e-Gadget Portal - いつもトップに表示します

カシオのプログラム電卓で Casio Basic を徹底的に使いこなすためのブログ
Casio Python や アドインCasio Basic - C.Basic の使いこなしも紹介

fx-5800P | fx-9750GIII | fx-CG50 | fx-9860G / fx-9860GII / fx-9860GIII | fx-CG20 での
プログラミング言語 Casio Basic | C.Basic | Pythonモード の
使いこなしのテクニックと実例を紹介
2022/07/04 Top10↓更新
 
アンケートのお願い
 e-Gadget に来られる皆様について伺います [集計結果も見られます]


e-Gadget について
簡単なブログ紹介


管理人からのメッセージ [2021/01/02 更新]
電卓での Casio Basicと Casio Python プログラミング


検 索 / 目 次
全記事の一覧・検索
  e-Gadget 全記事の検索


e-Gadget の壁
雑談できるところを作ってみました
  掲示板


過去3ヶ月のアクセス - Top 10 ページ [2022/07/04 更新]
Google Search Console のデータ
  1. プログラム関数電卓でプログラミング
  2. fx-5800P【プログラミング入門】:言語仕様
  3. fx-CG20 / CG50 日本語化計画
  4. Casio Python のポテンシャル
  5. fx-5800P は良いプログラム電卓なのか?
  6. 番外編 - Let's note 中古改造PC
  7. fx-CG50 の概要
  8. Casio 関数電卓の素因数分解
  9. fx-5800P プログラムライブラリ - 入力ボックス
  10. Casio Basic入門 -目次-


Casio Python 使いこなし
制限の大きな電卓用 Casio Python の使いこなし
  Casio Python - 目次


Casio Basic 使いこなし
取扱説明書では絶対に分からない Casio Basic の使いこなし
  Casio Basic(超)入門
   ※ fx-5800P での始めてのプログラミング
 ▶ Casio Basic入門
   ※ 更新 2016/12/08
 ▶ Casio Basicコマンドリファレンス
   ※ 更新 2016/12/08
 ▶ Casio Basicでグラフィックス / 目次
   ※ グラフィックスコマンドの機能や仕様の詳細を探索した結果を連載しています。
   G01 - G02 - G03 - G04 - G05 - G06 - G07 - G08 - G09 - G10 - G11 - G12 - G13 - G14  ...
  Casio Basicプログラミング
   ※ fx-5800P、fx-9860Gシリーズ、fx-CGシリーズの Casio Basic を網羅 - 更新 2018/02/05


C.Basic - 高速アドインCasio Basic
アドイン版 - 高速・高機能 Casio Basic インタープリタ - 開発中...
C:Basic トップページ


チューンアップツール
グラフ関数電卓を高速化する アドイン・プログラム
 fx-9860G / GII (SH3) シリーズ向け Ftune
 
▶ fx-9860GII (SH4A) シリーズ向け Ftune2
  fx-9860GIII / 9750GIII / GRAPH35++EII 向け Ftune3
 
 fx-CG10/ CG20 向け Ptune2
  fx-CG50 向け Ptune3


プログラムライブラリ
Casio Basic プログラムを紹介
 ▶ プログラムライブラリ - 目次


プログラム経験者の Casio Basic 
Casio Basic プログラミング辞典 - 作成中...
※ プログラム経験者の Casio Basic
  インサイド Casio Basic - 目次
  Inside Casio Basic -Index



ご意見・ご質問
各記事のコメント欄へお寄せ頂くと嬉しいです
※ 投稿の際には、本名でなくて、ニックネームやハンドルネームで結構です。
 ・ "公開コメント" > "非公開コメント"  の順でご検討ください.
 
 ▍管理人の電卓コレクション
当ブログで話題にする電卓

▍ e-Gadget Web 
e-Gadget の図書館
 ⇒ e-Gadget Web について

e-Gadget アクセス解析
当ブログのアクセス解析結果


▍ 著作権について
御願いとお約束


応援クリックをお願いします。励みになるので...
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ


 

keywords: プログラム電卓, Casio Basic, Casio Python, fx-5800P, fx-CG50, fx-9750GIII, fx-9860Gシリーズ

リンク集 | ブログ内マップ
関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

プログラムライブラリ - TimeZone

プログラムライブラリ
<目次>

誤字脱字・記載ミスや分かりにくい表現は随時追記・修正します

最終更新:
2022/05/03

Time Zone (2022年版)

2022年のヨーロッパ・北米夏時間に対応 [2021/05/03]
※ プログラム改善: >>>> 表示で何も入力せず確定時、値が 0 に変更されていたのを変更しないように改善した [2017/08/14]


著作権者

やす (Krtyski)
[当ブログ管理人]



対応機種

  1. Casio fx-9750GIII, fx-9860Gシリーズ (G, GII, GIII) で動作する純正Casio Basic および C.Basic for FX 用
    g1mプログラムファイルのダウンロード
  2. Casio fx-CGシリーズ で動作する純正Casio Basic および C.Basic for CG 用
    (fx-FD10 Pro の純正Casio Basicでも動作すると思われます)
    g3mプログラムファイルのダウンロード
  3. Casio fx-7400GIII で走る純正 Casio Basic 用
    (他のグラフ関数電卓よりも機能制限されている fx-7400GIII の Casio Basic に対応したもの)
    fx-7400GIII専用 g1mプログラムファイルのダウンロード
Casio fx-5800P 用は こちら



プログラムの説明

TimeZonefx-5800P用に作成したプログラムを移植したものです。プログラム作成方法については Casio Basic 入門をご覧下さい。

TimeZone は、日本、ヨーロッパ、北米での同じ時間を表示します。その際、タイムゾーンや夏時間を考慮した時間を計算します。

具体的には、3カ所のうち、どこか一カ所の時間を入力すると、時差を計算して他の二カ所の時間を表示するプログラムです。

例えば、日本、ドイツ、モントリオールの3カ所から接続して電話会議を行う時に、それぞれが夜中にならないように時間を決める時などに役立ちます。

2022年の夏時間は、
 ・ヨーロッパは、3月27日午前1時 ~ 10月30日午前1時
 ・北米は、3月13日 午前2時 ~ 11月6日午前2時
となります。
TimeZone では、
 ・ヨーロッパは、3月27日 ~ 10月29日
 ・北米は、3月13日 ~ 11月5日
としています。

夏時間開始と終了の日付の情報が、サブルーチンファイル TZS 内に記載されているので、このファイルのみを書き換えるか更新すれば、2022年対応ができます。

本プログラムでは、以下のタイムゾーンや夏時間の設定が行えます。

- 日本
 JST: 日本標準時間

- ヨーロッパ
 WET: 西ヨーロッパ標準時間
 CET: 中央ヨーロッパ標準時間
 EET: 東ヨーロッパ標準時間
 FET: 極東ヨーロッパ時間

 WEST: 西ヨーロッパ夏時間
 CEST: 中央ヨーロッパ夏時間
 EEST: 東ヨーロッパ夏時間
 FEST: 極東ヨーロッパ夏時間
EU-TZ 

- 北米(アメリカ、カナダ)
 PST: 太平洋標準時間
 MST: 山岳部標準時間
 CST: 中部標準時間
 EST: 東部標準時間

 PDT: 太平洋夏時間
 MDT: 山岳部夏時間
 CDT: 中部夏時間
 EDT: 東部夏時間

US-TZ 



プログラムの使い方

0:JST - 
日本時間 の入力と表示
       [0] キー: 日本時間入力

1:CET - ヨーロッパ時間の入力と表示
       [1] キー:    ヨーロッパ時間入力
       [1] キー長押し: ヨーロッパ内のタイムゾーン設定
       [3] キー:    ヨーロッパの夏時間ON/OFF
       [3] キー長押し: 夏時間の期間を表示
     
2:EDT
- 北米時間の入力と表示
       [2] キー:    北米時間入力
       [2] キー長押し: 北米内のタイムゾーン設定
       [4] キー:    北米の夏時間ON/OFF 
       [4] キー長押し: 夏時間の時間を表示

[3] キー、[4] キー長押しで表示される夏時間について:
夏時間の開始と終了は、午前1時や午前2時などの深夜0次に近い時間設定になっています。本プログラムでは、これらの深夜の時間を午前零時に読み替えて、キリのよい日付を夏時間の句切りの日として扱っています。午前零時から実際の句切りの時間までは、1時間~2時間のズレがありますが、寝静まっている時間帯なので現実的には問題ないと思います。この点は留意してください。



プログラムの構成

メインプログラム: TIMEZONE
サブルーチン: TZCTZDTZMTZS、TZL
入力ボックス: INPI



プログラムファイル - TIMEZONE

※ fx-9750GIII、fx-9860Gシリーズ、fx-CGシリーズ の純正Casio Basic ならびに C.Basic、そして fx-7400GIII の純正Casio Basic で動作します。

fx-9860G/GII、fx-CG10/CG20/CG50、そして fx-7400GIII 専用の入力ボックス INPI がそれぞれ必要です。

  • TIMEZONE には、入力ボックス INPI が必要です(ダウンロードファイルに含めています)。
  • g1m プログラムファイルは fx-9860GII あるいは fx-7400GIII 用ですが、変更せずそのまま fx-CGシリーズに転送すると正常動作します。但し fx-CGシリーズに転送後自動的にg3m プログラムファイルに変換されます。
  • サブルーチン TZL は、C.Basic で使用するものです。但し純正Casio Basic では実行が無視されるので転送しても問題ありません。
  • メインルーチン TIMEZONE の1行目の 300→L はキー長押し時間を決める。長押しと認識するまでの時間を短くするにはこの数値を小さくする。長くするには数値を大きくする。
  • C.Basic では 現在設定されている実際の実行速度に対応して サブルーチン TZL で長押し時間を自動調整しているので、1行目での長押し時間の設定は動作に影響しない。これは特にオーバクロック時に有効。
  • ヨーロッパと北米の夏時間期間表示は、サブルーチン TZS にある。2022年の夏時間に対応した変更を行っている。 



    応援クリックをお願いします。励みになるので...
    にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ


     


    keywords: fx-5800PCasioBasic、プログラムライブラリプログラム関数電卓

    リンク集 | ブログ内マップ


関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

fx-5800P プログラムライブラリ - Time Zone

プログラムライブラリ
<目次>

誤字脱字・記載ミスや分かりにくい表現は随時追記・修正します

最終更新:
2022/05/03

Time Zone (2022年版)

※ CcLinkerでfx-5800Pに転送できる CCLファイルのダウンロードができます
2022年のヨーロッパ・北米夏時間に対応 [2022/05/03]
※※ プログラム改善: >>>> 表示で何も入力せず確定時、値が 0 に変更されていたのを変更しないように改善 [2017/08/14] 


著作権者

やす (Krtyski)
[当ブログ管理人]



対応機種

Casio fx-5800P 専用
Casio fx-9860G / fx-9860GII シリーズ、fx-CG10、fx-CG20、fx-CG50 用は こちら



プログラムの説明

TimeZone の作成方法は Casio Basic 入門をご覧下さい。

Time Zone は、日本、ヨーロッパ、北米での同じ時間を表示します。その際、タイムゾーンや夏時間を考慮した時間を計算します。

具体的には、3カ所のうち、どこか一カ所の時間を入力すると、時差を計算して他の二カ所の時間を表示するプログラムです。

例えば、日本、ドイツ、モントリオールの3カ所から接続して電話会議を行う時に、それぞれが夜中にならないように時間を決める時などに役立ちます。

2022年の夏時間期間:
 ・ヨーロッパ: 3月27日 午前1時 ~ 10月30日午前1時
 ・北米:3月13日午前2時 ~ 11月6日午前2時
TimeZoneでは、
 ・ヨーロッパ:3月27日 ~ 10月29日
 ・北米:3月13日 ~ 11月5日
としています。

以下のタイムゾーンや夏時間の設定が行えます。

- 日本
 JST: 日本標準時間

- ヨーロッパ
 WET: 西ヨーロッパ標準時間
 CET: 中央ヨーロッパ標準時間
 EET: 東ヨーロッパ標準時間
 FET: 極東ヨーロッパ時間

 WEST: 西ヨーロッパ夏時間
 CEST: 中央ヨーロッパ夏時間
 EEST: 東ヨーロッパ夏時間
 FEST: 極東ヨーロッパ夏時間
EU-TZ 

- 北米(アメリカ、カナダ)
 PST: 太平洋標準時間
 MST: 山岳部標準時間
 CST: 中部標準時間
 EST: 東部標準時間

 PDT: 太平洋夏時間
 MDT: 山岳部夏時間
 CDT: 中部夏時間
 EDT: 東部夏時間

US-TZ 



プログラムの使い方

0:JST - 日本時間 の入力と表示
       [0] キー: 日本時間入力

1:CET - ヨーロッパ時間の入力と表示
       [1] キー:    ヨーロッパ時間入力
       [1] キー長押し: ヨーロッパ内のタイムゾーン設定
       [3] キー:    ヨーロッパの夏時間ON/OFF
       [3] キー長押し: 夏時間の期間を表示
     
2:EDT
- 北米時間の入力と表示
       [2] キー:    北米時間入力
       [2] キー長押し: 北米内のタイムゾーン設定
       [4] キー:    北米の夏時間ON/OFF 
       [4] キー長押し: 夏時間の時間を表示

[3] キー、[4] キー長押しで表示される夏時間について:
(2022年版) 夏時間の開始と終了は、ヨーロッパでは午前1時、北米では午前2時となっています。本プログラムでは、夏時間終了日を実際の設定日の前日を表示するようにしています。終了設定日の午前0時から午前1時 / 午前2時までの時間帯は、本来まだ夏時間のままですが、寝静まっている時間帯なので無視しています。現実的には問題ないと思いますが、留意してください。
夏時間の設定は、サブルーチン TZS に記述しており、これを変更して対応します。


プログラムの構成

メインプログラム: TIMEZONE
サブルーチン: TZCTZDTZMTZS
入力ボックス: INPI



プログラムファイルのダウンロード

CcLinker で fx-5800P に転送できるCCLファイルのダウンロー
  ※ 上記6つのプログラムファイルに対応するCCLファイルが含まれます。
  CcLinkerの紹介

※ fx-5800P でのみ動作します。
fx-5800P 用入力ボックス INPI が必要です。
2022年版対応は、TSZ のみの更新です。






応援クリックをお願いします。励みになるので...
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ


 


keywords: fx-5800PCasioBasic、プログラムライブラリプログラム関数電卓

リンク集 | ブログ内マップ


関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

管理人からのメッセージ

更新 2022/04/19


はじめに

当ブログでは、プログラム関数電卓 (fx-5800P のみ) と グラフ関数電卓 をまとめて プログラム電卓 と呼んでおり、これらのモデルで動作する Casio BasicCasio Python (Pythonモード) によるプログラミング、加えてアドインCasio Basic - C.Basic のプログラミングをメインテーマとしています。

それに伴い、以下のプログラム電卓についても取り上げています。

プログラム関数電卓
モデル名使用できる言語
fx-5800P唯一のプログラム関数電卓 (fx-72Fは敢えて除外)Casio Basic


グラフ関数電卓
モデル名使用できる言語
fx-CG50高精細カラー液晶Casio Basic, C.Basic, Casio Python
fx-CG20高精細カラー液晶 - 生産中止Casio Basic, C.Basic, Casio Python
fx-9750GIIIモノクロ液晶 - 北米限定モデルCasio Basic, C.Basic, Casio Python
fx-9860GIIIモノクロ液晶 - 欧州限定モデルCasio Basic, C.Basic, Casio Python
fx-7400GIIIモノクロ液晶 - 欧州限定・アドイン不可モデルCasio Basic (機能限定版)
fx-9860GII / SDバックライトモノクロ液晶 - 生産中止Casio Basic, C.Basic
fx-9860G / SD / Slimバックライトモノクロ液晶 - 生産中止Casio Basic, C.Basic
CFX-9850G - 9850GC3色カラー液晶 - 生産中止Casio Basic


その他のカシオ電卓
プログラミング機能のないカシオ電卓についても、そのデザインや機能、コンセプトに関連して、適宜取り上げています。


カシオのプログラム電卓では、新世代Casio Basic、アドインCasio Basic - C.Basic そして一部のモデルで Pythonモード - Casio Python が使えます。当ブログでは、電卓でプログラミングする楽しさの発信がメインテーマです。

新世代Casio Basic
2005年に登場した (日本では 2006年に登場した) fx-9860G 以降のグラフ関数電卓や 2006年に登場した fx-5800P に搭載されているプログラミング言語を "新世代 Casio Basic" と私は呼んでいます(海外専用モデル ClassPadシリーズには異なる Basic が搭載されており、新世代Casio Basic には含まない)。そもそも Casio Basic という言い方は私が勝手に言っているとばかり思っていたのですが、海外のカシオプログラム電卓のファンが既にCasio Basic と呼んでいました。WiKi Pedia には、Casio Basic のエントリーがあります。日本でググると Casio Basic はカシオの時計の名前だと分かります。

アドインCasio Basic - C.Basic
2015年末に sentaro様により初期の C.Basic のコンセプトと初期バージョンが公開され、当ブログでバージョンアップとサポートを行う機会を頂きました。fx-9860G 以降のアドイン機能付きの全てのグラフ関数電卓に対応するに至り、純正 Casio Basic の上位互換であるたけでなく、その高速性、高機能ゆえに、国内以上に欧米で多くのファンを獲得しています。

Casio Python
2019年に fx-CG50 に Pythonモードが追加され、2020年には fx-CG50 がOS3.50 へアップデートし、さらに fx-9860GIII と fx-9750GIII ではOS3.40 へアップデートすることで、Pythonモードでグラフィックモジュールが追加されます。これにより そこそこ使えるスクリプトが書けるようになったので、Casio Python や PCでの Python (CPython3) を勉強しながら Casio Python の連載記事を始めました。Python はプロならそれ相当に、プロでない人でもそれなりに使いやすい言語だと実感しており、それゆえに世界中で Python人口が増えているのだと思います。

その他のプログラミングの話題
プログラミングは管理人の趣味の1つなので、プログラム電卓以外でのPCでのプログラミングの記事も掲載しています。人生初のプログラミングは FX-502P で作ったゲーム。PCでの初めてのプログラミングは N88-BASIC、その後 MS-DOS や Windows で、Basic、C、C++ などでのプログラミングを楽しんできました。数年前は C# の味見をしながら 簡単な Windows アプリを作ってみました。プログラム電卓でのプログラミングの支援ツールとして、コードを自動作成するツール (Windowsデスクトップアプリ) を C# で作って活用することもあります (下記記事で紹介)。
グラフ関数電卓 - 高速素因数分解、15桁対応
Casio Python - 要素数の多いリスト:高速素因数分解(5)

Python でも遊んでいます。勉強しながらカメラを繋いだRaspberry Pi  と Windows 10 PCを WiFi 接続し、カメラの静止画を表示する簡単なアプリを Python で書いてみました。Raspberry Pi の Pi は Python を指していて、Python 使用を推奨しています。



Casio Basic との出会い - e-Gadget 開設のきっかけ

2007年のある日、fx-5800P を高性能な関数電卓として購入し、せっかくプログラミング機能が付いているのでチョット使ってみようと思ったのが Casio Basic との出会いでした。当時は電卓でプログラムを作ろうとは思っていませんでした。

管理人は、PCでのプログラミング経験があるので、最初は Casio Basic の貧弱さに驚き、まあ電卓の言語なんてこんなものか、と思いました。キーボードを叩けば入力できるPCと違って、最初はコマンドの入力にも不自由しました。取扱説明書にはコマンドについて殆ど最低限のことしか書かれていないので、あまりあてになりません。そこで、PCでのプログラミングの感覚で Casio Basic のコードを試しに書くと結構使えることが分かり、Casio Basic に興味を持ちました。自分なりに言語仕様を調べてみようと思った時、主に調査結果を残すために 当ブログ e-Gadget を作りました。2013年10月30日のことでした。



当ブログの推移

Casio Basic はよくできた言語だと思います。これは構造化プログラミング言語ではなく局所変数がなく自作関数が使えないのですが、行番号が不要でブロック構造でコーディング可能で、さらにリアルタイムのキー入力を検知でき、自由な位置に出力できることから、その能力は侮れません。最も非力な fx-5800P で実用プログラムやアクションゲームを簡単に作れる程度の能力を持っていることは、意外に知られていません。当ブログでは実際に作った実用プログラムやゲームを紹介しています。
プログラムライブラリ - 目次 -

新世代 Casio Basic の搭載機種の間でプログラムの互換性が高いのも極めて大きな利点です。電卓さえあれば、通勤電車の中でさえプログラミングできます。いつでもどこでもプログラミングできるのは電卓ならではです。なので当ブログの英語版コンセプトは "Anywhere Anytime Programming" としています。

新世代Casio Basic や、それを搭載した機種でのプログラム実行の利便性は、実際に使い込んで初めて分かると思います。換算プログラムや実用プログラムが作れるので、趣味だけでなく日々の仕事や生活に役立ちます。

この良さは、実際に使い込んで感じるもので、カタログや取扱説明書を読むだけでは分かりにくいと思います。1990年台のプログラム電卓からは大きく進化しています。古い情報による先入観で誤解したまま発信しているのをたまに見かけます。今やプログラム電卓は海外市場が主戦場なので、カシオ自身が日本語で情報発信していません。使い込んで初めてその良さに気付く現状は、ちょっと残念に思います。高級言語でのプログラミング経験者なら、高品質なプログラムが楽にスグ作れます。プログラミング初心者には、新世代Casio Basic を味見したり、プログラム入門に良いと思います。
Casio Basic入門 - 目次 -

当ブログ e-Gadget では、取扱説明書では絶対に分からない新世代 Casio Basic の使いこなしを中心にして、プログラム電卓に関する情報を発信しています。 

=====
[2018/08/02 追記]
fx-5800P 関連の話題:
fx-5800P の欠点はいくつかありますが、PCとリンクしてプログラムコードを保存したり電卓に転送できないので、プログラムを皆さんと楽に共有できないのが最大の問題でした。ところが、現在ではそれが 可能になっています。ご興味があれば  "CcLinker" で検索してください。当ブログの紹介ページや CcLinker の作者によるオリジナルページがヒットします。
ついにfx-5800PがPCリンク可能になった

また、fx-5800P はカバーヒンジの作りが貧弱で簡単に壊れるという弱点もありますが、完璧確実で安く修理する方法があるので紹介しています。"fx-5800Pリニューアル" で検索すると記事がヒットします。
⇒ fx-5800Pの破損ヒンジの交換、ついでにリニューアル

グラフ関数電卓の話題:
さて、fx-5800P よりも高価だけど能力の高いグラフ関数電卓も Casio Basic が使えて、fx-5800P との互換性が比較的高いことも確認済みです。fx-5800P よりもプログラムが高速動作しますが、グラフィックス描画は残念なくらい遅く、Casio Basic のグラフィックスコマンドはグラフ描画機能を活かすマクロコマンドの位置づけでしかありません。より高速で高機能なコマンドを使ってプログラミングしたいという目的で、アドイン版 Casio Basic の開発が継続しており当ブログでサポートしています。それは、C.Baisc というインタープリタですが、将来はコンパイラ版の C:Basic も登場する予定です。純正 Casio Basic の互換性をできるだけ保っているので、純正 Casio Basic プログラムが殆ど修正なしでかつ高速に走ります。また C.Basic 用新コマンドも多数追加され、かなり自由自在にプログラミングが可能になっています。fx-9860G 以降 fx-CG50 までのグラフ関数電卓に対応しています。
Casio Basic - 機種間の移植性
C:Basic - アドインCasio Basic

[2020/07/24 追記]
fx-CG50 OS3.40 以降の Python モードの話題:
fx-CG50 OS3.20 で Pythonモードが追加され、OS3.40 の Python モードからグラフィックス画面出力機能が追加されました。この Python モードは、処理速度が非常に速いのが特徴で、計算とグラフィックス出力は Casio Basic の100倍以上高速に動作するのに驚きました。そこで、fx-CG50 OS3.40 以降の Python モード (ここでは Casio Python と呼んでいます) のプログラミングに興味を持ち、Casio Basic プログラムから移植しながら、管理人自身が学習を進めた結果を記事にしています。

[2020/10/07 追記]
fx-9750GIII のコスパが最強:
fx-5800P の補修部品入手が 2025年で終了する予定になっているので、後継機が気になります。2020年に北米市場でグラフ関数電卓 fx-9750GIII が発売され、ここしばらくの価格動向をみると Amazon USA で日本までの送料込みで fx-5800P よりも安価で、カシオのプログラム電卓製品群のなかで最安値、しかし処理速度は最高レベルです。fx-9750GIII は fx-9860Gシリーズの Casio Basic プログラムが完全互換で動作します。fx-9750GIII はコスパ最強です。Amazon USA かセカイモンで入手可能。

=====

当ブログを始めた時、Casio Basic やプログラム電卓の話題だけでここまで続くとは思っていませんでした。そこで、プログテーマとして電子小物を想定して、当ブログを e-Gadget と銘々しました。従って、PCや周辺機器、電子辞書やPDAなどの話題も備忘録も兼ねて記事にしています。

Casio Basic 入門
アドイン版Casio Basic - C.Basic
Casio Python
Casio Python - 目次



keywords: fx-5800P、fx-9750GIII, fx-9860Gシリーズ、fx-CGシリーズ、Casio Basic、Casio Python

関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

Casio プログラム電卓の価格動向

  初版 2015/01/15
更新 2022/04/10

新世代 Casio Basic 搭載機の価格動向を随時チェックしています。
2015/01/15から始めて6年を超えました。

プログラム電卓の中でにグラフ関数電卓はアメリカ市場では半値近い価格で販売されており、海外サイト(Amazon USA や e-Bay)からの購入やセカイモンを利用すると国内正規版よりもかなり安く入手できます。そこで、Amazon Japanでの国内正規品、並行輸入品、Amazon USA (日本への送料が安い) での直接購入(個人輸入) での価格同行を調べます。

[2020/10/03 追記] fx-9759GIII は、モノクロ液晶搭載プログラム電卓では最も安価に入手可能で、高性能なのでリストに追加しました。Amazon USAが最も安く入手できますが日本語で発注できるセカイモンでも十分安価に入手できます。併せて fx-9860GII は国内正規品の入手ができなくなったのでリストから外しました。


Amazon最安値 (各機種ごと新品の最安値を赤色表示最高値を青色表示)

fx-9860GII 国内版入手困難後 - Amazon最安値動向 (fx-9750GIII 追加)
製品fx-5800P
fx-9750GIII
Amazon USA
(東京までの
送料込み)
fx-9750GIII
並行輸入
fx-9860GII
Amaxon USA
(東京までの
送料込み
)
fx-FD10 Profx-CG50
fx-CG50
並行輸入
fx-CG50
Amazon USA
(東京までの
送料込み)
10/03¥7,595   $41.48  
(¥5,609)  
---$73.79
(¥9,134)  
¥19,800   ¥23,793  ¥14,800  $79.00  
(¥9,665)  
10/26¥7,232 $40.93
(¥5,550)
---$72.64
(¥9,013)
¥19,600 ¥24,072 ¥12,500 $79.00
(¥9,665)
11/30¥7,088 $39.90
(¥5,190)
¥5,854$70.99
(¥8,509)
¥19,800 ¥24,097 ¥11,998 $79.00
(¥9,324)
12/30¥6,916 $39.99
(¥5,190)
¥10,150 $70.99
(¥8,510)
¥19,800    ¥24,105 ¥11,990 $80.99
(¥9,531)
2021
03/24¥6,923 $41.90
(¥5,549)
¥8,206 $149.95
(¥17,526)
¥19,800    ¥22,003 ¥11,998 $78.85
(¥9,727)
05/10¥6,845 $44.98
(¥6,065)
¥9,643 ---¥20,500   ¥22,003    ¥12,580 $79.75
(¥9,880)
06/06¥6,852 $40.99
(¥5,681) 
---
(品切れ)
---¥20,791 ¥22,554 ¥11,998 $79.75
(¥9,971)
06/23¥7,105 $49.98
(¥6,721)
¥9,643    $78.95
(¥10,992)
¥20,791    ¥22,542 ¥12,580 $80.99
(¥10,120)
08/08¥6,390 $39.99
(¥6,184)
¥9,262 $76.88
(¥9,811)
¥20,148 ¥21,859 ¥11,800 $79.00
(¥10,935)
08/25¥6,354 $42.99
(¥5,940)
¥12,800 $76.88
(¥10,690)
¥19,147 ¥22,032 ¥12.580 $79.00
(¥10,836)
10/14¥7,161 $44.00
(¥6,364)
¥8,516 $79.43
(¥10,463)
¥19,800 ¥21,800 ¥12,580    $80.99
(¥10,608)
12/20¥7,509 $39.99
(¥5,911)
¥8,101 $77.46
(¥10,239)
¥18,722 ¥19,927 ¥13,000 $80.99
(¥10,576)
2022
02/12¥6,736 $41.90
(¥6,237)
¥8,496 ---¥23,327 ¥24,364 ¥13,000    $80.99
(¥10,762)
04/10¥6,736    $47.50
(¥7,379)
¥10,668 ---¥22,400 ¥22,145 ¥14,561 $80.99 
(¥13,084)
製品fx-5800Pfx-9750GIII
Amazon USA
東京までの
送料込み
fx-9750GIII
並行輸入
fx-9860GII
Amazon USA
(東京までの
送料込み)
fx-FD10 Profx-CG50

   

04/10
国内正規品について、fx-5800P は価格維持、それ以外は安くなっている。一方、並行輸入品は価格が大幅に上昇している。amazon USAから購入する場合も現地価格は安くなっていても、円換算すると大幅に高くなる。明らかに昨今の円安の影響が出ている。1円 = 124.3ドルで計算。

02/12
fx-5800P 以外が軒並み値上がりしている。昨今の部材、人件費、輸送コストの値上がりと円安が反映していると考えられる。fx-9860GII は製造中止品であるが Amazon USA では販売されてきた。現在は在庫切れだが、このまま市場から消えるのか在庫が補充されるのか気になるところだ。1ドル=116円で計算



12/20
fx-5800P は値上がり。fx-9750GIII はAmazon USAからの直輸入はさらに値下げ、fx-5800Pよりも確実に安価で入手可能。fx-9750GIII 並行輸入も値下げ。fx-9860GII もAmazon USAからは値下げ、バックライト液晶が欲しい場合はこれしかないが、そうでない場合は fx-9750GIII を推奨する。fx-FD10 Proも値下げ。fx-CG50 は Amazon USAと国内アマゾン共に値下げ。クリスマス商戦で値下げ傾向にあるようだ。1ドル=¥114円で計算。

10/14
fx-5800P はまた7千円台に戻った。これに比べて fx-9750GIII はAmazon USAで買えばより安く入手できる。Amazon USAでは まだ fx-9860GII を入手できる。バックライト機能や液晶が大きいのが利点だか、それ以外は fx-9750GIII に劣るので、今購入する意味は希薄だと思う。fx-CG50 は値下がり傾向。1ドル=¥114円で計算。

08/25
前回調査時よりも為替が円高になっているにも関わらず全般的に値上がり傾向。fx-5800P と fx-CG50 輸入品のみが値下げ。1ドル=110円計算

08/08
全般的に安くなっている。fx-5800P は2年半ぶりの最安値。fx-9750GIII は Amazon USA からの購入と並行輸入ともに1万円を切った。fx-CG50 は大きな変動はない。1ドル=111円で計算。

06/23
fx-5900P が7千円台に上昇。fx-9750GIII はamazon USAからの直接購入や並行輸入ともに上昇、為替が円安傾向の影響だと考えられる。一方 fx-9860Gがamazon USAで正常な価格で復活。fx-CG50 の国内正規版は若干の値下げ、しかし並行輸入およびamazon USAからの購入は円安の影響で上昇。1ドル=111円で計算。

06/06
fx-5800Pは6800円台を維持。一方 fx-9750GIII はAmazon USAから購入した場合 5000円台で入手できる。モノクロ液晶のプログラム電卓は fx-9750GIII が最安値モデル。fx-CG50 は Amazon USAからの購入や並行輸入品なら1万円程度で入手できる。現状でプログラム電卓を入手するなら、fx-5800P、fx-9750GIII、fx-CG50 の三択と言える。

05/10
しばらく更新を怠っていたが、fx-5800Pは僅かに値下げ、fx-FD10 Proは横ばい、他は全て価格が上がっている。fx-9860GIIは Amazon USAでも入荷待ち状態で入手困難、過去の機種になったと言える。一方 fx-9750GIIIは Amazon USAでの価格(送料含む円換算)が fx-5800Pの国内価格よりも安い点は変わっていない。昨年11月末以降、カシオのプログラム電卓は fx-5800P, fx-9750GIII, fx-CG50 の三択状態が続いており、モノクロ液晶グラフ関数電卓 fx-9750GIII が最安値である点も変わっていない。

03/24
fx-5800P は7千円前後での推移が継続。fx-9750GIII はAmazon USAからの購入も並行輸入ともに入手性が向上し、価格面では fx-5800P よりも安価な状態が維持されている。その一方で、fx-9860GII はいよいよAmazon USAでも入手性が悪くなる。市場でのモノクロ液晶モデルは、いよいよ fx-9860GII から fx-9750GIII へ世代交代が進んできたと考えられる。fx-CG50 はいずれの入手方法でも価格は維持。1ドル=109円で計算



12/30
fx-5800P はギリギリ6千円台に戻った。fx-9750GIII のAmazon USAからの購入は横ばいで、fx-5800Pよりも安価に入手可能。fx-9750GIIIの並行輸入は異常に高価なので買う意味はない。fx-CG50はAmazon USAからの購入と並行輸入は大きな差が無く、むしろ並行輸入の方が短納期で良いかも知れない。1ドル=104円計算。

11/30
fx-5800P は以前は5千円台後半から6千円台であったが、最近は7千円台で落ち着いている。
一方、fx-9750GIII は国内での並行輸入品が5千円台で入手できるようになっている。Amazon USAから直接の購入すると5千円台前半とさらに安い。fx-9750GIII は、fx-5800P よりも安価で高機能であり、一推しモデルだ。1ドル=104円計算 (円高傾向)

10/26
fx-5800P は7千円台で高止まり。一方で fx-9750GIII がさらに値下がり、fx-5800P よりもさらに安価に入手できるようになった。もし国内販売されるとすれば、倍近くの価格になるのだろうか? fx-CG50 は Amazon USA は価格が安定化しており 1万円程度。並行輸入品が値下がり、今なら英語の煩雑さが嫌なら並行輸入品が買いだ。国内正規品はケーブル付属としても高すぎる。1ドル=106円計算。

10/03
fx-5800P は値上げが続いており7000円台後半に突入。Amazon USA の fx-9750GIII は fx-5800P よりも安価に入手できる。国内で fx-9860GII は完全に過去のモデルになっており、Amazon USAでは値下がりしている。fx-CG50 は国内では値上がり傾向だが、Amazon USAでは70ドル台、為替の影響で円ベースで少し値下がり (1ドル=106円計算)。



fx-CG50 国内発売後の Amazon最安値動向
製品fx-5800Pfx-9860GII
fx-9860GII
並行輸入品
fx-9860GII
Amazon USA
東京までの
送料込み
fx-FD10 Profx-CG50fx-CG50
並行輸入品
fx-CG50
Amazon USA
東京までの
送料込み
10/30¥6,027    ---¥12,160 $97.98    
(¥11,072)
¥19,629 ¥23,500    ---
$124.92    
(¥14,116)
 11/08¥6,027    ---¥11,000 $133.25    
(¥15,057)
¥19,629    ¥23,500    --- $124.92    
(¥14,116)
 11/10¥6,027    ---¥11,000    $133.25    
(¥15,057)
¥19,629    ¥26,784 ---$124.92    
(¥14.116)
 11/17¥6,027    ---¥9,800    ---¥19,629    ¥26,784    ---$124.87    
(¥14,110)
 11/28¥6,909    ---¥9,800    ---¥19,630 ¥26,784    ---$116.35
(¥13,147)
 12/26¥6,650 ---¥7,978 ---¥19,630    ¥22,182 ---$102.45
(¥12,365)
2018






 01/04¥6,650    ---¥7,500 ---¥19,630    ¥26,773 ---$102.45    
(¥12,365)
?
 01/25¥6,650    ---¥6,980 ↓---¥19,630    ¥22,182 ---$103.49    
(¥11,896)
  
02/16¥6,646 ---¥7,600 $67.67
(¥7,924)
¥19,799 ¥22,182    ---$99.99
(¥11,397)
02/28¥6,100 ---¥7,600    $78.99
(¥9,296)
¥19,630 ¥22,182    ---$111.17
(¥12,728) 
03/06¥6,100    ---¥7,600    $88.00
(¥10,699)
¥19,115 ¥22,149 ---$106.48
(¥12,732)
03/16¥6,642 ---¥7,600    $88.00
(¥9,416)
¥19,630 ¥22,146 ---$95.05
(¥10,881)
03/25¥6,595 ---¥8,471 $67.82
(¥7,865)
¥19,630    ¥22,146    ---$93.19
(¥10,487)
05/20¥6,494 ---¥11,000 $67.82
(¥8,799)
¥19,630    ¥20,918 ---$106.00
(¥12,395)
06/22¥6,480 ---¥11,000    $67.82
(¥8,790)
¥19,594 ¥19,700 ---$92.95
(¥10,960)
07/24¥6,457 ¥19,800  ¥10,300 $69.99
(¥8,632)
¥19,521 ¥19,653 ---$79.00
(¥9,597)
08/13¥6,440 ¥16,962 ¥11,000 $71,96
(¥8,774)
¥19,513 ¥20,527  ---$79.00
(¥9,511)
08/22¥6,446 ¥29,882 ¥11,000    $71.96
(¥8,695)
¥19,521 ¥19,808 ---$79.99
(¥9,534)
09/16¥6,228 ¥18,000 ¥11,000    $76.99
(¥8,613)
¥18,431 ¥19,808    ---$78.46
(¥8,788)
10/08¥6,195 ¥18,000    ¥11,515 $76.99
(¥9,574)
¥19,513 ¥19,808    ---$76.99
(¥9,687)
10/30¥6,191 ¥18,000    ¥10,862 $77.07
(¥9,499)
¥18,686 ¥20,995 ¥14,980    $75.53
(¥9,437)
11/21¥5,899 ¥18,000   ¥10,000 $77.07
(¥9,514)
¥18,398 ¥19,808 ¥14,980    $58.46
(¥7,407)
12/22¥6,248 ¥18,000    ---$78.31
(¥9,568)
¥18,398    ¥19,808    ¥14,980    $58.99
(¥7,344)
2019
01/07¥6,118 ¥18,000    ¥15,837 $78.31
(¥9,312)
¥18,000 ¥19,808    ¥14,980    $58.99
(¥7,147)
01/30¥7,341 ¥18,000    ¥16,177 $79.99
(¥9,594)
¥18,000    ¥19,857 ¥14,680 $58.99
(¥7,169)
02/05¥6,600 ¥18,000    ¥16,177    $79.99
(¥9,594)
¥18,000    ¥19,857    ¥14,480 $58.99
(¥7,169)
03/17¥6,198 ¥16,900 ¥16,177    $79.99
(¥9,769)
¥17,634 ¥19,567 ¥13,980 $80.99
(¥9,808)
04/20¥7,479 ¥14,800 ¥16,177     $79.99
(¥9,769)
¥16,800 ¥19,500 ¥13,960 $80.99
(¥9,808)
05/10¥7,264 ¥14,800    ¥16,177    $79.99
(¥9,595)
¥17,634 ¥19,692 ¥13,000 $78.99
(¥9,523)
05/15¥7,264    ¥14,800    ¥16,177    $79.99
(¥9,595)
¥16,800 ¥19,692    ¥12,800 $79.99
(¥9,633)
05/31¥6,888 ¥14,800    ¥16,177    $79.99
(¥9,507)
¥16,800    ¥19,390 ¥12,095 $78.99
(¥9,371)
06/15¥6,709 ¥14,800    ¥16,177    $79.99
(¥9,507)
¥17,400 ¥21,475 ¥12,050 $77.00
(¥9,154)
07/02¥6,708 ¥9,800 ¥16,490 $79.99
(¥9,507)
¥17,400    ¥21,291 ¥12,050    $77.25
(¥9,182)
08/11¥6,643 ¥12,800 ¥16,490    $66.81
(¥8,546)
¥20,000  ¥19,800 ¥14,980 $76.99
(¥8,795)
09/12¥6,764 ¥12,800   ¥8,980  $66.81
(¥7,991)
¥19,800 ¥20,254 ¥11,774 $79.00
(¥9,340)
12/06¥6,800 ¥13,037 ¥16,490 $66.81
(¥8,065)
¥20,000 ¥19,980 ¥11,000 $77.65
(¥9,236)
2020
01/04¥6,845 ---¥16,490    $66.91
(¥8,065)
¥20,186 ¥19,797 ¥11,000    $74.25
(¥8,865)
02/03¥6,845    ---¥16,490    $66.81
(¥8,065)
¥20,186    ¥22,477 ¥11,000    $73.25
(¥8,755)
03/03¥6,912 ---¥16,490    $66.81
(¥7,991)
¥20,164 ¥20,899 ¥14,426 $72.99
(¥8,648)
03/22¥6,787 ---在庫切れ$92.59
(¥13,620)
¥20,164    ¥22,476  ¥11,000$109.95
(¥23,064)
03/30¥6,777 ---¥16,177 日本への発送停止¥20,164    ¥22,476    ¥11,000    日本への発送停止
04/28¥6,777    ------日本への配送停止¥20,164    ¥26,500 ¥11,000    日本への発送停止
05/10¥6,777    ------$79.96
(¥10,571)
¥20,164    ¥22,554 ¥11,000    $78.99
(¥10,445)
05/28¥6,564 ------$77.21
(¥10,372)
¥20,164    ¥23,436 ¥11,000    $79.99
(¥10,653)
06/20¥6,846 ---¥16,177 $77.18
(¥9,145)
¥20,146    ¥23,431 ¥11,000    $77.75
(¥9,190)
07/02¥6,852  ---¥16,177    $78.89
(¥9,415)
¥20,146    ¥23,428 ¥10,905 $78.76
(¥9,384)
08/24¥7,381 ------$77.19
(¥9,495)
¥20,161 ¥21,709 ¥13,600 $79.00
(¥9,666)
10/03¥7,595 ------$73.79
(¥9,134)
¥19,800 ¥23,793 ¥14,800 $79.00
(¥9,665)
製品fx-5800Pfx-9860GIIfx-9860GII
並行輸入品
fx-9860GII
Amazon USA
( )内は東京までの
送料込み
fx-FD10 Profx-CG50fx-CG50
並 行輸入品
fx-CG50
Amazon USA
( )内は東京までの
送料込み

購入時のポイント
  • 新品購入を勧める。特に fx-5800P はカバーのヒンジが弱いので中古品は勧めない。
  • 保証が気になるなら国内正規品を勧める。並行輸入品や個人輸入品は国内保証が受けられない。
  • Amazon USAeBay USAセカイモン などからの個人輸入品の場合、中古品が分かりにくく表示されていることがある。購入前に新品であることが明記されているものを勧める。
 

10/03
fx-5800P は値上げが続いており7000円台後半に突入。国内で fx-9860GII は完全に過去のモデルになっており、Amazon USAでは値下がりしている。fx-CG50 は国内では値上がり傾向だが、Amazon USAでは70ドル台、為替の影響で円ベースで少し値下がり (1ドル=106円計算)。

08/24
fx-CG50 国内正規版以外は、軒並み値上がりしている。fx-5800P は7千円台に上がっている。fx-9860GII は国内では入手が難しくなっており、モノクロ液晶モデルが欲しい場合は Amazon USAから fx-9750GIII がベストチョイス(価格のリーズナブル)だろう。但し現在の主流は fx-CG50 であり、Amazon USA がベストチョイス、但し国内正規版が値下がり傾向なのは有り難い。1ドル=106円で計算。

07/02
fx-5800P は6千円台後半で概ね安定している。グラフ関数電卓は fx-CG50 並行輸入品が断然お得だ。国内で見る限り fx-5800P と fx-CG50 の二択になっている。敢えて廉価版を求めるなら、ここには記載がないが amazon USA かセカイモンからモノクロ液晶モデルの fx-9750GIII を購入する選択肢はある。(1ドル=108円)

06/20
fx-5800P は6千円台後半を維持。fx-9860GII は並行輸入品を含めて国内購入は非常に高価で、Amazon USA から1万円以下で購入可能。しかしAmazon USA から調達するなら最新モデルの fx-9750GIII が安価で良い(但し、バックライトはない)。今グラフ関数電卓を購入するなら、fx-CG50 が良く、並行輸入品が安値を維持しているので推奨できる\。(1ドル = 107円)

05/28
fx-5800P は1/7以来久しぶりに6,500円台まで下がった。fx-9860GII は海外から購入するしかない状況がほぼ確定的になってきた。fx-CG50 はAmazon USAと並行輸入で価格差が殆ど無い。1ドル = ¥108で計算。

05/10
アメリカが経済活動を順次再開することになり、Amazon USAからの日本向け出荷も再開された。fx-9860GII は国内では既に入手できない状況だが、Amazon USA では入手可能。fx-CG50 もAmazon USAからの入手が可能になった。但し、国際便はまだ通常よりも時間がかかるようだ。fx-CG50を入手するには現時点では並行輸入品が最も安い。コロナ蔓延による円高傾向(1ドル=107円程度)は、輸入には有利に働いている。

04/28
COVID-19パンデミックの影響で、Amazon USAから日本への配送を行うセラーが無い状況。fx-9860GII はいよいよ入手できなくなってきた。fx-CG50 は並行移入品が最安値を継続中。

03/30
fx-9860GII と fx-CG50 のAmazon USAからの日本向け出荷ができない状況。"需要が多すぎて選択肢を減らしている"との表記だが、コロナウィルス蔓延に伴う国際貨物便の減便や制限が原因だと思われる。海外からの直接購入は時期が悪いようだ。どうしても欲しいなら並行輸入品が選択肢となるが、しばらくは様子見が良いだろう。

03/22
fx-5800P は6千円台後半で維持。fx-9860GII は並行輸入が在庫切れ、Amazon USA では単体価格が大幅値上げした上に日本への輸送料が高騰して異常な価格になっている。を含めて手できない状況になってきた。おそらくヨーロッパで発売された新機種fx-9860GIII が今後並行輸入品や Amazon USA での取扱いが始まることを期待する。fx-CG50 は並行輸入品の最安値に戻ったが、Amazon USAでは大幅に値上がりした上に日本までの輸送料が異常に高騰している。輸送料の高騰は、Amazonだけの問題ではなく、コロナウィルス蔓延の影響で一般的な国際輸送料の値上げの影響だと考えられる。(1ドル=111)

03/03
fx-5800Pは一時期¥7,000を超えたが、6千円台に戻った。fx-9860GII 並行輸入品の価格は変化なし、Amazon USA の価格は下がり送料込みで7千円台に下がった(1ドル =108円)。fx-CG50は、国内正規品が2万円付近のままで、並行輸入品は大きく上がり、Amazon USAは送料込みで8千円台まで下がった(但し以前7千円台の時もあった)。ヨーロッパでは後継の fx-9860GIII が今月中に発売予定であり、Amazon USAからの購入額は fx-9860GII と fx-CG50 で千円未満の違いになっているので、今 fx-9860GII を購入する意味は殆どない。

02/03
fx-9860GII は国内正規品は正規価格での入手が難しい。異常に高値になっており蒐集目的用になっているようだ。モノクロのグラフ関数電卓として 今 fx-9860GII を購入するのは止めた方が良い。今年中に後継機種 fx-9860GIII の発売の可能性があるからだ。fx-CG50 は国内正規品が高止まりで、並行輸入品は最安値継続中。1ドル = 109円で計算。

01/04
fx-9860GII 国内正規品は見当たらない。fx-CG50は値下げ傾向が継続しており、並行輸入品は最安値を維持している。1円 = 109円で計算。



12/06
調査期間が少し空いてしまった。fx-5800P は少し値上がり、但し6千円後半で概ね維持されている。fx-CG50は購入経路に依らず値下がり傾向が続いている。並行輸入品は記録開始後最安値となった。なお一時期の円高傾向が収まって 1ドル=109円程度に戻っており、Amazon USA価格はドルベースで値下げが続いているので輸送費を含め円建て費用は低下の傾向が続いている。

09/12
fx-CG50 の並行輸入品が最安値。1ドル = 108円で計算。円高傾向から円安へ動きつつあるので今が購入のチャンスかも知れない。fx-9860GII も並行輸入品でかなり安くなっている。但し今グラフ関数電卓を購入するなら fx-CG50 をお勧めする。fx-5800P は ¥6500~¥7000の間で推移している。

08/11
fx-5800P は6千円後半で安定している。fx-9860GII, fx-CG50 のAmazon USAでのドル価格が下がっており、円高の影響もあり 安くなっている。(1ドル=106円)

07/02
fx-9860GII 国内正規品が最安値を更新、Amazon USAで買のとほぼ同額、買うなら今だ。fx-CG50は依然Amazon USAが安い。1ドル=109円で計算

06/15
fx-5800P が6千円台に戻った。並行輸入版は fx-9860GII SD の方が fx-9860GII よりも安い。fx-CG50 の並行輸入版は最安値。 

05/31
fx-5800Pは6千円台に戻った。fx-CG50の国内正規品と並行輸入品が最安値となった。fx-CG50のAmazon USAでの価格が Amazon USA での fx-9860GII よりも安くなり、輸送費を含んだ円での価格もfx-CG50の方が安くなった。為替が1ドル=109円 で計算。

05/15
fx-FD10 Proが記録開始以来の最安値になっている。それ以外は前回調査から大きな変化なし。

05/10
fx-5800Pは7千円台と高値で推移。fx-9860GII SD 並行輸入版を掲載しているが、fx-9860GII と価格が変わらず却って SD版の方が安い状況。fx-9860GIIのAmazon USAは価格が落ち着いており、円での価格は為替変動の影響による。fx-CG50は国内正規版が最安値に近い水準、並行輸入版は最安値、Amazon USAでは$80付近で推移しており円換算で1万円を切る。1ドル=110円で計算。なお、Amazon USAで fx-9860GII と fx-CG50 がほぼ同じで、fx-CG50の方が安いのは興味深い。 

04/20
fx-5800P は値上げ、それ以外は同じか値下げ。fx-9860GII 国内正規版が値下げ。fx-CG50 の国内正規版と並行輸入品も値下げ。Amazon USAはドル価格も為替レートも変わらず価格維持。1ドル=112円で計算。

03/17
fx-5800P は6,000円に近くなってきた。fx-CG50はAmazon USAでの一時期の $50台が$80台に値上がり。しかし送料込みでも¥1万円以下とお買い得 (1ドル=112円計算)。一方、国内での正規ならびに並行輸入は最安値になった。

02/05
fx-5800P の7千円超えは一過性のもので、6千円台半ばに戻った。またfx-CG50並行輸入品は僅かながら価格低下が継続中。その他は変化なし。fx-CG50 をAmazon USAで購入すると送料を含めてもかなり安く、fx-5800Pより千円程度高いという状況はここしばらく続くと思われ、プログラム電卓を入手するには fx-5800P か fx-CG50 かの2択と言える。1ドル = 110円で計算

01/30
全般的に値上がり傾向。fx-5800Pは千円ちかい大幅値上げで、2016年4月以来の7000円台という異常事態。カシオのアナウンスでは後継機種投入やOSアップデートのニュースはない。fx-9860GII は価格面で fx-CG50 より確実に高値の傾向が確定してきた。fx-CG50 を Amazon USAで購入するのが (fx-5800Pよりも) 最も安価、おかしな状況になっている。海外から購入する選択肢を有効にすれば、プログラム電卓は、価格が変わらない fx-5800P か fx-CG50 に二択で、サイズと重さが選択要因,、といった新たな状況に今後なってゆくのか? 1ドル = 110円で計算

01/07
2019年最初のチェック。fx-5800Pは6千円を少し超えるあたりで少し変動の状況で、ここしばらくの傾向通り。fx-9860GII は並行輸入品が値上がり、国内正規版は安定(ただし高い)、やはり Amazon USAで買うのがお買い得。fx-CG50は国内正規品は2万円を着るあたりで安定化傾向、並行輸入品も1万5千円あたりで安定化、Amazon USAはドルベースでは安定化しているが、円高傾向のため円換算では最安値の結果になった。1ドル=109円で計算

12/22
fx-5800Pは6千円台に戻った。5千円台になった起きが買いだ。fx-9860GIIは並行輸入品が異常に高いので今回は適用無しとした。いよいよ在庫が抵触し国内での入手性が低下している。一法で、fx-CG50は確実に安くなっていて、Amazon USAでは fx-9860GII よりも安くなり、っている。現在の為替(1ドル=112円)だと輸送費用を含めて最安値になった。

11/21
fx-5800P が久しぶり(1年11ヶ月ぶり)に5千円台に突入し、今は間違い無く買いの時期だ。fx-CG50 の国内正規品が再び2万円を切り、これまでの最安値が復活。fx-CG50の並行輸入品も1万5千円切りで維持されている。fx-CG50のAmazon USAでの購入は、7千円台で最安値となった。これはドルベースでの大幅値下げによる。1ドル=113円計算で、ここ数ヶ月はこのレベルで安定している。fx-9860GII については大きな変化なし。

10/30
fx-5800P は少しずつ確実に安くなってきている。¥6,000以下になる可能性が記載される。fx-9860GII は既に過去の機種と言え、価格面でもAmazon USAから購入すれば fx-CG50 よりも少し高い。但し fx-CG50の国内正規品が¥20,000以上に戻ってしまった。Amazon USA は最安値となった。fx-CG50の並行輸入品がついに登場し、絶妙な値付けだ (10/31追記)。1ドル = ¥113 で計算。

10/08
fx-5800P が¥6200を下回るは久しぶり。fx-9860GII の国内正規版と明記したショップは引き続き販売してくれている。それ以外は並行輸入品だが記述だけだと分かりにくい。fx-CG50 の国内正規版は価格維持。Amazon USA品の送料については、どうも不明確だ。前回調査時は納期が長くて良いなら送料無料との記述があったが、実は私には始めてだった。今回は以前と同様に、どこを探してもそのような記述が見られないので、送料込みの価格としている。1ドル = 114円で計算。

09/16
fx-5800P は久しぶりに6,200円台まで値下げ。fx-9860GII の並行輸入品は価格維持。一方、ようやく国内正規品と明記したショップが登場しリーズナブルな価格になった。並行輸入品との価格差は¥7,000だが、国内正規品には 3Pinケーブルが付属し、国内の正規保証1年も含まれるので正規品購入の価値はあるかも知れない。Amazon USA からのfx-9860GIIを購入する場合、配達を速くしたい場合は送料$6.99必要だが、配達に時間が掛かっても良いなら送料無料になっている。fx-FD10 Pro は久しぶりに18,000円台まで安くなった。fx-CG50 国内正規品は1万円台後半で価格維持。並行輸入品はまだない。Amazon USAからの購入の場合、配達に時間が掛かっても異なら送料無料、送料$6.68払えば配達が速くなる(恐らく1週間程度)。1ドル=112円で計算。

08/22
fx-5800Pは¥6,400円台を2ヶ月間維持。fx-9860GII の国内品は品不足とみられもはや海外調達が現実的。但し並行輸入よりもAmazon USAでの直接購入が圧倒的異お得。なお、もはやグラフ関数電卓はfx-CG50 が定番となりつつあるが、国内犯はついに2万円を切った。Amazon USAからの購入は1万円を切る状態が続いている。fx-FD10 Proに関してはAmazon USAは逆に割高で、国内品がお得の逆転現象。(1ドル=110円で計算)

08/13
fx-5800P はゆっくりであるが値引き傾向が続いている。fx-9860GII は国内正規版とAmazon USAからの輸入共に値下げ傾向だ。fx-FD10 Pro も値下げ傾向が継続中。fx-CG50 は国内正規版は少し高くなって2万円台に戻ったが、Amazon USA からの輸入は1万円以下を継続中。(1ドル=111円で計算)

07/24
fx-5800P は6千円台前半に入り、ゆっくりと値下げが続いている。fx-9860GII の国内版がAmazon直接取扱で漸くまともな価格で販売されるようになった。fx-9860GIIの並行輸入品を購入するならAmazon USAの方があいかわらず安い。fx-CG50は国内正規品、Amazon USA共に最安値(初の1万円未満)となった。そこでこのチャンスに2台目を購入した。カシオの値下げか在庫の増加あたりが原因だろうか?(1ドル=112円で計算)

06/22
fx-5800Pはしばらく6千円台半ばで落ち着いている。fx-CG50のAmazon USAからの調達が易くなっている。1ドル=110円と円安傾向にもかかわらず、ドルベースで易い値付けになっているためだ。今は買い時だろう。fx-CG50の並行輸入品はアマゾンではまだ登場していない。fx-9860GIIは、Amazon USAから買えばかなりお得な状態が継続中。

05/20
久しぶりのアップデート。fx-5800Pは若干値引き。fx-9860GII は並行輸入品は値上がり、むしろAmazon USAから直接購入した方が安い(1ドル=110円と円安傾向にもかかわらず...)。fx-CG50 は国内品は少し安くなったが、Amazon USAの方が送料を含めても圧倒的に安い。

03/25
fx-9860GII が欲しければ、今はピンポイントでAmazon USA でスグに注文するチャンスだ(1ドル=105円)。¥33,367のfx-9860GIIは、国内正規品では無いので単なる転売屋による異常な値付けだ。絶対に買ってはいけない。

03/16
fx-5800Pは昨年末に比べておおよそ10%増の¥6,600あたりを中心に増減。fx-9860GII のAmazon USAは輸送費用Freeで実質値下げ(1ドル=107円)。fx-CG50 の Amazon USAは送料込みで最安値を更新、購入のチャンス。

03/06
fx-5800P は変化無しだが、購入するには良いタイミングだと思う。fx-9860GII は並行輸入品が以前として安くお勧め。fx-FD10 Pro は僅かに値下げ。fx-CG50 は Amazon USAが国内正規品より1万円程度安い (1ドル=107円。

02/28
fx-5800P は値下げ。fx-9860GII は並行輸入品が安い。fx-CG50 の並行輸入品はまだ登場していない。Amazon USA からのコストは、ドルベースでの値上げに加えて1ドル=¥108円と前回よりも円安になっていることから輸送費込みで円建てで値上げとなった。

02/16
fx-5800P が若干値下げ。fx-9860GII は7千円台に戻すが、Amazon USA で日本向け出荷品が復活し円高傾向(1ドル~106円)のため安くなっている。fx-CG50 は最安値+円高傾向 (1ドル=106円) で円ベースでも最安値。

01/25
fx-9860GII並行輸入品がさらに最安値を更新。ここまで下がると海外からの調達は意味がないだろう。fx-CG50の並行輸入品はまだ登場しない。fx-CG50 Amazon USA 品は単価は若干上昇したが円高傾向(1ドル=109円)の結果円建てで安くなった。

01/04
fx-9860GII が記録開始以来の最安値になった。fx-CG50国内版は若干値上げ。



12/26
fx-5800P が値下げ。fx-9860GII 並行輸入品はさらに値下げ、これまでの最安値に近づいているので購入チャンス。Amazon USA の fx-CG50 も値下げ。国内版 fx-CG50 も若干値下げ。

11/28
fx-5800P が値上げ。fx-9860GII の相変わらず非常識な価格は輸入品の転売やによるもの。fx-9860GII 並行輸入品は購入チャンス。Amazon USA の fx-CG50 は値下げ。

11/17

fx-9860GII の相変わらず非常識な価格は相手にしてはいけない。これを買うのはどうかしている。fx-9860GII 並行輸入品が久しぶりに1万円を切った。もう少し値下げするかもしれないが購入のチャンス。Amazon USA では日本への発送可能な fx-9860GII は無い。Amazon USA の fx-CG50 は和すかに値下げ。

11/10
fx-CG50 (国内正規品)は値上げ、Amazon USA は変化なし。fx-9860GII は相変わらず馬鹿らしいほど高い値付け。これを買う人は居ないと思うので、いずれ在庫処分で値下げするかも。

11/08
fx-9860GII並行輸入品が少し値下げ、Aamazon USA では日本までの発送の可否が頻繁に変わり、前回調べた時は発送可能だったものが今は不可になっていたりする。今回も日本への発送可能なものを探した結果値上げになった。fx-CG50 は並行輸入品がまだ無いが、国内正規版とAmazon USA ともに価格維持。ドル/円為替レートは ¥113/$ で計算。

10/30
fx-CG50 国内品がようやくAmazon Japanに登場。fx-CG20は買う価値のない機種なので、価格調査から外した(¥24,000の価格なら、fx-CG50の方が安い、fx-CG50の価値を知らない人は買ってしまうかも)。fx-CG50はAmazon USAで購入すると半額近い。fx-9860GII の¥33,888というふざけた価格は相手にしてはいけないので、"---" (対象外)とした。Amazon USA での fx-9860GII は、安値を付けているものが日本へ出荷されないものが多い。



  • 2017/08/11 以降は、fx-9860GII と fx-CG50 の Amazon USA での価格(東京までの送料込み)を追記。
  • 2017/10/30 以降は、国内正規品、並行輸入品、fx-CG50 の Amazon USA での価格(東京までの送料込み)を掲載。
  • 2017/10/30 以降は、購入価値が無くなった fx-CG20 は調査から外し、fx-9860GII Amazon USAの価格を追加。
fx-CG50国内販売開始前の価格履歴 [2015/01/15 ~ 2017/10/02]
製 品 fx-5800P fx-9860GII
並行輸入品
fx-9860GII
Amazon USA
東京までの
送料込み
fx-9860GII PRIZM
fx-CG10
並行輸入品
fx-CG20 fx-FD10 Pro fx-CG50
Amazon USA
東京までの
送料込み
2015
01/15 ¥6,117     ¥8,280     ¥15,400     ¥22,530     ¥19,623    
01/20 ¥6,114 ¥8,400 ?¥19,800     ¥15,400     ¥22,530     ¥18,920
01/23 ¥6,009 ¥8,200 ¥19,800     ¥15,400     ¥22,530     ¥18,578
01/25 ¥6,114 ¥8,200     ¥19,800     ¥15,400     ¥22,530     ¥18,060
01/28 ¥6,114     ¥8,200     ¥19,800     ¥15,400     ¥22,530     ¥17,288
01/29 ¥6,114     ¥8,200     ¥19,800     ¥15,800     ¥22,530     ¥17,131
01/31 ¥6,114     ¥8,200     ¥19,800     ¥15,400 ¥22,530     ¥16,963
02/05 ¥6,114     ¥8,280 ¥19,800     ¥15,400     ¥22,530     ¥17,135
02/06 ¥6,114     ¥8,280     ¥19,800     ¥15,400     ¥22,530     ¥16,969
02/07 ¥6,114     ¥8,200 ¥19,800     ¥15,400     ¥22,530     ¥17,135
02/08 ¥6,114     ¥8,280 ¥19,800     ¥15,400     ¥22,530     ¥16,969
02/11 ¥6,114     ¥8,280     ¥19,800     ¥15,400     ¥19,146     ¥16,969    
02/12 ¥7,190 ¥8,380 ¥19,800     ¥15,400     ¥22,530 ¥23,000
02/18 ¥7,190     ¥8,380     ¥19,166 ¥15,350 ¥22,530     ¥22,505
02/23 ¥6,114 ¥8,400 ¥19,166     ¥15,400 ¥22,530     ¥21,492
03/08 ¥7,020 ¥8,400     ¥19,164 ¥15,280 ¥22,530     ¥19,944
03/15 ¥7,009 ¥10,000 ¥16,262 ¥15,280     ¥22,530     ¥19,071
03/21 ¥6,979 ¥10,150 ¥16,262     ¥15,280     ¥22,500 ¥17,935
03/25 ¥6,744 ¥10,150     ¥16,262     ¥15,280     ¥22,530 ¥17,445
03/30 ¥6,800 ¥10,122 ¥16,262     ¥15,350 ¥22,530     ¥17,130
04/06 ¥6,507 ¥10,122     ¥16,262     ¥15,350     ¥19,150 ¥16,966
05/01 ¥6,508 ¥11,000 ¥16,262     ¥15,280 ¥19,150     ¥17,135
05/13 ¥6,508     ¥9,800 ¥16,262     ¥15,280     ¥19,150     ¥17,135    
06/06 ¥6,507 ¥11,000 ¥19,166 ¥15,400 ¥19,150     ¥17,135    
06/11 ¥6,508 ¥11,000     ¥19,166     ¥17,000 ¥19,150     ¥16,979
06/14 ¥6,508     ¥11,000     ¥19,166     ¥17,000     ¥19,150     ¥17,135
06/24 ¥6,508     ¥11,000     ¥19,166     ¥17,000     ¥19,150     ¥16,944
06/27 ¥6,250 ¥12,100 ¥19,166     ¥15,480 ¥19,150     ¥16,979
06/28 ¥6,258 ¥12,100     ¥19,166     ¥17,000 ¥19,150     ¥17,100
07/07 ¥6,508 ¥12,100     ¥19,166     ¥17,000     ¥19,150     ¥17,100    
07/16 ¥6,508     ¥12,500 ¥19,166     ¥17,000     ¥19,150     ¥16,800
07/17 ¥6,508     ¥12,500     ¥19,166     ¥17,000     ¥19,150     ¥17,135
07/24 ¥6,508     ¥12,500     ¥19,166     ¥15,800 ¥19,150     ¥16,800
07/30 ¥6,100 ¥12,500     ¥19,166     ¥15,800     ¥19,150     ¥16,969
08/03 ¥6,480 ¥12,500     ¥19,166     ¥15,800     ¥19,150     ¥16,969    
08/09 ¥5,940 ¥12,500     ¥19,800 ¥15,200 ¥19,148 ¥16,979
08/17 ¥6,181
¥12,500     ¥19,800     ¥15,000 ¥19,148     ¥17,135
09/20 ¥5,878 ¥9,800 ¥19,800     ¥18,000 ¥19,148     ¥16,964
10/03 ¥6,181 ¥9,800     ¥19,800     ¥18,000     ¥19,148     ¥16,964    
10/10 ¥6.181     ¥13,380 ¥19,800     ¥18,000     ¥19,148     ¥16,970
10/11 ¥6,181     ¥13,380     ¥19,800     ¥18,000      ¥19,148     ¥16,969
10/30 ¥5,993 ¥13,000 ¥19,800     ¥18,000      ¥19,148     ¥16,970
11/14 ¥6,181 ¥13,000     ¥19,800     ¥18,000     ¥19,148      ¥16,970    
12/09 ¥6,174 ¥12,980 ¥19,800     ¥17,980 ¥18,548  ¥16,966
12/11 ¥6,165 ¥12,980     ¥19,800     ¥17,980     ¥18,548     ¥16,966    
12/18 ¥6,154 ¥12,980     ¥19,800     ¥17,980     ¥18,548     ¥16,955
2016
01/02 ¥6,135 ¥12,800 ¥19,800     ¥18,000 ¥19,148 ¥16,937
01/11 ¥6,135     ¥12,730 ¥19,800     ¥18,000     ¥19,148     ¥16,660
02/01 ¥6,079 ¥12,058 ¥19,800     ¥18,000     ¥19,148     ¥16,660    
02/21 ¥6,080 ¥11,910 ¥12,500 ¥18,000     ¥19,148     ¥16,815
02/27 ¥6,030 ¥11,780 ¥12,500     ¥18,000     ¥19,148     ¥16,815    
03/19 ¥6,080 ¥11,580 ¥19,800 ¥18,000     ¥19,148     ¥16,815    
03/27 ¥5,807 ¥11,580 ¥19,800     ¥18,000     ¥19,150 ¥16,201
04/09 ¥6,080 ¥14,200 ¥19,800     ¥18,000     ¥19,150     ¥16,815
04/20 ¥6,080     ¥12,420 ¥19,800     ¥16,853 ¥19,150     ¥16,815    
04/23 ¥7,139 ¥13,040 ¥19,800     ¥16,853     ¥19,150     ¥16,815    
04/26 ¥7,259 ¥12,980 ¥19,800     ¥16,853     ¥19,150     ¥16,201
04/27 ¥7,259     ¥13,000 ¥19,800     ¥16,800 ¥19,150     ¥16,815
05/02 ¥7,000 ¥11,580 ¥19,800     ¥16,800     ¥19,150     ¥16,185    
05/07 ¥6,995 ¥11,580     ¥19,800     ¥16,000 ¥19,150     ¥16,817
05/13 ¥6,847 ¥11,580     ¥19,800     ¥15,980 ¥19,150     ¥16,817    
05/14 ¥6,747 ¥11,580     ¥19,800     ¥15,900 ¥19,150     ¥16,815
05/18 ¥6,747     ¥11,280 ¥19,800     ¥15,800 ¥19,150     ¥16,815    
05/29 ¥6,670 ¥11,200 ¥19,800     ¥15,800     ¥19,150     ¥16,815    
06/04 ¥6,677 ¥11,190 ¥19,800     ¥15,800     ¥19,150     ¥16,815    
06/12 ¥6,666 ¥11,170 ¥19,800     ¥15,700 ¥19,150     ¥16,815    
06/25 ¥6,646 ¥10,976 ¥19,800     ¥16,990 ¥19,150     ¥16,817
07/12 ¥6,600 ¥10,720 ¥19,800     ¥15,980 ¥19,150     ¥16,817    
07/30 ¥6,540 ¥10,720     ¥19,800     ¥14,800 ¥19,150     ¥16,817    
08/12 ¥6,642 ¥10,720     ¥19,800     ¥14,000 ¥18,580 ¥16,817    
08/21 ¥5,980 ¥10,720     ¥19,799 ¥16,898 ¥18,580     ¥16,817    
10/07 ¥6,607 ¥10,720     ¥19,599 ¥16,000 ¥18,580     ¥16,817    
10/09 ¥6,650 ¥10,500 ¥19,598 ¥16,000     ¥18,580     ¥16,817    
10/19 ¥6,650     ¥9,750  ¥19,593 ¥16,340 ¥18,580     ¥16,817    
11/01 ¥6,606  ¥9,720 ¥19,570 ¥17,464 ¥18,580     ¥16,800
11/02 ¥6,606     ¥9,712 ¥19,570     ¥16,778 ¥18,580     ¥16,800    
11/11 ¥6,606     ¥7,980 ¥19,800 ¥17,200 ¥18,580     ¥16,800    
11/16 ¥6,606     ¥7,880 ¥19,800     ¥17,200     ¥18,580     ¥16,800    
11/29 ¥6,580 ¥7,650 ¥17,880 ¥17,190 ¥18,580     ¥16,650
12/03 ¥6,585 ¥7,650     ¥17,880     ¥16,986 ¥18,580     ¥16,649
12/12 ¥6,315 ¥7,570 ¥17,890 ¥16,986     ¥18,580     ¥16,650
12/16 ¥6,313 ¥7,570     ¥19,800 ¥17,200 ¥18,580     ¥16,650    
12/18 ¥6,310 ¥7,570     ¥19,800     ¥17,200     ¥18,580     ¥16,650     
12/21 ¥5,780 ¥7,570     該当なし ¥17,200     ¥18,580     ¥16,650    
12/28 ¥5,780     ¥7,570     該当なし ¥17,200     ¥18,580     ¥16,650    
2017
01/01 ¥5,780     ¥7,570     該当なし ¥17,200     ¥17,978 ↓ ¥16,201
01/03 ¥5,780     ¥7,570     該当なし ¥17,200     ¥17,978     ¥16,101 ↓
01/07 ¥5,780     ¥8,180 該当なし ¥17,050 ¥18,580 ¥16,101    
01/09 ¥5,780     ¥8,180     該当なし ¥17,200 ¥18,580     ¥16,101    
01/16 ¥5,580  ¥8,180     該当なし ¥17,200     ¥18,580     ¥16,101    
01/24 ¥5,580     ¥8,180     ¥19,800     ¥18,899 ¥17,978 ↓ ¥16,650
02/14 ¥6.650 ¥8,180     ¥19,800     ¥18,900 ¥17,978     ¥16,817
03/24 ¥6,487  ¥9,580 該当なし ¥18,900     ¥17,978     ¥16,817    
05/06 ¥6,460  ¥11,234 該当なし ¥18,900     ¥23,559 ↑ ¥16,817    
06/15 ¥6,224 ¥11,000 該当なし ¥18,900     ¥25,500 ¥19,797
07/02 ¥6,027 ¥11,000     該当なし ¥18,900     ¥25,508 ¥19,797    
08/11 ¥6,027     ¥11,000    
  $71.16    
 (¥7,757)  
該当なし ¥18,894   ¥18,144   ¥19,797    
  $111.74    
 (¥12,180)  
08/18 ¥6,027     ¥11,000    
  $71.16
 (¥7,757)
該当なし ¥18,900   ¥25,508   ¥19,797    
  $111.74
 (¥12,180)
09/01 ¥6,027     ¥13,000  
  $75.72
 (¥8329)
該当なし ¥18,900     ¥25,508     ¥19,630  
  $111.74
 (¥12,291)
10/02 ¥6,027     ¥12,135 
  $104.75
 (¥11,837)
¥16,962  ¥18,900     ¥24,000    ¥19,630    
  $125.47
 (¥14,178)
製品 fx-5800P fx-9860GII
並行輸入品
fx-9860GII
Amazon USA
東京までの
送料込み
fx-9860GII PRIZM
fx-CG10
並行輸入品
fx-CG20 fx-FD10 Pro fx-CG50
Amazon USA
東京までの
送料込み

10/02
fx-9860GII が全体的に値下げ、Amazon直販の国内正規品が復活、並行輸入品が値下げ、Amazon USAは値上げ。fx-CG50 の Amazon USAが値上げ、売れているだろう。[1ドル=¥113]

09/01
fx-9860GII の並行輸入品と個人輸入が共に若干値上げ、これらは連動していると思われる。fx-FD10 Pro が値下げ。

08/18
fx-CG10 並行輸入品とfx-CG20 国内正規品は、共にここ最近の価格に戻った。全体的に大きな変動はない。

08/11
いよいよ fx-9860GII 国内正規品の取り扱いがなくなっている。引き続き"該当なし"としておく。他の価格は大きく変化なし。
そこで、Amazon USAから東京まで直送 (Amazon Global Shipping)される送料込みの価格を、fx-9860GII に加えて、fx-CG50 (日本未発売) について記載することにした [本日1ドル=109円]。fx-9860GII は配送に多少時間がかかるが、過去最安値の並行輸入品とほぼ同じで圧倒的に安い。

07/02
fx-5800P が少し値下げ傾向になっていもう少しで¥6,000を切りそうな勢い。他は大きな変化なし。

06/15
fx-5800P は6千円台前半で値下げ傾向。fx-9860GII 平行輸入品はここしばらく高値で推移。fx-9860GII 正規品(国内保証が受けられると思われるもの)は今回も該当なしとした。fx-FD10 Pro は高値に移行か?

05/06
fx-5800Pは6千円半ばで落ち着いている。fx-CG20は記録開始以来最高値になった。

03/24
大きな動きはない。fx-9860GII は該当なし。

02/14
fx-5800P と fx-FD10 Pro が若干の値上げ。 

01/24
fx-5800P は最安値継続、fx-9860GIIは国内量販店が出品しているので国内正規版と思われ記録復帰。fx-CG20 は過去の最安値と同じ価格になった。fx-FD10 Pro は残念ながら¥16,000 を切らずに若干の値上げ。

01/16
fx-5800P が記録開始以来の最安値を記録。関東への配送料(¥515)を含めても(¥6,095)、2位のAmazon販売価格よりも安い(この配送料については注意が必要)。これ以外は状況維持。

01/09
PRIZN fx-CG10並行輸入品が¥17,200 に戻った。他は変化なし。

01/07
fx-5800P とfx-FD10 Pro は最安値継続。fx-9860GII並行輸入品と fx-CG20 は最安値が途絶えた。

01/03
fx-FD10 Pro が最安値を更新した。それ以外の機種は前回と同じ。

01/01
fx-5800P、fx-9860GII並行高輸入品は最安値継続、fx-CG20、fx-FD10 Pro は値下げで最安値となった。


12/28
上記で、並行輸入品と記載していない場合は、国内で正規保証が受けられる製品との意味で価格のモニターと記録をしてきている。従って、fx-9860GII については、国内保証が得られる保証の無い製品のみが出品されていることから「該当なし」記載することにする。国内正規保証が受けられる製品が出展された時に価格の記録を再開する予定。
国内保証が受けられる保証のない「該当なし」から ¥24,000程度の高価格で買くらいなら、最安値 ¥7,570 の fx-9860GII並行輸入品を購入する方が良いと思うので、注意を喚起したい。
その他の機種は変化なく、最安値は継続している。

12/21
fx-5800P が記録開始以来の最安値(ショップ)で、関東への送料を含めても第2位のAmazon扱い(¥6,310)より¥20だけ安い。fx-9860GII並行輸入品は最安値を維持。一方 fx-9860GII は最高値を更新、だが1つ注意が必要だ。海外在庫品や並行輸入品と説明があるショップのものは国内保証が受けられないことが分かる。これについては、fx-9860GII並行輸入品の現在最安値である ¥7,570 がお得だ。一方で国内正規品の在庫かそうでないかが不明なショップのものは注意が必要。確認が可能なら国内保証を受けられるかどうか問い合わせをすべきで、国内保証が受けられるのなら高値でも意味がある。保証が受けられないなら並行輸入品を ¥7,750 で購入すべきだろう。

12/18
fx-5800P のAmazon直送が値下げ、当面もの価格で維持の可能性大。fx-9860GII並行輸入品と fx-CG20正規品が最安値維持。

12/16
fx-9860GII並行輸入品と fx-CG20正規品が最安値維持。買うならチャンスだろう。

12/12
fx-9860GII並行輸入品が最安値更新。fx-CG20が4ヶ月間差安値維持。

12/03
fx-9860GII 並行輸入品と fx-CG20 の最安値継続中。

11/29
fx-9860GII 並行輸入品の価格低下が続いている。軒並み低価格化。fx-CG20 は最安値更新中。

11/16
fx-9860GII 並行輸入品が、最安値をさらに更新中

11/11
fx-9860GII 並行輸入品が最安値を記録!買うなら今がチャンスだが、国内での保証が受けられない可能性は受け入れる必要あり。恐らく CPU に SH3 を搭載した古いモデルの可能性は少ないだろうが、その可能性もゼロではない点に留意する必要がありそう。

11/02
fx-CG10並行輸入品が1万6千円台に戻った。fx-9860GII 並行輸入品は緩やかな値下げが継続している。

11/01
fx-CG10並行輸入品は徐々に値上げ。fx-CG20は最安値を維持。それ以外は僅かに値下げ。これから値下げが続くのか興味がある。

10/19
fx-9860GII 並行輸入品が久しぶりに1万円を切っているが、ショップの在庫が切れるまでの一時的なものだろう。

10/09
fx-5800P が徐々に上がっている。一方でfx-9860GII は並行輸入品、正規版ともに下がってきている。

10/07
fx-CG20 の最安値が継続している。fx-9860GII が僅かに下がり、fx-5800P は一時¥6,000 を切るものの、¥6,600あたりで落ち着いている。

08/21
fx-5800P が6千円を切った(一時的と思われるが...)。PRIZM fx-CG10並行輸入品は大幅に上がった。前回調査の最安値は買い時であった。

08/12
fx-5800P の価格低下が止まった(少し上昇)。一方で、fx-CG10並行輸入品と fx-CG20 は最安値になった。

07/30
fx-5800P は依然としてゆっくりと値下げが続いている。

07/12
fx-5800P と fx-9860GII並行輸入品が、引き続きゆっくりと値下げが続いている。

06/24
fx-5800P、fx-9860GII並行輸入品が引き続き値下げ傾向継続中。

06/12
fx-5800P、fx-9860GII並行輸入品、fx-CG10並行輸入品 が少し値下げ。

06/04
fx-9860GII並行輸入品がじっくりと下がってきている。fx-5800Pについてはさらに下がるか楽しみだ。

05/29
fx-5800P と fx-9860GII並行輸入版 が少し値下げ。この1ヶ月間 fx-5800P がゆっくりであるが値下げが続いている。

05/18
fx-9860GII並行輸入品とPRIZM fx-CG10並行輸入品が少し値下げ。

05/14
fx-5800P がゆっくりと確実に下がってきている。

05/13
fx-5800P が徐々に値下がり。

05/07
fx-5800P が最近の最高値から徐々に下げ続け、¥6,000 台に戻ってきた。

05/02
fx-5800P が下がり始めたが、以前高値。fx-9860GII 並行輸入品も下がっている。

04/27
fx-5800Pが乱高下傾向なので気になったが変化なし。fx-FD10 Proが瞬間的に最安値を見せたが、従来の価格に戻った。

04/26
fx-5800P が¥7,000円台でさらに上がって、記録開始依頼の最高値を更新した。これが¥7,000円台であるのが、そもそも珍しいくらいの高値傾向だ。やはり新年度需要が落ち着いて、一時的に流通量が減っているためだろうか?一方で fx-FD10 Pro は最安値になった。

04/23
fx-5800P と fx-9860GII 並行輸入品が千円単位で上がった。新年度で売れて在庫が減ったことが影響しているのか?

04/20
全体的に大きな変化は見られない。fx-9860GII と PRIZM fx-CG10 の共に並行輸入品が安いが在庫がなくなれば終わりのパターンだろう。

04/09
先月末は、新年度向けのバーゲンセールだったようで、一律元の価格に戻っている。

03/27
fx-5800P と fx-FD10 Pro の2機種が、記録を取り始めて依頼の最安値となっている。いずれもショップではなくて Amazon 本体での価格だからしばらくこの価格が継続する可能性がある。

03/19
fx-9860GII 並行輸入品がゆっくりと値下げを続けている一方で、fx-9860GII 国内正規品は一時の安売りショップの在庫が無くなって元の価格に戻っている。その他はほぼ変化なし。

02/27
fx-5800P が若干安くなっている。fx-9860GII の最安値は継続中(在庫が残り1点と表示されている)。但し、SH4A搭載機かどうかの確認は必要でしょう。

02/21
fx-9860GII が大幅安値となった。送料別だが確実に安く、記録開始後の最安値。国内正規品なので買うならチャンスだと思う。
[追記] fx-9860GII はマイナーバージョンが2つあり、CPUにSH3を使った初期バージョン(液晶ディスプレイの下にUSB GRAPHICと記載)とSH4Aを使った現行バージョン(液晶ディスプレイの下に USB GRAPHIC 2 と記載)がある。在庫処分のために SH3バージョンを格安にしている可能性はあるので注意が必要かも知れない。なお、何もしなければ SH3バージョンの方が処理が速いが、オーバークロックアドインにより最高速を得るには SH4A の方が遙かに速くなる。個人的にはSH4Aバージョンを勧める。

02/01
fx-5800P と fx-9860GII 並行輸入品 が下がり、fx-FD10 Pro は最安値継続中。なお、fx-5800Pは価格.comで先週から ¥5,400 となっている((有)マルカツの数量限定スポット販売)が、送料別となっているので要確認(結果的にアマゾンが安い可能性大)。

01/11
fx-FD10 Pro が記録を取り始めて以来の最安値となった。他は大きな変化なし。

01/02
通常の変動内に収まっている。fx-5800P と fx-9860GII 平行輸入版 が若干値下げ。


12/18
価格の大きな変化はなく、通常の変動範囲内。これまで春の進入学・異動のシーズン前に安値が付く傾向があるので、それに期待したい。

12/11
fx-5800P が少し下がった。他は変化無し。

12/09
全体的に少し値下げ傾向が出てきた。年末商戦開始か?但し、送料や返品ポリシーについては要注意。fx-CG20 は安くなっているが、本体価格は¥17,980 で、関東の配送料が¥648 なので合計 ¥18,548 と記載した。これまでより¥6,000安くなっている。これまでも関東圏での送料込みで最安値を選んでいる。

11/14

しばらく価格が動かなかった。fx-5800P は 6000円を境に10円以内で行きつ戻りつ。最安値5993円の在庫が無くなったのだろう、Amazon直販の 6181 円が最安値となった。ほかの機種は全く動かない。

10/30
fx-5800P が下って5千円台になった。fx-9860GII 並行輸入品が少し値下げ。これから年末にかけて全体的な安値になると思われる。

10/11
fx-FD10 Pro が Amazon で1円下がる。他は変化なし。

10/10
fx-9860GII 平衡輸入品が記録開始以来最高値となりました。それ以外はほぼ変化なし。

10/03
fx-5800P は5千円台の最安値から¥6,181 へ戻った。他は変化が見られず落ち着いている。

09/20
ここしばらく、fx-5800P が5千円台を維持していて、記録開始以来最安値になっている。買うなら今がチャンスだと思う。fx-9860GII 並行輸入品も9千円台になり、保証を気にしなければ購入の良い機会。

08/17
fx-5800P が安値傾向維持、¥6,000に近いところでの変動。fx-CG10 並行輸入品が記録開始以来の最安値となりました。fx-FD10 Pro は¥17,000 回りでの変動が継続中。

08/09
fx-5800P と PRIZM fx-CG10 並行輸入品 が記録を始めて以来の最安値となりました。これらは、おそらく少量在庫で売切御免のショップ販売のパターンで、劇的安値というものではありません。欲しければ即ポチッが良いでしょうが、慌てることもなさそう。特に、fx-5800P は、よく見ると関東配送料¥540なので総額¥6480、つまりこれまで継続しているAmazon直販の¥6,508 とさほど変わらないところにカラクリがあります。

08/03
fx-5800P の安値は限定在庫がなくなって、最近のレベルへ戻った。とは言っても少し安いレベル。他の機種では動きなし。

07/30
fx-5800P が大きく値下げ。記録開始後最安値は¥6,009 (瞬間風速) より1円高いだけ。しばらく安定した最安値が¥6,114 でしたが、それよりも安くなっています。ショップの在庫限りの瞬間風速かもしれず、スグに元に戻る可能性はあります。買うなら今かも知れません。それ以外は変化なし。fx-F110 Pro は小さな範囲での変動が続いています。

07/24
fx-FD10 Pro が記録を採り始めて以来の最安値に戻りました。ショップの在庫が入ったようです。fx-CG10 並行輸入品も、一気に値下げ、同様②ショップの在庫が入った模様です。正規国内品との値差¥3,300 程度を、正規保証無しと天秤にかけてどう考えるか悩ましいところです。

07/17
fx-FD10 Pro は、¥16,800 で出品していたショップの在庫が無くなり、また¥17,135に戻ったわけですが、これは Amazonの価格。今後も安い在庫を持ったショップが現れればチャンスとなることが、しばらく繰り返されると思われます。但し、記録を付け始めてからの傾向としては、安値傾向は続いています。

07/16
fx-FD10 Pro がここのところ¥17,000 を切っていて、当ブログでの記録開始以来最安値となっています。fx-CG20/10 については、国内正規品と並行輸入品が¥2,000程度の値差がしばらく続いており、この程度の差ならば、万一の故障の際の保証を考えると、国内正規品を購入するほうが得策かも知れません。

07/07
fx-5800P が戻りました。一時的な安値だったようです。他は動きなし。

06/28
PRIZM fx-CG10 が戻りました。突風だったようです。fx-5800P は少し上がっていますが、¥6,200円台を維持。この特定のショップの在庫限りの話しなのかも知れません。

06/27
PRIZM fx-CG10 が一気に値下がり、記録を付け始めて以来2番目の安値です。fx-5800P は徐々に下がってきています。fx-9860GII 並行輸入品が また上がり初めています。

06/24
fx-FD10 Pro が、¥17,000 を切り、記録以来最安値をつけました。単なる突風が吹いただけか、値下げ傾向が継続するのか注目したいと思います。

06/14
fx-9860GII 並行輸入品、fxCG10 PRIZIM 並行輸入品、ともに高値止まりです。やはり為替の影響か?なお、fx-FD10 Pro は一瞬¥17,000をきるが、また戻る...の繰り返しで、また戻っています。

06/11
fx-CG10 PRISM 並行輸入品が、突如最高値を付け、2千円近い上昇です。長期間¥15,400あたりで落ち着いていました。一つ考えられる理由に、1ドル115円辺りから125円への変化が短時間に一気に進んだことです。並行輸入品は海外在庫からの発送が多いので、在庫が少なくなったfx-CG10から値上げし、いずれfx-9860GII 並行輸入品も一気に値上げ、ということもあり得ます。しばらく推移に注目です。fx-FD10 Pro は逆に過去2番目の安値になり¥17,000を切りました。工事受注数と国内在庫数の影響だろうとおもわれます。

06/06
前回から、大きな推移が無いのですが、1ヶ月近く経つので記録しておきます。fx-9860GII 並行輸入品は一旦¥9,000円台に入ったのですが、すぐに¥10,000 に戻っています。fx-9860GII 国内品価格は僅かですが下がっていて、記録を付け始めてからの最安値になっています。

05/13
fx-9860GII 並行輸入品が9000円台へ戻る。他は変化なし。

05/01
前回から大きな価格推移はなく、安定している。放置しているわけでは無いので、区切りの良い本日、更新しておく。

04/06
fx-FD10 Pro が過去の最安値にほぼ並んだ。fx-5800P はようやく 6,500円まで価格が戻ってきた。

03/30
大きな変化なし。4月の変化に期待。

03/25
fx-5800Pが少し値下がり、但し過去最安値には全く届かない。fx-9860GII は変化なし。並行輸入品が上がって正規国内品が下がると言う妙状況のまま。PRIZM fx-CG10 並行輸入品は最安値のまま維持。fx-FD10 Proはさらに少し値下げ。いずれの機種も国内正規品が値下げ傾向と言うのは、国内の在庫整理が進んでいるためか?新機種は何時でるのか楽しみでもあります。

03/21
変化がでてきた。fx-5800P が6千円台に戻ってきました。楽天では新品が5千円後半で出てます。一時期に比べて高値維持ですが、安い在庫が出てきたようですネ。fx-9860GII 並行輸入品は最高値をマーク。一方国内版は最安値をマーク。一体どうなっているんだろう?fx-CG10 並行輸入品はおおきく変わらないが最近は最安値継続。fx-FD10 Pro が一気に下がって1万7千円台へ。これからしばらく値下げ傾向になるのか?チョット注目です。

03/15
fx-5800P が少しづつ6千円台へ戻ろうとしています。一方で fx-9860GII 並行輸入品は一気に値上げ。PRIZM fx-cg10 並行輸入品がじわじわと下げて最安値。

03/08
fx-5800Pが7千円台に落ち着いています。fx-9860GII 並行入品も8千円台の出品が減る傾向が見られます。年度末から年度初めの需要期を迎えて、高値安定になろうとしているのかも知れません。fx-5800Pの再生品は¥5,980 を維持していますが、カバーのヒンジの不具合に関して再生品に不安があるので、手を出していません。

02/23
fx-5800Pが、ほぼ以前の水準 6千円台前半に戻った。ここのところの7千円台は何だったのか?

02/18
値上げのあと、特に大きな動きなし。

02/12
fx-5800P が¥7,000台に戻ってしまいました。メーカー再生品は¥5,980 です。fx-9860GII 並行輸入品も少し上がっています。fx-FD10 Proは調査開始後最高値。本日は、全体的に値上げ傾向が見られます。昨日までは一体何だったのでしょう?

02/11
fx-CG20 が一機に値下げ。カシオの仕切り値が下がったのならば、これはきっと何かあるが、どこかの在庫を買い叩いての放出品なら一過性。新しい動きかどうか、しばらく様子見。

02/08
fx-FD10 Pro は¥17,000前後で振動中。fx-9860GII 並行輸入品は ¥8,200 ←→ ¥8,280 で振動中。

02/07
fx-9860GII並行輸入品 が¥8,200へ戻る。このところ ¥8,200 と ¥8,280 を往復している。

02/06
fx-FD10 Proが再び¥16,969へ。¥17,000 を境に行ったり来たり。

02/05
fx-FD10 Pro の値下げが一旦ストップ。fx-9860GII並行輸入品は¥8,280で落ち着くのか?fx-5800Pは¥6,114で安定(メーカー再生品は¥5,980)。2/13に fx-JP900が発売されるが、それに伴い fx-5800P がどちらへ触れるのか興味のあるところ。

01/31
fx-FD10 Pro の値下げが続いており、前日(1/30)に¥16,000台に突入、本日も¥16,000台を維持。

01/29
fx-FD10 Proが値下げ更新。

01/28
fx-FD10 Pro が¥17,000 台に入っています。

01/25
fx-5800Pが ¥6,114 に戻りました。楽天では ¥5,981 のまま。fx-FD10 Pro がさらに下がりました。そろそろ fx-FD10 Proの並行輸入品が出てくるのだろうか?

01/23
fx-5800P、fx-9860GII 並行輸入品、fx-FD10 Pro が下がりました。楽天では¥5,981 がありました。fx-5800P はいよいよ¥5,000台突入!

01/20
fx-FD10 Proが下がりました。

01/15
fx-5800P と fx-9860GII並行輸入品が下がりました。fx-5800P は¥6,000を切る勢い。fx-9860GII 並行輸入品は¥8,000を切る勢いです。


keywords: fx-5800P、fx-9750GIII、fx-CG50、fx-9860GII, fx-FD10 Proプログラム関数電卓

リンク集 | ブログ内マップ

関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

ライフゲーム

アドイン版 Casio Basic 用サンプルプログラム
<トップページ>

誤字脱字・記載ミスや分かりにくい表現は随時追記・修正します

動画・説明追加 2015/11/15
更新 2016/05/02
プログラムアップデート 2021/06/13
記事の大幅な追記修正 2021/06/20
超お勧めライフゲームの動画を追加 2021/06/24
ライフゲーム マイナーアップデート 2021/06/26
全プリセットパターンの動画を収録 2021/06/26
プログラムダウンロードリンク修正 2021/07/12
追記 2022/03/06

[2015/11/16] プリセットした初期パターンを選べるようにバージョンアップ
[2015/11/17] 記事を大幅に追加して更新
[2015/11/20] C.Basic Ver 0.73 へのバージョンアップを反映した更新
[2016/02/11] C.Basic 最新版は アドイン Casio Basic - トップページ の最新バージョンから
[2016/05/02] ライフゲーム Ver 0.74 へアップテート(C.Basic Ver0.99m に対応) 
[2021/06/13] ライフゲーム Ver 2.45 / Ver 2.45F へアップデート
        (C.Basic for FX Ver2.45 build20、C.Basic for CG Ver 1.45 build20 に対応) 

[2021/06/26] ライフゲーム Ver 2.45 / Ver 2.45F をマイナーアップデート



カシオのグラフ関数電卓で、そこそこ遊べるライフゲームができました...
とは言っても、純正 Casio Basic では無理なので、アドイン版 Casio Basic : C.Basic で作りました。

まず最初に、ライフゲームを知らなかった方や知っていた方にも楽しんで頂けると思う最高の動画を紹介します;
 ライフゲームの世界1~9 複雑系コミュニティ動画 by はむくん

電卓で走るライフゲームを初めて作り、このページで紹介したのは 2015年のことで、2017年にアップデートしています。その後 C.Basic はアップデートを繰り返し、機能を充実させつつ完成度が上がってきました。それに合わせてライフゲームもアップデートします。今回のアップデートでは、基本的なロジックは変えておらず、幾つかのバグ取りとチョットした新機能追加を行っています。

カシオのグラフ関数電卓でしっかりと動作するライフゲームは他では見ないと思います (TIやhpのモデルで走るライフゲームはネットで検索すると出てきますが...)。実際の動作の動画を多く掲載したので、C.Basic の能力やライフゲームの面白さを実感できると思います。

お持ちのグラフ関数電卓で、是非とも実際にライフゲームを楽しんで頂きたいと思います。

カラー液晶搭載モデルなら fx-CG50 がお勧め、モノクロ液晶搭載モデルなら fx-9860GII がお勧めです。この記事では、fx-CG50fx-9750GIII (最新のモノクロ液晶モデル) での動作画面を掲載しています。


目 次

 ライフゲームのルール 
 プログラム電卓でライフゲーム
  ライフゲーム作成の経緯
  ライフゲームで遊ぶための準備
    アドイン版 Casio Basic: C.Basic for FX
    アドイン版 Casio Basic: C.Basic for CG
    チューンアップツール (アドインプログラム)
    ライフゲームのプログラムファイル
  ライフゲームの遊び方 (プリセットパターンの実行動画あり)
 プログラムのロジックについて 
 各モデルでの処理速度 (実行動画あり)
 ライフゲームに関するサイト



ライフゲームのルール

ライフゲームは 1970年に数学者 Conway が発表したのが始まりで、英語では Conway's Game of Life と呼ばれます。

画面の1ピクセルを1個の細胞 (セル - Cell)と見立て、誕生、生存、死滅を繰り返す細胞集団の変化(世代変化)を画面上で再現して、眺めて楽しみます。
ピクセル1個 = 細胞1個は、 (On:生きている) (Off:死んでいる) のどちらかの状態になります。そして以下の単純な3つの条件だけで次の世代の細胞の生死、つまりピクセルの On / Off  が決定されます。

<誕生>
周りに生きている細胞が3個あれば、次の世代でその場所に新たな細胞が生まれます。
つまり、 あるピクセルが Off で、周りの8 個のピクセルのうち3個が On の場合、
Birth 
そのピクセルは次の世代で On になります。

<生存>
生きている細胞の周りに生きている細胞が2個か3個あれは、その細胞は次の世代でも生き残ります。
つまり、あるピクセルが On で、周りの8個のピクセルのうち2個か3個が On の場合、
Live1 LIVE_2 
そのピクセルは次の世代では On のままになります。

<死滅>
上以外の場合、細胞は次の世代で死にます。
つまり、あるピクセルが On で、周りの8 個のピクセルが1個以下(過疎)、
Death6  Death7 
あるいは4個以上(過密)の場合、
Death1  Death2  Death3  Death4  Death5 
そのピクセルは次の世代で Off になります。

このルールに従って、画面全てのピクセルについて計算すると全体が1世代進みます。

世代が進むと、複雑なパターンに進化したり、死滅したり、一定パターンに落ち着くこともあります。ピクセル一個の生死が3つの単純なルールに従うだけなのに、実際に動かしてみると予想もしないパターンに進化するのが、ライフゲームの面白いところです。

<目次に戻る>



プログラム電卓でライフゲーム
ライフゲーム・プログラムは、アドイン版 Casio Basic - C.Basic で作成し、純正Casio Basic にない拡張機能を使っているので、C.Basic のインストールが必要です。さらに、チューンアップツールで実行速度を上げると良いかもしれません。

 ▶ 必須 - アドイン版Casio Basic - C.Basic
 ▶ 必須 - ライフゲーム プログラム - LIFE245高速化バージョンLIFE245F
 ▶ 有ると良いかも - チューンアップツール (アドイン) 

LIFE245FC.Basic だけでも楽しめると思います。


ライフゲーム作成の経緯
ライフゲームを作るとしたら、画面全体のビットマップパターンを2次元配列 (行列) に対応させて計算するのが単純で分かりやすい方法でしょう。カシオのグラフ関数電卓の画面全体のピクセルを扱うには 63×127行列が必要ですが、 純正Casio Basic の行列は最大 99行99列なので、画面全体のビットマップパターンを処理できそうにありません。さらにグラフィックス画面を頻繁に更新する処理は 純正Casio Basic では非常に長い時間を要します。従って、グラフ関数電卓の 純正Casio Basic でライフゲームを作るのは極めて不向きで、現実的ではありません。

ところが アドイン版 Casio Basic -  C.Basic の開発が始まり、実際に色々なプログラムを作ってみると、計算は速く、グラフィックス画面への描画動作も速く、画面全体のピットマップを2次元配列で比較的高速に処理できるようになったので、C.Basic のベンチマークの目的も兼ねて、ライフゲームを作ってみました。

PCで動作する多くのライフゲームは広い画面を使うものがあり、メモリが許す限りの十分に広い世界を用意しているものがあります。一方、今回は 127 ピクセル × 63 ピクセル に限定された狭い世界でのライフゲームを作ってみます。電卓でのグラフィックス画面の更新は比較的時間がかかるので、本プログラムでは更新するビットマップ領域(行列のサイズ)を必要最小限にして高速化する工夫をしているため、画面全体の2ピクセルの内側にある 123×59画面 ピクセルの領域をパターンが超えようとするときは、本来のルール通りに動作しません。

本ライフゲームは、アドイン版 Casio Basic - C.Basic の能力確認 (ベンチマーク) も目的です。最初はモノクロ液晶搭載のグラフ関数電卓 fx-9860GII にインストールした C.Basic for FX  Ver 0.66 で作り始め、C.Basic for FX Ver 0.73 で仕上げて、それ以降のアップデートの際に動作確認しています。C.Basic for FX Ver 0.99m 以降に合わせて ライフゲームを Ver 0.74 にアップデート。その後 DotP() 関数が DotPut() に変更されたこともあり、さらに C.Basic for FX が Ver 2.45 までアップデートされたのに合わせて、ライフゲームをアップデートしました。 

一方で、高精細カラー液晶画面を搭載した CG モデル (fx-CG20fx-CG50) に対応した C.Basic for CG  の開発も始まり、これら CGモデルでも C.Basic が使えるようになりました。C.Basic for CG で扱うプログラムファイルは g3m ファイルですが、g1m ファイルも FX モデルと同じように動作するようになっています。従って、FXモデル用に作ったライフゲーム (g1mファイル) は、CGモデル (fx-CG20fx-CG50) でも動作します。


ライフゲームで遊ぶための準備
ここで紹介するライフゲーム・プログラムは、C.Basic for FX や C.Basic for CG をインストールして、C.Basic で実行してください。さらに下記で紹介するチューンアップツールを導入すると電卓自体の演算速度を高速化できるので、ライフゲームをさらに高速化できます。

C.Basic for FXC.Basic for CG は以下に紹介するモデルで動作します。 チューンアップツールはモデルごとに適用されている正しいバージョンを使ってください。詳しくは以下に紹介します。

FXモデル:モノクロ液晶を搭載した下記グラフ関数電卓
 ・fx-9860G / SD / Slim
 ・fx-9860GII / SD
 ・fx-9860GIII
 ・fx-9750GIII


CGモデル:高精細カラー液晶を搭載した下記グラフ関数電卓
 fx-CG10 / fx-CG20
 fx-CG50


 アドイン版 Casio Basic: C.Basic for FX
※ 最新バージョン Ver 2.45 build 20 以降のダウンロード: アドイン Casio Basic - トップページ
 ZIPファイルで提供
 ソースファイル(C言語)を公開
 ZIPファイル内にある CBASIC.G1A がアドインプログラム本体


アドイン版 Casio Basic: C.Basic for CG 
fx-CG20 / fx-CG50 (CGモデル) 用 C.Basic for CG でも g1m ファイルを実行すると、FXモデルで実行するのと同様な出力になるので、 g1m ファイルのライフゲームで遊べます。但し、以下の2つの設定を行ってください。

※ 最新バージョン Ver 1.45 build 20 以降のダウンロード: アドイン Casio Basic - トップページ
 ZIPファイルで提供
 ソースファイル(C言語)を公開
 ZIPファイル内にある CBCG145.G3A がアドインプログラム本体

※ ライフゲームプログラムの g1m ファイルを編集する場合、下記設定をしないと g3m ファイル
  として保存されてしまいます。
 g1mファイルとして保存するための設定
  C.Basic for CG を起動
  [SHIFT][MENU] で設定画面表示
  設定画面にある項目 Force g1m save on にする
   Set_SavingAsG1M

 CGモデルで g1m ファイルを保存する時の操作
  プログラム編集画面で [EXIT]キーを押して ファイルリスト画面に戻る前に
   SaveAsG1M
   と表示され、一番下のシフトキーメニューの [F2] に g1m、[F3] に g3m と表示されている。
  ここで [F2] (g1m) を押してから [EXE] キーを押すと g1m ファイル として 保存される。


 チューンアップツール(アドインプログラム)
より高速でスムーズな動きを楽しむには、オーバークロックによるチューンアップツールの使用を勧めます。

fx-9860G / fx-9860GII USB GRAPHIC モデル (SH3搭載) シリーズ向け Ftune の導入
fx-9860GII USB GRAPHIC 2 モデル (SH4搭載) シリーズ向け Ftune2 の導入
fx-9860GIII / fx-9750GIII / GRAPH35++EII 向け Ftune3 の導入
fx-CG10 / fx-CG20 向け Ptune2 の導入
fx-CG50 向け Ptune3 の導入

チューンアップツールを起動したら、プリセットされている [F5] を押して設定すると、安全なチューンアップで高速化できます。[F1] を押すと電卓本来の設定に戻ります。これ以上のチューンアップもできる可能性がありますが、自己責任でお願いします。


 ライフゲームのプログラムファイル
   ライフゲーム Ver 2.45 
   ※ 手動パターン入力時、[EXE]を1回押してもドットが表示されないバグを修正 [2021/06/16]
   
※ パターン作成画面で[EXIT]キーで最初のメニューに戻るよう修正 [2021/06/24]
   
※ パターン作成画面での操作説明表示を 125 dot x 61 dot の範囲内に収める [2021/06/26] 
   ・チューンアップツール
で [F5] を押して得られる設定を推奨
   初期パターンは、手入力だけでなくプリセットした16個の初期設定から選択可能

電卓表示のの狭い世界でも、パターンが変化する様子は面白くて飽きません。純正Casio Basic ではライフゲームは無理ですが、C.Basic で実現しました。


   ライフゲーム Ver 2.45F (高速化バージョン)
   ※ 手動パターン入力時、[EXE]を1回押してもドットが表示されないバグを修正 [2021/06/16]
   
※ パターン作成画面で[EXIT]キーで最初のメニューに戻るよう修正 [2021/06/26]
   
※ パターン作成画面での操作説明表示を 125 dot x 61 dot の範囲内に収める [2021/06/26]
   ・チューンアップツール
 が無くても高速に動作
   ・チューンアップツール で [F5] を押して得られる設定で使うとさらに高速化
   Ver. 2.45 のパターン更新処理をまとめて1つの関数にすることで、高速化したものです。



ライフゲームの遊び方
  ・C.Basic で LIFE245 か LIFE245F を起動

  ・メニューで [F1] (手入力) か [F6] (16個のプリセットから選択) かのどちらかを選ぶ
   Manual_1_1st_Menu

  [F1] 手入力の場合 - FXモデルでの画面例
  ・操作方法の説明を表示 
   Manual_2_OpGuide
   - [F1] で次に進む

  ・パターン作成画面になる
   ManuL_3_Input_Screen_new

  ・[EXE]キーを押すと十字カーソルが現れる
   ManuL_4_Input_1st_Cursor_Pos_new
   矢印キーでカーソルを上下左右に移動させ、[EXE]キーを押せばその位置のピクセルがONになる
   カーソルの座標 X, Y の座標値が表示される

  ・[EXE] ⇒ カーソル移動 ⇒ [EXE] を繰り返してパターンを作成
   Manual_6_Gen0_Pattern_new Manual_Pattern
   - [EXIT] キーを押せば、パターン作成を中断して最初の画面に戻る

  ・[DEL] キーを押すと、パターンが1世代進む
   Manual_7_Gen1_Pattern_ne
   右上に世代が表示される
   - [(-)] キーを押せば1世代進む
   - [EXE] キーを押せば世代が連続して進む
   - [EXIT] キーを押せば世代更新を中止して、世代数と所要時間を表示

  ・上の初期パターンが1316世代目になった画面 (例)
   Manual_8_gen1316_Pattern_new

  ・
[EXIT] キーを押すと、世代更新を中断して結果表示
   
Manual_9_Result
   
[SHIFT] [F6] を押すと、1316世代のパターン画面に切り替えられる

  [F6] プリセットパターン選択の場合 - CGモデルでの画面例
  ・
メニューで [F6] (16個のプリセットから選択) を押す
   
1_Cont_Menu

  ・
プリセットパターン1を表示
   
2_Cont_Pattern1_new

  ・
[↑] / [↓] キーでパターンを選ぶ
   
3_Cont_Pattern13_new
   
(例) 13個目のパターン (グライダー銃) を選ぶ

  ・
[F1] キーでプリセットパターンを確定
   4_Confirm_Pattern_new

  ・
プリセットから確定したのち [EXE] を押して手入力でチョイ足しできる
   5_Add_Dots_new
   
[EXE] で十字カーソルを表示 ⇒ 矢印キーでカーソル移動 ⇒ [EXE] でピクセルON

  ・[DEL]
で1世代目のパターンに進む
   6_Gen1_new
   
- [(-)] で1世代進む
   -
[EXE] で連続して世代が進む
   - 世代が連続して進んでいる時 [(-)] を押せば一旦停止

  ・
世代が連続して進んでいる時 [(-)] を押せば一旦停止
   
7_Gen231

  ・[EXIT]
キーでゲーム終了し、その時の世代数と最初からの実行時間を表示する
   8_Result_new
   - [SHIFT] [F6] を押すと 終了時のパターンの画面に切り替えられる


  プリセット初期パターン

   <パターン1>
   pt1 
   174世代目で安定状態になる。
   

   <パターン2>
   pt2 
   こんなに小さい5ピクセルから、大きく広がりながらグライダーを5機発射する。
   6機目のグライダーは途中で消滅。一般にはかなり長寿命だが、 電卓の狭い世界では
   652世代目で安定状態になる。
   

   <パターン3>
   pt3 
   たまたま見つけた面白いパターン。
   大きく広がらないのに、安定状態になるまで517世代と長寿命なのが特徴。
   

   <パターン4>
   pt4 
   たまたま見つけたパターン。横に広がり218世代目で安定状態になる。
   

   <パターン5>
   pt5 
   たまたま見つけた面白いパターン。
   途中から、画面全体のピクセルで計算と描画を行い負荷が最大になるので、
   プログラムのスピード評価に使える。
   グライダーを6機発射し、そのうち2機は途中で消滅。
   飛び去るグライダーを別にすれば、495世代目で安定状態になる。
   

   <パターン6>
   pt6 
   たまたま見つけた寿命の長いパターン(658世代)。
   但し、狭い画面よりも広がろうとするので、境界での特異現象あり。
   

   <パターン7>
   pt7 
   固定パターン(ブリンカー)の1つ。床屋さんのサインのようだ。
   

   <パターン8>
   pt8
   グライダーが反射を続けて往復移動する様子が面白い。
   

   <パターン9>
   pt9 
   グライダー: 回転しながら斜めに移動してゆく。
   

   <パターン10>
   pt10 
   小さい宇宙船と大きい宇宙船: 横に直進する。
   小さい宇宙船は壁に当たるとグライダーに変身する(画面端での特異ケース)。
   

   <パターン11>
   pt11 
   左右に往復運動するパターン(シャトル)。
   

   <パターン12>
   pt12 
   往復移動するパターン(シャトル)の1つ。
   壊れて消えそうで、消えずに往復運動するのが面白い。
   

   <パターン13>
   pt13 
   グライダー銃: MITのゴスペラーが最初に見つけた無限増殖するパターン。
   次々にグライダーが発射される。
   
   
   <パターン14>
   pt14 
   シュッシュポッポ列車 (Puffer Train): 煙(スパイク)を残しながら移動する。
   

   <パターン15>
   pt15 
   移動するパターン。ゴミ(スパイク)を残さないのが面白い。
   

   <パターン16>
   画面全体にランダムに生成させる初期パターン
   



<目次に戻る>



プログラムのロジックについて

単純な規則に従って LIFE245.g1m を書いていますが、1つだけ工夫しています。結構な量の行列計算を出来るだけ少なくするために、パターンの周りの最低限必要なビットマップ領域だけの配列計算をするようにしています。ビットマップ領域の拡大に伴ってフレキシブルに行列の要素数を拡大しているので、パターンの領域が広がるにつれて両列計算処理に時間がかかるようになります。

LIFE245F.g1m は、ライフゲームの規則に従ってパターンを進化させるブロック (下記) を、丸ごと専用関数 DotLife() に置き換えた高速化バージョンです。具体的には、LIFE245.g1m の以下の部分を DotLife() に置き換えています。

LIFE245.g1m : パターンを進化させるブロック
 '== Calc Next Map ==
 For T→Y To B
 For L→X To R
 0→C
 CellSum(Mat B[X,Y])→C
 If Mat B[X,Y]:Then
 If C≦1 Or C≧4:Then
 0→Mat C[X,Y]
 IfEnd
 Else
 If C=3:Then
 1→Mat C[X,Y]
 IfEnd
 IfEnd
 'Expand Map Area
 If C:Then
 If l≦2:Then 2→l
 Else X≦l⇒Dsz l:IfEnd
 If r≧126:Then 126→r
 Else X≧r⇒Isz r:IfEnd
 If t≦2:Then 2→t
 Else Y≦t⇒Dsz t:IfEnd
 If b≧62:Then 62→b
 Else Y≧b⇒Isz b:IfEnd
 IfEnd
 Next:Next
 l→L:r→R:t→T:b→B


LIFE245F.g1m : 関数に置き換えたブロック
 '== Calc Next Map ==
 DotLife(Mat B,L,T,R,B)→Mat C


見て判るように、'== Calc Next Map == ブロックは、ライフゲームの規則通りに所定の領域内のパターンを1世代更新しています。この処理をごっそり DotLife() 関数で処理させています。

さて、C.Basic はインタープリタで、プログラムを読み込みながら動作します。将来的にコンパイラ版も構想しており、 DotLife() 関数は、バイナリレベルで処理しており、コンパイラ版の動作速度をシミュレートしたものです。その結果 7.7倍高速化しています。コンパイラ版はそれ以上の高速化が期待されます。

なお、実際のコードは、ダウンロードしたzipファイルを解凍して得られる textフォルダ内にあるテキストファイルをご覧下さい。

さて、サブルーチン LMAP2P.g1m では、配列データとしてプリセットパターンを記述していて、それをビットマップとして画面に表示するようにしています。プリセットパターンは、矢印キーで切り替えます。16パターン目は、画面全体にランダムにドットを書いています。
<目次に戻る>



各モデルでの処理速度
fx-9750GIII を使い、LIFE245LIFE245F について、ノーマル 58.9MHz (Ftune3[F1]の設定) と 235.9 MHz (Ftune3{F5]の設定) で処理時間を調べます。プリセットパターン3 は、電卓の画面の外に広がらず、517世代まで変化が続く面白いパターンなので、このパターンが517世代になるまでの時間を比較します。

この測定のため、プログラムソースの '== Key Operation == のすぐ上の行に以下を追加します。
 G=517⇒Break
  '== Key Operation ==

すると、517世代のパターンを描画した直後に世代進化を止めて、最後の表示にジャンプし、以下のような表示をしてプログラムが終了します。本プログラムでは、操作による時間を含まず、パターンの世代更新の実時間を計測しているので、精度の良い処理時間が表示されます(ノーマルクロックで LIFE245F.g1m 実行の例)。
 Display_Result
※ USBケーブルでPCと接続し、カシオ提供の Screen Receiver でPCに画面を表示、pngファイルとしてダウンロードしたのが上のイメージです。Screen Receiver に接続するとパターンの変化がリアルタイムでPCに表示され、その結果517世代までの時間が41.64 秒になっており、USB接続していない時 (34.47 秒) よりも処理時間が長くなっています。PCにリアルタイム表示させると表示のためのオーバーヘッドがあるようです。


LIFE245, ノーマル 58.9MHz - 258.2秒 (4分18.2秒) [2021/06/14 修正]
 

  描画領域が広がるにつれ、目に見えて描画が遅くなることが確認できます。


LIFE245, チューンアップ 235.9MHz - 59.4秒
 

  Ftune3[F5] の設定 235.9MHz でようやく実用的な速度になります。


LIFE245F, ノーマル 58.9MHz - 34.4秒
 

  DotLife() 関数を用いた LIFE245F では、ノーマル設定 58.9MHz でも十分に速くなります。


LIFE245F, チューンアップ 235.9MHz - 7.8秒
 

  DotLife() 関数を使った LIFE245F は、Ftune3[F5] 設定にすると、非常に高速になります。 


複数のモデルでFLIE245Fを走らせ、 パターン3の517世代までの処理時間をまとめます。
モデルOSノーマルクロック
チューニングツール
[F1]設定
処理時間
チューンアップ
チューンアップツール
[F5]設定
処理時間
fx-CG503.50115.16 MHz24.0 秒196.01 MHz12.8 秒
fx-CG202.0058.90 MHz24.1 秒250.05 MHz14.7 秒
fx-9750GIII3.4058.90 MHz34.5 秒235.90 MHz7.8 秒
fx-9860GII (SH4)2.0929.49 MHz36.1 秒235.93 MHz5.5 秒
fx-9860GII (SH4)2.0429.49 MHz36.2 秒235.93 MHz5.6 秒
fx-9860G AU1.0329.49 MHz49.6 秒117.96 MHz19.0 秒
fx-9860GII SD (SH3)2.0029.49 MHz49.7 秒117.98 MHz19.0 秒
fx-9860G2.0029.49 MHz49.8 秒117.96 MHz19.1 秒
fx-9860G Slim1.1029.49 MHz49.9 秒117.96 MHz19.1 秒
fx-9860G Slim2.0029.49 MHz49.9 秒117.96 MHz19.1 秒

ノーマルクロックでは、fx-CG50 が最速です。一方、チューンアップの場合は、モデルによりオーバークロック可能レベルが異なり、最速は fx-9860GII / SD (SH4) となっています。

このようにライフゲームと新旧様々なモデルで動作します。お持ちのモデルに適切にインストールして遊んでみてください。

<目次に戻る>



ライフゲームに関するサイト
ライフゲームについての情報をまとめました。

ライフゲームの解説
ライフゲームの世界 - 複雑系コミュニティ動画 by はむくん - 超お勧め
 ライフゲームの世界1【複雑系】
 ライフゲームの世界2【複雑系】
 ライフゲームの世界3【複雑系】
 ライフゲームの世界4【複雑系】
 ライフゲームの世界5【複雑系】
 ライフゲームの世界6【複雑系】
 ライフゲームの世界7【複雑系】
 ライフゲームの世界8【複雑系】
 ライフゲームの世界9 最終回【複雑系】
▶ 人口知能に関する断創録 - ライフゲームの世界
▶ 人口知能に関する断創録 - ライフゲーム 
▶ ライフゲームから生命誕生(前編)
▶ ライフゲームから生命誕生(後編)
▶ 数字の難民 - ライフゲームを知っていますか?《機械仕掛けの生物》
▶ ウィキペディア - ライフゲーム

▶ ライフゲーム入門 (Introduction The Game of Life)
▶ 続・ライフゲーム入門 (Game of Life Demo)


fx-5800P でライフゲームを作った人が居た!
▶ nimu.akhの日記: 関数電卓でライフゲーム


ライフゲームの数学的側面
▶ ウィキペディア - ライフゲームの物体一覧
▶ ウィキペディア - セル・オートマトン
▶ ウィキペディア - チューリングマシン

<目次に戻る>





応援クリックをお願いします。励みになるので...
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ


 




keywords: fx-9860GIICasioBasic、プログラミング入門グラフィックスプログラム関数電卓

リンク集 | ブログ内マップ

関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

Casio Pyhton - 目次

Python Casio Python
 Casioグラフ関数電卓の Python を使ってみる
     
- 目 次


初版:2020/06/13
更新:2022/02/21


コードを書いて実際に動かしてみる、さらにコードを書いて動かしてみる、これの繰り返しで実際に手を動かして学習をすすめるのがプログラミング学習の近道です。当ブログでは、2つの Casio Python 入門コースを用意します。

なおカシオのグラフ関数電卓の Python モード (Casio Python) は、MicroPython Ver 1.94 のライセンス下で実装されています。そこで MicroPython 自体の仕様やカシオが実装時の導入した独自仕様が、パソコンで動作する Python (uPython) と異なっている部分を調べて、読者と共有することも連載の目的です。


 目 次

ある程度プログラミングの経験がある人向けの連載と、過去のプログラミング経験が殆ど無い人向けの2つの連載を進めます。
これらの連載では、以下のモデルとOSバージョンを前提にします。
Casio fx-CG50 OS3.40 以降 (日本国内サポートあり)  ⇒ fx-CG50 の概要
Casio fx-9750GIII OS3.40 以降 (日本国内では非売品)  ⇒ fx-9750GIII の概要
Casio fx-9860GIII OS3.40 以降 (日本国内では非売品)  ⇒ fx-9860GIII の概要

< 1 > プログラミング経験者のための Casio Python (←クリック)
Python を基礎から勉強するのではなく、パソコンで使う高級言語や Casio Basic でのプログラミング経験がある人 (管理人もその部類) がとりあえず Casio Python でコードを書いて、納得しながら進める連載。
その実態は、管理人の学習プロセスに沿って色々なプログラムを作ってゆく過程を紹介するもの。

< 2 > Casio Python 入門 (←クリック)
プログラミングをあまり知らない人が Python を基礎から学びながら Casio Python を使えるようになるための連載。基礎と重要なポイントを1歩づつ抑えながら、サンプルスクリプトを書いてから動作確認を行うようにして進めます。

< 3 > Casio Python のリファレンス (←クリック)
連載記事とサンプルスクリプトを作成しながら判ったことをまとめたものです。Casio Python 特有の仕様も含んでいます。Casio Python のオブジェクト一覧、ステートメント、メソッド(関数)、特有な動作環境、そして e-Gadget オリジナルのユーザーモジュールも紹介します。

< 4 > コラム
Casio Python についてのトピックスの紹介。

< 5 >
Python の無料入門書
Python そのものを無料で基本から学べる入門書を紹介




プログラミング経験者のための Casio Python 

0. Casio Python のポテンシャル
Casio Python のグラフィックス描画は Casio Basic より100倍以上速い


1.
はじめに: 電卓で作る初めてのスクリプト
Pythonモード (Casio Python) でのスクリプト作成/編集の概要
  1.1 Casio Python での初めてのスクリプト
   1.1.1 fx-CG50 の準備
   1.1.2 Casio Python の起動
   1.1.3 スクリプトファイルの作成
   1.1.4 スクリプトの作成
   1.1.5 スクリプトの実行
  1.2 シェル画面
  1.3 スクリプト作成と編集の2つの方法
    Note: Python スクリプトファイルの正体
    Note: VIsual Studio Code について


2. Casio Python とは?:MicroPython と CPython
Casio Python は、CPython のサブセット版である microPython をカスタマイズしたもの
  2.1 Casio Python の素性
   2.1.1 MicroPython 1.9.4
    Note: Casio Python へのライセンス
   2.1.2 CPython 3.5.4
  2.2 Casio Python に組み込まれているオプジェクト名の一覧
    Note: CGモデルとFXモデルでの出力の違い
  2.3 Casio Python の学習方法


3. Casio Python の入出力:プログラムのデザイン
Casio Python (OS3.4/3.5) は入出力機能がとても限定的である
  3.1 入力 - input()
    Note: Casio Python の制限
  3.2 出力 - print() とグラフィックス出力関数
    Note: シェル画面とグラフィックス画面の切替
  3.3 Casio Pyhton で作るプログラム


4. Casio Python への移植:モンテカルロ法 (1)
Casio Python でスクリプトを書くための最低限の知識を紹介
    Note: モンテカルロ法による円周率の計算方法
  4.1 コメントの書き方
    Python公式: Comments
    Note: PEP 8
    Python公式: Docummentation Strings (Docstrings)
  4.2 モジュールの呼び出し - import
  4.3 メニュー機能の作成
    Reference: ⇒ input( )
    Note: Pythonでの文字列 - ' ' と " "
    Note: int( )
    Note: if 文
    Note: Python のデータ型
    Note: str( )
  4.4 circle() 関数の作成
    Note: continue
    Reference: ⇒ range( )
  4.5 グラフィックス出力
    Note: Casio Python 組み込み関数を調べる
   4.5.1 自作関数 circle() で円を描画
    Note: 文の句切り文字 - ;
   4.5.2 draw_string() 関数で文字列を出力
    Note: while 文
   4.5.3 while 文により繰り返し
   4.5.4 random() 関数により正方形内の座標(x, y)を取得
   4.5.5 set_pixel() 関数で (x, y) に点を描画
   4.5.6 点の座標から円周率を計算
    Note: モンテカルロ法による円周率の計算方法 (再掲)
    Note: 累乗演算子 - **
    Note: 累算代入演算 (+=, -=, *=, /=, %=)
    Note: 四捨五入 - round( )
   4.5.7 draw_string() 関数で回数と円周率を表示
   4.5.8 draw_string() 関数でシミュレーション終了の表示


5. 関数の作成と活用:grp_color() 関数の作成
Casio Python での関数の作り方と使い方の基本を紹介
  5.1 関数の引数について
  5.2 関数内の変数の有効範囲 - 変数のスコープ
  5.3 circle() 関数の拡張
  5.4 色指定関数を追加
   5.4.1 RGBによる色指定
   5.4.2 タプル型
   5.4.3 色指定方法の拡張
   5.4.4 グラフィック画面での色指定関数 grp_color() 関数の作成
    Note: type( )
    Note: リストの定義
    Note: タプルの定義
    Note: Python の比較演算子
    Note: 帰属検査の in
  5.5 circle() 関数拡張の書き換え
  5.6 モンテカルロ法(2) - monteca2.py


6. グラフィックス出力関数の追加:line() とユーザーモジュールの作成
ユーザーモジュールの作り方と使い方を紹介
  6.1 line() 関数の作成
  6.2 グラフィックスユーザーモジュールの作成
  6.3 line() 関数の動作確認 - ckLine.py
  6.4 line() 関数の動作確認 - ckLine2.py
    Note: 除算の余りを求める - %


7. テキスト出力関数の追加:locate() をユーザーモジュールに追加
Casio Python では必須の locate( )関数の作成と使い方を紹介
  7.1 locate() 関数の作成
   7.1.1 フォントピッチ dx, dy の設定
   7.1.2 column から x を、row から y を算出
   7.1.3 フォントサイズ指定の処理
   7.1.4 locate() の完成 
  7.2 locate() をユーザーモジュールに追加
  7.3 locate() の動作確認 - ckLocate.py
  7.4 モンカルロ法(2) - monteca3.py


8. シェル画面入力の工夫:高速素因数分解(1)
Casio Basic から Casio Python へ強引に移植する例
  8.1 高速素因数分解プログラム - FactorG のざっくりした分析
  8.2 入力と入力値のチェック
    エラーを検知し制御を取り戻す - Try / except
  8.3 変数の初期化
  8.4 素数が素因数かどうかをチェック
    Note: Python の単文と複文
  8.5 "エラストテレスの篩い" で素因数の探索
  8.6 ckpwr() 関数の作成
  8.7 disp() 関数の作成 


9. Python らしい反復処理:高速素因数分解(2)
オプジェクト指向言語 Python ならではの for の使い方を紹介
  9.1 frac() 関数をユーザーモジュール (u.py) に追加
  9.2 不要な処理を削除
  9.3 disp() 関数のスリム化
    Note: range( ) の書式
  9.4 素数が素因数かどうかをチェックする部分のスリム化
  9.5 素因数を探索する残りの部分のスリム化
  9.6 スリム化したスクリプト - FactorG2.py
    Note: Casio Python スクリプトファイルのサイズ制限


10. 大きな数の計算:高速素因数分解(3)
Casio Python では15桁の精度が得られることを利用する事例を紹介
  10.1 変更箇所の洗い出し
  10.2 増加する素因数に合わせて表示桁数を拡張する - disp() の変更
  10.3 入力桁数の制限を拡張し、それに合わせてエラー表示を変更する
  10.4 素因数探索回数の表示を追加する
  10.5 素因数が10桁を超えるときの表示の変更 - disp() の変更


11. 関数呼出オーバーヘッド:高速素因数分解(4)
Casio Python は関数呼出が比較的速い - 関数を無くせばさらに高速化可能
  11.1 関数呼出あり (ver 3) となし (ver 4) の実行速度の違い
  11.2 Casio Python の関数呼出オーバーヘッド


12. 要素数の多いリスト:高速素因数分解(5)
Casio Python は巨大リストを処理するスクリプト実行時にスタックサイズエラーが発生する
⇒ CPythonではジェネレータで対処。本事例では処理速度優先のためジェネレータ使わず...
  12.1 増分リストを拡張する
  12.2 要素数480個の探索数増分リスト
  12.3 探索数を拡大して15桁対応高速素因数分解のスクリプト
  12.4 探索数拡大による高速化
  12.5 増分リストをさらに拡張する


13. 10進数除算の出力と精度:高速素因数分解(7)
Casio Python 内部演算精度15桁が原因で、割り切れる整数の除算が浮動小数点になることがある
  13.1 Casio Python での除算結果のデータ型
  13.2 Casio Python での関数計算結果のデータ型
  13.3 Casio Python での除算計算の精度
    Note: Windows版 Python のインストール
    Note: 浮動小数点演算 - その問題と制限 (Python 公式サイト) 参照
  13.4 0 および負の整数入力の処理
  13.5 入力ルーチンの修正
   13.5.1 入力委が小数点以下 0 の小数の場合に処理を追加 
   13.5.2 入力値が負の数値の場合の処理
   13.5.3 入力が 0 の時の処理
  13.6 完成した FactorG7.py の動作確認


14. CGモデルとFXモデルのPythonモードの違い
CGモデルとFXモデルの判定方法とその関数化を紹介
  14.1 CGモデルからFXモデルへのスクリプトの移植
   14.1.1 CGモデルからFXモデルへのスクリプト移植のポイント
   14.1.2 CGモデルとFXモデルの判定方法
  14.2 FXモデルのPythonモードの制限 - バッファサイズ
   14.2.1 編集できるスクリプトファイルの行数制限
   14.2.2 print() 出力のスタック・バッファサイズ
   14.2.3 Shell 画面出力のスタック・バッファサイズ
  14.3 Casio Python自体の機能の違い
   14.3.1 CGモデル OS3.40 と OS3.50 の違い
   14.3.2 CGモデル OS3.50 と FXモデル OS3.40 の違い


15. RGB値による色設定
fx-CG50 のカラー液晶は16bitカラーであることを理解した上で、RGB値で色指定する方法を紹介
⇒ ピクセルの色指定と色読取りの実験を CGモデルとFXモデルで実施
  15.1 RGB値の色を確認するプログラム
  15.2 fx-CG50 の高精細カラー液晶 - 実は 16bit カラー
  15.3 モノクロ液晶モデルでのRGB値による色設定
  15.4 RGB値でのピクセル色設定と読取りの実験 - CGモデルとFXモデル


16. circle() 関数のFXモデルへの拡張
画面の画素数が異なる CGモデルとFXモデルの両方に対応したスクリプト作成を紹介
  16.1 CGモデルとFXモデルの場合分け
  16.2 circle() 関数を使ってみる



17. shell 画面とグラフィック画面の活用:コラッツ問題
出力先としてグラフィックス画面とシェル画面の両方を活用する事例を紹介
  17.1 コラッツ問題 (Collatz Problem) とは?
  17.2 コラッツ数列の計算
  17.3 出力の工夫ポイント
   17.3.1 input() での入力
   17.3.2 フォントサイズを変えて添え字の描画
   17.3.3 リアルタイムに変わる数値の表示
   17.3.4 グラフの描画
   17.3.5 数列の最大値を求めて表示
   17.3.6 shell 画面でのスクロール出力
  17.4 コラッツ問題で遊んでみる

18. Casio Pyhton - turtle / matplotl モジュール 
Casio Pyhton用 turtle / matplot モジュールの入手

[準備中]





Casio Python 入門

(以下予定)

00. はじめに

01. Casio Python に触れる(1)

02. Casio Python に触れる(2)

03. 変数・代入とオブジェクト

04. Python の基本

05. 条件分岐と繰り返し

06. 組込型とオブジェクト

07. ユーザ定義関数
  
08. クラスの基本







[準備中]





リファレンス

Casio Python - オプジェクト一覧 (← をクリック)
Casio Python に実装されているものを網羅しています。
  • オブジェクト一覧には、個別に作成したリファレンスへのリンクがあります。
  • 個別のリファレンスには、Python 公式サイトでの解説へのリンクを掲載しています。
  • 個別のリファレンスには、Casio Python 独自の項目を優先して記述します。
  • 一旦作成したものは、随時追記。修正します。


e-Gadgetで作成したユーザーモジュール - オブジェクト一覧 (↓下記)
e-Gadget で作成したユーザーモジュールに含まれているもの

最新バージョン: ver 1.5 <ダウンロード>
サポートモデル / OS:
  ・CGモデル - fx-CG50 / OS3.40以降
  ・FXモデル - fx-9750GIII
/ OS3.40以降
  ・FXモデル - fx-9860GIII
/ OS3.40以降

ファイル名: u.py / ufx.py
  全サポートモデルに対応 - CGモデル/FXモデルの自動判定機能あり
  ・ufx.py は FXモデルで開くために、u.py から一部コメントを削除して150行以下にしたもの
実装オブジェクト
  isCG(): CGモデルかFXモデルかを判定
  grp_color(): グラフィック描画関数の様々な色設定をタプル型に変換
  circle(): グラフィックス画面に円を描画
  line(): グラフィック画面に線分を描画
  locate(): グラフィック画面にテキストを出力
  frac(): 浮動小数点型数値の小数部を取得





コラム


 Casio Python - Casio Education で e-Gadgetのモンテカルロ法が紹介







応援クリックをお願いします。励みになるので...
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ


 


keywords: fx-CG50Pythonfx-9750GIIIfx-9860GIIIプログラム関数電卓

リンク集 | ブログ内マップ
関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

Casio 電卓の自己診断機能

Casio 電卓の自己診断機能 - 目次 -


 
2022/02/15
追記更新 2022/02/19


1. プログラム関数電卓の自己診断機能

fx-5800P



2. グラフ関数電卓の自己診断機能

fx-9860G / fx-9860G Slim

fx-9860GII / fx-9860GII SD

fx-9860GIII / fx-9750GIII

fx-CG20

fx-CG50



3. スタンダート関数電卓のの自己診断機能

fx-290

fx-260 Solar II

fx-991MS

fx-991MS 2nd edition

fx-995ES / fx-993ES / fx-991ES

fx-991ES PLUS 2nd edition

fx-115ES PLUS 2nd edition

fx-375ES A

fx-JP900 / fx-JP700 / fx-JP500






応援クリックをお願いします。励みになるので...
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ


 


keywords: プログラム関数電卓、プログラミング、Casio Basic、CFX-9850GC PLUS

リンク集 | ブログ内マップ


関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

fx-CG20 のイースタエッグ - 自己診断機能

  ▶ CASIO電卓の自己診断機能 - 目次


 2022/02/19

fx-CG20 のイースターエッグ/自己診断機能を紹介する。


fx-CG20 の診断モード


fx-CG20_L注意! 
自己診断機能の中には、データリセット (データ消去) するメニューを含んでいるので、万一に備えて自己診断機能を使う前に、必ずバックアップをしておくことを勧める。


診断モードに入るには、先ず電源OFFの状態で、[OPTN]+[EXP] を同時押しながら、[AC/ON] を長押しすると、

=DIAGNOSTIC MODE=
Factory Use Only!

 Press : [EXIT]


と表示されるので、 [F1] を押す。ここで [EXIT] を押すとリスタートする。
[F1] を押して自己診断モードに入ると以下のように表示される。

=DIAGNOSTIC MODE=
Factory Use Only!
Delete all data?
   Yes  :  [9]
   No   :  [EXIT]


ここで、[EXIT] を押すとリスタートする。[9] を押すと、自己診断メニューに入ります。

[LY755DZ MAIN]        111
 1.PATTERN   5.SERVICE
 2.FUNC     6.Send-Rec
 3.TEST      7.Rec-Send
 4.VERSION        0.RESET
 +.VER&SUM 
 
     QUIT  : [EXIT]

このメニューで、[EXIT] を押すとリスタートする。

ここで左上に表示される LYxxxxx は、機種とOSバージョンで異なる。


1.PATTERN を実行する。画面の指示に沿って操作すると、ROM VERSIONの表示、ROM TEST、RAM TEST、ディスプレイ テスト ([EXE] で次に進む)、1部のキーのチェック と進み、さらに外部機器を使う診断と思われるチェックが続く。最後に自己診断メニューに戻る。

2.FUNC を実行すると、ROM VERSIONの表示、ROM TEST、RAM TEST、ディスプレイ テスト ([EXE] で次に進む)、全キーのテストと進み、さらに外部機器接続が前提と思われるテストが続き、自己診断メニューに戻る。

3.TEST を実行すると、LCD、KEY、ROM、RAM、DETCT、TRANS、CURRENT、OTHERS の項目をチェックできる。

4.VRSION を実行すると、ROM VERSION を表示する。

5.SERVICE を実行するとサービスIDが表示される。

6.Send-Rec を実行すると、外部機器接続が前提と思われるテストが複数あり、自己診断メニューに戻る。

7.Rec-Send を実行すると、外部機器接続が前提と思われるテストが複数あり、自己診断メニューに戻る。

0.RESET を実行するとリスタートする。

+.VER&SUM を実行すると、ROM VERSION (OSバージョン) の表示、ROM テストを行える。







応援クリックをお願いします。励みになるので...
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ


 

 
keywords: グラフ関数電卓、fx-9860GII、fx-9860GIi SD、イースタエッグ、診断機能

リンク集 | ブログ内マップ
関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

fx-9860GIII / fx-9750GIII のイースタエッグ - 自己診断機能

  ▶ CASIO電卓の自己診断機能 - 目次


 2022/02/19

fx-9860GIII / 9750GIII のイースターエッグ/自己診断機能を紹介する。


fx-9860G / 9860G Slim の診断モード


9750GIII_9860GIII
            fx-9750GIII                          fx-9860GIII

注意! 
自己診断機能の中には、データリセット (データ消去) するメニューを含んでいるので、万一に備えて自己診断機能を使う前に、必ずバックアップをしておくことを勧める。


診断モードに入るには、先ず電源OFFの状態で、[OPTN]+[EXP] を同時押しながら、[AC/ON] を長押しすると、

=DIAGNOSTIC MODE=
Factory Use Only!

 Press : [EXIT]


と表示されるので、 [F1] を押す。ここで [EXIT] を押すとリスタートする。
[F1] を押して自己診断モードに入ると以下のように表示される。

=DIAGNOSTIC MODE=
Factory Use Only!
Delete all data?
   Yes  :  [9]
   No   :  [EXIT]


ここで、[EXIT] を押すとリスタートする。[9] を押すと、自己診断メニューに入ります。

[GY383A MAIN]        110
 1.PATTERN   5.SERVICE
 2.FUNC     6.CONTRAST
 3.TEST      7.Send-Rec
 4.VERSION         8.Rec-Send
 +.VER&SUM   0.RESET
  -.CLEAR
     QUIT  : [EXIT]

このメニューで、[EXIT] を押すとリスタートする。

ここで左上に表示される GYxxx は、機種とOSバージョンで異なる。


1.PATTERN を実行する。画面の指示に沿って操作すると、最初にKEY TEST (1部のキーのチェック)、Ver/ROM/RAM TEST、ディスプレイ テスト ([EXE] で次に進む) と進み、さらに外部機器を使う診断と思われるチェックが続く。最後に自己診断メニューに戻る。

2.FUNC を実行すると、全キーのテスト、Ver/ROMRAM TEST、 ディスプレイ テスト ([EXE] で次に進む) と進み、さらに外部機器接続が前提と思われるテストが続き、自己診断メニューに戻る。

3.TEST を実行すると、LCD、KEY、ROM、RAM、DETCT、TRANS、CURRENT、OTHERS の項目をチェックできる。

4.VRSION を実行すると、ROM VERSION を表示する。

5.SERVICE を実行するとサービスIDが表示される。

6.CONTRAST を実行すると、液晶のコントラストを確認・変更できる。

7.Send-Rec を実行すると、外部機器接続が前提と思われるテストが複数あり、自己診断メニューに戻る。

8.Rec-Send を実行すると、外部機器接続が前提と思われるテストが複数あり、自己診断メニューに戻る。

0.RESET を実行するとリスタートする。

+.VER&SUM を実行すると、ROM VERSION (OSバージョン) の表示、ROM テストを行える。

-.CLEAR (要注意!!) を実行すると、メモリ・リセットが行われ、保存しているデータやプログラムが消去される。






応援クリックをお願いします。励みになるので...
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ


 

 
keywords: グラフ関数電卓、fx-9860GII、fx-9860GIi SD、イースタエッグ、診断機能

リンク集 | ブログ内マップ
関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
C# (3)
Online Counter
現在の閲覧者数:
プロフィール

やす (Krtyski)

Author:やす (Krtyski)
since Oct 30, 2013


プログラム電卓は、プログラムを作って、使ってナンボ!

プログラム電卓を実際に使って気づいたこと、自作プログラム、電卓での Casio Basic, C.Basic そして Casio Python プログラミングについて書いています。

なお管理人はカシオ計算機の関係者ではありません。いつでもどこでもプログラミングができるプログラム電卓が好きな1ユーザーです。


写真: 「4駆で泥んこ遊び@オックスフォード郊外」

リンク
月別アーカイブ
Sitemap

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR