楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2006-9

2019/06/13
追記 2019/06/15
更新 2019/12/27
 

今回はカシオ電卓のカタログ2006年9月版を紹介する。前回紹介のカタログから一気に16年後のものだ。

全16ページのうち関数電卓が4ページ。特筆すべきなのは、ポケットコンピュータのカテゴリが消え去っていることだ。

2006年9月版カタログの関数電卓のページ

今回のカタログでは、fx-5800P が NEW として初めて掲載され、一方で FX-603P がカタログから消えた。


FX-603P 掲載カテゴリの謎
前回紹介した1990年12月のカタログの後から今回紹介するカタログの直前まで、実際に確認できる範囲では1994年1月のカタログ以降、2005年1月のカタログ までは、FX-603P はプログラム関数電卓のカテゴリには掲載されておらず、ポケットコンピュータと同じカテゴリの中で "プログラム関数電卓" として掲載されていた。これは、どういうことなのだろうか?
[2019/06/15 追記]
sentaro様から以下を教えて頂いた。
FX-603Pと同じCPUを持つポケコンには FX-840P、FX-860P、FX-860Pvc があり、これらは共通してRS232Cシリアルインターフェスを持っており、共通のインターフェース機器 FA-6s が使えることからポケコンとして共通のハードウェアを持っている。このことから FX-603P がポケコンと同じカテゴリに入れる理由は十分にある、とのこと。 

さらに、今回のカタログから FX-603P を含めてポケットコンピュータのカテゴリが消えた。1981年7月のカタログでポケットコンピュータが新発売になってから25年後に、カシオはポケットコンピュータを FX-603P と共に終焉させたことになる。

長い間、業務用としても使われ続けていたのが FX-603Pでありポケットコンピュータであり、ユーザーに支えられ市場の要求に応え続けたのが FX-603P でありポケコンだったのであろう。そして fx-5800P の登場で FX-603P は製品寿命を終え、安価なノートPCの登場でポケコンは製品寿命を終えた、と当時のカシオが判断したのだと思う。

16年販売が続いた FX-603P の真の後継機と考えられる fx-5800P がついに発売されたタイミングで発行された今回のカタログは、新旧交代の瞬間を捉えた貴重なもので、感慨深い。

 
fx5800P_2006_9

NEW
とあるのでちょうど発売開始のタイミングでのカタログだ。

fx-4850P、fx-4800Pは生産中止となり (★印が生産中止を意味する)、しばらく販売は並行していた。
fx4500PA

fx-4500PA の謎
何故か fx-4500PA が生産継続になっていた。fx-4500PA は2行出力1行入力で、プログラム処理速度は極めて遅い。一方、fx-4800P や fx-4850P は4行出力4行入力で、さらに処理速度が遙かに速い。これら3機種の言語仕様は殆ど同じだ。それにもかかわらず高性能で使いやすい fx-4800P や fx-4850P を生産中止にし fx-4500PA を生産継続する理由がよく分からない。
fx-4500PA取扱説明書   fx-4800P取扱説明書

4行表示の fx-5800P を新たに投入し、販売促進のために、同様に4行表示の fx-4850P と fx-4800P を強制的に退場させたかったのだろうか? それにしても2行表示の fx-4500PA を残す理由はどこにあるのだろうか? fx-4000Pシリーズのユーザー資産であるプログラムをしばらくは引き続き使えるようにする配慮ならば、価格が近くメモリの多い fx-4800P を残す方が良いと思うのだが、謎である。
[2019/06/15 追記]
sentaro様から以下のコメントを頂いた。
fx-4500PAが fx-4850P や fx-4800P に勝っているのは、おそらく電池の持ちが良い点のみだが、これは電卓として重要なポイント。また、今でも残っている2ライン出力1ライン出力のシンプルで小型の電卓と言える。逆に言えば、これくらいしか fx-4500PAが残る理由が考えにくい、とのこと。

[2019/12/27 更新]
新たに発売開始された fx-5800P は、ハードウェア設計やメニューからコマンドを選択する方式に着目すれば、fx-4800P / 4850P からの世代交代機である。一方でプログラミング言語自体は fx-4000P の直系であり、その後 CFX-9850G  シリーズ、そして fx-9860G に引き継がれ、さらに改良が進んたものが fx-5800P に搭載されている。往年の名機 FX-603P を引き継ぐただ1つの製品という位置づけにあることは、カタログが物語っている。そして fx-9860G よりも  fx-5800P がいくつかの点で進化している。例えば 入力命令 ? の追加、また [FILE]キーでプログラムリストを呼び出して実行したり、プログラムのお気に入り登録ができるようになった。関数電卓としては、多くの公式がプレインストールされ、新たに数式を公式として登録でき、一般によく使う関数キーが残っているなど、グラフ関数電卓と、スタンダード関数電卓の良いとこ取りのバランスの良い設計になっている。

私自身は 2007年5月に fx-5800Pを購入し FX-603P を引退させ、現在まで fx-5800P をほぼ毎日利用している。
=== 更新ここまで ===


さてこの時期のグラフ関数電卓は CFX-9850GC PLUS だ。

CFX-9850GC PLUS

CFX-9850G は3色カラー表示のグラフ関数電卓で、ここに掲載されているのは CFXシリーズの最終型だ。★印が付いているので既に生産中止品だ(2005年1月のカタログではNEWが付いていて新発売なので、1年8ヶ月で生産中止)。しかし次機種の掲載がないので、次機種の販売開始が近いことを示している。後継機種である fx-9860G は、2006年9月にはまだカタログに掲載されておらず、まだ国内販売されていない。海外では2005年に発売されている。

ところで、右のTVインターフェース付きの機種は驚くほど高価で、アナログRGB出力というのも時代を伺わせる。今であればUSB出力でPC経由のモニター表示だ。


Casio Basicの系譜 [2019/06/14 修正] 
プログラム言語に着目すれば、CFX-9850GC PLUS 搭載のプログラム言語を進化させた fx-9860G が海外で2005年に登場し、そこからグラフ描画機能とI/Oコマンドを無くし、旧来の命令 (" "、) を改善し、新たに ? (入力)命令を追加したものが fx-5800P に搭載された 。製品の市場投入の時系列に加えて、実際に両者でプログラミングをしてコマンドを詳細に調べた結果から、このように結論づけて良いと思う。(参考:fx-9860GII への移植 - 厄介な旧来の命令

fx-9860G のアップデート機 fx-9860GII には文字列処理機能が追加され、さらに高精細カラー液晶搭載の fx-CG10 / CG20ではカラーコマンドが追加された。

CFX-9850GC PLUSの構造制御コマンドには、例えば IF ~ Then ~ Else ステートメントで Then や Else の直後で改行できない、改行だけの空行はエラーになる、While / Do ループ内に複雑な制御構造があるとスタック処理に失敗してエラーになるなどの惜しい欠陥があったが、次機種の fx-9860G では解決された。fx-5800P でもこの問題は解決されている。fx-4500P 以降の シリーズ最後の fx-48500P までは代入に = を使うが、グラフ関数電卓や fx-5800P では → を使う。fx-5800P 搭載言語は、fx-4000Pシリーズの系統ではなく、グラフ関数電卓の系譜だと言える。


ウィキペディアの間違い [2019/06/14 追記]
ウィキペディアで "プログラム電卓" のエントリには、プログラミング言語の項でキーストローク方式を採用している機種に "カシオのfx-5800Pなど" と記載があるが、これは明らかな誤りだ。"カシオのFX502P, FX602P, FX-603P, fx-4000P シリーズなど" と書き換えるべきだ。或いは単に fx-4800P と書くべきところを 誤って fx-5800P としたのかも知れない。

ちなみに英語版 Wiki Pedia の Programable calculator のエントリーでは、この誤りは見られない。



楽屋裏 - プログラム電卓メモワール1981-2
楽屋裏 - プログラム電卓メモワール1981-7
楽屋裏 - プログラム電卓メモワール1990-12
・楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2006-9
楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2007-12
楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2009-10
・楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2012-03
・楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2013-8
・楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2012-12
・楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2018-01



応援クリックをお願いします。励みになるので...
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ


 


keywords: プログラム関数電卓、プログラミング

リンク集 | ブログ内マップ

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2009-10

2019/06/25
追記修正 2019/06/27
 

今回はカシオ電卓のカタログ2009年10月版を紹介する。

全16ページのうち関数電卓が3ページ。

2009年10月版カタログの関数電卓のページ

今回のカタログのグラフ関数電卓では、fx-9860G が消えて後継機種である fx-9860GII NEW として掲載されている。海外でも2009年に fx-9860GII SD と共に新発売されている。手元の資料では、国内と海外のどちらが先に発売されたかは分からない。

fx-9860GII-2

液晶画面のバックライト機能が特徴だ。国内販売品では fx-9860GII が最初だが、2007年に海外で発売された fx-9860G Slim が初めてバックライト機能を搭載している (国内では発売されていない)。

この fx-9860GII 搭載のCPUは fx-9860G と同様に ルネサスの 32bit SH3カスタムチップが使われていた。このチップを搭載していることは、液晶画面に下に "USB Power GRAPHIC"  と標記されていることでわかる。1つ前の fx-9860G もSH3カスタムチップが使われていて、 同様に "USB Power GRAPHIC" と書かれている。

なお、fx-9860GII には後期型があり、CPUが SH4A カスタムチップに変更された。型式は同じでも液晶下の表記が "USB Power GRAPHIC 2" と変更された。

1つ前の fx-9860G に引き続いてAdd-In 機能が採用されており、カシオ純正のSDKでユーザーがAdd-Inプログラムを作成可能だ。

fx-9860GII は前期品・後期品を含めて国内では2017年半ばまで10年近く販売された。海外では 、2019年6月現在、まだ販売が継続されている。国内向けカタログでは、2013年12月版までは fx-9860GII が掲載されているが、2014年12月版では消えている。

fx-9860GII 搭載のプログラム言語は、1つ前の fx-9860G OS 1.xx  でのバグが修正され、文字列処理コマンドが追加され、プログラムで使える関数が増強された (プログラム言語は OS に含まれる)。この進化は、1つ前の fx-9860G にフィードバックするために、OSアップデートファイルがカシオから無償で提供され、OS 1.xx から OS2.xx にアップデートされた。 



fx-5800P は説明とカタログデザインが大きく変わった。電卓自体は何も変更はない。

fx-5800P_2009-10 

fx-4500P は掲載されなくなり、fx-3650Pfx-71F がその他のプログラム関数電卓として掲載されている。

fx-3650P fx-71F 
搭載言語については、fx-3650P にループ機能、具体的には For文、While文 そして Breakコマンドを追加した((Do文はない)ものが fx-71F に搭載されている。これによりプログラミングの自由度が多少向上しているが、言語としては fx-5800P には遠く及ばない。それでも、繰り返し計算をより便利に行えるようにすることをプログラム機能の主な目的にしているのは、fx-71F の取扱説明書の以下の記述でわかる。

fx-71F_Prog_Manual

fx-3650Pfx-71F 搭載のプログラム言語は、繰り返し計算の利便性を高めるためのマクロ言語とといって良いと思う。



楽屋裏 - プログラム電卓メモワール1981-2
楽屋裏 - プログラム電卓メモワール1981-7
楽屋裏 - プログラム電卓メモワール1990-12
楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2006-9
・楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2007-12
・楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2010-3
・楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2012-03
・楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2013-8
・楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2012-12
・楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2018-01



応援クリックをお願いします。励みになるので...
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ


 


keywords: プログラム関数電卓、プログラミング

リンク集 | ブログ内マップ

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2007-12

2019/06/18
追記更新 2019/06/27
 

今回はカシオ電卓のカタログ2007年12月版を紹介する。

全16ページのうち関数電卓が3ページ。

2007年12月版カタログの関数電卓のページ

今回のカタログでは、電卓販売台数が2006年で累計10億台達成とある。

今回のカタログのグラフ関数電卓では、CFX-9850GC PLUS が消えて後継機種である fx-9860G が掲載されている。fx-9860G は海外では 2005年に発売されているが、日本国内は 2007年 であった。発売開始で NEW と記載されているカタログは残念ながら持っていない。

fx9860G

[2019/06/26 追記]
fx-9860G は、CPU に 日立 (現ルネサス) の SH3カスタムチップ (32bit RISC) を使い処理の高速化がなされた。搭載言語は 1つ前の CFX-9850GC PLUS よりも進化した BASIC-Like 言語で、欧米のカシオファンの間では Casio  Basic と呼ばれている。

1.5MBのストレージメモリを搭載し、そこにAdd-In プログラムを自由に導入できるようになったのが fx-9860G の大きな特徴だ。Add-In機能は、fx-9860Gシリーズと最新の fx-CGシリーズに引き継がれている。

[MENU]キーを押して現れるメニュー画面にある各種機能の多くが、Add-In プログラムとして提供されている。それだけでなく、カシオが提供する純正SDKを使ってユーザーがPCでAdd-Inを作成できた。カシオ純正SDKは、fx-9860G (SD / Slim) や fx-9860GII (SD) のAdd-In 作成に使える。残念ながらカシオは fx-CGシリーズのAdd-In 作成用SDKの提供を止めている。

Add-Inプログラムは、Casio Basic よりも遙かに高速な動作し、Casio Basic で実現不可能な自由度の高い処理が可能になった。
=== 追記ここまで ===

[2019/06/27 追記修正]
なお、極めて初期にはストレージメモリのバックアップ用にリチウムボタン電池(CR2032)を用いるものが混在している。
管理人所有(昨日入手)の fx-9860G AU (OS 1.03) にはストレージメモリハックアップ電池があるが、fx-9860G (OS 1.04) にはバックアップ電池が無い。
=== 追記修正ここまで ===

1つ前の CFX-9850GC PLUS では、PROGRAM-LINK (シリアルケーブルとデータリンクソフト FA-123W) は有償だったが、fx-9860G には USBケーブルと データ通信ソフト FA-124 が付属するようになった。

[2019/06/27 追記修正]
搭載プログラミング言語は OS の一部として提供され、OSアップデートと共にバグフィックスや機能追加が行われる。
初期の OS1.xx の言語は、1つ前の CFX-9860GC PLUS の制限や問題点 が改善されたもので、プログラムで使える関数は追加されていない (MOD、RanInt# など)。
OS 2.xx にアップデートされると、バグ (" "出力命令内に区切り文字 : があるとエラーになる) が修正され、文字列処理コマンドや使える関数が追加された。結果的に後継機種の fx-9860GII とほぼ同じになった。言語仕様としては、 fx-9860G の OS 2.xx でほぼ固まり、fx-CGシリーズにも引き継がれている。

ちなみに、fx-9860G OS 1.xx の初期の言語仕様は、シリアル通信コマンドを除外し、Basicコマンド以外のCasio独自コマンド (" "、、?) を改良し、Locate や Getkey をハードウェアに合わせて変更したものが、fx-5800P の言語とほぼ同じだ (但し例外もあり、例えば RanInt#fx-9860G OS 1.xx になく fx-5800Pにはある)。
大きな流れとして、搭載言語は fx-9860G OS 1.xx をベースに fx-5800P に移植されたと推定している。
=== 追記修正ここまで ===

[2019/06/19 追記]
コメント欄でsentaro様に教えて頂いたところでは、後継機の fx-9860GII に比べて液晶のコントラストが高く応答性も速いとのことだ。つまり次機種では液晶の性能を落としているわけだ。それを検証するプログラムはコメント欄を参照ください。


なお、国内では未発売の fx-9860G SD は2005年、fx-9860G Slim は2007年に海外で発売された。プログラム言語は fx-9860G と同一である。
fx-9860G SD  fx-9860G Slim
  fx-9860G SD             fx-9860G Slim

fx-9860G SD はSDカードにプログラムやデータを保存できたが、SDに保存したプログラムを直接実行することはできない。
fx-9860G Slim はバックライト機能とヘルプ機能が特徴で、国内発売すれば売れたと思う。



fx-5800P はカタログデザインが僅かに変わっただけで、説明は前回の 2006年9月のカタログと同一だ。

fx5800P2007

fx-4500P がまだ残っている。

fx4500PA_fx3650P_fx71F

fx-71F は、前回の 2006年9月のカタログで、fx-5800P と同時に新発売になっていた。 fx-3650P から数値積分機能をはずし、新たに公式を内蔵して価格を下げた設定だ。fx-71F 搭載プログラミング言語は、fx-5800P よりもコマンド数はとても少ない。但し搭載コマンドの機能はほぼ同じになっている。fx-3650P 搭載言語のコマンドは fx-71F よりもさらに少ない。

[2019/06/19 更新]
fx-3650Pfx-71F で作るプログラムは、計算を繰り返し行う程度のならそれなりに有用なマクロとして使えるが、FX-502P/602P/603P で作ったプログラムを移植したくても、コマンドやステートメントが不十分で、同じ機能を移植できないことが多い。fx-3650Pfx-71F の言語は、実用性の高い構造制御ステートメントや入出力コマンドを備えていないので、プログラミング言語としては使い物にならなず、fx-5800Pfx-9860G には遠く及ばない。



楽屋裏 - プログラム電卓メモワール1981-2
楽屋裏 - プログラム電卓メモワール1981-7
楽屋裏 - プログラム電卓メモワール1990-12
楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2006-9
・楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2007-12
楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2009-10
・楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2012-03
・楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2013-8
・楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2012-12
・楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2018-01



応援クリックをお願いします。励みになるので...
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ


 


keywords: プログラム関数電卓、プログラミング

リンク集 | ブログ内マップ

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

楽屋裏 - プログラム電卓メモワール1990-12

2019/06/05
 更新 2019/06/14


今回はカシオ電卓のカタログ1990年12月版を紹介する。

全37ページのうち関数電卓が4ページ、ポケットコンピュータが4ページ割り当てられている。

1990年12月版カタログの関数電卓とポケットコンピュータのページ

FX-603P は1990年に発売開始され、今回の1990年12月のカタログに掲載されている。但し FX-603P は "新発売" になっていないので、同年のより早い時期に発売になったということだ。

FX603P_FX-502P

[2019/06/14 修正]
FX-602P はこの時点で生産中止 (★印がそれを示している) となっているが、FX-602P と並行販売されており、より高性能な FX-603P の方が安価な定価設定になっている。その後 FX-602P はすぐに販売中止となる。一方、FX603P は少なくとも国内では 2006年の fx-5800P 発売開始までの16年間にわたり生産と販売が継続された。これほど製品寿命の長いプログラム電卓は他にないと思う。


ところで、FX-602P のプログラム記憶容量は512ステップで日頃使うプログラムでメモリが一杯になり、何よりも保存できるプログラムとサブルーチンの合計が最大でも10本に限定されるのが問題だった、そこで、記憶容量 1103ステップ以内なら 何本でもプログラムを保存可能 (ファイル名で保存) な fx-4500P を 1990年に購入した。

fx4500P 

ところが、fx-4500P のプログラミング言語は使いにくいことが分かった。FX-502P で出来たことがどうにも実現できず、コマンド自体が少ない。演算速度もFX-502Pよりも遅い。メモリ容量と保存プログラム数以外何も良いところが無く、中途半端なプログラミング言語だ。

そこで、1992年に FX-603P を購入して乗り換えた。FX-602P で作った全てのプログラムが使えた上に、プログラムを20本まで保存でき、記憶可能なステップ数が格段に増え、演算速度も驚くほど向上した。

FX-603P は購入から27年経過しても、現在まだ完全動作する。


世界初のグラフ関数電卓 fx-7000G が 1985年にカシオから発売された。今回の 1990年12月のカタログには、マイナーアップグレードした fx-7000GA が掲載されている。

fx7000GA 
 

[2019/06/14 更新]
ハードウェアとしてみた場合、fx-5800P は、fx-4000Pシリーズの後継機と見えるが、fx-4000Pシリーズの搭載言語は仕様に一貫性がなく(例えば代入に = を使う機種や → を使う機種が混在) 複数行にわたった処理ができす、区切り文字:で繋いで1行に記述することを強いられるなど、言語開発に混乱が見られ、シリーズ最後の fx-4850P でも使い勝手の悪い中途半端な言語のままで fx-4000Pシリーズは終わった。実は fx-4000P (シリーズ最初のモデル) だけがシリーズ中で異なる言語仕様になっていて、ほぼ同時に発売された fx-7000G の搭載言語は fx-4000P にグラフ機能が追加された仕様になっている。

この fx-7000G から始まるグラフ関数電卓の搭載言語は、一貫性を保ちながら進化していった結果、グラフ関数電卓 fx-9860G で現在の仕様に落ち着いた (欧米では2005年発売)。そして、fx-9860G 初期型の搭載言語からグラフ描画機能とシリアル通信機能を削除し、旧来からの命令 (" "、、?→) の仕様を一部改良した仕様が fx-5800P の搭載言語に採用された。

ハードウェアや言語仕様において、FX-603P の系譜は完全に断絶されたが、実用性の高いプログラム関数電卓という FX-603P の立ち位置は、fx-5800P に引き継がれている。その意味で、16年にわたり長く販売されてきたプログラム関数電卓 FX-603P の真の後継機は fx-5800P と言って良いと思う。



楽屋裏 - プログラム電卓メモワール1981-2
楽屋裏 - プログラム電卓メモワール1981-7
・楽屋裏 - プログラム電卓メモワール1990-12
楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2006-9
楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2007-12
楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2009-10
・楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2012-03
・楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2013-8
・楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2012-12
・楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2018-01



応援クリックをお願いします。励みになるので...
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ


 


keywords: プログラム関数電卓、プログラミング

リンク集 | ブログ内マップ

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

楽屋裏 - プログラム電卓メモワール1981-7

2019/06/05
 更新 2019/06/07

今回はカシオ電卓のカタログ56年7月版を紹介する。

全8ページのうち1ページが関数電卓で、プログラム電卓は9機種。これには、FX-501P/502P と FX-601P/602P が含まれる。

56年7月版カタログの関数電卓のページ

FX601P602P


世界初の手帳サイズ型のプログラム関数電卓 FX-501P / FX-502P の後継機 FX-601P / FX-602P が追加されている。1981年2月のカタログには掲載されておらず、7月版に掲載され、しかし "新発売" となっていないので、発売開始は3月~6月の間だと分かる。

私は、FX-602P を1984年6月に購入した。記憶できるステップ数が FX-502P の倍の 512 に増えたことが購入動機だったとしっかりと覚えている。購入から35年経過しても、現在まだ完全動作する。

このカタログには、FX-702P が "新発売" で掲載されている。
FX702P

カシオの初代ポケコンの登場だ。そしてBASIC搭載も初めてではないだろうか?


さらに FX-9000P というPCのような機種が掲載されている。
FX-9000P. 

このカタログが発行された1981年7月は、NEC PC9801初代 (標準価格¥298,000) が発売される前の年で、PC8000シリーズや PC8800シリーズの時代だったことを思い起こせば、確実にPCよりは安い価格設定。業務用に使うことを前提にしているようだが、私自身はこの機種は見たことが無い。FX-9000P という型式からは電卓のカテゴリ-に位置づけられるのだろう。数年前の電卓はこのような外観だったので、当時の人にはこれが電卓と言っても違和感が無かったのだと思う。

"ポケットコンピュータ" と "パーソナルコンピュータ" というカテゴリは、56年2月版にはなくて、今回の56年7月版で新たに登場している。その後、電子手帳、PDA といったカテゴリの製品が花開いてゆくが、今では殆ど無くなっておりスマホのアプリに置き換わっている。

今後、年代順に昔のカシオのカタログを眺めながら、日本のエレクトロニクス技術の変遷を思い出し、味わいたいと思う。



楽屋裏 - プログラム電卓メモワール1981-2
・楽屋裏 - プログラム電卓メモワール1981-7
楽屋裏 - プログラム電卓メモワール1990-12
楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2006-9
楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2007-12
楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2009-10
・楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2012-03
・楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2013-8
・楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2012-12
・楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2018-01



応援クリックをお願いします。励みになるので...
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ


 


keywords: プログラム関数電卓、プログラミング

リンク集 | ブログ内マップ

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

楽屋裏 - プログラム電卓メモワール1981-2


今回はカシオ電卓のカタログ56年2月版を紹介する。

全6ページのうち1ページが関数電卓で、プログラム電卓は5機種。これには、FX-501P と FX-502P が含まれる。

56年2月版カタログの関数電卓のページ

本当のところは、FX-501P / FX-502P 発売開始時の "新発売" と書かれているカタログを入手したいところだが、今回のカタログが手持ちの中で最も古いものだった。

FX501P_502P

世界初手帳サイズのプログラム関数電卓で、アセンブリ風の言語を使って、実用プログラムやゲームなど本格的にプログラミングができた。型式が これら2機種だけ大文字の FX で始まっている。その後発売された新機種機種でも 大文字の FX と 小文字の fx が混在している。私なりの想像であるが、ハードウェアとしてポケコンと同じCPUを使うなど設計が近いものは大文字の FX、最初からポケコンを意識せずにプログラム関数電卓として設計したものは小文字の fx ではないかと思っている。

なお、後継機種の FX-602P は、1981年(昭和56年) に発売されているが、このカタログが発行された 1981年2月は発売直前となるので、FX-602P がまだ掲載されていない。

国内だけでなく世界で高く評価された FX-501P/502P は、業界としても私個人としてもプログラム電卓の原点であり、このカタログが残っていたのは感慨深いものがある。

私が初めて手にした関数電卓が、1979年に親に買ってもらった FX-502P だった。もっぱら関数電卓として使っていて、分子量計算プログラムを作って使っていたくらいだった。初めてプログラムを作ったのが FX-502Pだった。
FX-502P / FX-6-2P / FX-603P のプログラム

購入から40年経過しても、現在まだ完全動作する。
その堅牢な作りには驚くばかりだ。



・楽屋裏 - プログラム電卓メモワール1981-2
楽屋裏 - プログラム電卓メモワール1981-7
楽屋裏 - プログラム電卓メモワール1990-12
楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2006-9
楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2007-12
楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2009-10
・楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2012-3
・楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2013-8
・楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2014-12
・楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2018-01



応援クリックをお願いします。励みになるので...
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ


 


keywords: プログラム関数電卓、プログラミング

リンク集 | ブログ内マップ

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
C# (3)
Visitors
Online Counter
現在の閲覧者数:
プロフィール

やす (Krtyski)

Author:やす (Krtyski)
since Oct 30, 2013


プログラム電卓は、プログラムを作って、使ってナンボ!

実際に触って気づいたこと、自作プログラム、電卓プログラミングについて書いています。

なお管理人はカシオ計算機の関係者ではなく、Casio Basicが面白いと感じる1ユーザーです。


写真: 「4駆で泥んこ遊び@オックスフォード郊外」

リンク
月別アーカイブ
Sitemap

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR