楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2009-10

2019/06/25
追記修正 2019/06/27
 

今回はカシオ電卓のカタログ2009年10月版を紹介する。

全16ページのうち関数電卓が3ページ。

2009年10月版カタログの関数電卓のページ

今回のカタログのグラフ関数電卓では、fx-9860G が消えて後継機種である fx-9860GII NEW として掲載されている。海外でも2009年に fx-9860GII SD と共に新発売されている。手元の資料では、国内と海外のどちらが先に発売されたかは分からない。

fx-9860GII-2

液晶画面のバックライト機能が特徴だ。国内販売品では fx-9860GII が最初だが、2007年に海外で発売された fx-9860G Slim が初めてバックライト機能を搭載している (国内では発売されていない)。

この fx-9860GII 搭載のCPUは fx-9860G と同様に ルネサスの 32bit SH3カスタムチップが使われていた。このチップを搭載していることは、液晶画面に下に "USB Power GRAPHIC"  と標記されていることでわかる。1つ前の fx-9860G もSH3カスタムチップが使われていて、 同様に "USB Power GRAPHIC" と書かれている。

なお、fx-9860GII には後期型があり、CPUが SH4A カスタムチップに変更された。型式は同じでも液晶下の表記が "USB Power GRAPHIC 2" と変更された。

1つ前の fx-9860G に引き続いてAdd-In 機能が採用されており、カシオ純正のSDKでユーザーがAdd-Inプログラムを作成可能だ。

fx-9860GII は前期品・後期品を含めて国内では2017年半ばまで10年近く販売された。海外では 、2019年6月現在、まだ販売が継続されている。国内向けカタログでは、2013年12月版までは fx-9860GII が掲載されているが、2014年12月版では消えている。

fx-9860GII 搭載のプログラム言語は、1つ前の fx-9860G OS 1.xx  でのバグが修正され、文字列処理コマンドが追加され、プログラムで使える関数が増強された (プログラム言語は OS に含まれる)。この進化は、1つ前の fx-9860G にフィードバックするために、OSアップデートファイルがカシオから無償で提供され、OS 1.xx から OS2.xx にアップデートされた。 



fx-5800P は説明とカタログデザインが大きく変わった。電卓自体は何も変更はない。

fx-5800P_2009-10 

fx-4500P は掲載されなくなり、fx-3650Pfx-71F がその他のプログラム関数電卓として掲載されている。

fx-3650P fx-71F 
搭載言語については、fx-3650P にループ機能、具体的には For文、While文 そして Breakコマンドを追加した((Do文はない)ものが fx-71F に搭載されている。これによりプログラミングの自由度が多少向上しているが、言語としては fx-5800P には遠く及ばない。それでも、繰り返し計算をより便利に行えるようにすることをプログラム機能の主な目的にしているのは、fx-71F の取扱説明書の以下の記述でわかる。

fx-71F_Prog_Manual

fx-3650Pfx-71F 搭載のプログラム言語は、繰り返し計算の利便性を高めるためのマクロ言語とといって良いと思う。



楽屋裏 - プログラム電卓メモワール1981-2
楽屋裏 - プログラム電卓メモワール1981-7
楽屋裏 - プログラム電卓メモワール1990-12
楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2006-9
・楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2007-12
・楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2010-3
・楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2012-03
・楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2013-8
・楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2012-12
・楽屋裏 - プログラム電卓メモワール2018-01



応援クリックをお願いします。励みになるので...
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ


 


keywords: プログラム関数電卓、プログラミング

リンク集 | ブログ内マップ
関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

Re:Re: fx-9860G Slim

管理人様、こんにちは!

>そうですね、グラフ関数電卓としては寿命の長い製品と言えますよね。

シリーズとして10年以上ですから、長いですよね。
その間、fx-5800Pはモデルチェンジ無しなのでさらに長い単一製品となりますが、この先どこまで行くのでしょうか。(^^;


>fx-CGシリーズでは、バックライトがデフォルトになりましたが、もう外せない機能と言えますよね!

はい!外せないというか必須というか、カラー液晶なのでバックライト無かったらほとんど見えません!(^^;


>それって、Python導入された機種でしょうか?

はい、CG50と同じPython搭載のOS3.xが載るモノクロ機です。
ハード的には9860GIIの延長線上にありながら
ソフト面ではCGシリーズのモノクロ版という感じなので、
9860Gシリーズからの互換性が中途半端な状態になってしまっているようで、
Planet-Casioでの実機調査ではFtune2もC.Basicもまともに動作してないようです。(^^;

Re: fx-9860G Slim

sentaro様

管理人のやすです。


> ところで、fx-9860G Slimの発売年ですが、
> 一つ前のエントリで、管理人様も記されてるとおり
> https://egadget.blog.fc2.com/blog-entry-693.html
> 2009年のGIIと同じではなく2007年ですよね。(^^;

あ、間違っていました。修正致しました。ありがとうございます。


> 2009年に初登場したGIIモデルが2018年まで約10年続くことになりましたが、
> バックライトは結構ポイント高いですよね。

そうですね、グラフ関数電卓としては寿命の長い製品と言えますよね。


> 当時電卓でのバックライトは珍しかったかと思いますが、
> Slimでバックライトを初搭載して好評だったのでしょう。(^^)

間違いなく、これは有り難い機能だと思います。
fx-CGシリーズでは、バックライトがデフォルトになりましたが、もう外せない機能と言えますよね!


> 2019年にはGIIIモデルとしてのGraph 35+EIIがフランスを中心に発売されてますが、
> その他の国々ではGIIIモデルが発表&発売される気配がありません。
> fx-5800Pの後継機種も出そうで出ないという状況なので、
> このあたりはなかなか難しいかもしれませんね。(^^;

それって、Python導入された機種でしょうか?

fx-9860G Slim

管理人様、こんにちは!

2009年に初登場したGIIモデルが2018年まで約10年続くことになりましたが、
バックライトは結構ポイント高いですよね。
当時電卓でのバックライトは珍しかったかと思いますが、
Slimでバックライトを初搭載して好評だったのでしょう。(^^)

2019年にはGIIIモデルとしてのGraph 35+EIIがフランスを中心に発売されてますが、
その他の国々ではGIIIモデルが発表&発売される気配がありません。
fx-5800Pの後継機種も出そうで出ないという状況なので、
このあたりはなかなか難しいかもしれませんね。(^^;


ところで、fx-9860G Slimの発売年ですが、
一つ前のエントリで、管理人様も記されてるとおり
https://egadget.blog.fc2.com/blog-entry-693.html
2009年のGIIと同じではなく2007年ですよね。(^^;
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
C# (3)
Visitors
Online Counter
現在の閲覧者数:
プロフィール

やす (Krtyski)

Author:やす (Krtyski)
since Oct 30, 2013


プログラム電卓は、プログラムを作って、使ってナンボ!

実際に触って気づいたこと、自作プログラム、電卓プログラミングについて書いています。

なお管理人はカシオ計算機の関係者ではなく、Casio Basicが面白いと感じる1ユーザーです。


写真: 「4駆で泥んこ遊び@オックスフォード郊外」

リンク
月別アーカイブ
Sitemap

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR