Casio Python - Casio Education で e-Gadgetのモンテカルロ法が紹介

Python Casio Python - コラム
 Casioグラフ関数電卓の Python を使ってみる
     - Casio Education US で 当ブログオリジナルの montec31.py と u.py が紹介された
目次

初版:2022/01/03


Casio Education US は、カシオアメリカで作成してい電卓使いこなしのウェブセミナー (Webinar) で カシオ電卓の使いこなし動画が多くアップロードされています。これらの中で、当ブログ管理人が作成したプログラムが紹介されていました。

以下の動画を眺めていました;

Casio Ecuation Webinar: Python Live!




この動画を見ていたら、管理人が作成したスクリプトファイル名と同じ名前がでてきました。

Montecarlo_webinar_1

ファイルリストに montec31.py (モンテカルロ法で円周率を求めるもの) と e-Gadget製ユーザーモジュール u.py が有りました。これをみた時、「アメリカ人も同じファイル名をつける人がいるものだ...」と思いました。

この動画では、最初はコラッツ問題を Casio Python でリアルタイムコーディングして動作させています。
そういえば、当ブログでもコラッツ問題のPythonスクリプトを紹介しています。Casio Python の題材の取り上げ方、目の付け所まで同じなアメリカ人がいるものだなぁ、と思いながら引き続き見ていました。

そしていよいよ montec31.py の説明に進んできました;

Montecarlo_webinar_2

このプレゼンター (メインで話をしている人) が「これは自分で作ったものではなくて、YouTubeから拝借してきた great program です。」と言ってスクリプト画面を開きました;

Montecarlo_webinar_3

ナント、by Krtyski / e-Gadget と表示されているのを見て、驚きました!
管理人が作ったプログラムコードではありませんか!

ここで、思い出しました!
そういえば、動作画面の動画をYoutubeにアップロードしていて、ソースコードに興味があるから入手できないか?とコメントがあったのです。その時の人の名前が、この動画のプレゼンターの名前と同じだったことも確認できました。
そうか、あのときの人が今しゃべっているんだな...と。

その時は、ダウンロード用の html は日本語表記だけどGoogle翻訳すれば意味はわかるし、ソースは全部英語表記なので問題ないと思うと書き添えて、以下のリンクを連絡しました。

モンテカルロ法 Ver 3.1 スクリプトのダウンロード
fx-CG50 (高精細カラー液晶モデル) か fx-9750GIII / fx-9860GIII (耐解像度モノクロ液晶モデル) かを自動判定するので、どのモデルでも正常動作します。

管理人が作成したモンテカルロ法の スクリプトを使って、ユーザーモジュール u.py の紹介、CGモデルとFXモデルを判定する関数、カラー設定する関数、円を描く関数の紹介、そしてやユーザーモジュール u.py の簡単な説明と、その使い方、YoutTubeなどで入手したスクリプトの導入方法の説明をしています。



ところで、このyouTube動画では fx-CG50 のエミュレータの画面がメインで使われていますが、グラフィック画面の更新が全画面正しく行われないようです。実際の動作は全画面更新されますので、エミュレータの不具合かも知れません。動画内でも言っていました。
実際には、上記からダウンロードして実際に Python モードで動かしてみてください。



最後に、この動画では、e-Gadget という名前のグループ (英語では company、会社じゃなくて仲間という意味合い) の人達が作ったプログラムだと言っていますが、実際は管理人が1人で作ったのですけどね~


登録者数 6450人のうち せいぜい 1140回程度の視聴回数ですが、チョット嬉しいです!




応援クリックをお願いします。励みになるので...
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ


 


keywords: fx-CG50Pythonfx-9750GIIIfx-9860GIIIプログラム関数電卓

リンク集 | ブログ内マップ
関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

Casio Pyhton - turtle / matplotl モジュール

Python Casio Python
 Casioグラフ関数電卓の Python を使ってみる
     - Casio Python 用 turtle / matplot モジュールの入手
目次

初版:2022/01/03


Casio Python 用に turtle モジュールと matplotl モジュールが CASIO USA から公開されました。これらモジュールを使ってみたいと思いますが、先ずは入手方法を紹介します。


CasioEducation US の YouTube
CasioEducation US の YouTube にアクセス

Casio_Turtle

この画面の下にある CasioEducation US のコメントで "もっと見る"  をクリック。

Casio_Turtle_2

MatPlot libraryTurtle のURLをクリックすると、それぞれで Dropbox が開くので、そこから matplotl.pyturtle.py をそれぞれダウンロードする。


Matplotl モジュール

matplot


Turtle モジュール

turtle


ダウンロードしたモジュールのインストール

Pythonモードが搭載されている電卓 (fx-CG50) をPCと接続し、py ファイルが格納されているフォルダにダウンロードした matplot.pyturtle.py をコピーします。

これで、MatPlot モジュールturtle モジュールが使えるようになります。





応援クリックをお願いします。励みになるので...
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ


 


keywords: fx-CG50Pythonfx-9750GIIIfx-9860GIIIプログラム関数電卓

リンク集 | ブログ内マップ

関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

謹賀新年2022

2021Tiger 
 

明けまして、おめでとうございます。

疫病パンデミックにより世間の矛盾や問題が次々と、
掘り起こされたまま年が変わってしまいました。


広く聞いて調べて、自分の頭で考えることが
大切になってゆくのだと思います。

プログラム電卓は、Python搭載が世界的潮流になっています。
Casioのプログラム電卓搭載のPythonモードの
進展と改善に今年は大いに期待します。

当ブログでは引き続き Casio Basic に光を当て続けながら、
Casio Python に着目してゆきたいと思います。

虎2022  
令和4年 元旦
Krtyski (やす)



関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
C# (3)
Online Counter
現在の閲覧者数:
プロフィール

やす (Krtyski)

Author:やす (Krtyski)
since Oct 30, 2013


プログラム電卓は、プログラムを作って、使ってナンボ!

プログラム電卓を実際に使って気づいたこと、自作プログラム、電卓での Casio Basic, C.Basic そして Casio Python プログラミングについて書いています。

なお管理人はカシオ計算機の関係者ではありません。いつでもどこでもプログラミングができるプログラム電卓が好きな1ユーザーです。


写真: 「4駆で泥んこ遊び@オックスフォード郊外」

リンク
月別アーカイブ
Sitemap

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR