的な製品で、世界中にカシオファンを増やした原動力となったようです。

fx-502P 
手帳タイプのソフトカバーが付属した FX-502P

私がFX-502P を入手した当時は、関数電卓として使っていて、プログラミングの「プ」の字も知りませんでした。その後プログラムに興味を持ち、生まれて初めて作ったのが、FXー502Pのプログラム「反射ゲーム」
画面表示が変化した直後に、どれだけ早く反応してキーを押せるか...そんなゲームでした。
 ⇒ FX-502P / 602P / 603P のプログラム

カシオはFX-502Pに続いて、プログラム互換性の高い後継機として、1981年にFX-602P、1990年にはfx-603Pを発売しました。
FX-602P には取扱説明書だけでなく、「プログラムライブラリー」と言う厚い本が付属していて、それには数多くの実用プログラムが掲載されていました。掲載されているプログラムを入力し、理解し、さらに自分なりに改造することで、プログラミングがどのようなものか、少し分かりました。きちんと動作するサンプルプログラムを参考にして、自分でプログラムを改造する作業が、プログラミングの学習には非常に有効だと実感しました。

これらのプログラム機能は、今思えばアセンブリ言語に近い感じで、電卓のメモリに直接あるいは間接的にアクセスして、ジャンプはインクリメント/デクリメントを行うことができるなど、工夫のしがいがある面白いもので、プログラミングの好きな人には楽しく遊べるものでした。

その後登場したプログラム互換のFX-602P や FX-603P は、アルファベット表示が可能になり、記憶容量が増えたことで、測量計算などの実用に耐えるプログラム関数電卓として不動の地位を得てきました。プログラム言語としての完成度、ハードウェアとしての使いやすさがユーザーに支持された結果でしょう。


プログラミング言語仕様から読み解く Casio Basicの開発史 [2019/08/31 追記修正]

カシオは、プログラム関数電卓とグラフ関数電卓、そしてポケットコンピュータの3系統で、搭載言語の開発を進めている時期がありました (プログラム電卓メモワール1990-12 参照)。ポケットコンピュータはPCの高機能化、小型化、低価格化により市場からその姿を消しました。プログラム関数電卓では、fx-4850P を最後にプログラム関数電卓の新製品が発売されなくなり、fx-4850P 搭載言語の系統のバージョンアップが止まりました。そして、唯一グラフ関数電卓が搭載言語とともに進化してゆきました。

プログラム関数電卓 fx-4000番台の製品に搭載された言語は、試行錯誤の跡がみられ、このシリーズ最終機種の fx-4850P の搭載言語は中途半端な仕様のまま成功せずに終わったと感じています。fx-4850P のハードウェアデザインは fx-5800P に引き継がれましたが、搭載言語はシリーズ初号機の fx-4000P の仕様が 現在の Casio Basic に引き継がれています。

一方で、グラフ関数電卓での搭載言語は着実な進化を見せました。fx-7400Gで初めてBasicコマンドが搭載され、1996発売の CFX-9850G には、ついに GetkeyLocate コマンドが搭載され、現在の世代のCasio Basic に近づきました。但し空行改行や If 文の Then や Else の直後での改行がエラーになる、コード編集画面がデフォルトで上書きモードになるなど、実用的なプログラミング言語としてはもう一歩という感じでした。しかし、これは Casio Basic の歴史上極めて重要な一歩だと言って良いと思います。GetkeyLocate が、Casio Basic の実用性を格段に向上させているからです。⇒ プログラム電卓温故知新 - CFX-9850G の最後の項目 "プログラム電卓の系譜" を参照。


翌年の 2006年に登場した fx-9860G は、基本的に CFX-9850GC PLUS の Casio Basic をベースに改行の問題を解決し、コード編集画面がデフォルトで挿入モードに変更され、プロット系コマンドのバグとも言える理解不能な仕様がうまく整理されました。ここでようやく現在の "新世代 Casio Basic" が登場しました。

fx-9860G の搭載言語からグラフィックス関連とシリアル通信関連のコマンドを取り去り、さらにいくつかのコマンドを改良したものが fx-5800P に搭載されました。fx-9860G 発売と同年のことでした。


fx-5800P での改良点の代表的なものを挙げてみます。

入力命令 ?A では、変数 A に既に入っている値を表示し、変更がなければ [EXE] キーを押すだけで確定できる機能が追加されました。一方、?→A とすれば、A の値を表示せずに新たに入力させます。この ?A の機能は、変更が無ければ [EXE] を押すだけで良いので、作成したプログラムの使い勝手が格段に向上します。現在のところ、この機能があるのは、fx-5800P と fx-FD10 Pro のみで、グラフ関数電卓にはこのような便利な機能はありません。

[FILE] キーでプログラムリストを表示し、そこからプログラムを実行できる機能も、fx-5800P の利便性を向上させる優れた改良だと思います。これが可能なのは、他には fx-FD10 Pro のみです。グラフ関数電卓では、一旦プログラムモードに入らないとプログラムを呼び出せません。

fx-9860G にあった グラフィックス関連とシリアル通信関連のコマンドは、fx-5800P にはありません。fx-5800P をプログラム関数電卓に位置づけるなら、グラフィックス関連のコマンドは不要といっても良いと思いまが、シリアル通信関連コマンドは残して欲しかったと思います。さらに、電卓とPCの間でプログラムファイルをやりとりするPCリンク機能が無いのも fx-5800P の利便性を発揮しきれない仕様上の大きな弱点です。

このような弱点があるものの、fx-5800P は、グラフ機能の無いプログラム関数電卓として、極めて大きく進化した "新世代Casio Basic" を搭載し、プログラム電卓としてバランスの取れた、そして関数電卓としても使いやすい優れた製品です。

歴史を少し遡って、プログラム関数電卓として大成功を納めた FX-502P や FX-602P の最終進化形 の FX-603P は、結果的に21世紀に入っても販売が続き、その製品寿命は10年以上の長きにわたりました。趣味ではなく仕事用に実用プログラムが使われ続け、ユーザーの大きな支持に答え続けた結果なのだと思います。FX-603P の実用品としての完成度の高さの証明でもあります。FX-603P に取って代わるプログラム関数電卓が永らく登場しませんでした。

※参考: プログラム関数電卓ノスタルジア(Casio fx-502P、fx-602P、fx-5800P)

さて、グラフ関数電卓で熟成してきた新世代 Casio Basic を機能制限して搭載した fx-5800P は、しばらく FX-603P と併売されていましたが、ついに FX-603P が生産中止となりました。fx-5800P が プログラム関数電卓 FX-603P の後継機となったわけです。

その後も Casio Basic の改良がグラフ関数電卓で続き、fx-9860Gシリーズで文字列処理コマンドが追加搭載され、ハードウェアとしては高精細カラー液晶搭載した fx-CG10/20 が登場しています。そして 2015年1月時点での最新機種、fx-FD10 Pro は、fx-5800P の利便性と最新の Casio Basic を搭載したハイブリッド機とでも言える、面白い性格を持っています (fx-FD10 Pro は Casio Basic専用機です。fx-9860GII  の基板を使いながらアドインが使えない設定にした判断は、販売戦略上のものなのでしょう)。

[2021/04/18 修正]
気がつけば、新世代Casio Basic搭載のプログラム関数電卓 fx-5800P 製品寿命は、2006年の登場から2021年時点で15年を超えており、1つの製品としては最も長く製造・販売される製品になっています。なお補修用の部品の供給期限が2025年という情報もあるので、現在のところ fx-5800P の後継機種の企画・開発がおこなれているのか、プログラム関数電卓のジャンルは fx-5800P を最後に姿を消すことになるのか、大変気になるところです。
=== 2021/04/18 修正 - ここまで ===

2014年12月に、スタンダード関数電卓の新シリーズ fx-JP500, fx-JP700, fx-JP900 (CLASSWIZ シリーズ) が発表され、順次発売が開始されました。高精細液晶の搭載、省電力でありながらCPUの大幅な処理速度向上、その他様々な改良が加えられ、死角が殆ど無い関数電卓と言えます。fx-JP900 のみに搭載された表計算機能 は、データ保存機能が無いので実用的とは言えないものの、実力をアピールする意味は十分にあります。この表計算が、操作性やユーザーインターフェースの面でグラフ関数電卓 fx-9860GII に似ていることは、大変興味深いのです。

高精細液晶と高速・省電力CPUと言う新しいハードウェアに加えて、グラフ関数電卓と酷似した表計算機能を新ハードウェアで走らせる機能のアピールは、発売開始から12年目の fx-5800P の後継機種がそろそろ現実性を帯びてきているのではないかと、大きな期待を寄せています。 

[2018/10/31 追記]:fx-CG50 が登場
2017年春に fx-CG10/20 の後継機として fx-CG50 が欧米で発売開始され、同年10月に日本国内で発売されました。fx-CG50 は fx-CG10/20 とほぼ同じ仕様で、消費電力が大幅に抑えられ、処理速度が大幅に向上しました。そのデザインは fx-JP900 と極めて似通ったものになりました。

最新のグラフ関数電卓 fx-CG50 (2017) 
Casio fx-CG50 の概要

カシオは、プログラム電卓については欧米ならびに中国市場を中心に考えているののが残念なところですが、シャープがプログラム電卓開発から事実上撤退している状況で、日本企業として唯一カシオがプログラム電卓の開発を続けていることは、歓迎したいと思います。但し、特にグラフィック関連は、マクロ言語を出自とする故かVRAMへの転送速度が非常に遅いことから、fx-CG50でさえグラフィックスプログラミングを自由に行えるレベルには至っていません。

さてこのような状況下で、fx-5800P の後継機種の動向が気になります。fx-JP900 と fx-CG50 と同様のデザインで、これらの中間サイズの グラフィック機能を割愛したプログラム関数電卓が fx-5800P の後継として登場すれば面白いと思います。

===== 追記おわり ====


fx-5800Pの特徴

最新の Casio Basic から見れば、fx-5800P 搭載の Casio Basic はサブセット版と言えますが、プログラム関数電卓として不要な機能を省略しただけで、新世代 Casio Basic 搭載機としては、低価格で使い勝手の良い絶妙なバランスの製品です。

上て述べたように、fx-5800P の最大の欠点が、作ったプログラムをPCにバックアップすることが出来ない点にある。但し、3pinケーブル (SB-62)を用いて、もう1台の fx-5800Pへ転送することはできます。 ここを参照

この通信ケーブル(3pinシリアルケーブル)は、グラフ関数電卓の国内正規品にUSBケーブルと共に標準添付されています。

==========

fx-502P&fx-5800P 
fx-502P と fx-5800P (写真は「プログラム関数電卓ノスタルジア(fx-502P、fx-602P、fx-5800P)」掲載のもの)


My_func_calcs_20190803
My_graph_calcs_20190803
 
※ 管理人所有のプログラム電卓


fx-5800P は、薄型、軽量で上着の内ポケットに十分入る大きさです。そして、4行x16桁の液晶ディスプレイを搭載し、加えて新世代 Casio Basic が搭載されています。 高機能グラフ関数電卓 fx-9860GII も入手し、fx-5800P と比較していますが、改めて fx-5800P のバランスの良さを再認識しています。新世代 Casio Basic は、実用プログラムに加えて、ちょっとしたアクションゲームを作れるレベルの構造化Basic です(本ブログでも、いくつか紹介しています)。さらに、fx-5800Pは実売で6000円台なので圧倒的に購入しやすいのです。



さて、新世代 Casio Basicを搭載した fx-5800P の取扱説明書では、プグラミングが分かっている人しか分からない程度の記述しかありません。その上、プログラム事例は殆ど紹介されていません。カシオは、紙のプログラムライブラリーやウェブでの情報も国内では用意するつもりはなさそうです。

[2021/04/18 追記]
この連載を始めた当初は、fx-5800P しか持っていなかったのですが、その後 CFX-9850G、CFX-9850GC PLUS、fx-9860G、fx-9860G Slim、fx-9860GII、fx-9860GII SD、fx-CG20、fx-CG50、fx-7400GIII、fx-9860GIII、fx-9750GIII を入手し、それらの Casio Basic でプログラムを作っています。その結果 これらの Casio Basic は互いに一定レベルの互換性が保たれるように考慮されていることが分かっています。fx-5800P で Casio Basic を使いこなせるようになれば、モノクロ液晶 や カラー高精細液晶の グラフ関数電卓でも問題無く使えます。

[2018/12/26 追記]
takumako様により CcLinker が開発され、fx-5800PのPCリンクが実現され、プログラムの保存や導入が容易になりました。
- 開発者 takumako様による CcLinker のサイト
- 当ブログの CcLinker 紹介記事


2. プログラミングとは
[fx-5800P] [fx-9860G (SD) fx-9860GII (SD) / fx-CG20 / fx-CG50]

プログラムの「プ」の字も知らない方のために、最初にあらかじめ知っておいて頂きたい基本的な事柄を紹介します。


プログラムって何だ?

プログラムと言うのは、「手順書」です。そして予め用意された単語と文法を使って、手順を書くことをプログラミングと言います。
手順を書くために使う言葉を「プログラミング言語」と言います。

そして、その単語と文法が分かればプログラムを書けるようになるわけです。

プログラムを読む相手は電子回路ですから、そこには情緒も感性も不要です。むしろ曖昧さがは有ってはなりません。厳密に一通りにしか解釈できないように書くために、単語や文法が考えられています。

言葉に動詞や文型があるように、プログラミング言語にもコマンド(命令)やステートメント(文)があります。これらの単語を覚え、文法を覚えるのは難しくありません。普通の外国語に比べると覚えることはとても少ないのです。Casio Basic については、覚えるべき事柄が非常に少ないので、さらに楽です。



プログラミング言語とは?

プログラムは手順書なので、基本的にはコマンド(動詞)と必要な名詞(目的語)をステートメントの規則(文型)に従って書きます。

「~をしなさい」  「~に~をしなさい」

といった短い文の組合せと繰返しで、プログラムは構成されます。


プログラミング言語には、多くの種類があります。C言語、java、BASIC、FORTRAN などを見聞きしたことは有りませんか?これらは最もよく用いられる代表的な言語です。これらの言語に一般的な優劣は有りませんが、それぞれ得意とするものが異なっています。

なお、これらの多くはアメリカで発明されたので、英単語から派生した単語を使い、語順は英文法に近くなっています。「O に V しなさい」 は、「V O」 といった語順になります。「ピアノを弾きなさい」「Play piano」 となるのと同じです(動詞 + 目的語)。

fx-5800P や fx-9860GII などのカシオのプログラム電卓には、BASIC が内蔵されています。但し、カシオが作った BASIC なので、Casio Basic と呼ばれています(特に海外のサイトでは、この表現をよく見ます)。基本的な単語や文型はパソコンで使う BASIC とほぼ同じです。

一部カシオ独自のものがありますが、古くからのユーザーのために残しているとのことです。古くから採用されていた独自のものは、当ブログでは旧来の命令と読んでいますが、使い勝手が良いので残っていても良いと思います。

ちなみに、Casio Basic で検索すると、おかげさまで当ブログがヒットしますが、CASIO Basic はカシオ時計のブランドだというのが分かります。



プログラムで計算

プログラムを書く時に、計算をさせることもできます。

1234 x 5678

とプログラムに書けば、電子回路が計算してくれます。プログラムを書く時に計算結果を知る必要はありません。

但し、上の計算結果を知るためにわざわざプログラムを書く人はいないでしょう。電卓のキーをチョイチョイと叩けば答えが出ますね。

上のように決まった数でなくて、色々と異なった数のかけ算をしたい時、プログラムが役立ちます。

A = 1234
B = 5678

としておいて、

C = A x B
Print C


とプログラムを書くと、かけ算の結果を画面に表示します。この書き方はパソコンで使う一般的なBASICの書き方です。

A x B は、A や B に色々と異なった数を入れると、異なった答えを出してくれます。これを Casio Basic で書くと、

1234→A
5678→B
AxB→C


正確に、このように3行のプログラムを書いて、それを実行させると、画面には 7006652 と計算結果が表示されます。


前置きが長くなりましたが、ポイントは以下の6項目です。

1) パソコンのプログラミングは、こんなに簡単ではありません
プログラム電卓ならではの簡便さです。

2) A や B は変数
変数は、数を入れておく容器です。A や B は容器の名前です。
予め、容器Aに数1234を入れ、容器Bに5678を入れておきます。
そして、AxB は、容器の中身の数のかけ算をしなさい、と言うプログラムです。
このように、プログラムでは頻繁に「変数」を使います。

fx-5800P や fx-9860GII などのプログラム電卓で使える変数は、アルファベットの A~Zの26文字です。但し、配列変数 (fx-5800P) や 行列 (fx-5800P や fx-9860GII など) という変数を必要に応じて追加して使うことができます。配列変数や行列については、その使い方を含めて、後で説明します。今は忘れてもらって結構です。

3) → は代入命令
変数Aに 1234を入れることを、「変数Aに1234を代入する」と言います。
そして、Casio Basic では、代入をしなさいと言う「代入命令」を 「」と言う右矢印の記号で表現します。

の左のものを、右へ代入すると決められています。
1234→A
のように、数字を変数に代入するだけでなく、変数を変数に代入できます。

例えば、

1234→A
5678→B
A→B


とすると、変数Bの中身は、5678でなくて、1234 に変化します。

CasioBasicコマンドリファレンス: → (代入命令)

パソコンの Basic では、変数 A に 1234 を代入するとき、

A = 1234

と書きます。代入命令については、Casio Basic は独特なものですが、 記号は代入の方向を示しているので、却って分かりやすいと思います。



4) は出力命令

これも Casio Basic 独特の命令です。◢ は出力、つまり画面表示するだけでなく、併せて一時停止の機能があります。

上の3行のプログラムは、上から下へ順に実行されます。

AxB

は、AxBの結果を表示して、そこでプログラムの実行を一時停止しなさい、という命令です。そして、[EXE] キーを押すと一時停止が解除されます。これも命令に含まれる機能です。

CasioBasicコマンドリファレンス: (出力命令)


5) ?は入力命令
変数Aと代入命令を併せて使って、

?→A

と書くと、画面表示が、

?

となり、そこでプログラムが一旦停止します。

の表示は、キー入力をしてください、と言う意味です。そして、プログラムが一時停止し、何かキー入力を待ちます。[EXE] キーを押すと入力内容が確定され変数Aに代入され、プログラムの一時停止が解除されます。これも Casio Basic 特有の命令です。

実はここには、Casio Basic 特有のおもしろい面があります。
画面に

?

と表示され、入力が促されている時に、例えば

9999÷3

と入力して[EXE] キーを押すと、この計算結果が変数Aに代入されます。

fx-5800P は関数電卓なので、様々な関数機能が内蔵されています。そこで、? が表示されて入力待ちの状態で、sin(30) と入力して[EXE]キーを押すと、計算結果の 0.5 が変数 A に代入されます(DEGモードの時)。関数電卓特有の機能を活かした入力命令になっていることが分かります。

"A="?→A

と書くと、画面には" と "で括られた文字

A= ?

のように表示され、入力待ちになります。

"A="?→A
5678→B
AxB


は、キー入力した数字を変数Aに代入して、AxBを計算した結果を表示するプログラムです。様々な数値や計算結果に5678を掛け算した結果を表示します。

CasioBasicコマンドリファレンス: ? (入力命令)


6) プログラムは上から下へ連続実行
プログラムは、上から下へ連続的に実行されます。

そして、出力命令や入力命令は、一旦停止の機能があるので、そこで実行が一旦停止します。この一旦停止は特別な例です。さらに、実行の流れを変えるコマンドや文があり、これらを使えば上から下への実行順序を変えることができます。

このような明示的なコマンドや文が無い限り、プログラムは上から下へ連続的に実行され、プログラムの一番下の行で、完全に実行が停止します。

プログラムは上から下へ実行される原則は、当たり前のように感じられるでしょう。しかし、これを忘れるとプログラムの動作が分からなくなるものです。とても重要な原則なので、必ず覚えてください。


関連記事:
- プログラム関数電卓でプログラミング
- fx-5800P【プログラミング入門】:プログラム作成から実行までの操作



*****


次からは、実際にプログラムを作りながら、プログラムの単語や文型をみてゆきます。


つづく...

⇒ CasioBasic入門2 / 目次



応援クリックをお願いします。励みになるので...
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ


 


keywords: fx-5800PCasioBasicプログラミング入門プログラム関数電卓

リンク集 | ブログ内マップ
関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

fx-CG50 - C.Basic パックマン風ゲーム, PM

2021/04/03


e-Gadget の壁 (掲示板) に ChangRing様から C.Basic for CG で作成したゲームプログラムの投稿がありました。

PM_Screen


昔懐かしいアーケードゲーム - パックマン風のゲームです。矢印キーで e を動かして、全ての  の上を通り過ぎればゲームクリア。βe に近づこうと動き、位置が重なると CRASH と表示されゲームオーバーとなります。

プログラムファイルが PM.g3m なので、プログラム名を PM と呼ぶことにします。
 PM のダウンロード

このプログラムは、C.Basic for CG で動作します (純正 Casio Basic では動作しません)。
C.Basic for CG のページ

PM を起動すると、以下のような画面が表示されます。
PM_Startup_Screen

最高得点が表示されています。ゲームをクリアして、それが最高得点の場合は、その得点が PM.bin に保存されます。PM 起動時に PM.bin にアクセスし最高得点を取得し、それが表示されるようになっています。

作者の ChangRing様のコメントを紹介します;
パッ〇マン風なゲームをC.Basicで作ってみました。
敵が追いかけてきたり来なかったりしますが、それも味わいということで。
衝突判定をワンテンポ遅らせているので、そこを利用するとクリアできます。
私は中学生の時にポケコンという世代ですが、久しぶりに楽しかったです。
C.Basicに関係している皆様に感謝です。

各面は自動生成されています。eβ の衝突判定に時差があるので、画面上 eβ が重なって見えていても e が逃げ続けられると CRASH にならずクリアできます。衝突判定をワンテンポ遅らせていることの効用です。
なお、最初に eβ が近くに配置されると、あっという間に CRASH していまいゲームオーバーです。管理人にとっては意外に難しいと感じます。

=====

以下のようなパターンだと、e を動かすと、β も同じ方向に移動し、クリアが難しそうです。
Dificult_Pattern

作者によれば、
横についてくるので、このパターンはクリアは難しいですね。
もっと画面が広いと縦についてくる敵をもう一匹用意するのですが、
なにぶん画面が狭いので、、、
各面は自動生成していますが、本当はあらかじめ1面から用意して
だんだん難しくしていくといいと思うのですが、そこは手抜きです(笑)
簡単に改造できると思うので好きにいじってください。
パブリックドメインソフトウェア扱いでお願いします。
とのことです。

そこで、難易度を変えて遊べるように改造してみました。

=====

PM.g3m の116行目に以下のような記述があります。

'----------
'%Wait 128


%Wait 128 は、作者がデバッグのために使い、最後はコメントアウトしています。

ここでウェイトを入れると難易度が低くなるようです。
そこで、116行目を %Wait w と変更し、プログラム開始冒頭で、w の値を 4, 2, 0 のいずれかを設定させるように改造してみます。

変更前
'#CBINT
ClrMat
{1,1}→Dim Mat B.L
If IsExist("PM")=0:Then
0→B[1,1]
Else
Load("PM")→Mat B
IfEnd
B[1,1]→U
ToStr(U)→Str 1
"HIGH:"+Str 1

=====

変更後
'#CBINT
ClrMat
{1,1}→Dim Mat B.L
If IsExist("PM")=0:Then
0→B[1,1]
Else
Load("PM")→Mat B
IfEnd
B[1,1]→U
ToStr(U)→Str 1
"HIGH:"+Str 1
""
" 1:easy"
" 2:normal"
" 3:hard(original)"
" ⇒Select mode:"?()→m
0→w
m=1⇒4→w
m=2⇒2→w
m=3⇒0→w

=====

"HIGH:"+Str 1 の末尾の を削除し、
赤文字部分を追加してみました。

このプログラムを PM2 としました。
PM2 のダウンロード

PM2 を起動すると以下の画面になります。
PM2_Startup_Screen

[1] を押すと w=4 の easyモード
[2] を押すと w=2 の normalモード
[3] を押すと w=0 の hardモード (これがオリジナルの PM と同じ) 
で実行されます。

これは改造の一例です。
皆様も改造して遊んでみてください。

最後に作者の ChangRing様のコメントです;
これを機会に
他の人も もっとゲームを作って公開してくれないかなあ、
と思います。





応援クリックをお願いします。励みになるので...
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ


 


keywords: プログラム関数電卓、fx-CG50、C.Basic、素因数分解、プログラミング、Casio Basic

リンク集 | ブログ内マップ
関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

プログラム関数電卓でプログラミング

fx-5800Pプログラミング入門のための CasioBasic入門連載中
 
2014/10/05 修正
2014/12/19 fx-9860GII に関する追記
2015/03/12 Hit & Blow に関する追記
2016/04/26 fx-CG20 に関する追記
2017/08/10 fx-CG50 に関する追記
2018/10/31 CcLinker に関する追記
2020/02/25 大幅な加筆修正
2020/04/02 fx-9860GIII について修正
2020/06/02 fx-9750GIII について追記
2021/03/31 fx-7400GIII について追記

Casio Basicプログラミング入門に役立つと思っている

 fx5800P_calc    fx-9860GII    fx-CG20_mid        fx-CG50_small  
 カシオ  fx-5800P   カシオ fx-9860GII     カシオ fx-CG20       カシオ fx-CG50

 fx-5800P、fx-9860GII、fx-CG20、fx-CG50 に搭載されているプログラミング言語は、欧米ではCasio Basic と呼ばれていて、Basic の一種だ。Casio Basic には一部固有の命令や記法があるが、殆どが一般の Basic と同等の言語仕様となっている。Casio Basic固有の仕様として先ず挙げられるのは、代入に = を使わず → を使う点、そして局所(ロ-カル)変数が使えず大域((グローバル)変数のみが使える点、ユーザーが関数を定義して使えない点、などがある。従って、Casio Basic は構造化Basicではないのだが、構造化プログラミングの感覚で構造制御したコーディングができる。

海外専用モデルの Casio fx-CP400 や fx-CG500 に搭載されている Basic は構造化Basic に近いのだが、ループからの脱出方法に制限があることから使いづらく、そもそも動作速度が極めて遅い。これを使ってプログラミングしたいなどと思えない代物である。この言語は、お題目だけ正しくても実用的でない、発展途上の初期の段階のものだ。

形式上は非構造化Basicであっても、構造化プログラミングの感覚で、Gotoに頼らない構造制御を行い、ブロック構造の直列構造で構造制御が可能な Casio Baisc は実用的な言語と言える。

カシオは、プログラム関数電卓 fx-5800P、グラフ関数電卓 fx-9860GII、fx-CG20、fx-CG50 や土木測量向け電卓 fx-FD10 Pro に  Casio Basic を搭載しており、互いに一定レベルの互換性がある。ハードウェア依存の Getkey コマンドや Locate などの入出力関連コマンドについては、fx-5800P とそれ以外でキーコードや表示文字数の違いがあるが、移植は簡単だ。グラフ関数電卓では、fx-9860G OS2.0 以降で動作するプログラムは、fx-9860GII や fx-CG20 / CG50 でそのまま正常動作する(完全上位互換)。なお、fx-CG50 と fx-CG20 は高解像度カラー液晶を搭載しており、解像度の違いとカラーの取扱に新たなコマンドが追加されている。

管理人が最初に出会った Casio Basic は fx-5800P に搭載されているものだったので、当ブログでは fx-5800P のCasio Basic について詳しく解説している。その後 fx-9860GII や fx-CG20、fx-CG50 の Casio Basic について、fx-5800P からの違いを解説するようになった。一部のコマンドを除いて、機種間の違いは少ない。

機種間での Casio Basic の互換性に関しては、以下の記事を紹介するので、ご参考頂きたい。
 ⇒ Casio Basic - 機種間の互換性
 ⇒ fx-CG20 の概要
 ⇒ fx-5800P / fx-9860GII / fx-CG20 / fx-CG50 プログラムライブラリ - キーコード取得 
 ⇒ fx-9860GII USB POWER GRAPHIC 2
 ⇒ fx-9860GII への移植 - ピタゴラス数
 ⇒ fx-9860GII への移植 - 素因数分解
 ⇒ fx-9860GII への移植 - 厄介な旧来の命令
 ⇒ Casio fx-CG50 の概要

Casio Basic を使える fx-5800P は、実売価格、携帯性(コンパクト性)、電池寿命などの点で、圧倒的に優位だ。fx-5800P は Casio Basic 入門機として最適であるだけでなく、Casio Basic は意外に高機能なので、PCでのプログラミング経験者には、すぐにプログラムを書ける実用機でもある。

この記事を初めて書いた当時は、fx-5800P に比べて、fx-9860GII は3倍程度の価格であった。その後、fx-CG50 が登場し、fx-9860GII が国内では販売中止となった。現在では、 fx-CG50 の価格は 並行輸入品で fx-5800P の2倍以下、Amazon USA で購入する場合は 1.3倍程度と、入手し易くなっている。
Casio プログラム電卓の価格動向

fx-5800P の補修部品の供給が 2025年までとなっているので、fx-5800P はその頃までに発売中止になる可能性が高い。プログラム関数電卓のカテゴリーとして fx-5800P の後継モデルが発売されるかどうかは、まだ分からない。

一方で、新モデルが登場している。fx-9860GIII USB POWER GRAPHIC 3 がヨーロッパ市場向けに2020年3月に発売され、fx-9750GIII POWER GRAPHICS 3 が北米市場向けに2020年4月に発売された。fx-9860GIII と fx-9750GIII は殆ど同じ機能を持ち、明らかに fx-9860GII の後継機である。これら機種は Casio Basic は fx-9860GII と完全互換になっている。

ところで、fx-9750GIII は非常に安い価格設定になっており、fx-9860GIII の半額以下になっている点が興味深い。fx-9750GIII は、セカイモンや Amazon USA を使えば日本国内で7千円台で購入でき、fx-5800P の国内実売価格 (6~7千円台) に近い。既にアナウンスされている fx-74000GIII POWER GRAPHICS 3 は2020年下期にヨーロッパで発売された。

fx-5800P の後継モデルが発売されない場合は、fx-9750GIII や fx-740GIII が fx-5800P を引き継ぐ位置づけになるかも知れない。但し、これら新機種が日本国内で発売されるかどうかは今は不明だ。
⇒  速報! CASIO fx-9860GIII 発売間近? - 新しいプログラム電卓
fx-9860GIII の概要
fx-9750GIII の概要
fx-7400GIII の概要 [2021/03/31 追記]

今のうちに fx-5800P を入手されると良いと思う。 

ところで、 "行番号付きの BASIC" しか知らない方は、Casio Basic は別の新しい言語として捉えた方が良いと思う。


プログラム関数電卓でのプログラミング超入門

パソコンのプログラミング入門で、「Hello World と表示させるプログラム」が最初に取り上げられている書籍を以前よく見たものだ。

これを Casio Basic で書くと、

"Hello World"

と、たった1行書くだけ! 出力命令 " " を使っている。そして、幾つかのキー操作で、即実行できる。MS-DOS、Windows、MACだろうが、Visual Basic、VB.net やC、C++だろうが、こんな簡単ではない。

キーボードから、何か数字を入力して、それを表示させるプログラムは、

?→A

はい、たったこれだけ! 

入力して、何か計算をして、結果を出力するのが、プログラムの基本動作だ。上のプログラムは、なにやら暗号のようだが、「入力」と「出力」と言う基本的な2つの仕事を行っている。

「?」 は入力待ちの命令、「→」は入力された数字を変数Aに代入する命令。つまり、1つめの仕事は、数字を入力させ、それを変数に入れると言うもの。A は、変数Aの中身を表示しなさいと言うものだ。

このプログラムを実行すると、画面表示は

?

とそっけない。ここで何か数字を入力してから [EXE]キーを押すと、入力した数字が表示される。


ちょっとグレードアップしてみる。

"INPUT NUMBER"?→A

「?」の前に「"」で挟んだ文字を追加しただけた。これを実行すると、

INPUT NUMBER ?

と表示される。


ここで、何か整数でも少数でも入力すれば、それが表示される。


さて、ここからが関数電卓のプログラムの面白いところだ。

INPUT NUMBER ?

と表示されている時に、sin(30) と打ち込むことも出来る。すると、

0.5

と表示される。

sin(30)の代わりに、数値積分の式を入れても、しっかりその計算結果が表示される。面倒な計算は、関数電卓が持っている機能を使えば良い。プログラムは、手順を示すだけのもので良い。当然、プログラムの中で計算をさせることもできる。


さて、妙な記号ばかり出てきたが、他のコマンドは、分かりやすい。

Goto ~ Lbl
If ~ Then (~ Else) ~ IfEnd
Do ~ LpWhile
While ~ WhileEnd


といった、Basic と同じコマンドが揃っている。

上のコマンドは、それぞれ
  • Goto A は、Lbl A (指定場所)までジャンプしなさい (強制ジャンプ)
  • If の直後の式が正しい場合は Then 以降を実行、そうでなければ Else 以降を実行しなさい (条件分岐)
  • LpWhile 直後の式が正しい間は Do まで戻って処理を繰り返しなさい。LpWhile 直後の式が正しく無い時は Do にジャンプせずに LpWhile の次の行にジャンプしなさい (ループ - 繰り返し処理)
  • While の直後の式が正しい間ば WhileEnd まで実行し While まで戻って処理を繰り返しなさい。While 直後の式が正しくなければ、While まで戻らず WhileEnd の次の行にジャンプしなさい (ループ - 繰り返し処理)
と言う意味だ。英語の意味そのままなので、ちょっと練習すると、簡単にすぐ分かる。

fx-5800P でプログラムを書くのが簡単だとお分かり頂けるだろうか?


プログラム電卓にさせる仕事は、単純な計算だが、条件を種々変更して何度も実行すること、おそらくこれに尽きると思う。
付け加えるならば、パソコンを起動して、上記のような仕事をするには面倒に思う時こそ、プログラム電卓の出番だ。


電卓プログラムで便利な用途

プログラミングに科学技術の知識は殆ど不要だ。関数電卓は使いこなせなくても、プログラム電卓は使いこなせる。言い換えれば、プログラム電卓は関数電卓の延長線上にある必要はない。実際のプログラム電卓は、関数電卓の高機能バージョンとして発売されているから、勘違いされやすいのだが...

プログラミング能力は特別のものでなく、理系か文系、年齢や性別に無関係なのは、IT業界では広く知られている。プログラミング適性は、それ独自のものだ。理系の大学を卒業してもプログラムを書けない人が居ても不思議ではなく、文系でもSEやプログラマで活躍している人が普通にいる。1億3千万人の日本人の半分がプログラミングしても、驚くことではない。

さらに、作るプログラムは、科学技術に関係するものだけでなく、日常生活や事務系や営業系の仕事で便利な実用プログラムもあって、PCやスマホで使っているわけた。 当然、電卓で作るプログラムも同じで、当ブログでは科学技術以外の実用プログラムを紹介している。

電卓で作って・使って便利なプログラムには、どんなものがあるだろうか?
これまでに作ったプログラムを列挙してみる。

▶ 世界時間換算:
今日本は18:00だから、イギリスでは何時?とか カナダの朝9:00に電話するには、日本の何時に電話をかければ良いか?といったことは、グローバル社会では結構ある。海外では夏時間も考えなければならない。そんな時に電卓でパッと海外の相手の時間が分かれば、とても便利だ。このプログラムを作って、私は毎日のように利用している。地域による微妙な時差にも対応している。
Casio Basic入門で取り上げている ⇒ こちら

 年齢換算:
生まれ年から年齢を割り出す。年齢から生まれ年を割り出す。歳の話になって、電卓を持ち出すとその場の空気が淀む可能性あり...
Casio Basic入門で取り上げているこちら

 西暦と和暦の変換計算:
電卓がすぐ横にあることが大前提だが....
Casio Basic入門で取り上げているこちら

温度単位の換算
摂氏(°C)、華氏(°F)、絶対温度(K)の換算。どれか1つを入力すると、他の単位での温度の値が表示されるプログラム。特に摂氏と華氏の換算はたまにアメリカへ出かけると役に立つ。実はプログラムはとても簡単に作れる。
Casio Basic入門で取り上げているこちら

分子量計算:
この手の計算を頻繁に電卓でやりたい人は、何か特定のジャンルの化合物しか扱わないので、電卓に入れておくべき原子量データは知れていると思う。
半導体なら Si、Ga、As、Al、In、N、P、C といった程度だし、組成比が小数ならば電卓が楽だ。
有機化学なら、C、H、O、N、S、P、Mg、Zn、Cl、Br、I にあと数種の原子があれば間に合うだろう。普通の関数電卓で十分と言う人には、はいそうですね、と答えるしかない(-_-)  昔、CASIOのFX-603Pを使っていた時はこれを入れていた!

売り買いに関する計算:
原価計算、見積計算、売値から仕入値(指値)の計算など...
そもそも営業マンで値段をスバっと答える人が少ないと言う話もあるが、おそらく暗算できないという理由では無く、大人の事情があるとは思うが...
原価から各種経費を考えて最終価格を計算したり、最終コストから各種経費を前提に原価、買値を割り出したりするのに便利。
価格交渉の概算用に私の電卓には既に入っている...( ^o^)ノ

寸法精度の計算:
工作現場で、サイン・コサイン・タンジェントが絡む計算で、穴位置や切る位置を、あれこれ現物合わせするのに便利なことが多いように思う。予めプログラムを準備しておくのではなく、その場でチャッチャッチャとプログラムを組む使い方にはなってしまうが...(経験あり)

光学計算:
カメラのセンサとレンズの特性から、分解能、ピクセル数、ピクセルピッチ、センササイズ、レンズのF値、口径、焦点距離などを、色々計算してみたい....電卓でプログラムを使えると便利だ。私の電卓には既に入っていて使っている...

圧力単位の換算:
アメリカがヤード・ポンド法をいまだに使っているため、psi (pounds per square inch) などと厄介な圧力単位がある。いや、アメリカだけが悪いわけでもない。とにかく圧力の単位ってヤツは、Pa (パスカル)、Bar (バール)、Kgf / m、mmHg、mmHO、Atm 等々、技術分野が異なれば使う単位はバラバラ。会議や展示会でアメリカ人(psiを好む)やヨーロッパ人(Barを好む)と圧力の話になると、英語よりも単位換算が追いつかないことも....これはある意味必須で、私の電卓には既に実装済み
Casio Basic で圧力換算プログラム

ゲーム:
プログラミングを始めたら、やはりゲームを作ってみたいものだ。 \(^_^)/
但し、使えるプログラミング言語によって、作れるゲームが大きく異なる。
fx-5800P は動作が遅いのでアクションゲームには不向きかも知れない。

[2014/01/13 追記]
fx-5800Pの実力を確かめるために、アクションゲーム(もぐら叩き)を作ってみたが、そこそこ遊べるゲームが出来た。
【2017/08/10 追記】 もぐら叩きをプログラムライブラリに収録した。
 ⇒
プログラムライブラリ - もぐら叩き (fx-5800P)
 ⇒
プログラムライブラリ - もぐら叩き (fx-9860GII)
 ⇒
プログラムライブラリ - もぐら叩き (fx-CG20 / fx-CG50)

[2014/10/05 追記]
昔のカシオ電卓のプログラムライブラリには必ず Hit & Blow が入っていた。fx-5800P でも Hit & Blow を作ってみた(3桁から5桁に対応してみたが、あまり意味がないかも...)。

[2015/03/12 追記]
Hit & Blow を グラフ関数電卓 fx-9860GII や fx-CG20 / fx-CG50 にも移植した。fx-5800P用 ならびにグラフ関数電卓 用の Hit & Blowを プログラムライブラリに収録した。
 ⇒
プログラムライブラリ - Hit & Blow


どうであろうか?
何かを作ることが好きならば、電卓でのプログラミングも愉しいのではないかと思う。


fx-5800P はプログラミング入門に役立つと思う理由

CASIOの往年の名機とも言われる FX-603P / 602P / 502P は、かなり独特なプログラミング言語を搭載していて、私にはプログラミングの敷居は高かった。一方で、CASIOの現行機 fx-5800P は、一般的な BASIC に近い言語なので、非常に分かりやすい。

Visual Basicなどを触った経験を少しでもお持ちなら、fx-5800Pですぐにプログラミングが出来ると思う。プログラミング経験の無い方でも、何かを作ることが好きだと言う方ならば、fx-5800Pはプログラミング入門に向いていると思う。


fx-5800Pでのプログラミングの敷居が低いのには、訳がある。

非常に限られた機能しか無いので、覚えることが少ない
プログラムを入力すれば、すぐにその場で実行してみることができる
何かエラーがあれば、エラーが発生したところが分かる

といった特性があるからだ。

構造化プログラミングのエッセンスに従って分かり易いプログラムを書ける (構造化プログラミングができる) ので、決してバカにしてはいけない。実用的なプログラムを作れる程度に高機能なのだ。最近発売された 土木測量向け fx-FD10 pro には予め土木・測量で有用なプログラムが搭載されているが、これらは Casio Basicで記述されている。

多くの方のパソコンに入っている EXCELで使えるVBAはBasicだから簡単そうに見え、入門者向けのように言う人も居るが、実はそうでもない。簡単なプログラムでもちゃんと動かすまでに覚えることがそれなりに有る。Webで良いブログを見つけて読み込むか、本を1冊か2冊買って勉強して、Windowsの知識やオブジェクト構造の理解が無いと、Basic のコマンドを知っていても、やりたいことがスグにできないのだ。

私は、CASIOのプログラム電卓しか触ったことが無く、SHARP、HP、TI などのプログラム電卓の言語がどのようなものかは表層的な知識でしか知らない。さらに、全てのCASIO製プログラム電卓を触ったわけでもない。私が触ったことのある製品は、古いもので FX-502P、FX-602P、FX603P、fx-4000P、fx-4500P、fx-7000G、CFX-9850G、fx9850GC PLUS。そして 新世代Casio Basic を搭載している fx-9860G、fx-9860G Slim、fx-5800P、fx-9860GII、fx-9860GII SD、カラー液晶搭載の fx-CG20、fx-CG50、そして最近のモノクロ液晶搭載のfx-9860GIII、fx-9750GIII、fx-7400GIII だ。

これらの機種やパソコンでのプログラミング経験 (C / C++ / C# / VB) から、Casio Basic は入門に役立ち、経験者にはスグに使える実用的な言語だと思う。
Casio  Basic の勧め


fx-5800P がPCリンク可能になっている

2018年に入ってから、ついに fx-5800P がPCリンク可能になり、PC上で コーディングできるようになった。

ついに fx-5800P がPCリンク可能になった
fx-5800P Casio Basic をPCでコーディング

なお、fx-9860GII、fx-CG50、fx-9860GIII、fx-7400GIII はいずれもUSBケーブルを使ってPCリンクが可能だ。


残念なことに...

Casio Basic は実用的なプログラムを作れる程度の機能があるのだが、残念なことに取扱説明書の中でプログラミングに関する説明は、あまりに簡素化されすぎている。プログラミングの素養のある人が見て分かるような書き方しかされていない。


そこで...

fx-5800P の Casio Basic 入門講座の連載を始めている。併せてオリジナルの Casio Basic コマンドリファレンスを拡充中だ。
これから、Casio Basicを始めてみようと言う方、プログラミング経験はあるがチョット忘れかかっている方、を意識して書いている。
よろしければ、どうぞ...

 ⇒ CasioBasic 入門 - 目次-
 ⇒ CasioBasic コマンドリファレンス -目次-
 ⇒ 逆引き Casio Basic -目次-
 ⇒ プログラムライブラリ




応援クリックをお願いします。励みになるので...
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ


 


keywords: fx-5800Pプログラミング入門プログラミングプログラム関数電卓

リンク集 | ブログ内マップ

続きを読む

関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

Casio Python のポテンシャル

Python Casio Python
 Casioグラフ関数電卓の Python を使ってみる
     - Casio Python のポテンシャル
目次


初版:2020/06/07
更新:2020/06/29
更新:2020/11/03
更新:2021/03/25

 次の記事 - 1. はじめに:電卓で作る初めてのスクリプト



カシオ・グラフ関数電卓にある Pythonモード - Casio Python

[2020/11/03 更新]
カシオグラフ関数電卓に Pythonモード <パイソン・モード> が搭載されるようになり、casioplot モジュールが追加されたので、それで遊んでみようと思います。Casio Basic やPCでのプログラミング経験があれば、Casio Python は意外に敷居が低いかも知れません。

管理人はネットでチョコチョコっと調べながら、結構使えています。そこで、 プログラミング経験はあるが Python 初心者の人向けに Casio Python のサンプルプログラム作成の連載をしばらくやってみようと思います。Casio Basic プログラムを Casio Python へ移植することからスタートし、Python らしいスクリプトの書き方の紹介へ進んでゆく予定です。併せて、Casio Python のリファレンス情報、特に Casio Python 特有の仕様があれば、それを公開してゆこうと思います。

本連載の全体像は 目 次 をご覧ください。

さて、Casio Python の連載は、管理人がそのポテンシャルの高さに驚いたことが全ての始まりなので、今回はそのあたりを紹介します。
==== 2020/11/03 更新ここまで ====


0. Casio Python のポテンシャル

Python の準備

Casio Python 搭載モデルの準備
Casio Python
搭載電卓を入手して、必要に応じてOSのアップデートをします。
現時点では casioplotモジュールが追加された fx-CG50 OS3.40 以降を強くお勧めします。

ちなみに、Casio Python が搭載されているのは、以下のモデルです (2020/06/07 現在);
fx-CG50, OS3.20 以降
fx-9750GIII, OS3.21 以降 (北米限定発売モデル)
fx-9860GIII, OS3.21 以降 (ヨーロッパ限定発売モデル)
GRAPH 90+E, OS3.20 以降/ GRAPH 35+EII, OS3.21 以降 (フランス専用モデル)
 それぞれが fx-CG50fx-9860GIII と同じ

[2020/10/22 追記]
Pythonモードで使い物になるスクリプトを書くにはグラフィックモジュール casioplot が不可欠です。casioplot は OSアップデートで追加するしかありませんが、それが可能なのは下記のモデルとOSバージョンです (2020/10/15 現在)
 fx-CG50, OS3.40以降     このモデルの概要 
fx-9750GIII, OS3.40以降    このモデルの概要 
fx-9860GIII, OS3.40以降    このモデルの概要 
 GRAPH 90+E, OS3.40以降
 GRAPH 35+EII, OS3.30以降

fx-CG50 のOSは、2020/10/15 時点で OS3.50 にアップデート可能です。OSアップデートは、それぞれのモデルが発売されている地域のカシオサイトからアップデートファイル と アップデートされたマニュアルが入手できます。具体的なアップデートサイトについては上記の "このモデルの概要" ページで紹介しています。

Pythonモードでは、casioplotモジュールを使わないと、まともに動作するスクリプトになりません。本連載は主に fx-CG50 OS3.40以降を前提にして進めてゆくつもりです。但し、モノクロ液晶搭載モデル fx-9750GIII や fx-9860GIII の Pythonモードに casioplot を追加するOSアップデートファイルが 2020/10/15 に公開されたので、これらをアップデートした Casio Python についても紹介する予定です (目次参照)。

 fx-CG50, OS3.40以降: 日本語マニュアルがあり国内どこでも入手できます。
 fx-9750GIII, OS3.40以降: 最安値のモデルです。国内でもAmazon USAで購入可で安価(英文マニュアル)。
fx-9860GIII, OS3.40以降: ヨーロッパ専用モデル。ほぼ同じ機能の fx-9750GIII をお勧めする。

モノクロ液晶搭載モデルのうち、現状最も安価に入週できる fx-9750GIII も無視できないとことがあります。これらモデルの Pythonモードはメモリの制限が強く、使い勝手が fx-CG50 よりも悪いのは残念です。

さて、Pythonモードのアップデートにより新機能や新モジュールが追加された場合は、随時 対応することにします。


Python スクリプト保存フォルダの作成
工場出荷状態では、ストレージメモリのルートにスクリプトファイルが保存されるようになっています。

これから多くのスクリプトファイルを作ってゆくので、ストレージメモリ直下に専用フォルダ、例えば @Python フォルダを作ると良いと思います。電卓内に新たなフォルダを作るには、PCとリンクしてからエクスプローラで電卓の内部を表示して、そこでフォルダを作ります。もし C.Basic を既にお使いの場合は、C.Basicプログラム専用フォルダを作り、そこへ移動しておくことも合わせてお勧めします。これで Python スクリプトと C.Basicプログラムが混在することを防げます。


Python スクリプトファイルの正体
スクリプトファイルは、アスキー文字で書かれたテキストファイルです。Python の構造制御に不可欠なインデントは半角スペースです。電卓上でスクリプトを書く場合、自動インデント機能によりスペース2個が付加されます。また、改行は Windows標準の CR LF (0x0d 0x0a)になっています。

PCに転送すれば、テキストエディタを用いて、スクリプトの確認や編集ができます。PCで編集する場合は、アスキーコード以外を入力しないように留意しましょう。



Casio Python とは? [2020/06/09 の夜に大幅改訂]

Casio Python は、カシオグラフ関数電卓にある Pythonモードを指します。ある程度の関数があらかじめビルトインされていますが、追加ビルトインするモジュールはカシオから提供されていません。自分で作った関数をモジュールとして使うことはできます。Casio Basic では自分で関数を作って使うことはできないので、その分 Casio Pythonは使い勝手が良いと言えます。

Pythonモードが公開された当初は、mathモジュールとrandimモジュールが追加された状態でした。その後 casioplotモジュールが追加されて、ようやくグラフィック描画が可能になりました (fx-CG50, fx-9750GIII, fx-9860GIII)。但し、ピクセル単位でドットを描画すること、ピクセルの色を得ること、テキスト文字を表示することのみができる程度で、Casio Basic のようにグラフを自在に描く機能はまた公開されていません。今後カシオからさらに新しいモジュールが提供されることを期待しています。汎用的に使える自作関数を複数まとめてモジュールにして、それを使うことも紹介してゆきます。

ところで、Casio Basic で書いたものはプログラムと言い、そのファイルをプログラムファイルと言っています。一方、Python については、取扱説明書の表現によれば、スクリプトを書いて、スクリプトファイルに保存する、と言っているので、本連載でもこの表現を使ってゆきます。

Python は機械学習やDeep Learningで多用されている言語で、"1つのことをするには1つの書き方しかない" といったポリシーで、分かりやすく使いやすいことを目指して作られた言語です。様々な専門分野に特化したライブラリ(=モジュール)が様々な人によって多く提供されるようになり、初心者でも専門家でも使いやすい言語して大きな広がりをみせています。また、Webサービスでも使われています。Pythonを使えるようになるのは、今後を考えると有意義なことだと思います。

Casio Python は組込用Pythonである Micro Python Ver 1.94 がライセンスされ、カシオがカスタマイズして電卓に組み込んだものなので、一般にPCで使われている Python (CPython) に比べて Casio Python は機能が限定されています。

実際に管理人がCasio Pythonを使い始めて感じるのは、提供されている機能が限定されているので、覚えることが極端に少なく、理解が容易だということです。カシオ電卓に搭載されている Python は、一般のPythonのサブセット版ではありますが、最近のソフトウェア技術のパラダイムに沿った基本仕様は損なわれていませんので、Python の味見用のお試し版、学校での学習用の位置づけではないかと思います。

Casio Basic を使いこなして作ったプログラムを Casio Python に移植しようとすると、機能不足、関数不足のために、どうしても移植できないプログラムがあります。Casio Basic と同じ事を実現するために必要不可欠な機能が Casio Python にはまだ揃っていないのは残念なことですが、それなりに工夫すれば使いこなせると思います。
例えば、Casio BasicGetkeyLocate に相当するものが Casio Python にはありません。
Getkey ⇒ これは、どうにもなりません。カシオさんお願い...
Locate ⇒ さらに機能追加した locate() 関数を自分で作り使用中 ⇒ ユーザー関数 locate()

ところで、Python は本来オブジェクト指向言語です。ライブラリ(=モジュール)を呼び出して使う時に、オブジェクト指向特有のobject.method といった記述が必要なケースもありますが、オブジェクトとメソッドをあまり意識しないで、関数型言語のように使える側面もあると思います。特に Casio Python ではほとんど関数型言語のように使っても、とりあえずスクリプトが書けると思います。マニュアルの記述にもオブジェクトやメソッドという単語が殆ど出てこず、関数という表現が多用されています。



Casio Python の潜在能力 - fx-CG50 OS3.40以降

純正Casio Basic のプログラムから移植可能なものを 実際にCasio Python書き直してみました。すると、

Casio Basic に比べて実行速度が圧倒的に速い!

以下で紹介しますが、その爆速っぷりは、チョット驚きです!
俄然 Casio Python に興味を持ち、詳細を調べたくなりました。
先ずは、その速さを紹介します。


純正Casio BasicCasio Python の処理速度の比較 
Casio Python でグラフィックス描画、関数計算、加算計算をさせて、純正Casio Basic と比較してみます。

グラフィック描画の比較 - フラクタルでシダの葉

shida_py_s 

これは、以下の記事で取り上げたフラクタル図形の描画プログラムです。
fx-CG50 でフラクタル - シダの葉

そこで作成した 純正Casio Basic のプログラム SHIDACG.g3m を Python に移植しました。
Casio Basic プログラムファイルと Python スクリプトファイルのダウンロード

フラクタル図形描画時間の比較
純正Casio Basic40 分
Casio Python24.4 秒
アドイン版Casio Basic - C.Basic for CG Ver 1.45β43.0 秒
※ C.Basic for CG Ver 1.45βについては こちらを参照
※ C.Basic は、コードの最適化により、さらに10倍近く高速化可能です。
 比較のため下記の純正Casio Basic コードを走らせました。

Python は100倍速い!

Casio Basicオリジナルコードと Python スクリプトを以下に示します。できる限り忠実に再現していることが分かると思います。

shida_g3m_py_src3


関数計算の比較 - sin と cos の繰り返し計算

tstfinc2_g3m_py_src
TSTFUNC2.g3m と tstfunc2.py のダウンロード

N に1000 を入力した時 (1000回ループ) の関数計算の比較
純正Casio Basic6.5 秒
Casio Python0.6 秒
アドイン版Casio Basic - C.Basic for CG Ver 1.45β0.38 秒

Pythonでの関数計算が10倍速いことが分かります。


加算計算の比較 - 加算とループ

tstsum2_g3m_py_src2  
TSTSIM2.g3m と tstsum2.py のダウンロード

N に1000 を入力した時 (1000回ループ) の加算計算の比較
純正Casio Basic2.2 秒
Casio Python0.15 秒
アドイン版Casio Basic - C.Basic for CG Ver 1.45β0.02 秒

Pythonでの加算計算が15倍程度速い結果になりました。


Python が速い理由
加算計算や関数計算で10~15倍程度速いだけでなく、グラフィックス描画がさらに10倍程度速いことが分かりました。

ちなみに、シダの葉描画のPhytonスクリプトの最下行にある show_screen() を for ループの外に出すと、VRAM上で全てのデータが揃ってから一気に画面転送を行うことになり、この時は 20.8 秒とさらに速くなります。つまり、show_screen() による画面転送速度が極めて速いことが、シダの場描画の爆速の原因と言えます。

複雑な計算やグラフィックスやグラフ表示には極めて役立つという、Casio Pythonの潜在能力が明らかになったと思います。今後のグラフィックおよびグラフ描画のためのモジュール追加が期待されます。

なお、シダの葉描画で利用した clear_screen() メソッドは、OS3.40では隠し機能でマニュアルやカタログ機能にありませんでしたが、OS3.50 で両方に載るようになりました。但し、マニュアルやカタログ機能で見つからない隠し関数がまだ多くあり、これらを探索する方法があります。
Casio Python とは? の "2.2 Casio Python に組み込まれているオブジェクト名の一覧" を参照してください。



Casio Python 探索

Casio Python の潜在能力が意外に高いことが分ったので、これから色々と詳細を調べながら探索を進めたいと思っています。

fx-CG50 や fx-9750GIII のマニュアルを読んでも、Python モードでの操作法は書かれていますが、関数やメソッドの使い方は殆ど書かれていません。幸いなことに今ではネットで簡単に調べることができるのではありますが、それでもクラス、メソッドなどで構成される言語に慣れていないと分かりにくいと思います。

そこで、Casio Python を探索しながら、記事をいくつか書こうと思います。



 目 次

次の記事 - 1. はじめに:電卓で作る初めてのスクリプト




応援クリックをお願いします。励みになるので...
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ


 


keywords: fx-CG50Pythonfx-9750GIIIfx-9860GIIIプログラム関数電卓

リンク集 | ブログ内マップ
関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

Casio Pyhton - 目次

Python Casio Python
 Casioグラフ関数電卓の Python を使ってみる
     
- 目 次


初版:2020/06/13
更新:2021/03/23

目 次

リファレンス


連載記事

Python を基礎から勉強するためではなく、高級言語や Casio Basic でのプログラミング経験がある人 (管理人もその部類) がとりあえずスクリプトを書いて (C# や java の経験があるととりあえず書けてしまうのが Python の良いところです)、正しく動くものを作ってみる目的で記事を書いています。これは理解のためのポイントだと管理人が思う項目は、逐次解説を入れています。

カシオ電卓のPythonモード(Casio Python) はPCなどで使える普通の Python とは異なり、ベースとなる micro Python やカシオ独自の仕様が反映されているので、実際にスクリプトを書いて動作させながら、仕様を調べるのが、本連載のもう一つの目的です。

Python を基本から学びたい方は、ネットに良いものがありますので (例えば Python入門 など)、そちらで学習されることをお勧めします。


0. Casio Python のポテンシャル

1. はじめに: 電卓で作る初めてのスクリプト
  1.1 Casio Python での初めてのスクリプト
   1.1.1 fx-CG50 の準備
   1.1.2 Casio Python の起動
   1.1.3 スクリプトファイルの作成
   1.1.4 スクリプトの作成
   1.1.5 スクリプトの実行
  1.2 シェル画面
  1.3 スクリプト作成と編集の2つの方法

2. Casio Python とは?:MicroPython と CPython
  2.1 Casio Python の素性
   2.1.1 MicroPython 1.9.4
   2.1.2 CPython 3.5.4
  2.2 Casio Python に組み込まれているオプジェクト名の一覧
  2.3 Casio Python の学習方法

3. Casio Python の入出力:プログラムのデザイン
  3.1 入力 - input()
  3.2 出力 - print() とグラフィックス出力関数
  3.3 Casio Pyhton で作るプログラム

4. Casio Python への移植:モンテカルロ法(1)
  4.1 コメントの書き方
  4.2 モジュールの呼び出し - import
  4.3 メニュー機能の作成
  4.4 circle() 関数の作成
  4.5 グラフィックス出力
   4.5.1 自作関数 circle() で円を描画
   4.5.2 draw_string() 関数で文字列を出力
   4.5.3 while 文により繰り返し
   4.5.4 random() 関数により正方形内の座標(x, y)を取得
   4.5.5 set_pixel() 関数で (x, y) に点を描画
   4.5.6 点の座標から円周率を計算
   4.5.7 draw_string() 関数で回数と円周率を表示
   4.5.8 draw_string() 関数でシミュレーション終了の表示

5. 関数の作成と活用:grp_color() 関数の作成
  5.1 関数の引数について
  5.2 関数内の変数の有効範囲 - 変数のスコープ
  5.3 circle() 関数の拡張
  5.4 色指定関数を追加
   5.4.1 RGBによる色指定
   5.4.2 タプル型
   5.4.3 色指定方法の拡張
   5.4.4 グラフィック画面での色指定関数 grp_color() 関数の作成
  5.5 circle() 関数拡張の書き換え
  5.6 モンテカルロ法(2) - monteca2.py

6. グラフィックス出力関数の追加:line() とユーザーモジュールの作成
  6.1 line() 関数の作成
  6.2 グラフィックスユーザーモジュールの作成
  6.3 line() 関数の動作確認 - ckLine.py
  6.4 line() 関数の動作確認 - ckLine2.py

7. テキスト出力関数の追加:locate() をユーザーモジュールに追加
  7.1 locate() 関数の作成
   7.1.1 フォントピッチ dx, dy の設定
   7.1.2 column から x を、row から y を算出
   7.1.3 フォントサイズ指定の処理
   7.1.4 locate() の完成 
  7.2 locate() をユーザーモジュールに追加
  7.3 locate() の動作確認 - ckLocate.py
  7.4 モンカルロ法(2) - monteca3.py

8. シェル画面入力の工夫:高速素因数分解(1)
  8.1 高速素因数分解プログラム - FactorG のざっくりした分析
  8.2 入力と入力値のチェック
  8.3 変数の初期化
  8.4 素数が素因数かどうかをチェック
  8.5 "エラストテレスの篩い" で素因数の探索
  8.6 ckpwr() 関数の作成
  8.7 disp() 関数の作成 

9. Python らしい反復処理:高速素因数分解(2)
  9.1 frac() 関数をユーザーモジュール (u.py) に追加
  9.2 不要な処理を削除
  9.3 disp() 関数のスリム化
  9.4 素数が素因数かどうかをチェックする部分のスリム化
  9.5 素因数を探索する残りの部分のスリム化
  9.6 スリム化したスクリプト - FactorG2.py

10. 大きな数の計算:高速素因数分解(3)
  10.1 変更箇所の洗い出し
  10.2 増加する素因数に合わせて表示桁数を拡張する - disp() の変更
  10.3 入力桁数の制限を拡張し、それに合わせてエラー表示を変更する
  10.4 素因数探索回数の表示を追加する
  10.5 素因数が10桁を超えるときの表示の変更 - disp() の変更

11. 関数呼出オーバーヘッド:高速素因数分解(4)
  11.1 関数呼出あり (ver 3) となし (ver 4) の実行速度の違い
  11.2 Casio Python の関数呼出オーバーヘッド

12. 要素数の多いリスト:高速素因数分解(5)
  12.1 増分リストを拡張する
  12.2 要素数480個の探索数増分リスト
  12.3 探索数を拡大して15桁対応高速素因数分解のスクリプト
  12.4 探索数拡大による高速化
  12.5 増分リストをさらに拡張する

13. 10進数除算の出力と精度:高速素因数分解(7)
  13.1 Casio Python での除算結果のデータ型
  13.2 Casio Python での関数計算結果のデータ型
  13.3 Casio Python での除算計算の精度
  13.4 0 および負の整数入力の処理
  13.5 入力ルーチンの修正
   13.5.1 入力委が小数点以下 0 の小数の場合に処理を追加 
   13.5.2 入力値が負の数値の場合の処理
   13.5.3 入力が 0 の時の処理
  13.6 完成した FactorG7.py の動作確認

14. CGモデルとFXモデルのPythonモードの違い
  14.1 CGモデルからFXモデルへのスクリプトの移植
   14.1.1 CGモデルからFXモデルへのスクリプト移植のポイント
   14.1.2 CGモデルとFXモデルの判定方法
  14.2 FXモデルのPythonモードの制限 - バッファサイズ
   14.2.1 編集できるスクリプトファイルの行数制限
   14.2.2 print() 出力のスタック・バッファサイズ
   14.2.3 Shell 画面出力のスタック・バッファサイズ
  14.3 Casio Python自体の機能の違い
   14.3.1 CGモデル OS3.40 と OS3.50 の違い
   14.3.2 CGモデル OS3.50 と FXモデル OS3.40 の違い

15. RGB値による色設定
  15.1 RGB値の色を確認するプログラム
  15.2 fx-CG50 の高精細カラー液晶 - 実は 16bit カラー
  15.3 モノクロ液晶モデルでのRGB値による色設定
  15.4 RGB値でのピクセル色設定と読取りの実験 - CGモデルとFXモデル

16. circle() 関数のFXモデルへの拡張
  16.1 CGモデルとFXモデルの場合分け
  16.2 circle() 関数を使ってみる


17. shell 画面とグラフィック画面の活用:コラッツ問題
  17.1 コラッツ問題 (Collatz Problem) とは?
  17.2 コラッツ数列の計算
  17.3 出力の工夫ポイント
   17.3.1 input() での入力
   17.3.2 フォントサイズを変えて添え字の描画
   17.3.3 リアルタイムに変わる数値の表示
   17.3.4 グラフの描画
   17.3.5 数列の最大値を求めて表示
   17.3.6 shell 画面でのスクロール出力
  17.4 コラッツ問題で遊んでみる



リファレンス

Casio Python - オプジェクト一覧 (← をクリック)
Casio Python に実装されているものを網羅しています。
  • オブジェクト一覧には、個別に作成したリファレンスへのリンクがあります。
  • 個別のリファレンスには、Python 公式サイトでの解説へのリンクを掲載しています。
  • 個別のリファレンスには、Casio Python 独自の項目を優先して記述します。
  • 一旦作成したものは、随時追記。修正します。

e-Gadgetで作成したユーザーモジュール - オブジェクト一覧 (↓下記)
e-Gadget で作成したユーザーモジュールに含まれているもの

最新バージョン: ver 1.5 <ダウンロード>
サポートモデル / OS:
  ・CGモデル - fx-CG50 / OS3.40以降
  ・FXモデル - fx-9750GIII
/ OS3.40以降
  ・FXモデル - fx-9860GIII
/ OS3.40以降

ファイル名: u.py / ufx.py
  全サポートモデルに対応 - CGモデル/FXモデルの自動判定機能あり
  ・ufx.py は FXモデルで開くために、u.py から一部コメントを削除して150行以下にしたもの
実装オブジェクト
  isCG(): CGモデルかFXモデルかを判定
  grp_color(): グラフィック描画関数の様々な色設定をタプル型に変換
  circle(): グラフィックス画面に円を描画
  line(): グラフィック画面に線分を描画
  locate(): グラフィック画面にテキストを出力
  ・frac(): 浮動小数点型数値の小数部を取得




応援クリックをお願いします。励みになるので...
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ


 


keywords: fx-CG50Pythonfx-9750GIIIfx-9860GIIIプログラム関数電卓

リンク集 | ブログ内マップ
関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

管理人からのメッセージ

更新 2021/02/21


はじめに

当ブログでは、プログラム関数電卓 と グラフ関数電卓 をまとめて プログラム電卓 と呼んでおり、これらのモデルで動作する Casio Basic や Casio Python によるプログラミング、加えてアドインCasio Basic - C.Basic のサポートとプログラミングをメインテーマとしています。

それに伴い、以下のプログラム電卓についても取り上げています。

プログラム関数電卓
・fx-5800P (唯一のプログラム関数電卓): Casio Basic

グラフ関数電卓
・fx-G50 (高精細カラー液晶) - 最新のカラーモデル: Casio Basic, C.Basic, Casio Python
・fx-CG20 (高精細カラー液晶) - 国内販売終了: Casio Basic, C.Basic
・fx-9750GIII (モノクロ液晶) - 北米限定モデル: Casio Basic, C.Basic, Casio Python
・fx-9860GIII (モノクロ液晶) - 欧州限定モデル: Casio Basic, C.Basic, Casio Python
・fx-7400GIII (モノクロ液晶) - 欧州限定アドイン不可モデル: Casio Basic (機能限定版)
・fx-9860GII / SD (バックライトモノクロ液晶) - 国内販売終了: Casio Basic, C.Basic
・fx-9860G / SD / Slim (バックライトモノクロ液晶) - 製造終了: Casio Basic, C.Basic
・CFX-9850G ~ 9850GC (3色から液晶) - 製造終了: 初期版Casio Basic 

その他のカシオ電卓
プログラミング機能のないカシオ電卓についても、そのデザインや機能、コンセプトに関連して、適宜取り上げています。


カシオのプログラム電卓では、新世代Casio Basic、アドインCasio Basic - C.Basic そして Pythonモード - Casio Python が使えます。当ブログでは、電卓でプログラミングする楽しさの発信がメインテーマです。

新世代Casio Basic
2005年に登場した (日本では 2006年に登場した) fx-9860G 以降のグラフ関数電卓や 2006年に登場した fx-5800P に搭載されているプログラミング言語を "新世代 Casio Basic" と私は呼んでいます(海外専用モデル ClassPadシリーズには異なる Basic が搭載されており、新世代Casio Basic には含まない)。そもそも Casio Basic という言い方は私が勝手に言っているとばかり思っていたのですが、海外のカシオプログラム電卓のファンが既にCasio Basic と呼んでいました。WiKi Pedia には、Casio Basic のエントリーがあります。日本でググると Casio Basic はカシオの時計の名前だと分かります。

アドインCasio Basic - C.Basic
2015年末に sentaro様により初期の C.Basic のコンセプトと初期バージョンが公開され、当ブログでバージョンアップとサポートを行う機会を頂きました。fx-9860G 以降のアドイン機能付きの全てのグラフ関数電卓に対応するに至り、純正 Casio Basic の上位互換であるたけでなく、その高速性、高機能ゆえに、国内異常に欧米で多くのファンを獲得しています。

Casio Python
2019年に fx-CG50 に Pythonモードが追加され、2020年には fx-CG50 がOS3.50 へアップデートし、fx-9860GIII と fx-9750GIII がOS3.40 へアップデートすると、Pythonモードでグラフィックモジュールが追加されました。これにより そこそこ使えるスクリプトが書けるようになったので、Casio Python や PCでの Python (CPython3) を勉強しながら Casio Python の連載記事を始めました。Python はプロならそれ相当に、プロでない人でもそれなりに使いやすい言語だと実感しており、それゆえに世界中で Python人口が増えているのだと思います。

その他のプログラミングの話題
プログラミングは管理人の趣味の1つで、典型的な下手の横好きです。人生初のプログラミングは FX-502P で作ったゲーム。PCでの初めてのプログラミングは N88-BASIC、その後 MS-DOS や Windows で、Basic、C、C++ などでプログラミングを楽しんできました。数年前は C# の味見をしながら 簡単な Windows アプリを作ってみました。プログラム電卓でのプログラミングの支援ツールとして、コードを自動作成するツール (Windowsデスクトップアプリ) を C# で作って紹介しています。
グラフ関数電卓 - 高速素因数分解、15桁対応
Casio Python - 要素数の多いリスト:高速素因数分解(5)



Casio Basic との出会い - e-Gadget 開設のきっかけ

2007年のある日、fx-5800P を高性能な関数電卓として購入し、せっかくプログラミング機能が付いているのでチョット使ってみようと思ったのが Casio Basic との出会いでした。当時は電卓でプログラムを作ろうとは思っていませんでした。

管理人は、PCでのプログラミング経験があるので、最初は Casio Basic の貧弱さに驚き、まあ電卓の言語なんてこんなものか、と思いました。キーボードを叩けば入力できるPCと違って、最初はコマンドの入力にも不自由しました。取扱説明書にはコマンドについて殆ど最低限のことしか書かれていないので、あまりあてになりません。そこで、PCでの構造化プログラミングの感覚で Casio Basic のコードを試しに書くと結構使えることが分かり、Casio Basic に興味を持ちました。自分なりに言語仕様を調べてみようと思った時、主に調査結果を残すために 当ブログ e-Gadget を作りました。2013年10月30日のことでした。



当ブログの推移

Casio Basic はよくできた言語だと思います。構造化プログラミング風のコーディングが可能で、最も非力な fx-5800P で実用プログラムやアクションゲームを簡単に作れる程度の能力を持っていることは、意外に知られていません。当ブログでは実際に作った実用プログラムやゲームを紹介しています。
プログラムライブラリ - 目次 -

新世代 Casio Basic の搭載機種の間でプログラムの互換性が高いのも大きな利点です。電卓さえあれば、通勤電車の中でさえプログラミングできます。いつでもどこでもプログラミングできるのは電卓ならではです。なので当ブログの英語版コンセプトは "Anywhere Anytime Programming" としています。

新世代Casio Basic や、それを搭載した機種でのプログラム実行の利便性は、実際に使い込んで初めて分かると思います。換算プログラムや実用プログラムが作れるので、趣味だけでなく日々の仕事や生活に役立ちます。

この良さは、実際に使い込んで感じるもので、カタログや取扱説明書を読むだけでは分かりにくいと思います。1990年台のプログラム電卓からは大きく進化しています。古い情報による先入観で誤解したまま発信しているのをたまに見かけます。今やプログラム電卓は海外市場が主戦場なので、カシオ自身が日本語で情報発信していません。使い込んで初めてその良さに気付く現状は、ちょっと残念に思います。高級言語でのプログラミング経験者なら、高品質なプログラムが楽にスグ作れます。プログラミング初心者には、新世代Casio Basic を味見したり、プログラム入門に良いと思います。
Casio Basic入門 - 目次 -

当ブログ e-Gadget では、取扱説明書では絶対に分からない新世代 Casio Basic の使いこなしを中心にして、プログラム電卓に関する情報を発信しています。 

=====
[2018/08/02 追記]

fx-5800P 関連の話題:
fx-5800P の欠点はいくつかありますが、PCとリンクしてプログラムコードを保存したり電卓に転送できないので、プログラムを皆さんと楽に共有できないのが最大の問題でした。ところが、現在ではそれが 可能になっています。ご興味があれば  "CcLinker" で検索してください。当ブログの紹介ページや CcLinker の作者によるオリジナルページがヒットします。
ついにfx-5800PがPCリンク可能になった

また、fx-5800P はカバーヒンジの作りが貧弱で簡単に壊れるという弱点もありますが、完璧確実で安く修理する方法があるので紹介しています。"fx-5800Pリニューアル" で検索すると記事がヒットします。
⇒ fx-5800Pの破損ヒンジの交換、ついでにリニューアル

グラフ関数電卓の話題:
さて、fx-5800P よりも高価だけど能力の高いグラフ関数電卓も Casio Basic が使えて、fx-5800P との互換性が比較的高いことも確認済みです。fx-5800P よりもプログラムが高速動作しますが、グラフィックス描画は残念なくらい遅く、Casio Basic のグラフィックスコマンドはグラフ描画機能を活かすマクロコマンドの位置づけでしかありません。より高速で高機能なコマンドを使ってプログラミングしたいという目的で、アドイン版 Casio Basic の開発が継続しており当ブログでサポートしています。それは、C.Baisc というインタープリタですが、将来はコンパイラ版の C:Basic も登場する予定です。純正 Casio Basic の互換性をできるだけ保っているので、純正 Casio Basic プログラムが殆ど修正なしでかつ高速に走ります。また C.Basic 用新コマンドも多数追加され、かなり自由自在にプログラミングが可能になっています。fx-9860G 以降 fx-CG50 までのグラフ関数電卓に対応しています。
Casio Basic - 機種間の移植性
C:Basic - アドインCasio Basic

[2020/07/24 追記]
fx-CG50 OS3.40 以降の Python モードの話題:
fx-CG50 OS3.20 で Pythonモードが追加され、OS3.40 の Python モードからグラフィックス画面出力機能が追加されました。この Python モードは、処理速度が非常に速いのが特徴で、計算とグラフィックス出力は Casio Basic の100倍以上高速に動作するのに驚きました。そこで、fx-CG50 OS3.40 以降の Python モード (ここでは Casio Python と呼んでいます) のプログラミングに興味を持ち、Casio Basic プログラムから移植しながら、管理人自身が学習を進めた結果を記事にしています。

[2020/10/07 追記]
fx-9750GIII のコスパが最強:
fx-5800P の補修部品入手が 2025年で終了する予定になっているので、後継機が気になります。2020年に北米市場でグラフ関数電卓 fx-9750GIII が発売され、ここしばらくの価格動向をみると Amazon USA で日本までの送料込みで fx-5800P よりも安価で、カシオのプログラム電卓製品群のなかで最安値、しかし処理速度は最高レベルです。fx-9750GIII は fx-9860Gシリーズの Casio Basic プログラムが完全互換で動作します。fx-9750GIII はコスパ最強です。Amazon USA かセカイモンで入手可能。

=====

当ブログを始めた時、Casio Basic やプログラム電卓の話題だけでここまで続くとは思っていませんでした。そこで、プログテーマとして電子小物を想定して、当ブログを e-Gadget と銘々しました。従って、PCや周辺機器、電子辞書やPDAなどの話題も備忘録も兼ねて記事にしています。

Casio Basic 入門
アドイン版Casio Basic - C.Basic
Casio Python
Casio Python - 目次



keywords: fx-5800P、fx-9750GIII, fx-9860Gシリーズ、fx-CGシリーズ、Casio Basic、Casio Python

関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

fx-5800P プログラムライブラリ - Time Zone

プログラムライブラリ
<目次>

誤字脱字・記載ミスや分かりにくい表現は随時追記・修正します

最終更新:
2021/02/11

Time Zone (2021年版)

※ CcLinkerでfx-5800Pに転送できる CCLファイルのダウンロードができます
2021年のヨーロッパ・北米夏時間に対応 [2021/02/11]
※※ プログラム改善: >>>> 表示で何も入力せず確定時、値が 0 に変更されていたのを変更しないように改善 [2017/08/14] 


著作権者

やす (Krtyski)
[当ブログ管理人]



対応機種

Casio fx-5800P 専用
Casio fx-9860G / fx-9860GII シリーズ、fx-CG10、fx-CG20、fx-CG50 用は こちら



プログラムの説明

TimeZone の作成方法は Casio Basic 入門をご覧下さい。

Time Zone は、日本、ヨーロッパ、北米での同じ時間を表示します。その際、タイムゾーンや夏時間を考慮した時間を計算します。

具体的には、3カ所のうち、どこか一カ所の時間を入力すると、時差を計算して他の二カ所の時間を表示するプログラムです。

例えば、日本、ドイツ、モントリオールの3カ所から接続して電話会議を行う時に、それぞれが夜中にならないように時間を決める時などに役立ちます。

2021年の夏時間期間:
 ・ヨーロッパ: 3月28日 午前1時 ~ 10月31日午前2時
 ・北米:3月14日午前2時 ~ 11月7日午前2時
TimeZoneでは、
 ・ヨーロッパ:3月28日 ~ 10月30日
 ・北米:3月14日 ~ 11月6日
としています。

以下のタイムゾーンや夏時間の設定が行えます。

- 日本
 JST: 日本標準時間

- ヨーロッパ
 WET: 西ヨーロッパ標準時間
 CET: 中央ヨーロッパ標準時間
 EET: 東ヨーロッパ標準時間
 FET: 極東ヨーロッパ時間

 WEST: 西ヨーロッパ夏時間
 CEST: 中央ヨーロッパ夏時間
 EEST: 東ヨーロッパ夏時間
 FEST: 極東ヨーロッパ夏時間
EU-TZ 

- 北米(アメリカ、カナダ)
 PST: 太平洋標準時間
 MST: 山岳部標準時間
 CST: 中部標準時間
 EST: 東部標準時間

 PDT: 太平洋夏時間
 MDT: 山岳部夏時間
 CDT: 中部夏時間
 EDT: 東部夏時間

US-TZ 



プログラムの使い方

0:JST - 日本時間 の入力と表示
       [0] キー: 日本時間入力

1:CET - ヨーロッパ時間の入力と表示
       [1] キー:    ヨーロッパ時間入力
       [1] キー長押し: ヨーロッパ内のタイムゾーン設定
       [3] キー:    ヨーロッパの夏時間ON/OFF
       [3] キー長押し: 夏時間の期間を表示
     
2:EDT
- 北米時間の入力と表示
       [2] キー:    北米時間入力
       [2] キー長押し: 北米内のタイムゾーン設定
       [4] キー:    北米の夏時間ON/OFF 
       [4] キー長押し: 夏時間の時間を表示

[3] キー、[4] キー長押しで表示される夏時間について:
(2018年版) 夏時間の開始と終了は、ヨーロッパでは午前1時、北米では午前2時となっています。本プログラムでは、夏時間終了日を実際の設定日の前日を表示するようにしています。終了設定日の午前0時から午前1時 / 午前2時までの時間帯は、本来まだ夏時間のままですが、寝静まっている時間帯なので無視しています。現実的には問題ないと思いますが、留意してください。


プログラムの構成

メインプログラム: TIMEZONE
サブルーチン: TZCTZDTZMTZS
入力ボックス: INPI



プログラムファイルのダウンロード

CcLinker で fx-5800P に転送できるCCLファイルのダウンロー
  ※ 上記6つのプログラムファイルに対応するCCLファイルが含まれます。
  CcLinkerの紹介

※ fx-5800P でのみ動作します。
fx-5800P 用入力ボックス INPI が必要です。
2021年版対応は、TSZ のみの更新です。






応援クリックをお願いします。励みになるので...
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ


 


keywords: fx-5800PCasioBasic、プログラムライブラリプログラム関数電卓

リンク集 | ブログ内マップ


関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

プログラムライブラリ - TimeZone

プログラムライブラリ
<目次>

誤字脱字・記載ミスや分かりにくい表現は随時追記・修正します

最終更新:
2021/02/11

Time Zone (2021年版)

2021年のヨーロッパ・北米夏時間に対応 [2021/02/11]
※ プログラム改善: >>>> 表示で何も入力せず確定時、値が 0 に変更されていたのを変更しないように改善した [2017/08/14]


著作権者

やす (Krtyski)
[当ブログ管理人]



対応機種

  1. Casio fx-9750GIII, fx-9860Gシリーズ (G, GII, GIII) で動作する純正Casio Basic および C.Basic for FX 用
    g1mプログラムファイルのダウンロード
  2. Casio fx-CGシリーズ で動作する純正Casio Basic および C.Basic for CG 用
    (fx-FD10 Pro の純正Casio Basicでも動作すると思われます)
    g3mプログラムファイルのダウンロード
  3. Casio fx-7400GIII で走る純正 Casio Basic 用
    (他のグラフ関数電卓よりも機能制限されている fx-7400GIII の Casio Basic に対応したもの)
    fx-7400GIII専用 g1mプログラムファイルのダウンロード
Casio fx-5800P 用は こちら



プログラムの説明

TimeZonefx-5800P用に作成したプログラムを移植したものです。プログラム作成方法については Casio Basic 入門をご覧下さい。

TimeZone は、日本、ヨーロッパ、北米での同じ時間を表示します。その際、タイムゾーンや夏時間を考慮した時間を計算します。

具体的には、3カ所のうち、どこか一カ所の時間を入力すると、時差を計算して他の二カ所の時間を表示するプログラムです。

例えば、日本、ドイツ、モントリオールの3カ所から接続して電話会議を行う時に、それぞれが夜中にならないように時間を決める時などに役立ちます。

2021年の夏時間は、
 ・ヨーロッパは、3月28日午前1時 ~ 10月31日午前2時
 ・北米は、3月14日 午前2時 ~ 11月7日午前2時
となります。
TimeZone では、
 ・ヨーロッパは、3月28日 ~ 10月30日
 ・北米は、3月14日 ~ 11月6日
としています。

夏時間開始と終了の日付の情報が、サブルーチンファイル TZS 内に記載されているので、このファイルのみを書き換えるか更新すれば、2021年対応ができます。

本プログラムでは、以下のタイムゾーンや夏時間の設定が行えます。

- 日本
 JST: 日本標準時間

- ヨーロッパ
 WET: 西ヨーロッパ標準時間
 CET: 中央ヨーロッパ標準時間
 EET: 東ヨーロッパ標準時間
 FET: 極東ヨーロッパ時間

 WEST: 西ヨーロッパ夏時間
 CEST: 中央ヨーロッパ夏時間
 EEST: 東ヨーロッパ夏時間
 FEST: 極東ヨーロッパ夏時間
EU-TZ 

- 北米(アメリカ、カナダ)
 PST: 太平洋標準時間
 MST: 山岳部標準時間
 CST: 中部標準時間
 EST: 東部標準時間

 PDT: 太平洋夏時間
 MDT: 山岳部夏時間
 CDT: 中部夏時間
 EDT: 東部夏時間

US-TZ 



プログラムの使い方

0:JST - 
日本時間 の入力と表示
       [0] キー: 日本時間入力

1:CET - ヨーロッパ時間の入力と表示
       [1] キー:    ヨーロッパ時間入力
       [1] キー長押し: ヨーロッパ内のタイムゾーン設定
       [3] キー:    ヨーロッパの夏時間ON/OFF
       [3] キー長押し: 夏時間の期間を表示
     
2:EDT
- 北米時間の入力と表示
       [2] キー:    北米時間入力
       [2] キー長押し: 北米内のタイムゾーン設定
       [4] キー:    北米の夏時間ON/OFF 
       [4] キー長押し: 夏時間の時間を表示

[3] キー、[4] キー長押しで表示される夏時間について:
夏時間の開始と終了は、午前1時や午前2時などの深夜0次に近い時間設定になっています。本プログラムでは、これらの深夜の時間を午前零時に読み替えて、キリのよい日付を夏時間の句切りの日として扱っています。午前零時から実際の句切りの時間までは、1時間~2時間のズレがありますが、寝静まっている時間帯なので現実的には問題ないと思います。この点は留意してください。



プログラムの構成

メインプログラム: TIMEZONE
サブルーチン: TZCTZDTZMTZS、TZL
入力ボックス: INPI



プログラムファイル - TIMEZONE

※ fx-9750GIII、fx-9860Gシリーズ、fx-CGシリーズ の純正Casio Basic ならびに C.Basic、そして fx-7400GIII の純正Casio Basic で動作します。

fx-9860G/GII、fx-CG10/CG20/CG50、そして fx-7400GIII 専用の入力ボックス INPI がそれぞれ必要です。

  • TIMEZONE には、入力ボックス INPI が必要です(ダウンロードファイルに含めています)。
  • g1m プログラムファイルは fx-9860GII あるいは fx-7400GIII 用ですが、変更せずそのまま fx-CGシリーズに転送すると正常動作します。但し fx-CGシリーズに転送後自動的にg3m プログラムファイルに変換されます。
  • サブルーチン TZL は、C.Basic で使用するものです。但し純正Casio Basic では実行が無視されるので転送しても問題ありません。
  • メインルーチン TIMEZONE の1行目の 300→L はキー長押し時間を決める。長押しと認識するまでの時間を短くするにはこの数値を小さくする。長くするには数値を大きくする。
  • C.Basic では 現在設定されている実際の実行速度に対応して サブルーチン TZL で長押し時間を自動調整しているので、1行目での長押し時間の設定は動作に影響しない。これは特にオーバクロック時に有効。
  • ヨーロッパと北米の夏時間期間表示は、サブルーチン TZS にある。2017年の夏時間に対応した変更を行っている。 



    応援クリックをお願いします。励みになるので...
    にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ


     


    keywords: fx-5800PCasioBasic、プログラムライブラリプログラム関数電卓

    リンク集 | ブログ内マップ


関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
C# (3)
Visitors
Online Counter
現在の閲覧者数:
プロフィール

やす (Krtyski)

Author:やす (Krtyski)
since Oct 30, 2013


プログラム電卓は、プログラムを作って、使ってナンボ!

プログラム電卓を実際に使って気づいたこと、自作プログラム、電卓での Casio Basic や Casio Python プログラミングについて書いています。

なお管理人はカシオ計算機の関係者ではなく、Casio Basicが面白いと感じる1ユーザーです。


写真: 「4駆で泥んこ遊び@オックスフォード郊外」

リンク
月別アーカイブ
Sitemap

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR