Casio S100 - 凄いプロ仕様の電卓だった

2019/05/15

S100

 知らないことは罪である...

どこかで聞いたことがあるような無いようなこの言葉。

以前 カシオのプレミアム電卓 S100 について、揶揄した否定的な記事を書きました。
あなたの Bset One カシオ電卓は?

今回は、穴があったら入りたい...というお話です。



実は凄かった業務用電卓

関数電卓やプログラム電卓は知ってるが、業務用一般電卓の重要な機能 "キーロールオーバー" については全く知らなかった。これは、早打ちにしっかり対応する機能で、会計業務の人達の恐ろしいくらいの高速ブラインドタッチを初めて目の前で見ました。以下は、とある税理士の先生からの受け売りだ。

例えば、[1] [2] [3] ...と高速タッチする場合、1つめのキーを "押す" & "離す" した後次のキーを "押す" & "離す" しているわけでは無い。

超高速タッチを行うプロの人達は、[1] を押す、[2] を押す ([1]を離し始める)、[3] を押す ([2]も離し始める)、[1] を完全に離す(他のキーを押し始める)、[2] を完全に離す(他のキーを押し始める)、[3] を完全に離す(他のキーを押し始める)、といった操作をしているのだ。

そして、それでも 1 2 3 と入力を受け付ける機能を "キーロールオーバー" というのだそうだ。そして、この機能が無いと高速入力のキーを取りこぼしてしまう。人間のスピードに電卓が追いつかないわけだ。

当ブログに来られる、プログラム電卓のヘビーユーザーの方々は、これをご存じでしたか?
#私は全く知りませんでした。

Casio S100 は、3キーロールオーバーといって、3つのキーが1時期同時に押された状態でも、押された順番に入力されること。3キーロールオーバーは、カシオだけでなくシャープやキヤノンでも限られた機種だけのものとのこと。



プログラム電卓は業務用電卓を超えられるか?

よし、ではプログラム電卓や関数電卓ではどうなのか、やってみた。
fx-5800P、fx-9860GII SD、fx-CG50 で3キーロールオーバーの実験を以下のようにした。

高速キー入力する代わりに、ゆっくりと [1] [2] [3] の順番にキーを押して行き、押したままにします。次に [1] [2] [3] の順にキーを話して行き、入力がどうなるのかを確認します。はい、1 2 3 と入力されるではありませんか\(^_^)/

念のため、これを [3] [2] [1] の順に行いました。すると入力は 3 1 となり、2 が入力漏れになる。

関数電卓 fx-993ES、fx-JP500 でも同様の結果になった。

結論、プログラム電卓や第3世代 / 第4世代関数電卓は、2キーロールオーバーまでは対応しているが、3キーロールオーバーには未対応!

...ということが分かった。 

 Casio S100 は、無駄に高級なのではなく、ハードなプロ仕様なのだ!


それに比べて、グラフ関数電卓 fx-CG50 のキー入力のなんと貧弱なことか....1キーでも取りこぼすお粗末な作りだ。




応援クリックをお願いします。励みになるので...
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ


 



keywords: fx-5800Pプログラム関数電卓

リンク集 | ブログ内マップ
関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

Re: ロールオーバー

管理人様、こんにちは!

>全く以て、その通り。大いなる手抜きですね。
>おそらく分かってやっているのではないかと、だから手抜き!

確信犯だとかなりまずいですね…(^^;

ま、学校での数年間壊れなければということで言えば、壊れる要素はなかなか無いですが、
そのキーの出来不出来がCASIO電卓のイメージを決めてしまうかもしれないので、結構重要なポイントだと思います。


>fx-5800Pのヒンジの脆弱性も改善しないのですから、CG50も放置の可能性が高いように思います。

そのような感じはしますね。(^^;


>むしろ、何らかの内部ハードウェアのアップデートがあれば、そのときがチャンスかも知れませんが、さてどうでしょうか?

キー問題はCG20ではほぼ無かったわけで、今の筐体デザインの問題でもありますから、
次の世代交代までは今のままかもしれませんね。(^^;


>2020年から小学校でのプログラミング授業が始まりますが、万一そこで CG50 が大量導入されるようなことがあれば、日本語化と共にPythonのライブラリ強化、そしてハードウェア強化に繋がって良いのかも知れません。

小学校でとなると、専用アプリしか動作しないタブレットがあればそれでいいということになりそうですし、CG50のようなグラフ電卓が導入されるにはいろいろと敷居は高そうな感じはしますね。(^^;

>キー入力改善は大きな変更点になります?

はい!
現在、若干キーの押し具合に?なときがあるので、そこのところの改善は結構重要です。
ハードの変更はアップデートというわけにはいかないので、変更が確認されたら4台目、5台目と行きたいと思います。(^^)

Re: ロールオーバー

sentaro様

管理人のやすです。


> ロールオーバーという言葉ははPCのキーボードの時に知ったのですが、

あ、そうなんですね。


> CG50のキーのような手抜き?は許されませんね。(^^;

全く以て、その通り。大いなる手抜きですね。
おそらく分かってやっているのではないかと、だから手抜き!


> しかし、CG50の取りこぼしは押したと思っても押されてないというのはちょっとストレスものですが、まだ改善されてないのでしょうかね。(^^;

fx-5800Pのヒンジの脆弱性も改善しないのですから、CG50も放置の可能性が高いように思います。

むしろ、何らかの内部ハードウェアのアップデートがあれば、そのときがチャンスかも知れませんが、さてどうでしょうか?

2020年から小学校でのプログラミング授業が始まりますが、万一そこで CG50 が大量導入されるようなことがあれば、日本語化と共にPythonのライブラリ強化、そしてハードウェア強化に繋がって良いのかも知れません。

その場合は、Casio Basic入門も小学生向けに書き直せば十分に対応できる内容ではあると思うのですけど....


> CG50になってから幸いにも文鎮化して無いので、まだ3台が元気に動作しています。
> 次は4台目になるので、何か大きな変更点でもないと、というところですが…(^^;

キー入力改善は大きな変更点になります?


ロールオーバー

管理人様、こんにちは!

ロールオーバーという言葉ははPCのキーボードの時に知ったのですが、
電卓で3キーロールオーバーはやはりプロ仕様ですね。
ま、価格的にも最高価格の電卓ですから、当然とはいえ、そこはやはり実務用。
CG50のキーのような手抜き?は許されませんね。(^^;

しかし、CG50の取りこぼしは押したと思っても押されてないというのはちょっとストレスものですが、まだ改善されてないのでしょうかね。(^^;

CG50になってから幸いにも文鎮化して無いので、まだ3台が元気に動作しています。
次は4台目になるので、何か大きな変更点でもないと、というところですが…(^^;
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
C# (3)
Visitors
Online Counter
現在の閲覧者数:
プロフィール

やす (Krtyski)

Author:やす (Krtyski)
since Oct 30, 2013


プログラム電卓は、プログラムを作って、使ってナンボ!

実際に触って気づいたこと、自作プログラム、電卓プログラミングについて書いています。

なお管理人はカシオ計算機の関係者ではなく、Casio Basicが面白いと感じる1ユーザーです。


写真: 「4駆で泥んこ遊び@オックスフォード郊外」

リンク
月別アーカイブ
Sitemap

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR