楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2007-12

2019/06/18
追記更新 2019/06/27
 

今回はカシオ電卓のカタログ2007年12月版を紹介する。

全16ページのうち関数電卓が3ページ。

2007年12月版カタログの関数電卓のページ

今回のカタログでは、電卓販売台数が2006年で累計10億台達成とある。

今回のカタログのグラフ関数電卓では、CFX-9850GC PLUS が消えて後継機種である fx-9860G が掲載されている。fx-9860G は海外では 2005年に発売されているが、日本国内は 2007年 であった。発売開始で NEW と記載されているカタログは残念ながら持っていない。

fx9860G

[2019/06/26 追記]
fx-9860G は、CPU に 日立 (現ルネサス) の SH3カスタムチップ (32bit RISC) を使い処理の高速化がなされた。搭載言語は 1つ前の CFX-9850GC PLUS よりも進化した BASIC-Like 言語で、欧米のカシオファンの間では Casio  Basic と呼ばれている。

1.5MBのストレージメモリを搭載し、そこにAdd-In プログラムを自由に導入できるようになったのが fx-9860G の大きな特徴だ。Add-In機能は、fx-9860Gシリーズと最新の fx-CGシリーズに引き継がれている。

[MENU]キーを押して現れるメニュー画面にある各種機能の多くが、Add-In プログラムとして提供されている。それだけでなく、カシオが提供する純正SDKを使ってユーザーがPCでAdd-Inを作成できた。カシオ純正SDKは、fx-9860G (SD / Slim) や fx-9860GII (SD) のAdd-In 作成に使える。残念ながらカシオは fx-CGシリーズのAdd-In 作成用SDKの提供を止めている。

Add-Inプログラムは、Casio Basic よりも遙かに高速な動作し、Casio Basic で実現不可能な自由度の高い処理が可能になった。
=== 追記ここまで ===

[2019/06/27 追記修正]
なお、極めて初期にはストレージメモリのバックアップ用にリチウムボタン電池(CR2032)を用いるものが混在している。
管理人所有(昨日入手)の fx-9860G AU (OS 1.03) にはストレージメモリハックアップ電池があるが、fx-9860G (OS 1.04) にはバックアップ電池が無い。
=== 追記修正ここまで ===

1つ前の CFX-9850GC PLUS では、PROGRAM-LINK (シリアルケーブルとデータリンクソフト FA-123W) は有償だったが、fx-9860G には USBケーブルと データ通信ソフト FA-124 が付属するようになった。

[2019/06/27 追記修正]
搭載プログラミング言語は OS の一部として提供され、OSアップデートと共にバグフィックスや機能追加が行われる。
初期の OS1.xx の言語は、1つ前の CFX-9860GC PLUS の制限や問題点 が改善されたもので、プログラムで使える関数は追加されていない (MOD、RanInt# など)。
OS 2.xx にアップデートされると、バグ (" "出力命令内に区切り文字 : があるとエラーになる) が修正され、文字列処理コマンドや使える関数が追加された。結果的に後継機種の fx-9860GII とほぼ同じになった。言語仕様としては、 fx-9860G の OS 2.xx でほぼ固まり、fx-CGシリーズにも引き継がれている。

ちなみに、fx-9860G OS 1.xx の初期の言語仕様は、シリアル通信コマンドを除外し、Basicコマンド以外のCasio独自コマンド (" "、、?) を改良し、Locate や Getkey をハードウェアに合わせて変更したものが、fx-5800P の言語とほぼ同じだ (但し例外もあり、例えば RanInt#fx-9860G OS 1.xx になく fx-5800Pにはある)。
大きな流れとして、搭載言語は fx-9860G OS 1.xx をベースに fx-5800P に移植されたと推定している。
=== 追記修正ここまで ===

[2019/06/19 追記]
コメント欄でsentaro様に教えて頂いたところでは、後継機の fx-9860GII に比べて液晶のコントラストが高く応答性も速いとのことだ。つまり次機種では液晶の性能を落としているわけだ。それを検証するプログラムはコメント欄を参照ください。


なお、国内では未発売の fx-9860G SD は2005年、fx-9860G Slim は2007年に海外で発売された。プログラム言語は fx-9860G と同一である。
fx-9860G SD  fx-9860G Slim
  fx-9860G SD             fx-9860G Slim

fx-9860G SD はSDカードにプログラムやデータを保存できたが、SDに保存したプログラムを直接実行することはできない。
fx-9860G Slim はバックライト機能とヘルプ機能が特徴で、国内発売すれば売れたと思う。



fx-5800P はカタログデザインが僅かに変わっただけで、説明は前回の 2006年9月のカタログと同一だ。

fx5800P2007

fx-4500P がまだ残っている。

fx4500PA_fx3650P_fx71F

fx-71F は、前回の 2006年9月のカタログで、fx-5800P と同時に新発売になっていた。 fx-3650P から数値積分機能をはずし、新たに公式を内蔵して価格を下げた設定だ。fx-71F 搭載プログラミング言語は、fx-5800P よりもコマンド数はとても少ない。但し搭載コマンドの機能はほぼ同じになっている。fx-3650P 搭載言語のコマンドは fx-71F よりもさらに少ない。

[2019/06/19 更新]
fx-3650Pfx-71F で作るプログラムは、計算を繰り返し行う程度のならそれなりに有用なマクロとして使えるが、FX-502P/602P/603P で作ったプログラムを移植したくても、コマンドやステートメントが不十分で、同じ機能を移植できないことが多い。fx-3650Pfx-71F の言語は、実用性の高い構造制御ステートメントや入出力コマンドを備えていないので、プログラミング言語としては使い物にならなず、fx-5800Pfx-9860G には遠く及ばない。



楽屋裏 - プログラム電卓メモワール1981-2
楽屋裏 - プログラム電卓メモワール1981-7
楽屋裏 - プログラム電卓メモワール1990-12
楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2006-9
・楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2007-12
楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2009-10
・楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2012-03
・楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2013-8
・楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2012-12
・楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2018-01



応援クリックをお願いします。励みになるので...
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ


 


keywords: プログラム関数電卓、プログラミング

リンク集 | ブログ内マップ
関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

Re:Re: Re:Re: Re:CFX-9850GC PLUS

管理人様、こんにちは!

>直ったと思ったら、多分電池切れで電源が入りません。アマゾンでポチッとして新しい電池が届いたら確認します!

今度はなんと電池切れ。(^^;
今交換すると次の交換は10年後くらいになりそうですね。(^^;


>ソフトの差は OSアップデートで吸収されるので、あとはハードウェアの違い。
>処理速度の違いは、Ftune や Ftune2を入れてデフォルトのクロックで分かるのですよね。
>それ以外は、9860G が電池でメモリバックアップしていて、GII はフラッシュメモるになったからバックアップ電池が不要になったというくらいでしょうか?

9860GシリーズはOSをアップデートすることで、GIIとの実使用上の差はほとんど無いといっていいです。
というのが当てはまるのは、純正の機能だけを使う場合のことですが、(^^;
ハード的にはSH3からSH4Aになったことの潜在的な能力差や、RAM搭載メモリ量が256KBから512KBに倍増したこともあって、
C.Basicなどの対応アプリではGとGIIでは大きな差が出てきます。(^^;


>fx-9860G の取説を見るとバックアップ電池ボタン電池)の記載がありますが、フラッシュを使っていないのかと思っていました。
>実際はどうなんでしょう?

最初の元祖9860GからSH4AのGIIまでフラッシュメモリ量は変更がなくずっと4MBが搭載されています。
最初期OSではフラッシュへの自動バックアップ機能の仕様が違っていたのかどうかはわからないのですが、
従来のCFXシリーズのようにバックアップ電池でRAMが保持されるようになっていました。
途中からそのバックアップ電池が無くても大丈夫な現行OS仕様になったみたいで、9860Gでは途中で仕様変更があった模様です。


>CFX のとりあえずグラフィックスプログラミング以外でアップしました。

それでは移動します。(^^)

Re: Re:Re: Re:CFX-9850GC PLUS

sentaro様

管理人のやすです。

> >原因と対策が分かりました。
> >2個あるボタン電池の横に当たる電極が、両方とも接触不十分でした。この金属片を電池に当たる方向へ少し曲げてやることで解決したと思います。
>
> お!良かったです、fx-4500P大復活ですね。(^^)

直ったと思ったら、多分電池切れで電源が入りません。アマゾンでポチッとして新しい電池が届いたら確認します!



> 9860GはOS1.0xから始まって最終で2.0xが使えるので9860GIIとは大差ない状態にまでアップデート出来ます。
> CG50を使っている状態から、元祖9860Gを使ってもさほど違和感なく使えるのは、9860Gで今のグラフ電卓としての基本仕様が固まってたからでしょう。(^^)

ソフトの差は OSアップデートで吸収されるので、あとはハードウェアの違い。
処理速度の違いは、Ftune や Ftune2を入れてデフォルトのクロックで分かるのですよね。
それ以外は、9860G が電池でメモリバックアップしていて、GII はフラッシュメモるになったからバックアップ電池が不要になったというくらいでしょうか?


> CFXから比較すると、CPUの刷新に伴いフラッシュメモリ搭載で電池切れでも消えないバックアップや、
> ソフト面でも上書きモードから挿入モードへの変更、改行だけでもエラーにならない等、細かな改良で別物といってもいい進化をしてますね。

fx-9860G の取説を見るとバックアップ電池ボタン電池)の記載がありますが、フラッシュを使っていないのかと思っていました。

実際はどうなんでしょう?



> >さて、CFX-9850GC PPLUSの記事を書き始めています。
>
> 楽しみです!(^^)

CFX のとりあえずグラフィックスプログラミング以外でアップしました。

Re:Re: Re:CFX-9850GC PLUS

管理人様、こんにちは!

>原因と対策が分かりました。
>2個あるボタン電池の横に当たる電極が、両方とも接触不十分でした。この金属片を電池に当たる方向へ少し曲げてやることで解決したと思います。

お!良かったです、fx-4500P大復活ですね。(^^)


>9860G と 9860GII は、それほど違いが無いのでしょうか?
>...少し待てば、 手元に来るので確認できますが、気になります。

9860GはOS1.0xから始まって最終で2.0xが使えるので9860GIIとは大差ない状態にまでアップデート出来ます。
CG50を使っている状態から、元祖9860Gを使ってもさほど違和感なく使えるのは、9860Gで今のグラフ電卓としての基本仕様が固まってたからでしょう。(^^)

CFXから比較すると、CPUの刷新に伴いフラッシュメモリ搭載で電池切れでも消えないバックアップや、
ソフト面でも上書きモードから挿入モードへの変更、改行だけでもエラーにならない等、細かな改良で別物といってもいい進化をしてますね。

fx-4800Pからfx-5800Pの進化も劇的と言えるものですが、それに近い進化と言えると思います。(^^)


>さて、CFX-9850GC PPLUSの記事を書き始めています。

楽しみです!(^^)


Re: Re:CFX-9850GC PLUS

sentaro様

管理人のやすです。


> はい、接点が電池側2箇所、基板側2箇所の合計4箇所あるのでそのどれか一つでも接触不良になったらアウトです。(^^;

原因と対策が分かりました。
2個あるボタン電池の横に当たる電極が、両方とも接触不十分でした。この金属片を電池に当たる方向へ少し曲げてやることで解決したと思います。



> このCFX-9850GCの操作性を見てしまうと、fx-9860G世代でかなり大きな進歩をしたのだと思えますね。
> まさに温故知新です。(^^;

9860G と 9860GII は、それほど違いが無いのでしょうか?
...少し待てば、 手元に来るので確認できますが、気になります。


> 私がeBayから購入したものは外側に若干の擦り傷がありましたが、内側は傷無しでした。
> 二つ折りなので内側は割と大丈夫と思いますが、外装は結構差があるかもしれません。
> 外側も綺麗だったら当たりですね。

実際どうなのか、チョット期待して待つことにします!


さて、CFX-9850GC PPLUSの記事を書き始めています。

Re:CFX-9850GC PLUS

管理人様、こんにちは!

>基板側の4接点や2接点を持ち上げることはしたのですが、一時的にOKでもその後電源が入らなかったのは、その反対の電池のプラス側に当たる金属板から接触不良を起こしているっぽいわけですね。

はい、接点が電池側2箇所、基板側2箇所の合計4箇所あるのでそのどれか一つでも接触不良になったらアウトです。(^^;


>ところで、手元のfx-4500P は完全に2枚おろしにならないんです。液晶側では筐体はネジ止めされていないですよね? 単にかみ合わせ構造になっていると思うのですが、どうなっているのかが分からず、わりと力を入れても外れないんです。

液晶側が外れにくいので、あえて2枚におろす必要は無いです。
間から接触箇所だけ確認して、基板との接触が確実になるようにするだけでOkですね。


>液晶の反応が、非常に遅いですね。私が過去に使ってきたカシオ機の中で最も遅い感じです。

じわーっと変化してるのが見えるので、かなり遅いですね。(^^;
モノクロ液晶だと濃淡なのでさほど遅さに違和感がないですが、
3色液晶は色が変化していくので、なんというか、面白いというか、(^^;


>ところで、CFX-9850GC PLUS のCasio Basicエディタは、本当に使いにくいですね!

そうなんです。
液晶よりもこっちが問題ですね。(^^;
上書きモードというのは昔からポケコンも全部そうだったんですが、
挿入モードがデフォルトの状態に慣れるとこれほど使いにくものはありませんね。(^^;
fx-9860G/fx-5800Pからやっと挿入モードがデフォルトになったので、
ここがCASIO電卓における操作性の大きな転換点と言えますね。


>あと三角関数が結構処理に時間がかかるので、このあたりのベンチマークをやってみようかな、と計画中です。

三角関数は9860Gシリーから比較すると5倍くらい遅いですし、
fx-5800Pと比較しても2倍速いだけなので、グラフ電卓としてはかなり非力ですね。(^^;


>ところで、プログラム実行が終了した時は、プログラムリスト画面に戻らず、RUN モードに入ってしまうのですが、これはsentaro様のものでも同じでしょうか?

はい、全く同じです。
このCFX-9850GCの操作性を見てしまうと、fx-9860G世代でかなり大きな進歩をしたのだと思えますね。
まさに温故知新です。(^^;


>なるほど、USB Power GRAPHIC で 2 が付いて居らず、今日退職も青と銀のツートンが SH3 のSD 版ってことなんですね!
>でも高いなぁ...
>悩むなぁ...

9860Gシリーズの需要は無くなりつつあるので、モノクロ機で5千円を超える価格だとその価値が分かる人しか反応しないと思われます。(^^;
たしか最初に見た時は9900円だったかと思うので、多少値切れる可能性もあるかもしれません???


>まぁ、配達が遅いのは気にならないのですが、実際のモノの程度が気になります。

私がeBayから購入したものは外側に若干の擦り傷がありましたが、内側は傷無しでした。
二つ折りなので内側は割と大丈夫と思いますが、外装は結構差があるかもしれません。
外側も綺麗だったら当たりですね。

CFX-9850GC PLUS

sentaro様、

管理人のやすです。

> いえ、電池が直接当たっている金具です。
> マイナス側は接点が多いので不漁になることは少ないですが、
> プラス側=電池の縁周りで接触するところが接触不良になりやすいです。
> あと、基板側との接点も接触不良になりやすいので、裏蓋開けて接点の接触部分を少し持ち上げる=起こすことが必要です。

基板側の4接点や2接点を持ち上げることはしたのですが、一時的にOKでもその後電源が入らなかったのは、その反対の電池のプラス側に当たる金属板から接触不良を起こしているっぽいわけですね。

マイナス側の接点のバネ性で電池が持ち上がり、プラス側に当てる板も持ち上がるので、この板をネジで押し込む感じだったので、この板と電池のプラスが必ず接触するはずと思っていました。

この板から基板までの導通に問題があるかも知れないと思えてきました。

帰宅後に調べて見ることにします。

ところで、手元のfx-4500P は完全に2枚おろしにならないんです。液晶側では筐体はネジ止めされていないですよね? 単にかみ合わせ構造になっていると思うのですが、どうなっているのかが分からず、わりと力を入れても外れないんです。

パキッといきそうでチョット怖くて、ここがくっついた状態で内部を覗っている状況です。


> >3色液晶は、コントラスト調整を試みても結構見づらいと思われませんか?
> >これなら価格の安いモノクロの方が良いと思う人も多かったのだろうと推察致します。
>
> 私の第一印象は見づらさよりも反応の遅さが気になりましたが、
> たしかに、3色液晶は液晶の中でもかなり見づらい液晶です。(^^;

液晶の反応が、非常に遅いですね。私が過去に使ってきたカシオ機の中で最も遅い感じです。


ところで、CFX-9850GC PLUS のCasio Basicエディタは、本当に使いにくいですね!
デフォルトで上書きモードになるので、複数行の中程の行末を編集するとき、[SHIFT]-[DEL] でいちいち挿入モードに切り替えて入力しないと、改行が自動的に削除されて、次行の頭が行末にくっついてしまい、わずらわしいですね。


構造制御コマンドを一通り触ってみましたが、IF文の Then と Else の後を改行にするとシンタックスエラーになることを確認しました。それ以外は fx-9860GII と同じのようです。

あと、fx-9860GII のOS2.0 でのバグ "ABC:DEF" の表示が区切り文字があるためエラーになる件は、9850GC では発生しませんでした。

また、"ABC:DEF" を ' でコメントアウトするとエラーになるのは、CFX-9850GC でも発生しました。

これから、もう少し複雑な制御構造やグラフィックスを試してみますね。

あと三角関数が結構処理に時間がかかるので、このあたりのベンチマークをやってみようかな、と計画中です。


ところで、プログラム実行が終了した時は、プログラムリスト画面に戻らず、RUN モードに入ってしまうのですが、これはsentaro様のものでも同じでしょうか?



> と考えていたら、fx-4500Pも先代機種のfx-4000Pから比較すると3倍位遅くなってました。(^^;

そうなんですね。


> あれ?と思ったらまだありました。
> 結構高価なので残ってますね。(^^;
> https://item.mercari.com/jp/m65788635167/?_s=U2FsdGVkX19YTCy8P9V42M22OXmA2gikB_G3tite5g1Y_S_5CMFQxZkTYQgun6mVAQC1tIVqh4poNgehj8xVCngCPqpJaF50TlKiG5KOF30ushocs81aIOsQn6ml6QOh
> 紹介文だけでは分かりづらいですが、写真を見るとレアなSH3のSD版です。

なるほど、USB Power GRAPHIC で 2 が付いて居らず、今日退職も青と銀のツートンが SH3 のSD 版ってことなんですね!

でも高いなぁ...
悩むなぁ...



> ここでCG20の外装ダメージな格安中古をゲットして文鎮状態のCG10をリペアしたのは内緒です。(^^;

をを、内緒ですね(^_^;


> 到着予定が10日後ですか…
> eBayの配送中に迷い込んでしまったかのようですね。

まぁ、配達が遅いのは気にならないのですが、実際のモノの程度が気になります。



> >古い技術にも利用価値があるというか、特に半導体は最先端は堅牢さに欠けるという事実は、面白いと思います。
>
> 宇宙環境恐るべしっていうアレですね。(^^;
> 日本でも有人機の宇宙開発が進んでいたらFX-502P/602Pあたりかポケコンが宇宙に行っていたのかもしれません。(^^;

それ、凄くありそうな気がしますよ!

Re:Re: Re:Re: Re:Re: Re:Re: fx-9860G登場!

管理人様、こんにちは!

>と言われていますが、これは、電池の上に置いてネジ止めする金属板のことでしょうか?

いえ、電池が直接当たっている金具です。
マイナス側は接点が多いので不漁になることは少ないですが、
プラス側=電池の縁周りで接触するところが接触不良になりやすいです。
あと、基板側との接点も接触不良になりやすいので、裏蓋開けて接点の接触部分を少し持ち上げる=起こすことが必要です。

http://kyoro205.blog.fc2.com/blog-entry-307.html
こちらのサイトで分解写真ありますけど、(分解写真も載せてくれてるので有り難いサイトです。)
二枚におろした状態の右側の電池の当たる部分の金具ですね。
電池側と基板側と両方に接点があるので、その全部の接触をより強くなるように曲げれば必ず治ります。(^^)
基板側と当たる部分がかなり微妙なので接触不良になりやすい構造です。


>とても貴重なツールのご紹介、改めてお礼申し上げます。
>fx-9860G 到着したら、実際にOS入れ替えをやってみようと思います。

恐縮です。(^^;
書き換えツールを開発したのは9860Gシリーズの内部情報を公開してきたSimon Lothar氏ですが、
それを現行の機種にまで対応するべく改良し続けて全機種対応のチュートリアルをまとめらたのがTI-Planet管理人のCritor氏ですね。
OS書き換えツールは9860GII(SH4A)では必要性は薄いかもですが、9860G(SH3)に置いては必携のツールといえますね。(^^)


>わっ、「退化」ですか、それは面白い!
>fx-9860GII の速度低下は、退化に入りますね!

PCの世界でもソフトのバージョンアップ等で遅くなることは普通にありましたが、
2倍も遅くなったのはさすがに思いっきり退化ですね。(^^;
と考えていたら、fx-4500Pも先代機種のfx-4000Pから比較すると3倍位遅くなってました。(^^;


>昨日の夕方、すぐ見てみたらSOLD OUTになっていました。

あれ?と思ったらまだありました。
結構高価なので残ってますね。(^^;
https://item.mercari.com/jp/m65788635167/?_s=U2FsdGVkX19YTCy8P9V42M22OXmA2gikB_G3tite5g1Y_S_5CMFQxZkTYQgun6mVAQC1tIVqh4poNgehj8xVCngCPqpJaF50TlKiG5KOF30ushocs81aIOsQn6ml6QOh
紹介文だけでは分かりづらいですが、写真を見るとレアなSH3のSD版です。


>プログラム電卓にういては、メリカリは結構高値だなという印象です。新品でも Amazon USA で買った方が送料込みでも安いです。

新品だとそうですね。
中古でも状態が良ければ高いものは高いですけど、ヤフオクに比べると破格な価格で出ていることも多いので、
ここでCG20の外装ダメージな格安中古をゲットして文鎮状態のCG10をリペアしたのは内緒です。(^^;



>CFX-9860GC PLUS が届いていました。
>まさに新品そのものです。いわゆる「開封未使用品」です。

おお!新品ゲットおめでとうございます!


>3色液晶は、コントラスト調整を試みても結構見づらいと思われませんか?
>これなら価格の安いモノクロの方が良いと思う人も多かったのだろうと推察致します。

私の第一印象は見づらさよりも反応の遅さが気になりましたが、
たしかに、3色液晶は液晶の中でもかなり見づらい液晶です。(^^;


>楽しみにしていた fx-9860G Slim が届いていないので、eBayでチェックすると配達完了となっていました。配達先が私の住所でないので、どうなっているのか調べて見ました。システム上のトラブルの可能性もあります。

なんと…
届いていないのに配達完了とは摩訶不思議な状態に…
配達先が違うということは誤配送という可能性も???


>とりあえず、sellerにメッセージを入れたら速攻で返事があり、eBayに引き渡し完了後なので、eBayに聞いて欲しいとのこと。
そこで eBay の迷路のような誘導で、やっとトラッキング状況の現状を表示するページに行き着くと、次の業者に引き渡し予定、とあって私の住所への>到着予定は7/2 とありました。

>なんとも分かりにくいです。

到着予定が10日後ですか…
eBayの配送中に迷い込んでしまったかのようですね。


>カテゴリごとに、普及バージョンと最高峰の最低2つづつくらいは、国内でも販売してもらいたいですね。

今までの海外だけ発売機種で国内版を販売して欲しかったはSlimが一番ですが、
CG50デザインの標準電卓のfx-260SolarIIも国内版が無かったのはちょっと惜しいですね。
あと、ClaClassPadシリーズも国内発売して欲しかったですが、発売されたとしても3万以上になったりするとますます売れなくなりますね。(^^;


>多分一番大きく重たいパッケージは、Borland C++ だったと思います。購入後も、マニュアルの改訂版がどんどん送付されてきました。今の時代からみると、どれだけコストが掛かっていたのかと思っちゃいます。

あ、そういえば、Borland C++が安くなっていた時に重たい箱入りで買ったことがありますが、あまり使わなかったのですっかり忘れてしまってました。(^^;
あのマニュアル類の物量も今では考えられないレベルですね。(^^;


>古い技術にも利用価値があるというか、特に半導体は最先端は堅牢さに欠けるという事実は、面白いと思います。

宇宙環境恐るべしっていうアレですね。(^^;
日本でも有人機の宇宙開発が進んでいたらFX-502P/602Pあたりかポケコンが宇宙に行っていたのかもしれません。(^^;

Re: Re:Re: Re:Re: Re:Re: fx-9860G登場!

sentaro様、

管理人のやすです。


fx-4500P を分解してみました。はやりどこかの電気的接触不良の問題でした。ボタン電池の接点兼バネの部分を少し持ち上げて組み直したところ電源が入っって正常動作したのですが、しばらくするとまた電源が入らなくなります。
もう少し調べる必要がありそうです。

以前
> 4500Pの場合、電池と基盤と接触している金具が緩むのでそこが鍵ですね。
と言われていますが、これは、電池の上に置いてネジ止めする金属板のことでしょうか?


> このOS更新ツールは任意のバージョンのOSを入れられるので超便利ですね。(^^)

とても貴重なツールのご紹介、改めてお礼申し上げます。
fx-9860G 到着したら、実際にOS入れ替えをやってみようと思います。


> ベンチマークは過去機種からどれだけ進化(退化)したか一目瞭然なので、必須項目だと思います。(^^)

わっ、「退化」ですか、それは面白い!
fx-9860GII の速度低下は、退化に入りますね!


> 某メ○カリで新品同様のfx-9860GII SD(SH3)が出品されているのを発見しました!
> SD版はほとんど見かけないのでかなり貴重かもしれません。
> ”CASIO fx-9860G”で検索してみてください。
> 手持ちが無かったらポチッてるところですけど、すでにGII(SH3)とSD版(SH3)両方ともに持ってるので…(^^;

昨日の夕方、すぐ見てみたらSOLD OUTになっていました。
プログラム電卓にういては、メリカリは結構高値だなという印象です。新品でも Amazon USA で買った方が送料込みでも安いです。


> おお!今日すでに届いたのですね!
> 世界初の3色カラー液晶を搭載したグラフ電卓をどう評価されるのか楽しみです。(^^)

CFX-9860GC PLUS が届いていました。
まさに新品そのものです。いわゆる「開封未使用品」です。

sellerはセルビア在住で、EU域内保証の保証書と赤い色の「最初にお読み下さい"の紙 (英語を含んだ何カ国語かで書かれている)も同梱されていました。

3色液晶は、コントラスト調整を試みても結構見づらいと思われませんか?
これなら価格の安いモノクロの方が良いと思う人も多かったのだろうと推察致します。

これから色々と触ってみます。


> >fx-9860G Slim は明日の土曜配達予定とのこと。この土日は楽しくなりそうです。
>
> おおお!週末に連続で届く予定になっているとは!
> 温故知新モード全開の週末になりそうですね。(^^)

楽しみにしていた fx-9860G Slim が届いていないので、eBayでチェックすると配達完了となっていました。配達先が私の住所でないので、どうなっているのか調べて見ました。システム上のトラブルの可能性もあります。

とりあえず、sellerにメッセージを入れたら速攻で返事があり、eBayに引き渡し完了後なので、eBayに聞いて欲しいとのこと。
そこで eBay の迷路のような誘導で、やっとトラッキング状況の現状を表示するページに行き着くと、次の業者に引き渡し予定、とあって私の住所への到着予定は7/2 とありました。

なんとも分かりにくいです。



> ここ数年でグラフ電卓の手持ち機種がかなり増殖してしまったので、分かる範囲でできる限りサポートさせていただきます。(^^)

ありがとうございます。よろしくお願い致します。


> 海外で販売されてる機種の同等機種の国内販売がないとかありえない事態ですね。
> JPシリーズだけあればいいというわけではないですよね。

カテゴリごとに、普及バージョンと最高峰の最低2つづつくらいは、国内でも販売してもらいたいですね。


> 仕様が制限されるのはゲームで遊ばれてしまうというのもありそうですが、

確かに、それは有るかも知れませんね...


> あまりにも使いにくくしてもそれはただ使いにくいだけで実用にはなりえず、中途半端な製品でしかありませんね。(^^;

そうなんです、中途半端!


> 98が全盛期だったというのが懐かしすぎますね。

お互い、年代がばれますね(^_^;



> CはLSI-CかGCCで事足りてましたが、N88Basicのexeというと数倍速くなるコンパイラですよね。

お、フリーの開発環境、懐かしいです。

若い頃、数年間でしたが大学で研究員をしていた時は、職員証でアカデミーディスカウントできるので、とても安く開発環境を買っていました。一旦味を占めるとなかなか止められず、その後は娘の学生証を利用してアカデミーディスカウントで購入したりしました。中学生の学生証で、Visual Studio Enterprise版を買う時 (Pro版と変わらない値段だったと記憶しています)、店員が娘をジロジロ見ていたのは、忘れもしません。当時はマニュアル類が全て紙の本だったので、パッケージはズシリと重たかったですよね! 多分一番大きく重たいパッケージは、Borland C++ だったと思います。購入後も、マニュアルの改訂版がどんどん送付されてきました。今の時代からみると、どれだけコストが掛かっていたのかと思っちゃいます。

アカデミーディスカウントと新幹線の学割のためだけに放送大学の学生になろうかと思ったこともあります(^_^;


> 今考えると、当時のPCの利点(欠点)は、今よりハードに近いところでPCを扱えたということしか無さそうですけど、
> 当時の電卓は今でも一線で使うことも出来ますが、今、98を使って何ができるかと考えたら、状況が変わりすぎですね。(^^;

電卓の進化は、PCに比べると1/10くらいに遅いと以前おっしゃっていましたが、本当にそうですね。
FX-502P でも現在ちゃんと使えますよね、ハードウェアが壊れない限りですが...
そして、そのハードウェアがとても堅牢でなかなか壊れませんから、凄いものです。

昔リブレットという東芝のミニノートPCがありました。宇宙機に搭載するPC基板に古いリブレットのものが使われていたことがあります。当時普及しているPCの何世代も前のものですが、放射線耐性が高いのがその理由でした。高精細プロセスの泣き所の1つが放射線なんだそうです。なので宇宙機に使われる半導体素子は、日本製よりもアメリカ製の宇宙実績のある古い設計のものが使われることが、以前は多かったです。最近は日本の宇宙用の技術も進んできて、日本製搭載率が上がってきています。

古い技術にも利用価値があるというか、特に半導体は最先端は堅牢さに欠けるという事実は、面白いと思います。


> >はい、プログラム電卓メモワールの次は、プログラム電卓温故知新 なんてものアリになりそうです。
>
> 次のエントリタイトル決まりましたね。(^^)

わっ、思いっきり背中を押されました(^_^;


Re:Re: Re:Re: Re:Re: fx-9860G登場!

管理人様、こんにちは!

>今回、CFX-9850GC PLUS、fx-9860G SLim、fx-7000G のseller はみなさん親切にメッセージをくれます。出荷について小さなトラブルがあったりしましたが、相手が良い人で、話し合いで丸く解決しています。eBayで出品すると、このようなフォローアップをさせるようになっているのかも知れませんが、私は単純にラッキーかな、とも思っています。

良い人ばかりでよかったですね。(^^)


>改めて思うのですが、中古品を eBayで調達するのは最低限の英語力がないと、つらいかも知れないということです。仕事でいやいや覚えた英語が役立って、その点でも私はラッキーです!

さすが管理人様ですね。
私の場合はeBayはその直接のやりとりレベルが分からないのでセカイモン経由ばかりでしたけど、なかなか直接にというのは勇気がいります。(^^;

>ありがとうございます。以前どこかで眺めた記憶があるのですが、自分が必要になるとは思わず、結構探したのですが見つからなかった、まさにドンピシャのリンクです。教えて頂き、本当にありがとうございます。

このOS更新ツールは任意のバージョンのOSを入れられるので超便利ですね。(^^)


>これまでの手持ちの機種に加え、今月の中古品調達を行った結果、以下の機種が揃うことになります。
>せっかくなら、これらのベンチマークをやりたいなと思ったりしています。
>例えば、関数計算を含めたプログラムの処理速度比較、とか グラフィック描画速度の比較、とか

ベンチマークは過去機種からどれだけ進化(退化)したか一目瞭然なので、必須項目だと思います。(^^)


>その場合、重要なピースが1つ欠けています。fx-9860GII (SH3) です。
>さすがにもう今月はこれ以上買い物したくないので、掘り出し物が現れるまで待つつもりです。

SH3の9860GIIの中古はそこそこ出回っているので、状態のいいものがあれば買いですね。
ところで、
某メ○カリで新品同様のfx-9860GII SD(SH3)が出品されているのを発見しました!
SD版はほとんど見かけないのでかなり貴重かもしれません。
”CASIO fx-9860G”で検索してみてください。
手持ちが無かったらポチッてるところですけど、すでにGII(SH3)とSD版(SH3)両方ともに持ってるので…(^^;


>今週は、まるまる出張でホテル暮らしでした。CFX-9850GC PLUS が自宅に届いているようで、sellerからは 新品同様だから、楽しみにしてね、というメッセージも来ています。
>今晩帰宅するのが、楽しみです。
>新品同様が本当なら、早速記事を書くと思います。

おお!今日すでに届いたのですね!
世界初の3色カラー液晶を搭載したグラフ電卓をどう評価されるのか楽しみです。(^^)


>fx-9860G Slim は明日の土曜配達予定とのこと。この土日は楽しくなりそうです。

おおお!週末に連続で届く予定になっているとは!
温故知新モード全開の週末になりそうですね。(^^)


>古い機種が集まってきたところで、実際に触って、搭載言語を中心にして遊んだ結果は、あまり余所にはなく、e-Gadget の特徴になってきています。それには、やはり実機で得られるデータが不可欠ですから、今後ともよろしくお願い致します。

ここ数年でグラフ電卓の手持ち機種がかなり増殖してしまったので、分かる範囲でできる限りサポートさせていただきます。(^^)


>で、日本ではなぜか 290Aは売って、991MS は売らないですねぇ。安かろう、悪かろう、でも安くてオッケー、みたいなデフレ根性丸出しが、個人的には好きになれません。

本当におっしゃるとおりです。
海外で販売されてる機種の同等機種の国内販売がないとかありえない事態ですね。
JPシリーズだけあればいいというわけではないですよね。


>というか、Locate や Getley の有り難みが分かれば、最初から fx-5800P でしょう。改行せずに区切り文字を使ってズラズラと1行に書くのは、横長液晶のポケコンならいざ知らず、横が短い液晶では不便極まりないと思うのは私だけでしょうか?

これまたおっしゃるとおりです。
仕様が分かる人は最初からfx-5800Pなりグラフ電卓をということになるでしょうけど、
お試し様/初心者用としても、fx-5800Pくらいの液晶を積んだ方が絶対に便利なのは間違いないですよね。
仕様が制限されるのはゲームで遊ばれてしまうというのもありそうですが、
あまりにも使いにくくしてもそれはただ使いにくいだけで実用にはなりえず、中途半端な製品でしかありませんね。(^^;


>30年前のPCって、まだ国民機 NEC PC98シリーズ全盛で、EPSONの互換機があったことです。デスクトップは5インチFDで、ポータブル機は3インチFD。FD2スロットが標準で、98NOTE が流行始めた頃ですね。

98が全盛期だったというのが懐かしすぎますね。


>私が初めて個人でPCを購入したのもこの頃です。NEC 98ノートで、確か 9801SE とかいう型式のモノクロ98ノートでした。Quick C とか MSC >あと Lattice C、Turbo C、Borkand C なんて有りましたよね。開発環境を立ち上げるのにフロッピーを入れ替え差し替えし、最終的にはシステムFDとストレージFDの2枚刺しで、コーディングする、って感じの世界でした。
>そうそう、N88 Basic にも ROM Basic以外に、DOS Basic なんてのもあって、DOSで動くexeファイルを作れましたよね。

CはLSI-CかGCCで事足りてましたが、N88Basicのexeというと数倍速くなるコンパイラですよね。
今考えると、当時のPCの利点(欠点)は、今よりハードに近いところでPCを扱えたということしか無さそうですけど、
当時の電卓は今でも一線で使うことも出来ますが、今、98を使って何ができるかと考えたら、状況が変わりすぎですね。(^^;


>はい、プログラム電卓メモワールの次は、プログラム電卓温故知新 なんてものアリになりそうです。

次のエントリタイトル決まりましたね。(^^)

Re: Re:Re: Re:Re: fx-9860G登場!

sentaro様、

管理人のやすです。

[更新しました]

<<めっちゃ長文になっちゃいました(^_^; >>


> CG20/CG50もオーストラリア仕様は微妙に減らされてたので、なんていうかそういう感じだったみたいですね。(^^;

eBayでポチッとしたのですが、seller は、今日送った、とか 国際郵便で送ったから時間がかかるかも、とか親切にメッセージをくれる人で、なんとオーストラリア人でした。今はアメリカ在住のようです

今回、CFX-9850GC PLUS、fx-9860G SLim、fx-7000G のseller はみなさん親切にメッセージをくれます。出荷について小さなトラブルがあったりしましたが、相手が良い人で、話し合いで丸く解決しています。eBayで出品すると、このようなフォローアップをさせるようになっているのかも知れませんが、私は単純にラッキーかな、とも思っています。

改めて思うのですが、中古品を eBayで調達するのは最低限の英語力がないと、つらいかも知れないということです。仕事でいやいや覚えた英語が役立って、その点でも私はラッキーです!

いつどこに悪い奴らが潜んでいるかも知れないので、結構慎重にこわごわポチりましたけど...


> >9860G 無印の OS1.04にすることは可能でしょうか?
>
> https://tiplanet.org/forum/viewtopic.php?f=96&t=19592&hilit=9860G+AU
> 特製のツールを使う必要がありますが、基本的なハードウェアが同じなのでfx-9750GII同様にいけます。(^^)

ありがとうございます。以前どこかで眺めた記憶があるのですが、自分が必要になるとは思わず、結構探したのですが見つからなかった、まさにドンピシャのリンクです。教えて頂き、本当にありがとうございます。


> 最近といっても9860GシリーズはGIIも含めてディスコンなので、メモワール入りですね。

ありがとうございます。ちょっと背中を押して頂いたので、予定通り続けます。現在 fx-9860GII (SH3) をメインのネタで書きかけていますが、あまり書くネタがなくて、どうしようかな? って感じです。

これまでの手持ちの機種に加え、今月の中古品調達を行った結果、以下の機種が揃うことになります。

- FX-502P
- FX-602P
- FX-603P
- fx-4500P (分解清掃で直れば...)

- fx-7000G (新規調達)
- CFX-9850GC PLUS (新規調達)
- fx-9860G (新規調達)

- fx-5800P
- fx-9860G Slim (新規調達)

- fx-9860GII (SH4)
- fx-9860GII SD
- fx-CG20
- fx-CG50

せっかくなら、これらのベンチマークをやりたいなと思ったりしています。
例えば、関数計算を含めたプログラムの処理速度比較、とか グラフィック描画速度の比較、とか

或いは 踏査言語のチョットした癖の紹介やそれらの比較とか、

搭載言語の変化を捉えるには、結構材料が揃った感じです。

その場合、重要なピースが1つ欠けています。fx-9860GII (SH3) です。
さすがにもう今月はこれ以上買い物したくないので、掘り出し物が現れるまで待つつもりです。


今週は、まるまる出張でホテル暮らしでした。CFX-9850GC PLUS が自宅に届いているようで、sellerからは 新品同様だから、楽しみにしてね、というメッセージも来ています。

今晩帰宅するのが、楽しみです。
新品同様が本当なら、早速記事を書くと思います。

fx-9860G Slim は明日の土曜配達予定とのこと。この土日は楽しくなりそうです。


> CASIOは世界初のグラフ電卓開発メーカーですから、その歴史を振り返るのは当然ありですね。
> それもCasioBasicの観点から振り返るのはかなりポイント高いと思います。
> 昔の機種は実機を持っても詳しくはないですが、お力になれることがあれば幸いです。(^^)

古い機種が集まってきたところで、実際に触って、搭載言語を中心にして遊んだ結果は、あまり余所にはなく、e-Gadget の特徴になってきています。それには、やはり実機で得られるデータが不可欠ですから、今後ともよろしくお願い致します。



> >fx-530AZ は既に掲載されておらず、2019/08発売予定として、fx-573ESA となっていました。但し青液晶のように見えます。液晶部分は改悪というかコスト削減なのでしょうか? ちょっとがっかりです。型式にESが付いているので、中身は青液晶の fx-991ES かも知れません。

私が見たのは、学販カテゴリから外れてしまったものかも知れません。


> https://casio.jp/dentaku/scientific/
> こちらからスクール電卓のカテゴリにはまだ載っているようです。(^^)

しっかりと拝見しました。


> fx-375ESAとfx-290Aは日本版の2ndエディションみたいですね。
> 海外で発表されたものと微妙に違うならまだしも性能面で落とされていてはちょっと納得できません。(^^;
> 個人的にはこのシリーズは電源OFFで消えてしまうのがどうにもイマイチなので、
> プログラム関数電卓のカテゴリの新製品を期待したいところです。

現行の fx-290A は関数電卓の歴史で1つの意味があると思って、購入して持っています。
カシオの第二世代の関数電卓の集大成は、fx-991MS ではないかと思っています。これのサブセット廉価版が fx-290A かも知れないと思っています。なので、991MS 2nd edition がデルなら、売れ筋廉価版の 280A 2nd edition もアリかも知れません。

で、日本ではなぜか 290Aは売って、991MS は売らないですねぇ。安かろう、悪かろう、でも安くてオッケー、みたいなデフレ根性丸出しが、個人的には好きになれません。

日本企業の矜持はどこへ行った! 

なんて思っちゃいます....(大分脱線)



> なるほどです。
> 学販用はfx-5800Pやグラフ電卓へステップアップするための試用版というべき電卓といえますね。(^^;

ふむ、そして Locate や Getkey のありがたみを知れば fx-5800P へステップアップ...

というか、Locate や Getley の有り難みが分かれば、最初から fx-5800P でしょう。改行せずに区切り文字を使ってズラズラと1行に書くのは、横長液晶のポケコンならいざ知らず、横が短い液晶では不便極まりないと思うのは私だけでしょうか?

まぁ、これまでプログラミングのプの字も知らない子供に、プログラミングはどういうものかを教えるのは、それでも十分かも知れません。私も実際 FX-502P でプログラミングの感じを覚えて、面白そうだと思いました。

そういう意味で fx-5800Pへの導入機だというのは、よく分かります。


> >へそ曲がりっぽく考えると、むしろ違うところが見つかると、面白そうですね!
>
> あ゛…そこは個人的にも興味津々なので楽しみにしたいです。(^^)

ですよねー


> FX-502P以降のプロ電の進化や退化を見ると最初の502Pから完成度の高さがすごいですよね。

実際のところ、全くその通りなんです。


> PCの世界だと30年以上遡るとほとんど浦島状態ですけど、電卓の世界は1/10くらい?の進化速度なので、
> fx-7000Gまで遡っても、まるで使えない代物ということもないですし、

30年前のPCって、まだ国民機 NEC PC98シリーズ全盛で、EPSONの互換機があったことです。デスクトップは5インチFDで、ポータブル機は3インチFD。FD2スロットが標準で、98NOTE が流行始めた頃ですね。

私が初めて個人でPCを購入したのもこの頃です。NEC 98ノートで、確か 9801SE とかいう型式のモノクロ98ノートでした。Quick C とか MSC あと Lattice C、Turbo C、Borkand C なんて有りましたよね。開発環境を立ち上げるのにフロッピーを入れ替え差し替えし、最終的にはシステムFDとストレージFDの2枚刺しで、コーディングする、って感じの世界でした。
そうそう、N88 Basic にも ROM Basic以外に、DOS Basic なんてのもあって、DOSで動くexeファイルを作れましたよね。


> CASIOのグラフ電卓、CasioBasicに深く関わるには、やはり抑えておくべき電卓といえますね。(^^)

はい、fx-7000G 添え字無しが入手できたのはラッキーです。これはおっしゃるように抑えておきたい電卓です。


> 「故きを温ねて新しきを知る」…実にいい響きです。(^^)

はい、プログラム電卓メモワールの次は、プログラム電卓温故知新 なんてものアリになりそうです。

Re:Re: Re:Re: fx-9860G登場!

管理人様、こんにちは!

>わ、メモリ容量制限があるとは知りませんでした。安かったのには理由があったのですね...

CG20/CG50もオーストラリア仕様は微妙に減らされてたので、なんていうかそういう感じだったみたいですね。(^^;


>9860G 無印の OS1.04にすることは可能でしょうか?

https://tiplanet.org/forum/viewtopic.php?f=96&t=19592&hilit=9860G+AU
特製のツールを使う必要がありますが、基本的なハードウェアが同じなのでfx-9750GII同様にいけます。(^^)


>それは承知しています。速度比較には 9860GII も含める予定なので Ftune2 も含めて書いてしまったわけです。

あ、了解です。(^^)


>次は、fx-9860GII 国内登場の時の話ですが、ここまで最近になると果たしてメモワールと言って良いかどうか、改めて今日考えてしまいました。

最近といっても9860GシリーズはGIIも含めてディスコンなので、メモワール入りですね。


>今月大量調達した古い機種での色々な実験をこの連載に含めるのもアリかも知れないと思っています。
>sentaro様の知識の応援も頂ければ、結構役立つ資料になるかも知れません。

CASIOは世界初のグラフ電卓開発メーカーですから、その歴史を振り返るのは当然ありですね。
それもCasioBasicの観点から振り返るのはかなりポイント高いと思います。
昔の機種は実機を持っても詳しくはないですが、お力になれることがあれば幸いです。(^^)


>fx-530AZ は既に掲載されておらず、2019/08発売予定として、fx-573ESA となっていました。但し青液晶のように見えます。液晶部分は改悪というかコスト削減なのでしょうか? ちょっとがっかりです。型式にESが付いているので、中身は青液晶の fx-991ES かも知れません。

https://casio.jp/dentaku/scientific/
こちらからスクール電卓のカテゴリにはまだ載っているようです。(^^)


>あと、fx-290A も 2019/08発売予定になっていて、なんとそのデザインは、アメリカでの"バッタもん不買運動" で登場している fx-991MS 2nd edition と同じではないですか! こちらは黒液晶です。
>なお、デザインで言えば、fx-573ESA は色使いは黒っぽくなっていますが、形状は fx-290A 新デザインそのものです。

fx-375ESAとfx-290Aは日本版の2ndエディションみたいですね。
海外で発表されたものと微妙に違うならまだしも性能面で落とされていてはちょっと納得できません。(^^;
個人的にはこのシリーズは電源OFFで消えてしまうのがどうにもイマイチなので、
プログラム関数電卓のカテゴリの新製品を期待したいところです。


>はい、なので fx-5800P のサブセットではありますが、あまりの使えなさから、サブセットとも言いたくないというのが正直の気持ちで、その当たりの気持ちを記事の最後に書き足しました。

なるほどです。
学販用はfx-5800Pやグラフ電卓へステップアップするための試用版というべき電卓といえますね。(^^;


>へそ曲がりっぽく考えると、むしろ違うところが見つかると、面白そうですね!

あ゛…そこは個人的にも興味津々なので楽しみにしたいです。(^^)


>久しぶりに fx-502P でプログラムを組んでみたら、改めてこれが結構使える感じがして、見直しているところなんです。
>まさに、温故知新モードにどっぷりとはまっております。

FX-502P以降のプロ電の進化や退化を見ると最初の502Pから完成度の高さがすごいですよね。


>ならば記念すべき fx-7000G も触らなければ、という勢いでポチッとしました。

PCの世界だと30年以上遡るとほとんど浦島状態ですけど、電卓の世界は1/10くらい?の進化速度なので、
fx-7000Gまで遡っても、まるで使えない代物ということもないですし、
CASIOのグラフ電卓、CasioBasicに深く関わるには、やはり抑えておくべき電卓といえますね。(^^)

「故きを温ねて新しきを知る」…実にいい響きです。(^^)

Re: Re:Re: fx-9860G登場!

sentaro様

管理人のやすです。

> あ、あり?9860GはAUバージョンでしょうか?

へっ? あ、はいっ! AUバージョンです。

> オーストラリア版は、なぜかストレージメモリが800KBに制限されているので 9750GII以上9860G未満という仕様ですが、
> OS書き換えてしまえば9860Gになると思います。(^^)

わ、メモリ容量制限があるとは知りませんでした。安かったのには理由があったのですね...

9860G 無印の OS1.04にすることは可能でしょうか?


> SH3機なのでFtune2は動作しませんが、C.BasicとFtuneは使えます。(^^)

それは承知しています。速度比較には 9860GII も含める予定なので Ftune2 も含めて書いてしまったわけです。


> >続編で使えるネタをありがとうございます(^_^;
>
> お、続編、楽しみです!(^^)

次は、fx-9860GII 国内登場の時の話ですが、ここまで最近になると果たしてメモワールと言って良いかどうか、改めて今日考えてしまいました。

今月大量調達した古い機種での色々な実験をこの連載に含めるのもアリかも知れないと思っています。
sentaro様の知識の応援も頂ければ、結構役立つ資料になるかも知れません。


> 最新の学販用の電卓は、JP900ベースのfx-530AZだと思われますが、スクール関数電卓というカテゴリで見れますね。(^^)

いままで気にもしていなかったので、多分初めてこのページを見ました。

fx-530AZ は既に掲載されておらず、2019/08発売予定として、fx-573ESA となっていました。但し青液晶のように見えます。液晶部分は改悪というかコスト削減なのでしょうか? ちょっとがっかりです。型式にESが付いているので、中身は青液晶の fx-991ES かも知れません。


あと、fx-290A も 2019/08発売予定になっていて、なんとそのデザインは、アメリカでの"バッタもん不買運動" で登場している fx-991MS 2nd edition と同じではないですか! こちらは黒液晶です。

なお、デザインで言えば、fx-573ESA は色使いは黒っぽくなっていますが、形状は fx-290A 新デザインそのものです。


学販売から、バッタもん排除を進めようということみたいですね。





> fx-3650Pに構造化ループコマンドを追加したのがfx-71Fというところですが、
> 変数が7つ、配列が使えない、Locate、Getkeyがない等、いざプログラムを組もうと思うとその制限に泣きます。(^^;

はい、なので fx-5800P のサブセットではありますが、あまりの使えなさから、サブセットとも言いたくないというのが正直の気持ちで、その当たりの気持ちを記事の最後に書き足しました。


> >ところで、fx-7000G を注文してしまいました。世界初のグラフ関数電卓、以前から入手したかったのですが、程度がよさそうで安いのが見つかったので、ついポチッとしちゃいました。本体とキャリーポーチのみで、取説無しです。
>
> おお!おおお!
> ついにCASIOグラフ電卓の元祖fx-7000Gなんですね。(^^)

はい、嘘か間違いが無ければ、元 祖 です!


> fx-7000GAの英語版なら見つかりますが、それでしょうか。

はい、多分ソレです。

> 日本語のマニュアルとなると、
> ヤフオクに
> fx-7000G 操作マニュアル
> が出品されてるのを発見しました。

を、それはチョット見てきます。ありがとうございます。


> fx-6500Gは7000Gの画面縮小版なので大筋で使えるかもしれません。

いざとなれば...


> fx-7000GBの日本語マニュアルなら手元にあるので、
> fx-7000Gと7000GBが同じ仕様だとすれば、とりあえず調べられます。(^^)

ありがとうございます。何かの折りには、よろしくお願い致します。

へそ曲がりっぽく考えると、むしろ違うところが見つかると、面白そうですね!



> 温故知新モード全開ですね!(^^)

久しぶりに fx-502P でプログラムを組んでみたら、改めてこれが結構使える感じがして、見直しているところなんです。
まさに、温故知新モードにどっぷりとはまっております。

ならば記念すべき fx-7000G も触らなければ、という勢いでポチッとしました。

Re:Re: fx-9860G登場!

>頂いたコメントを反映させ、あと最後の部分の文章を見直して、追記・更新しました。
>ありがとうございます。

またまた恐縮です。


>注文して到着待ちの CFX-9850GC PLUS、fx-9860G AU と fx-9860G Slim で

あ、あり?9860GはAUバージョンでしょうか?
オーストラリア版は、なぜかストレージメモリが800KBに制限されているので 9750GII以上9860G未満という仕様ですが、
OS書き換えてしまえば9860Gになると思います。(^^)


>・ C.Basic と Ftune / Ftune2 の導入と試運転 (CFX-9850GC PLUSは除外)

SH3機なのでFtune2は動作しませんが、C.BasicとFtuneは使えます。(^^)


>届いたら、しばらく毎日持ち歩いて使うような気がします。

モノクロ機種は待機時の消費電力が少ないので、ヘビーな連続計算をしなければ、2本仕様でもそんなに変わらないかもしれません。


>タブレットが出回る前の時代は、国内でも学販を頑張っていたということでしょうか?高専とか工業高校、あと専門学校などでは需要がありそう...

グラフ電卓も海外の学販需要でここまで続いているわけなので、
学販に一番力を入れてそうですね。


>続編で使えるネタをありがとうございます(^_^;

お、続編、楽しみです!(^^)

>確かに実用性はあまりないと思うので、学販ですか...納得です。

最新の学販用の電卓は、JP900ベースのfx-530AZだと思われますが、スクール関数電卓というカテゴリで見れますね。(^^)


>まぁ、fx-71F は fx-5800P と同時の新発売というのは、色々と想像できて楽しいです。
>fx-71F の筐体は fx-991ES と同じ。その中に fx-5800P の思いっきりサブセット言語を積んて、一気に新しい世代にして、同時開発ってところでしょうね。

fx-3650Pに構造化ループコマンドを追加したのがfx-71Fというところですが、
変数が7つ、配列が使えない、Locate、Getkeyがない等、いざプログラムを組もうと思うとその制限に泣きます。(^^;


>ところで、fx-7000G を注文してしまいました。世界初のグラフ関数電卓、以前から入手したかったのですが、程度がよさそうで安いのが見つかったので、ついポチッとしちゃいました。本体とキャリーポーチのみで、取説無しです。

おお!おおお!
ついにCASIOグラフ電卓の元祖fx-7000Gなんですね。(^^)


>取説は、英語版で滅茶苦茶お粗末なスキャンのPDFしか見つからず、できれば日本語、そうでなくても普通のスキャンの英語版がどこかにないか、検索中です。

fx-7000GAの英語版なら見つかりますが、それでしょうか。
日本語のマニュアルとなると、
ヤフオクに
fx-7000G 操作マニュアル
が出品されてるのを発見しました。

その他では、
日本語のfx-6500Gのマニュアル
がアップされているのが見つかりましたが、
fx-6500Gは7000Gの画面縮小版なので大筋で使えるかもしれません。

fx-7000GBの日本語マニュアルなら手元にあるので、
fx-7000Gと7000GBが同じ仕様だとすれば、とりあえず調べられます。(^^)


>今月は中古電卓を4台も注文してしまい、勢いとは怖いものです...

fx-7000Gから揃ってしまうと、
温故知新モード全開ですね!(^^)

Re: fx-9860G登場!

sentaro様

管理人のやすです。

頂いたコメントを反映させ、あと最後の部分の文章を見直して、追記・更新しました。
ありがとうございます。


> 私が一番最初に買ったグラフ電卓がこの元祖fx-9860Gでした。
> といっても発売直後では無く数年経ってからなので、
> まだグラフ電卓というものの存在価値が分かってなかった状態でした。(^^;
> その後、CG20の発売、SH4Aの9860GIIが出回りだした頃からグラフ電卓の世界にどっぷりと…というところです。(^^;

注文して到着待ちの CFX-9850GC PLUS、fx-9860G AU と fx-9860G Slim で

 ・ Casio Basic 仕様の違いの確認
 ・ Casio Basicプログラムでの各種速度比較
 ・ C.Basic と Ftune / Ftune2 の導入と試運転 (CFX-9850GC PLUSは除外)

をやってみようと思っています。


> 元祖9860Gは今見ると前時代的なデザインだったりしますが、
> そのモノクロ液晶のおそらくFXシリーズ一番の高品質液晶です。
> 後継のGIIはコントラストが低かったり、反応速度が若干遅かったりクロストークが発生しやすいのに対して、
> 元祖の液晶は、ビシッとハイコントラストで表示されます。
> Slimの液晶はそれに次ぐ品質ですが、一回り大きいので見やすいですね。
> ちなみにコントラストや残像は、こちらのC.Basicアプリで試すと分かりやすいかもです。(^^)
> https://pm.matrix.jp/CB/CB_BallGame.zip
> https://pm.matrix.jp/CB/CB_Aspirin.zip

この情報は、本文に追記致しました。貴重な情報とプログラムをありがとうございます。
実機が届くのが楽しみです!


> >fx-9860G Slim
> この機種がなぜ日本で発売されなかったのか不思議ですね。
> 学校用というよりも実用本位の製品と思われるだけに海外よりも日本向けな製品だったのではないかと思いますね。
> 縦型に慣れてるとキー押しで戸惑ってしまいますが、(←この点がイマイチ普及しなかった一番の原因かもしれません。(^^;
> それを差し引いても、バックライト有りの上に電池が単4が2本なので、電池持ちの心配はありますが、このコンパクトさはかなり貴重なグラフ電卓だと思います。
> SH4Aを積んだGII相当の後継モデルが出ていれば、と思うんですが、早々に打ち切られてしまったのは残念ですね。


届いたら、しばらく毎日持ち歩いて使うような気がします。


> >fx-71f
> これの学校用であるところのfx-700AZを持っています。(^^;
> なぜに学校用かというと、そのテキストと問題集に興味があったということなんですが、
> fx-71fのマニュアルが100ページ程度に対して、fx-700AZでは150ページと教科書みたいな造りなので面白いです。
> あと、問題集には練習問題や、検定試験模擬問題がたくさんありますが、
> プログラム電卓である必然性は無いです。(^^;

なるほど、目の付け所がさすがです!

タブレットが出回る前の時代は、国内でも学販を頑張っていたということでしょうか?高専とか工業高校、あと専門学校などでは需要がありそう...



> 現行のfx-72fに対してはfx-710AZなのですが、マニュアルを確認した限りではほとんど同じものの様です。
> fx-3650Pもそうですが、これらのプログラム電卓は実用品というよりは学校の教材用というのが主ですね。

続編で使えるネタをありがとうございます(^_^;
確かに実用性はあまりないと思うので、学販ですか...納得です。


> それに比較するとfx-4500Pは小型関数電卓の実用品として生き残ったんだろうと思いますが、
> 演算精度が内部12桁と一昔前の精度のままなので(fx-71fは内部15桁演算)
> 徐々にフェイドアウトしていったというところでしょうか。

まぁ、fx-71F は fx-5800P と同時の新発売というのは、色々と想像できて楽しいです。
fx-71F の筐体は fx-991ES と同じ。その中に fx-5800P の思いっきりサブセット言語を積んて、一気に新しい世代にして、同時開発ってところでしょうね。


ところで、fx-7000G を注文してしまいました。世界初のグラフ関数電卓、以前から入手したかったのですが、程度がよさそうで安いのが見つかったので、ついポチッとしちゃいました。本体とキャリーポーチのみで、取説無しです。

取説は、英語版で滅茶苦茶お粗末なスキャンのPDFしか見つからず、できれば日本語、そうでなくても普通のスキャンの英語版がどこかにないか、検索中です。

今月は中古電卓を4台も注文してしまい、勢いとは怖いものです...



fx-9860G登場!

管理人様、こんにちは!

fx-9860Gがついに国内でも発売されましたね。

私が一番最初に買ったグラフ電卓がこの元祖fx-9860Gでした。
といっても発売直後では無く数年経ってからなので、
まだグラフ電卓というものの存在価値が分かってなかった状態でした。(^^;
その後、CG20の発売、SH4Aの9860GIIが出回りだした頃からグラフ電卓の世界にどっぷりと…というところです。(^^;

元祖9860Gは今見ると前時代的なデザインだったりしますが、
そのモノクロ液晶のおそらくFXシリーズ一番の高品質液晶です。
後継のGIIはコントラストが低かったり、反応速度が若干遅かったりクロストークが発生しやすいのに対して、
元祖の液晶は、ビシッとハイコントラストで表示されます。
Slimの液晶はそれに次ぐ品質ですが、一回り大きいので見やすいですね。
ちなみにコントラストや残像は、こちらのC.Basicアプリで試すと分かりやすいかもです。(^^)
https://pm.matrix.jp/CB/CB_BallGame.zip
https://pm.matrix.jp/CB/CB_Aspirin.zip


>fx-9860G Slim
この機種がなぜ日本で発売されなかったのか不思議ですね。
学校用というよりも実用本位の製品と思われるだけに海外よりも日本向けな製品だったのではないかと思いますね。
縦型に慣れてるとキー押しで戸惑ってしまいますが、(←この点がイマイチ普及しなかった一番の原因かもしれません。(^^;
それを差し引いても、バックライト有りの上に電池が単4が2本なので、電池持ちの心配はありますが、このコンパクトさはかなり貴重なグラフ電卓だと思います。
SH4Aを積んだGII相当の後継モデルが出ていれば、と思うんですが、早々に打ち切られてしまったのは残念ですね。


>fx-71f
これの学校用であるところのfx-700AZを持っています。(^^;
なぜに学校用かというと、そのテキストと問題集に興味があったということなんですが、
fx-71fのマニュアルが100ページ程度に対して、fx-700AZでは150ページと教科書みたいな造りなので面白いです。
あと、問題集には練習問題や、検定試験模擬問題がたくさんありますが、
プログラム電卓である必然性は無いです。(^^;
言語仕様的にはfx-5800Pのサブセットですが、学校用と考えればこれでも必要十分でしょうね。

現行のfx-72fに対してはfx-710AZなのですが、マニュアルを確認した限りではほとんど同じものの様です。
fx-3650Pもそうですが、これらのプログラム電卓は実用品というよりは学校の教材用というのが主ですね。

それに比較するとfx-4500Pは小型関数電卓の実用品として生き残ったんだろうと思いますが、
演算精度が内部12桁と一昔前の精度のままなので(fx-71fは内部15桁演算)
徐々にフェイドアウトしていったというところでしょうか。
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
C# (3)
Visitors
Online Counter
現在の閲覧者数:
プロフィール

やす (Krtyski)

Author:やす (Krtyski)
since Oct 30, 2013


プログラム電卓は、プログラムを作って、使ってナンボ!

実際に触って気づいたこと、自作プログラム、電卓プログラミングについて書いています。

なお管理人はカシオ計算機の関係者ではなく、Casio Basicが面白いと感じる1ユーザーです。


写真: 「4駆で泥んこ遊び@オックスフォード郊外」

リンク
月別アーカイブ
Sitemap

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR