Pol( / Rec( - コマンドリファレンス

Casio Basicプログラミング - コマンドリファレンス
<コマンドリファレンス・トップ>

誤字脱字・記載ミスや分かりにくい表現は随時追記・修正します

2018/01/16

[純正 / C.Basic] [FX / CG]


Pol( / Rec(




極座標と直交座標の間で座標変換する。

(書式) Pol(x座標値,y座標値)
(x座標値, y座標値) を極座標に変換した結果を List Ans [動径, 偏角] に格納する。実行時の角度単位設定 Deg, Rad, Gra が反映される。変換結果の偏角(θ)は -180°<θ≦180° (Deg設定時)の範囲、Rad、Gra 設定時は相当する角度範囲になる。

(キープレス) [OPTN] [F6](▷) [F5](ANGLE) [F6](▷) [F1](Pol()

(例)
 Pol(14,20.7)
※ 直交座標 (14, 20.7) を極座標に変換する。

(例)
  Deg
  14→X
  20.7→Y
  Pol(X,Y)
  List Ans[1]→r
  List Ans[2]→θ
  Locate 1,1,"Pol(X,Y)"
  Locate 1,2,"r="
  Locate 3,2,r
  Locate 1,3,"θ="
  Locate 3,3,θ
※ 変換結果 r=24.98979792、θ=55.92839019 が得られる。



(書式) Rec(動径,偏角)
(動径, 偏角) を直交座標に変換した結果を List Ans [x座標値, y座標値] に格納する。実行時の角度単位設定 Deg, Rad, Gra が反映される。

(キープレス) [OPTN] [F6](▷) [F5](ANGLE) [F6](▷) [F2](Rec()

(例)
 Rec(25,56)
※ 極座標 (25, 56) を直交座標に変換する。

(例)
  Deg
  25→r
  56→θ
  Rec(r,θ)
  List Ans[1]→X
  List Ans[2]→Y
  Locate 1,1,"Rec(r,θ)"
  Locate 1,2,"X="
  Locate 3,2,X
  Locate 1,3,"Y="
  Locate 3,3,Y
※ 変換結果 X=13.97982259、Y=20.72593931 が得られる。





応援クリックをお願いします。励みになるので...
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ


 



keywords: プログラム関数電卓、Casio Basic、C.Basic、プログラミング

リンク集 | ブログ内マップ





関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
C# (3)
Visitors
Online Counter
現在の閲覧者数:
プロフィール

やす (Krtyski)

Author:やす (Krtyski)
since Oct 30, 2013


プログラム電卓は、プログラムを作って、使ってナンボ!

実際に触って気づいたこと、自作プログラム、電卓プログラミングについて書いています。

なお管理人はカシオ計算機の関係者ではなく、Casio Basicが面白いと感じる1ユーザーです。


写真: 「4駆で泥んこ遊び@オックスフォード郊外」

リンク
月別アーカイブ
Sitemap

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR