2018年、プログラミング機能追加の最新動向

楽 屋 裏
e-Gadget


2018/03/21


2018秋、フランス版 fx-JP500 にプログラム機能が追加される

sentaro様からの情報で、カシオのフランス版関数電卓やグラフ関数電卓に、新たにプログラミング機能が追加されるとのことです。2018年秋リリース予定。カシオフランスのニュースリリースページ

fx-92 Plusfx-92+ (フランス版)は国内の fx-JP900 に相当しますが、学校でのプログラミング授業のための簡易的なプログラミング機能が追加されるそうです。

16のコマンドがあるとの記述から、Casio Basic ではなく fx-72F 搭載のBasic風簡易言語に近いものだと思われます。

これがそのまま国内販売機種に反映されるとは思えないものの、同じハードウェアで fx-72F の高家機種として国内リリースの可能性が高いと思います。この場合、高精細液晶+日本語表示の fx-JP900 をベースとするのでしょうから、fx-5800P 後継機種の Casio Basic の出力仕様変更の良い準備となるとも言えそうです。

高精細液晶搭載の fx-5800P 後継機種への期待が高まります。



2018年秋、フランス版 fx-CG50  に Python 搭載

GRAPH90E 最近、プログラミング言語 Python の重要生が高まっていますが、フランス版では Pyton アドインが登場します。

おそらく 純正 Casio Basic と同様に、インタプリタであり、関数機能やグラフ機能を使いこなすためのマクロ言語的なものだと推察しますが、標準ライブラリがどの程度の機能を持つのか、大変興味のあるところです。






今後、フランスのサイトで新たな情報が上がってくるでしょうから、注視したいと思います。




応援クリックをお願いします。励みになるので...
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ





keywords: プログラム関数電卓、fx-CG50

リンク集 | ブログ内マップ
関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

Re: ゲゲッー、そういう事でしたか !

akatuki様


> 先程、当方のblogにコメントを戴いておりまして、返信をポストしたのですが、そこで気になったのが「CG50, python」という
件。検索したら、この記事が見つかり、驚愕した次第。

わっ、本当だ、書いたばかりの記事が検索トップにきてますね(゚Д゚)

現時点で、和文記事としては唯一だということのようです。
ネネタ元のsentaro様の情報収集能力が凄いことの査証でもあります。


> fx-CG50のpythonも驚きですが、[fx-92+ (フランス版)は国内の fx-JP900 に相当]の言語搭載って、これこそまさに「fx-5800P後継機」なのかしらん !?

流れとしては、5800P後継機を期待してしまいますよね!
gx-92+ はよく見ると fx-JP900というよりも fx-JP500 っぽい感じです。言語搭載と同時に表計算機能も搭載されるということは、現在表計算が無い....つまり J=500相当かな? といった感じです。

SCRATCHは、Drag&Dropでプログラムが組めるので、子供向けで評判が良いようです。
私なんかだと、似たようなインターフェースの LabView の方が馴染みがあるんですけど...


> cg50のpython。コレもナカナカに玄人受けしそうです。リスト処理から大規模配列の処理などが出来る事で、近年、数値処理など実用的な利用が進んでいるらしい。

YouTubeが Pythonで書かれているのは有名ですよね。最近急速に産業用途に使われるようになってきた Deep Learning もPythonのライブラリが豊富に揃ってきたので、この分野でも主流になってきています。そもそも Neural Networks の世界で Pythonのライブラリが充実していたことから、そのままの流れで Deep Learning ってことのようです。うん十年前、私自身もセンサシステムに Newral Networksを導入しようとして、当時の遅いPCで生Cでゴリゴリ書いたことがあります。ライブラリがあればプログラミングに取られる時間を節約できて、本来の仕事にもっと集中できて助かったなぁ...と改めて思います。


> そういや、CASIOのポケコン「AI-1000」ではLisp, Prologも動いておりました。今日、最新の製品で新しい言語が採用される、大変意義深い事と思います !

そうですか、知りませんでした。Lisp や Prolog って、遅くて重いって印象があったのですが、確かにエッセンスだけを実装すればポケコンレベルのCPUでも使えるわけか....Pyton搭載も似たような側面がありそうですね。


ゲゲッー、そういう事でしたか !

親分、夜分に恐れ入ります !

先程、当方のblogにコメントを戴いておりまして、返信をポストしたのですが、そこで気になったのが「CG50, python」という件。検索したら、この記事が見つかり、驚愕した次第。

fx-CG50のpythonも驚きですが、[fx-92+ (フランス版)は国内の fx-JP900 に相当]の言語搭載って、これこそまさに「fx-5800P後継機」なのかしらん !?

言語は「SCRATCH」らしい。児童のプログラミング教育から始まり、草の根ではかなり普及しているというもので、この辺りにCASIOのセンスを感じます。

cg50のpython。コレもナカナカに玄人受けしそうです。リスト処理から大規模配列の処理などが出来る事で、近年、数値処理など実用的な利用が進んでいるらしい。

そういや、CASIOのポケコン「AI-1000」ではLisp, Prologも動いておりました。今日、最新の製品で新しい言語が採用される、大変意義深い事と思います !
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
C# (3)
Visitors
Online Counter
現在の閲覧者数:
プロフィール

やす (Krtyski)

Author:やす (Krtyski)
since Oct 30, 2013


プログラム電卓は、プログラムを作って、使ってナンボ!

実際に触って気づいたこと、自作プログラム、電卓プログラミングについて書いています。

なお管理人はカシオ計算機の関係者ではなく、Casio Basicが面白いと感じる1ユーザーです。


写真: 「4駆で泥んこ遊び@オックスフォード郊外」

リンク
月別アーカイブ
Sitemap

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR