StrUpr( - コマンドリファレンス

Casio Basicプログラミング - コマンドリファレンス
<コマンドリファレンス・トップ>

誤字脱字・記載ミスや分かりにくい表現は随時追記・修正します

2018/01/28

[純正 / C.Basic] [FX / CG]


StrUpr(




文字列を全て大文字に変換し、文字列として返す。

(書式) StrLwrt("<文字列>")
"<文字列>" に含まれる小文字を大文字に変換し、文字列として返す。

※最大文字列長は、純正Casio Basic の999に対してC.Basic は255となっている点に注意。

(キープレス) [SHIFT]-[VARS](PRGM) [F6](▷) [F6](▷) [F1](STR) [F6](▷) [F6](▷) [F1](UprLwr)

(例)
 StrUpr("ABcd123#√uvXYZ")→Str 1
※ "ABCG123#√UVXYZ" がStr 1 に代入される。

(例)
 "Casio Basic"→Str 1
   Locate 1,1,StrUpr(Str 1)
※ テキスト座標 (1, 1) に "CASIO BASIC" を出力する。



応援クリックをお願いします。励みになるので...
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ


 


keywords: プログラム関数電卓、Casio Basic、C.Basic、プログラミング




関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

StrLwr( - コマンドリファレンス

Casio Basicプログラミング - コマンドリファレンス
<コマンドリファレンス・トップ>

誤字脱字・記載ミスや分かりにくい表現は随時追記・修正します

2018/01/28

[純正 / C.Basic] [FX / CG]


StrLwr(




文字列を全て小文字に変換し、文字列として返す。

(書式) StrLwrt("<文字列>")
"<文字列>" に含まれる大文字を小文字に変換し、文字列として返す。

※最大文字列長は、純正Casio Basic の999に対してC.Basic は255となっている点に注意。

(キープレス) [SHIFT]-[VARS](PRGM) [F6](▷) [F6](▷) [F1](STR) [F6](▷) [F6](▷) [F2](Lwr)

(例)
 StrLwr("ABcd123#√uvXYZ")→Str 1
※ "abcd123#√uvxyz" がStr 1 に代入される。

(例)
 "Casio Basic"→Str 1
   Locate 1,1,StrLwr(Str 1)
※ テキスト座標 (1, 1) に "casio basic" を出力する。



応援クリックをお願いします。励みになるので...
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ


 



keywords: プログラム関数電卓、Casio Basic、C.Basic、プログラミング

関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

StrLen( - コマンドリファレンス

Casio Basicプログラミング - コマンドリファレンス
<コマンドリファレンス・トップ>

誤字脱字・記載ミスや分かりにくい表現は随時追記・修正します

2018/01/28

[純正 / C.Basic] [FX / CG]


StrLen(




文字列の文字数 (長さ) を返す。

(書式) StrLen("<文字列>")
"<文字列>" の文字数を返す。

※ 最大文字列長は、純正Casio Basic の999に対してC.Basic は255となっている点に注意。

(キープレス) [SHIFT]-[VARS](PRGM) [F6](▷) [F6](▷) [F1](STR) [F2](Len)

(例)
 StrLen("ABCDEF")→N
※ "ABCDEF" の文字数6が N に代入される。

(例)
 "Casio Basic"→Str 1
   Locate 1,1,StrLen(Str 1)
※ テキスト座標 (1, 1) に "Casio Basic" の文字数11を出力する。

(例)
 "NAME"?→Str 1
   "YOU ARE "+Str 1→Str 1
   Locate 22-StrLen(Str 1),3,Str1
※ 名前を入力させ Str 1 に一旦格納後、名前の前に YOU ARE を付加してStr 1 に格納。
※ Str 1 の長さから、右寄せで出力するための桁 (テキスト座標のY値) は 22-StrLen(Str 1) なので、
  これを用いて、Locate コマンドで YOU ARE xxx を右寄せで出力する。




応援クリックをお願いします。励みになるので...
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ


 



keywords: プログラム関数電卓、Casio Basic、C.Basic、プログラミング




関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

StrRight( - コマンドリファレンス

Casio Basicプログラミング - コマンドリファレンス
<コマンドリファレンス・トップ>

誤字脱字・記載ミスや分かりにくい表現は随時追記・修正します

2018/01/28

[純正 / C.Basic] [FX / CG]


StrRight(




文字列の右から所定の文字数だけ抜き出し、文字列として返す。

(書式) StrRight("<文字列>",n)
"<文字列>" の右端から n文字抜き出したものを文字列として返す。

※最大文字列長は、純正Casio Basic の999に対してC.Basic は255となっている点に注意。

(キープレス) [SHIFT]-[VARS](PRGM) [F6](▷) [F6](▷) [F1](STR) [F6](▷) [F2](Right)

(例)
 StrRight("UVXYZ",3)→Str 1
※ "XYZ" がStr 1 に代入される。

(例)
 "Casio Basic"→Str 1
   Locate 1,1,StrRight(Str 1,5)
※ テキスト座標 (1, 1) に "Basic" を出力する。



応援クリックをお願いします。励みになるので...
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ


 



keywords: プログラム関数電卓、Casio Basic、C.Basic、プログラミング

関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

StrLeft( - コマンドリファレンス

Casio Basicプログラミング - コマンドリファレンス
<コマンドリファレンス・トップ>

誤字脱字・記載ミスや分かりにくい表現は随時追記・修正します

2018/01/28

[純正 / C.Basic] [FX / CG]


StrLeft(




文字列の左から所定の文字数だけ抜き出し、文字列として返す。

(書式) StrLeft("<文字列>",n)
"<文字列>" の左端から n文字抜き出したものを文字列として返す。

※ 最大文字列長は、純正Casio Basic の999に対してC.Basic は255となっている点に注意。

(キープレス) [SHIFT]-[VARS](PRGM) [F6](▷) [F6](▷) [F1](STR) [F6](▷) [F1](Left)

(例)
 StrLeft("ABCDEF",4)→Str 1
※ "ABCD" がStr 1 に代入される。

(例)
 "Casio Basic"→Str 1
   Locate 1,1,StrLeft(Str 1,5)
※ テキスト座標 (1, 1) に "Casio" を出力する。

(例)
 "123456789ABCDEF"→Str 1
   StrLeft(Str 1,11)→Str 1
※ Str 1 が "123456789AB" になる。




応援クリックをお願いします。励みになるので...
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ


 


keywords: プログラム関数電卓、Casio Basic、C.Basic、プログラミング




関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

+ (文字列結合) - コマンドリファレンス

Casio Basicプログラミング - コマンドリファレンス
<コマンドリファレンス・トップ>

誤字脱字・記載ミスや分かりにくい表現は随時追記・修正します

2018/01/27

[純正 / C.Basic] [FX / CG]


+ (文字列結合)




文字列を結合する。

(書式) "<文字列1>"+"<文字列2>"[+"<文字列3>"[+...+"<文字列n>"]]
"<文字列1>" の右に "<文字列2>"、その右に "<文字列3>"、... "<文字列n>" を結合する。

※ 最大文字列長は、純正Casio Basic の999に対してC.Basic は255となっている点に注意。

(キープレス) [+]

(例)
 "ABC"+"DEF"→Str 1
※ "ABCDEF" がStr 1 に代入される。

(例)
 "Casio "→Str 1
   "Basic"→Str 2
   Locate 1,1,Str 1+Str 2
※ テキスト座標 (1, 1) に "Casio Basic" を出力する。

(例)
 "GHI"→Str 1
   "ABC"+"DEF"+Str 1→Str 1
※ Str 1 が "ABCDEFGHI" になる。




応援クリックをお願いします。励みになるので...
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ


 


keywords: プログラム関数電卓、Casio Basic、C.Basic、プログラミング

リンク集 | ブログ内マップ





関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

StrJoin( - コマンドリファレンス

Casio Basicプログラミング - コマンドリファレンス
<コマンドリファレンス・トップ>

誤字脱字・記載ミスや分かりにくい表現は随時追記・修正します

2018/01/27

[純正 / C.Basic] [FX / CG]


StrJoin(




文字列を結合する。

(書式) StrJoin("<文字列1>","<文字列2>")
"<文字列1>" の右に "<文字列2>" を結合する。

※ 最大文字列長は、純正Casio Basic の999に対してC.Basic は255となっている点に注意。

(キープレス) [SHIFT]-[VARS](PRGM) [F6](▷) [F6](▷) [F1](STR) [F1](Join)

(例)
 StrJoin("ABC","DEF")→Str 1
※ "ABCDEF" がStr 1 に代入される。

(例)
 "Casio "→Str 1
   "Basic"→Str 2
   Locate 1,1,StrJoin(Str 1,Str 2)
※ テキスト座標 (1, 1) に "Casio Basic" を出力する。

(例)
 "GHI"→Str 1
   StrJoin(StrJoin("ABC","DEF"),Str 1)→Str 1
※ Str 1 が "ABCDEFGHI" になる。




応援クリックをお願いします。励みになるので...
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ


 


keywords: プログラム関数電卓、Casio Basic、C.Basic、プログラミング




関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

Gosub - コマンドリファレンス

Casio Basicプログラミング - コマンドリファレンス
<コマンドリファレンス・トップ>

誤字脱字・記載ミスや分かりにくい表現は随時追記・修正します

2018/01/21

[C.Basic] [FX / CG]


Gosub




プログラムファイル内のサブルーチンへジャンプする。ジャンプの際に引数と戻り値を指定することが可能。純正Casio Basicにはない C.Baisc 独自コマンドで、Goto コマンドを拡張したもの。

Prog コマンドで別のプログラムファイルを呼び出す代わりに、Gosub / Lbl / Return で同じファイル内に記述したルーチンを実行することが可能になる。


(書式) Gosub <ジャンプ先ラベル>[,<引数1>[,<引数2>]...]

ジャンプ先ラベルは、プログラムファイル内に記述した Lbl ラベル。例えば Gosub E に対して Lbl E で受ける。ここで使えるラベルは Goto / Lbl で使えるラベルと同じで、09AZ、さらに azr ([ALPHA][x^2]のr)θ ([ALPHA][∧]のθ) が使える。或いは、Alias コマンドで指定した別名ラベルも使える。

指定ラベルへジャンプした後、Gosub実行位置へ戻るには、必ず Return コマンドを用いる。制御コマンドが無い場合は、処理がそのまま下へ続く。Return コマンドを用いる際、C.Basic で拡張された機能として、戻り値を指定できる。例えば Return X とすると 変数 Ans に 変数Xの内容が格納され、Gosub コマンド位置に制御が戻る。Gosub の直後で 変数 Ans を参照すると 変数 X の値が得られる。

(例)
 10->X
 Gobus A
 Disp Ans
 Stop

 Lbl A
 Return 2X


Gosub 以外に Lbl A に到達しないように Stopコマンドを用いている。Lbl A にジャンプ後 2Xを変数 Ansで返す。Disp Ans2X の結果 (=20) を表示する。


<引数n> はジャンプ先へ渡す変数を指定する。
ジャンプ先に渡す変数はジャンプ先で別名変数にできる。その場合は Local コマンドを利用する。別名変数は全ての変数が使えるが、プログラムの可動性を得るために小文字使用を推奨する。

例えば、Gosub で変数XYを渡し、ジャンプ先で渡された変数を a, z として利用するときは、

Gosub A,X,Y
・・・
Lbl A
Local a,z


と記述する。なお 変数 X, Y, a, z はプログラム内で共通して使える大域変数のままである点に注意。但しジャンプ先ラベル以下で別名変数として擬似的なローカル変数として使えるので、コマンド名が Local になっている。

(例)
  10→X
  20→Y
  X+1→a
  Y×2→b
  Gosub A,X,Y
  Disp Ans
  Disp a
  Disp b
  Stop

  Lbl A
  Local a,b
  Dips a
  Disp b
  Return a+b


-------------実行結果
  10
  20
  30
  10
  20
-------------

Gosub 実行前は、X=10Y=10a=11b=20 となっている。
Gosub 実行により Lbl A へジャンプし、ジャンプ後 Local コマンドで、変数 X の値は 変数 a に格納、変数 Y の値は 変数 b に格納される。この時点で、a=10b=20 となる。これによりジャンプ前の変数 ab の値は変更されている。
Return a+b により a+b の値は変数 Ans に格納され、Gosub の位置へ戻る。
従って、Disp Ans30 と表示され、Disp a10と、Disp b20 と表示される。



応援クリックをお願いします。励みになるので...
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ


 



keywords: プログラム関数電卓、Casio Basic、C.Basic、プログラミング

リンク集 | ブログ内マップ





関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

Menu - コマンドリファレンス

Casio Basicプログラミング - コマンドリファレンス
<コマンドリファレンス・トップ>

誤字脱字・記載ミスや分かりにくい表現は随時追記・修正します

2018/01/16
更新 2018/01/20

[純正 / C.Basic] [FX / CG]


Menu




メニュー画面を作る。

[純正 / C.Basic]

(書式) Menu "<メニュータイトル>", "<項目1>",<ラベル文字1>,"<項目2>",<ラベル文字2>[,"<項目n>",<ラベル文字n>...]
項目/ラベル数は2~9で正常動作、それ以外はエラーになる。項目nを選択すると<ラベル文字n>に対応した Lbl n に分岐する。項目n に対応する動作は、Lbl n に続いて記述する。Lbl n の記述動作終了時のジャンプ先は、Goto n ... Lbl n と同様に、Goto、Return、Stop で指定する。ラベル文字n / Lbl n の n は、0~9、A~Z、、θ が使える。
※ 純正Casio BasicのMenuコマンドでは、タイトルは最大16文字だが、C.Basic では最大17文字使える。

(キープレス) [SHIFT]-[VARS](PRGM) [F3](JUMP) [F6](Menu)

(例)
  Menu "Favorite Games","Whack-a-Mole",1,"Master Mind",2,"Hit & Blow",3,"Exit",4
  Lbl1
  Prog "WHACKAMO"
  Return
  Lbl 2
  Prog "MASIOV4C"
  Return
  Lbl 3
  Prog "HITBLOW"
  Return
  Lbl 4

※ 出力
Genuine_Menu.png



[C.Basic for CG] [CG]

C.Basic for CGのMenuコマンドは色設定ができる (拡張機能)。

(書式) Menu [@]"<メニュータイトル>", "<項目1>",<ラベル文字1>,"<項目2>",<ラベル文字2>[,"<項目n>",<ラベル文字n>...]
項目/ラベル数は2~9で正常動作、それ以外はエラーになる。項目nを選択すると<ラベル文字n>に対応した Lbl n に分岐する。項目n に対応する動作は、Lbl n に続いて記述する。Lbl n の記述動作終了時のジャンプ先は、Goto n ... Lbl n と同様に、Goto、Return、Stop で指定する。ラベル文字n / Lbl n の n は、0~9、A~Z、、θ が使える。
※ 色設定 (拡張機能)
 ・タイトルの文字色は、Menuコマンド直前の色指定で設定可能。
 ・メニュー項目の文字色は、Plot/Line-Colorの色指定で設定可能。
 ・メニューの背景色は、Back-Colorの色指定で設定可能。
※ Menu 直後に "@" を付けると、<メニュータイトル>と<項目n>のフォントサイズが同じ
  (C.Basic for FX版の仕様)になる。[2018/01/20 追加]

(キープレス) [SHIFT]-[VARS](PRGM) [F3](JUMP) [F6](Menu)

(例)
  Plot-Line-Color Black '拡張機能によりメニュー項目の文字をBlackに設定
  Back-Color EGB(140,190,160) '拡張機能により背景色をRGB( コマンドで中間色に設定
  Red '拡張機能によりタイトルの文字色を Red に設定
  Menu " Favorite Games","Whack-a-Mole",1,"Master Mind",2,"Hit & Blow",3,"Exit",4
  Lbl1
  Prog "WHACKAMO"
  Return
  Lbl 2
  Prog "MASIO4C"
  Return
  Lbl 3
  Prog "HITBLOW"
  Return
  Lbl 4

※ 出力
DispCap1.png





応援クリックをお願いします。励みになるので...
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ


 



keywords: プログラム電卓、Casio Basic、fx-5800P、 fx-9860GII、fx-9860GII SD、fx-CG20、fx-CG50





応援クリックをお願いします。励みになるので...
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ


 



keywords: プログラム関数電卓、Casio Basic、C.Basic、プログラミング

リンク集 | ブログ内マップ





関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

StrMid( - コマンドリファレンス

Casio Basicプログラミング - コマンドリファレンス
<コマンドリファレンス・トップ>

誤字脱字・記載ミスや分かりにくい表現は随時追記・修正します

2018/01/17

[純正 / C.Basic] [FX / CG]


StrMid(




文字列の任意の位置から任意の数の文字を抜き出して、文字列として返す。

(書式) StrMis("<文字列>",n[,m])
"<文字列>" のn文字目から、m文字を抜き出し、文字列として返す。
※ m を省略した時は、n文字目から最後までの文字列を返す。
※ n と m は 1以上最大4桁 (≦9999)の整数。
※ C.Basic では文字列の文字数が最大255文字なので、n と m は1以上255以下の整数。

(キープレス) [SHIFT]-[VARS](PRGM) [F6](▷) [F6](▷) [F1](STR) [F6](▷) [F3](Mid)

(例)
 StrMid("Hello World",7)→Str 1
※ "Hello World" の7文字目から文字列の最後まで抜き出した結果 "World" をStr 1 に代入する。

(例)
 "What a wondrful world!"→Str 1
   StrMid(Str 1,8,9)→Str 2
※ Str 1 の8文字目から9文字抜き出した "wonderful" を Str 2 に代入する。

(例)
純正Casio Basic (fx-CGシリーズ)の基本色番号から対応する色の名前を出力するプログラム例
  "Black  Blue  Red   Magenta Green  Cyan  Yellow"→Str 1
  "Select Index (1 - 7)"?→N
  StrMd(Str 1,8(N-1)+1,7)→Str 2
  Locate 1,3,Str 2
※ 各色は左から順にインデックス番号1~7に対応 (純正Casio Basic基本色番号)
※ Str 1 の各色は空白を含めて7文字に固定し、各色は空白1つで区切っている。
  Black - Blue間空白3文字、Blue - Red間空白4文字、Red - Magenta間空白5文字
  Magenta - Gree間空白1文字、Gree - Cyan間空白3文字、Cyan - Yellow間空白4文字
※ インデックスN に対応する色の文字列の頭の位置は、8(N-1)+1 となる。
※ Str 1 の 8(N-1)+1 文字目から7文字抜き出し、Str 2 に代入、Locate で Str 2 を表示。
※ 従って、インデックス番号N を入力すれば対応する色の表記が出力される。




応援クリックをお願いします。励みになるので...
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ


 



keywords: プログラム関数電卓、Casio Basic、C.Basic、プログラミング

リンク集 | ブログ内マップ





関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
C# (3)
Visitors
Online Counter
現在の閲覧者数:
プロフィール

やす (Krtyski)

Author:やす (Krtyski)
since Oct 30, 2013


プログラム電卓は、プログラムを作って、使ってナンボ!

実際に触って気づいたこと、自作プログラム、電卓プログラミングについて書いています。

なお管理人はカシオ計算機の関係者ではなく、Casio Basicが面白いと感じる1ユーザーです。


写真: 「4駆で泥んこ遊び@オックスフォード郊外」

リンク
月別アーカイブ
Sitemap

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR