ゲーム ~ マスターマインド (fx-9860GII)

作者のコメント追記 2017/10/08
追記1 2017/10/09
追記2 2017/10/09
追記3 2017/11/04


グラフ関数電卓で遊べるゲーム:マスターマインド を紹介する。

[2017/11/04] アップデート版入手 ⇒ こちら



以前 fx-5800P 用の Hit & Blow ゲームのプログラムを紹介している。

fx-5800P【ゲーム】:Hit & Blow
fx-5800P:Hit&Blow【完成版】

当ブログ読者のツル様から Hit & BlowMaster Mind (マスターマインド) というゲームの派生版だと教えて頂いた。マスターマインドは、色の違う8つのピンの並びを当てるゲームで、同じ色が同じ位置にあれば Hit、同じ色が違う位置にあれば Blow と教えてくれて、それを元にピンの並びを当てるゲーム。推測した履歴が残るのでそれをヒントにできる。色の代わりに数字を用いたり、同じ数字の重複を認めたりと、様々なローカルルールがあるのだそうだ。

そして、ツル様がマスターマインドを fx-9860GII で作成された。これが結構遊べるので紹介したい。

ツル様は、初心者だと謙遜されているが、過去にポケコンでプログラムを作成して仕事などで活用なさっていたとのこと。プログラミング経験者だが Casio Basic 初心者と言える。ご本人曰く "初心者" でも、ここまで作り込めるので、自称初心者の方には大いに参考になると思う。


プログラムのダウンロード

ツル様作成 マスターマインド (fx-9860GII 用)
 
ダウンロードしたファイル MASTMIND.g1m を ファイル転送ツール FA-124 を使って fx-9860GII の <PROGRAM> フォルダに転送後、電卓の Program List から実行する。



遊び方の概要

MASTMIND を起動すると、
MasterMind_1st image 
スプラッシュ画面が表示され、1~9を使って4桁の数を当てるゲームだと分かる。

ここで、[ー] キーを押して次へ進むと、
MasterMind_2nd image 
ゲームの説明画面が現れる。
プログラムが自動作成する4桁の数の答えを当てる。但し4桁とも全て異なる数字になる。
数と桁が一致すれば Hit で、数は一致しても桁が異なれば 〇Blow と教えてくれる。但し HitBlow の数だけを教えてくれ、どの桁が HitBlow かは分からない。

ここで、[EXE] キーを押せばゲームスタート。
MasterMind_Game Start 
右上からスタートして、左下までの最大10回のトライで4桁を当てる。10トライで当たらなければ終了して、新たな出題で次のゲームになる。

少し待つと、数字が入力できるようになる。
MasterMind input 1 
入力するところに ? が表示される。

結構難しいと思う。私はマスターマインドは初めて遊ぶが、正解できる時は平均的に7トライ要した。
MasterMind done 

考え方のコツが分かればもっと正解率が上がりそうだ。管理人が作成した Hit&Blow は4桁で遊ぶと難易度が高すぎてつまらない。しかしこのマスターマインドは、入力履歴を参考にできるので面白くなる。



対応機種

◆ fx-9860GII、fx-CG20、fx-CG50

プログラムファイルは fx-9860GII 用の g1m ファイルだが、この g1m ファイルを fx-CG20 や fx-CG50 に転送すると、自動的に g3m ファイルに変換され、そのまま遊べるので、fx-CG20 / fx-CG50 にも対応する。管理人は fx-CG50 で遊んでいる。



作者(ツル様)のコメント

MASTER MIND自体はかなり以前から楽しんでいたゲームですが、もっといつでもどこでも楽しめるようにしたい。それをプログラム電卓で願望を叶えてくれたのがfx-9860GII です。丁度良い大きさの画面とバックライトに、プログラムの作りやすさがありました。

ゲーム実機では、判定をするためにもう一人必要ですが、これなら一人で楽しめます。予想数値を入力したらノーヒットノーブローでがっかり・・・ いえいえノーヒットノーブローということはその数値は使われていないという最大のヒントなのです。それを私は「ノーヒットノーブローの喜び」と呼んでいます(笑)


1.当MASTER MINDは、ゲーム実機に近い感覚で遊べるよう考えております。
fx-9860GII電卓の処理速度は早いので、入力に対する判定は一瞬なのですが、敢えて人が相手をしているかのように、わざと判定に時間をかけています。
(とは言え、実際レベルだともっさりしてくるので早め)

2.管理人様のProg作りへのポリシーにもありましたが、次に押すべきキーが表示されるような配慮もしております。

3.プロ電での自作なので、実機にはないブリンク表示もさせて、達成欲をくすぐる配慮もしました。(実はこの点がオリジナル)

4.モグラ叩きでも賞金稼ぎへ変更したように、賞金制にしてみました。
(-)で回答を見てからの入力では賞金は無しです。終了画面下のPが賞金残高です。

終了時は、回答を見たかどうかが画面表示で分かるようになっています。
(正解画面ではしゃぐ子供の横で、画面を見て突っ込む親がいるシチュエーションを浮かべながら作りました(笑))
回答を見てからでは、終了時は左側の▶が▶のままですが、見ないで自力正解の場合は▷になります。入力各段の4桁目で(-)を押すと回答が見られますが、3桁目入力待ち時点で消えるようにしています。

5.入力ミスの場合、4桁内に同じキー入力があると元に戻ります。
 (結構便利です)

使用している変数の説明
A: 表示用答え
B: ブローの数
C: ゲーム毎のトライ数
E: 入力値エラー
F: 表示位置のX値
G: 表示位置のY値
H: ヒットの数
J: 判定の値
K, L, M, N: 自動生成する答えの各桁
P: ポイント
Q: 降参時の回答表示
R: 判定計算用
S: For Nextでの時間作り用
U: ブリンク表示調整
W, X, Y, Z: 入力する値の各桁

今回のはVer3ですが、製作当初は?入力にして配列変数を使っていましたが、希望の位置に入力=表示になるよう変えていったら、配列変数なしでやれました。

自作ながら、正解して白黒ピンのブリンカーを見ると嬉しいです。自分としてはマスターマインドはやっぱり4桁が丁度良いです。
所有の実機では8色から4色を選ぶルールなのですが、1~9とやや難しくしました。

海外製の複数のMASTER MIND Progと比べても遊びやすい筈です。某フランス製のでは、判定ピンが入力ピンと位置が連動していて簡単過ぎでした。

世間では、6色から4色を選ぶルールだけれど、問題に重複ありやブランクありなどのローカルルールもあるようで、このVer3を改変して様々楽しんでみたいです。

管理人様がブログに書いていらっしゃる、「プログラム電卓は、プログラムを使ってナンボ!」という文言が大好きです。(笑)

最後に、制作にあたっては、管理人様のHIT & BLOWのコードを大いに参考にさせて頂きました。御礼申し上げます。



ツル様、ありがとうございます。



改 変 

[2017/10/09 追記2]
ツル様から自由な改変の了承を頂いているので、2つの点を改変する。
  • [EXIT] キーで正常終了するようにする
  • 正解後の [EXE] を軽く受け付けるようにする
具体的には、ゲーム ~ マスターマインド (fx-CG20 / fx-CG50) に記載しているので、それを参照ください。

ダウンロード
改変した マスターマインド (fx-9860GII) MASTMIND


[2017/11/04 追記3]
ツル様から最新版を頂いた。Casio機で走る Master Mind Ver 4 モノクロ版 ⇒ MASIOV4M と銘々

⇒ プログラムライブラリ - マスターマインド Ver. 4 - モノクロ版 から入手してください。




応援クリックをお願いします。励みになるので...
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ


 



keywords: プログラム関数電卓、Casio Basic、ゲーム、マスターマインド、fx-9860GII、fx-CG20、fx-CG50

リンク集 | ブログ内マップ
関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
C# (3)
Visitors
Online Counter
現在の閲覧者数:
プロフィール

やす (Krtyski)

Author:やす (Krtyski)
since Oct 30, 2013


プログラム電卓は、プログラムを作って、使ってナンボ!

実際に触って気づいたこと、自作プログラム、電卓プログラミングについて書いています。

なお管理人はカシオ計算機の関係者ではなく、Casio Basicが面白いと感じる1ユーザーです。


写真: 「4駆で泥んこ遊び@オックスフォード郊外」

リンク
月別アーカイブ
Sitemap

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR