fx-260 Sollar II のイースタエッグ

  2018/02/20

fx-260_Solar_II.png1行液晶、第1世代 の古い設計のまま、外装だけを fx-JP900 や fx-CG50 とほぼ同じデザインにリニューアルしたのが、fx-260 Solar II です。海外では 2017年に発売されたもので、国内では未発売です。同じ機能の fx-260A が国内でも発売されていましたが、現在は製造中止になっています。

なお、第1世代の設計というのは、例えば 30 と先に入力してから [sin] を押すような関数後置式の入力を行い、表示が1行のタイプです。リニューアルとは言え、新発売の関数電卓が第1世代のタイプというのは珍しいと思います。

そこで、fx-260 Solar II のイースターエッグ - 自己診断機能をまとめてみます。


左から fx-CG50、fx-JP900、fx-260 Solar II
Casio New Design


自己診断機能を開始させるキーの組み合わせと診断モードに入る隠しキーは、第3世代の fx-991ES、fx-993ES、fx-995ES と同じで、診断モードでは液晶表示チェックとキー入力チェックを行います。但し液晶がドットマトリックスではなく8セグメントなので、表示診断の詳細は異なります。


自己診断モード

診断モードに入るには、[SHIFT]+[7] を同時押ししたまま [ON]を押します。この操作は電源が入っている、入っていないに関わらず有効で、最近のカシオのスタンダード関数電卓でほぼ共通です。

診断モードに入ると、左端に AC と表示されます。
ここで何もしないと、診断モードを抜けて通常の計算モードに移行します。この表示がされた後、タイムアウトする前に [9] を押すと診断ル-チンが始まります。

その後は以下のように推移します。どの段階でも [ON] を押せば診断モードが中断し、計算モードになります。

操作画面出力
[SHIFT]+[7]+[ON]診断モードに入る、左端に AC と表示
1[9]液晶のインジケータと全セグメントON
2[SHIFT]液晶のインジケータと全セグメントOFF
3[SHIFT]偶数位置のインジケータとセグメントの半分がON
4[SHIFT]上記がOFF、残りのインジケータとセグメントがON
5[SHIFT] 010 P010 AC と表示
ファームウェアバージョン表示か?
6[AC]00 と表示
7[SHIFT]01と表示、他のキーは受け付けない
8[MODE]02と表示、他のキーは受け付けない
9[x-2]03と表示、他のキーは受け付けない
10[log]04と表示、他のキーは受け付けない
11[ln]05と表示、他のキーは受け付けない
12[ab/c]06と表示、他のキーは受け付けない
13[°’ '']07と表示、他のキーは受け付けない
14[hyp]08と表示、他のキーは受け付けない
15[sin]09と表示、他のキーは受け付けない
16[cos]10と表示、他のキーは受け付けない
17[tan]11と表示、他のキーは受け付けない
18[+/-] から [MR] まで左から右へ順に押す12, 13, 14, 15, 16, 17 と順に表示、他のキーは受け付けない
19[7] から [AC] まで左から右へ順に押す18 から 22 まで順に表示、他のキーは受け付けない
20[4] から [÷] まで左から右へ順に押す23 から 27 まで順に表示、他のキーは受け付けない
21[1] から [ー] まで左から右へ順に押す28 から 32 まで順に表示、他のキーは受け付けない
22[0] から [=] まで左から右へ順に押す33 から 36 まで順に表示、他のキーは受け付けない
23[M+]Good    AC と表示
23[AC] 他何かキーを押す診断モード終了、計算モードへ移行

なお、ステップ5で  010 P010 AC と表示されている状態で、
 - [0] を押すと、右端のインジケータ SD が点灯、
 - [1] を 押すと、- - 09 -1 - AC と表示
となり、さらに [AC] を押すと ステップ 6 に戻る



関連ページ:
- fx-JP900 のイースターエッグ - 診断機能
- fx-995ES / fx-993ES / fx-991ES のイースタエッグ - 診断機能
- fx-991MS のイースターエッグ - 診断機能
- fx-290 のイースターエッグ - 診断機能
- fx-260 Solar II のイースタエッグ - 診断機能

- fx-5800P のイースターエッグ - 診断機能
- fx-9860GII / 9860GII SD のイースターエッグ - 診断機能
- fx-CG50 のイースターエッグ - 診断機能




応援クリックをお願いします。励みになるので...
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ






keywords: fx-260 Solar II関数電卓、イースタエッグ、診断機能

リンク集 | ブログ内マップ
関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

Re: Goob AC

匿名様

管理人のやすです。

嬉しいご感想そして、情報を頂き、ありがとうございます。

おっしゃる内容についてちょっと調べてみて、その内容に反映した内容で、記事を更新するかも知れません。

これからもよろしくお願い致します。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
C# (3)
Visitors
Online Counter
現在の閲覧者数:
プロフィール

やす (Krtyski)

Author:やす (Krtyski)
since Oct 30, 2013


プログラム電卓は、プログラムを作って、使ってナンボ!

実際に触って気づいたこと、自作プログラム、電卓プログラミングについて書いています。

なお管理人はカシオ計算機の関係者ではなく、Casio Basicが面白いと感じる1ユーザーです。


写真: 「4駆で泥んこ遊び@オックスフォード郊外」

リンク
月別アーカイブ
Sitemap

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR