速報! CASIO fx-9860GIII 発売間近? - 新しいプログラム電卓

 CASIO fx-9860GIII - モノクロ・グラフ関数電卓の新機種

2020/01/08
追記 2020/01/12
追記 2020/01/13
追記 2020/02/11
修正 2020/02/12
追記 2020/02/16
追記 2020/02/26
修正 2020/02/27
追記 2020/02/29
追記 2020/03/02
追記 2020/03/03
追記 2020/03/20
追記 2020/03/22
追記 2020/03/26
追記 2020/03/30
追記 2020/04/05

2020年1月7日 TI Planet にて、CASIO fx-9860GIII 発売か? という書き込みがあった (sentaro様の情報) 。現行フランス専用版 GRAPH35+E II のインターナショナル版として fx-9860GIII が発売されるとのこと。本記事では、新情報が得られ次第、アップデートしてゆく。

[2020/04/05]
fx-9860GIII の概要を記事にまとめた
fx-9860GIII の概要



[2020/03/30]
fx-9860GIII を入手した
Amazon Franceで 3/20に注文した fx-9860GIII が 3/27 (一週間後) に届いた。なお、ハードカバーのゴム足4つのうち、1つが付いていなかったので、Amazonに問い合わせたところ、ハードカバーやゴム足だけの供給はできないとのこと。メーカーでないので、それは当然だと思う。
missing_rubber 
左下のゴム足が無い.

Amazon Franceから提示されたのは、返品せずに本体価格(€96.65)の25%の返金とするか、全部返品して全額払い戻しにするか、という2つの選択肢であった。迷わず前者をを選んだところ、直ちに25% (= €24.16 ≒ ¥2917) 払い戻しの手続きをしてくれました(但しAmazonのクーポンでの対応)。その結果、今回は送料込みで総額¥12,201で fx-9860GIII を入手したことになる。ゴム足は別途対応しようと考えている。

ちなみに、GRAPH35R+II や fx-CG50 のゴム足も取れやすいという情報を sentaro様から頂いている。そこで、ゴム足の修理については、別途記事にして紹介しようと考えている。



[2020/03/26 12:00]
eBayとセカイモンで入手可能
fx-9860GIII は、eBayセカイモンで出品されていた。

Amazon Franceでは、私が注文した後状況が変わった。fx-9860GIII のページを開くと "このセラーは選択された商品の日本への出荷はできない" 旨のメッセージが追加されるようになった。恐らく次のようなことだろうと思われる。
「日本から注文来たぞ、やべー忘れてた、注意書き追加しとけ」という可能性も……? (Colon様談)

なお、管理人が注文したものは、これを書いている時点で成田に到着して輸入許可を待っている状況で、配達される見通しだ。今後しばらくは、eBayかセカイモンで入手するのが良いだろう。



[2020/03/22]
fx-9860GIII にはバックライト機能が無さそうだ
CASIO INTERNATIONAL のページfx-9860GIII が追加されている。
従来の fx-9860GII のページと比較しながら確認すると、バックライトに関する記述が見当たらない。やはりこの機能は無さそうだ。

ちなみに、CASIO WORLDWIDE EDUCATION WEBSITE のグラフ関数電卓のページにも fx-9860GIII が掲載されている。



[2020/03/20 追記]
実際にfx-9860GIIIを購入した!
Amazon Japan や Amazon USA ではまだ販売されていないので、Amazon Franceで購入した。
Amazon France での fx-9860GIII のページ
当ブログ管理人としては、実機を入手して評価したいのだ。

表示価格は €115.98 だが、実際の本体価格は €96.65 であった。海外向け免税価格だと思われる。日本までの送料は AmazonGlobal Eclair で €28.58 だったので、合計 €125.23、円決済額は ¥15,118 (€1 = ¥120.7231200003) であった。結構高額だと思う。送料無しの本体価格のみで換算すると ¥11,668 となる。

到着したら、色々と調べて見たいと思う。



[2020/03/03 追記] / [2020/03/02 追記] / [2020/02/29 追記] / [2020/02/27 修正] / [2020/02/26 追記] 
ヨーロッパでは3月発売開始!
Amazon France (Amazon.fr) で、fx-9860GIII の予約販売が始まっている (URL修正)のを発見した。Google翻訳で英語にした画像を示す(画像追加)。

AmazonFR2
AmazonFR

2020年3月8日に在庫予定とあるので、カシオからの公式発表前だが 3月上旬の発売開始の可能性が濃厚だ。fx-7400GIII の予約販売はまだ出ていない。

[2020/03/03 追記] 3/3の時点で、在庫予定日が 3/7 に戻っている。今後大きな変化があれば追記する。

[2020/03/02] 3/2の時点で、在庫予定日が 3/14 に伸びている。

[2020/02/29 追記] 2/28 に在庫予定日が 3月7日に前倒しになった。

[2020/02/27 修正]
ところで、115.98ユーロ なので、今のレートが €1 = ¥120 として、¥13,918になる。これに日本の住所までの送料が加わる。

なお、ここで記載されている寸法は、CASIOのサイトの記載内容と異なり、fx-9860GII と同じ寸法が記載されているので、Amazon.fr の記述が間違っている可能性が高いと思われる。実際どちらが正しいのだろうか?



[2020/02/16 追記]
カシオヨーロッパのサイトで新製品として発表
カシオヨーロッパの英語版サイトの Graph Calculator のラインアップ紹介のページで、fx-9860GIII と fx-7400GIII が新製品として記載されているのを発見。
New

ここからリンクされている英語の fx-9860GIII のページでも、バックライト機能有りと記載されているので、期待される。

また、fx-9860GIII のOSアップデートやアドインのダウンロードページも既に公開されている。

ヨーロッパでは、新発売に向けて着々と準備が進んでいるようだ。日本国内で発売されるかどうかが最も気になる。



[2020/02/11 追記 2]
 カシオヨーロッパが、fx-9860GIII と fx-7400GIII を公式発表
https://www.casio-schulrechner.de/de/produkte/grafikrechner/fx9860g3/ (ドイツ語)

fx-9860GIII USB POWER GRAPHIC 3Pyton搭載
アドインプログラム
8行 x 21桁テキスト、64 x 128ピクセル表示
バックライト
61 kB RAM、3 MB フラッシュROM
10桁+指数2桁
PCとのUSBリンク
単四電池x4本
175.5 x 83.5 x 18.7 mm (176 x 84 x 19 mm)
190 g
筐体表&ハードカバー:白、筐体裏:シルバー




このページによればバックライト機能付きとなっているが、本当だろうか? 画像からはバックライトキーが見たらない。ソフトウェアメニューからバックライトのON/OFFを行うのだろうか?

また、8行表示となっているが、最下行のファンクションキーのアイコン表示が含まれてたもので、Casio Basicでは7行しか使えないと思われる (2020/02/12 修正)



[2020/02/11 追記 1]
マニュアルがダウンロード可能になった
TI-Planet の critor様から本ブログの拍手機能経由で情報を頂いた。

"Thank you. :)The fx-7400/9750/9860GIII guidebook is now online : https://support.casio.com/cn/manual/manualfile.php?cid=004008033 If it can help, I've summed up the differences and new features over there https://tiplanet.org/forum/viewtopic.php?t=23498&p=251341#p251341"

fx-9860GIII のマニュアルがダウンロードできるようになっているとのこと。
fx-9860GIII ハードウェアマニュアル (英語)
fx-9860GIII (Ver 3.21) ソフトウェアマニュアル (英語)

発売間近と思われる。
Casio Basic の仕様は fx-9860GII と同じと思われる。Casio Basic に加えて Python も使える。



[2020/01/13 追記]
新デザインと仕様の情報
TI Planet に新製品 fx-9860GIII のデザインと仕様の情報が提供された。これの情報源はイギリスの教育機器販売サイト Oxfird Educational Supplies のページ (上から3項目め) となっている。

CASIO fx-9860GIII 外観デザインについて、キーボードとトップパネルは GRAPH35+E II とほぼ同じですが、ファンクションキーがグレーから白に変更、そして筐体ウラと保護カバーは青から白になるようだ。スウェーデンの販売会社のサイトの画像 (下記参照) と同じになっている。

また、スライド式の保護カバーは、上と下の両方からスライド可能で、裏と表の両方をカバーできるので、4通りの自由度になりそうで、裏に上からスライドしてもUSBや3Pinのコネクタを使えるようなデザインになるとのこと。

 

 fx-9860GIIIGRAPH35+E IIfx-9860GII
 電池 単四 x 4 単四 x 4 単四 x 4 
 電池寿命 (メーカー測定基準) 230 時間 230 時間 200 時間
 サイズ (mm) 18.7 x 83.5 x 175.5 18.7x83.5x175.5 21.2x91.5x184
 重さ (g) 190 190 225
 液晶ディスプレイ
 ・Casio Basic グラフィック
 ・Casio Basic テキスト
 ・バックライト
 64 x 128 pixel
・63 x 127 dot
・7 x 21 文字
・なし
 64 x 128 pixel
・63 x 127 dot
・7 x 21 文字
・なし
 64 x 128 pixel
・63 x 127 dot
・7 x 21 文字
・あり
 仮数 + 指数 10桁 + 2桁 10桁 + 2桁 10桁 + 2桁
 内部演算桁数 15桁 15桁 15桁
 プログラムメモリ容量 最大 ~62 KiB 最大 ~62 KiB 最大 ~62 KiB
 メインメモリ (利用可能) ~62 KiB ROM ~62 KiB ROM ~64 KiB ROM
 ストレージメモリ  ~3 MiB SDRAM ~3 MiB SRAM ~1.5 MiB SRAM
 プログラムファイル名 最大8文字 最大 8文字 最大 8文字
 CPU SH4A (SH7305) SH4A (SH7305) SH4A (SH7305)
  クロック ~59 MHz ~59 MHz ~29 MHz
 - FLL:  14.75 MHz x900 14.75 MHz x900 14.75 MHz x900
 - PLL:  FLLx16, 235.93 MHz FLLx16, 235.93 MHz FLLx16, 235.93 MHz
 - IFC: CPUコアクロック 1/4 PLL, 58.98 MHz 1/4 PLL, 58.98 MHz 1/8 PLL, 29.49 MHz
 - SFC: SuperHywayバスクロック 1/8 PLL, 29.49 MHz 1/8 PLL, 29.49 MHz 1/8 PLL, 29.49 MHz
 - BFC: メモリバスクロック 1/8 PLL, 29.49 MHz 1/8 PLL, 29.49 MHz 1.8 PLL, 29.49 MHz
 - PFC: I/Oクロック 1/16, 14.74 MHz 1/16, 14.75 MHz 1/16, 14.75 MHz
データ容量記号の B (Byte)だが、最近の正式表記は 1 KiB = 1,000 B = 1,024 B, 1 MiB = 1x106 B なので、iB を使用した。



[2020/01/12 追記]
ヨーロッパの販売店ホームページに新製品が掲載される
まだ不確定情報の範疇ではあるが、スウェーデンの教育機器通販のサイトに fx-9860GIII と fx-7400GIII のページが出来たとの情報がありました。TI-Planet のページ (sentaro様の情報)

 fx-9860GIII_sw1fx-9860GIII のページ
 fx-7400GIII のページ

但し商品説明が fx-9860GII のものを切り貼りしたままと思われます。fx-7400GIII についても、重量が230g と記載されておりこれでは現行フランス版 GRAPH35+E II よりも重い数値なので間違いだと思われる。信憑性については要注意だと思うが、一番気になるのが、これらのページで表示された製品画像が、現行GRAPH35+E II のデザインと色がそのままで、製品右上の製品名のところだけが fx-9860GIII  USB POWER GRAPHIC 3 と変更されている。まだ未確定情報の域を出ていない。

この画像が、切り貼りの合成画像でないのならば、[SHIFT][OPTN]でバックライトが使えるところ、[OPTN]キーにバックライトのマークが無いので、バックライト機能は無い可能性もありそうた。











[2020/01/08 初稿]
新モデルはGRAPH35+E II のインタナショナル版
ちなみに、GRAPH35+E II のCASIOページは こちら
マニュアル: ハードウェアマニュアル(仏語) | ソフトウェアマニュアル(仏語)

フランス語マニュアルを眺めたところ、Casio Basic の仕様は fx-9860GII とほぼ同じで、新たに Python が追加されている。さらにアドインプログラムが使え、C.Basic for FX も使える。 液晶ディスプレイは fx-9860GII と同じ解像度でモノクロ。

現行の fx-9860GII よりも小型・薄型・軽量、直線的なデザインで角が丸い形状。デザインコンセプトは fx-CG50 に近い。
 ・現行fx-9860GII : 21.3 x 87.5 x 184.0 mm, 225g
 ・GRAPH35+E II : 18.7 x 83.5 x 175.5 mm, 190g
Graph35+EII
   フランス専用版 GRAPH35+E II

フランスはカシオのシェアが高く、他にもフランス専用版が GRAPHシリーズとしてかなり以前から発売されている。

Amazon.fr での価格は本日時点で、64.39ユーロ (¥7,811, 1€=¥121.3)となっており、fx-5800P の日本国内価格と変わらず(僅かに高い)、Amazon.fr では fx-5800P よりも安い価格設定になっている。

さて fx-9860GIII がどのようなデザインになるのか、楽しみだ。








新たに情報が得られたら、順次追記してゆく予定だ。



応援クリックをお願いします。励みになるので...
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ


 


keywords: プログラム関数電卓、fx-9860GIII

リンク集 | ブログ内マップ



関連記事
  • fx-9860GIII の概要

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

Re: Amazon.frの価格!!

sentaro様、

> で、Amazon.frでのfx-9860GIIIの予約価格ですが、送料込みとはいえ、115.98ユーロはちょっと高すぎますね。(^^;
> Keepa(Amazon Price Tracker)で価格推移をみると最初は153.02ユーロだったようなので、発売になれば一気に適正価格に落ち着きそうです。(^^)
> Graph90+Eが79.9ユーロ、Graph35+EIIが69.98ユーロで若干値上がっているのが気になりますが、この時期はこういうものなのでしょうかね。

価格の変化だけでなく、在庫予定も変化しています。
昨日は 3/8 だったのが今日は3/7と、1日前倒しになっています。

予約が増えれば、それだけ価格が下がるというのも可能性としてはありそうですね。
日本への送料も、アメリカに比べてヨーロッパは高いので、トータルとしては結構な費用になりそうです。

ヨーロッパに比べて送料の安い Amazon USA での販売が始まるのを待つのも1つの作戦かも知れません。そのころには本体価格も落ち着いてくる可能性を期待しつつ...


Amazon.frの価格!!

管理人様、こんにちは!

Ver 1.45 beta build 10への素早い対応をいつもありがとうございます!(^^)

で、Amazon.frでのfx-9860GIIIの予約価格ですが、送料込みとはいえ、115.98ユーロはちょっと高すぎますね。(^^;
Keepa(Amazon Price Tracker)で価格推移をみると最初は153.02ユーロだったようなので、発売になれば一気に適正価格に落ち着きそうです。(^^)
Graph90+Eが79.9ユーロ、Graph35+EIIが69.98ユーロで若干値上がっているのが気になりますが、この時期はこういうものなのでしょうかね。

Re^13: fx-9860GIII のマニュアル

sentaro様、Colon様、

管理人のやすです。

sentaro様、

> 純正のCasioBasicのグラフィックスが高速であったならば、C.Basicも存在していないわけで、最初のきっかけもいろんな要因が重なってましたね。(^^)

泥棒と鈍足グラフィクス が幾つかある要因の1つというのは、面白いですよね。
カオス理論でいうバタフライ効果みたいな、取るに足らない微妙な初期条件で、その後の結果が大きく異なるというのを思い出しました。

> 9860GIIIの発売はそろそろでしょうけど、日本で手に入るのがいつになるかということですね。

ヨーロッパでは3月初旬発売はほぼ確定のようです(このエントリーに追記しました)。

しばらくは国内発売の可能性を待って様子を見るのか、個純輸入しちゃうか(Amazon.frでは結構な価格)、どちらにしようかな、チョット悩むところではあります。

> >https://egadget.blog.fc2.com/blog-entry-716.html
> fx-9860GIIIも一回り大きいだけというのは従来のグラフ電卓よりは電卓サイズに近くなったといえますね。(^^)

かなり小型になるようです。実際に手に取ると厚みと重さがどのような感覚になるのか...
CG50や9860GII よりは確実に薄く、軽くなっているのでしょうね。


Colon様、
>例えば農作物が不作だったり水産物が不良だったりすると価格が上がりますが、
>それは供給が下がって供給曲線が左に移動し、従って均衡価格が上がったためだと説明できます

知識量と咀嚼力が凄いですね!
高橋洋一氏のように、政治を数学で追い求めるようなことが、Colon様なら出来そうな感じがしています。


>厳密な数値が分からなくても、大まかにモデル化することで経済の動きを直感的に理解しやすくしてくれるツールだ、というように理解しています。

実は、今のDeep Learningに代表されるAIブームは3回目のブームで、1つ前の2回目のブーム('80~'90年代) では、Neural Networks (NN) などと呼ばれていて、その頃に人の官能性に近いセンサシステムを開発したことがあります。
その頃は、ニューロンに対する入力と出力は "シグモイド関数" で定義するのが主流でした。この関数は、全領域で微分可能な連続曲線でしたが、この関数が選ばれた理由は解析するのに便利であるばかりでなく「数学的に美しい」という感覚的なものでした。心理的な美の感覚に皆が従ったわけです。

今はどうかと言えば、折れ線グラフのような微分不可能な点を有する関数が主流で、その方が判断の精度が高いという極めて工学的というか、現場での実務を反映したものになっています。

供給曲線や需要曲線が単調連続関数で良いのか?
そこに私は引っかかっています。
これがもし違っていて、別の関数を使えば、ひょっとしたら今のDeep Learning のような Break through を達成するかも知れません。


>BugTrace は数学的にも興味深い素材だと思います。
>結局のところ、(バグがあったとは言え) 1 ドットのみの障害物で完全な千鳥格子にするのは不可能なハズですが、そうなると 2 ドットの障害物で千鳥格子 + 1 になるのは何通りあるのか? という追究の仕方ができそうです。

そうですよね。
動作の非対称性がポイントです。それを数学的命題に落とし込むことができれば...これが難しそうです。
私などは、いっそ3次元でみると面白い、などとビジュアル重視だったりします。

Re^12: fx-9860GIII のマニュアル

管理人様、sentaro様、こんにちは!

> 工学系の世界に長く住んでいる私にとっては、人の心理状態を数値化するというのは、違和感があります。物理の式なら係数や乗数は、それ相当の理由で決められているのですが、心理状態を示す係数や乗数は何を拠り所にして良いか分かりません。なんだか簡単に騙されそうで、チョット抵抗があったりします。

私も需要曲線や供給曲線の厳密な求め方、あるいはそもそも厳密に求められるのかはよく分かっていないのですが、
厳密な数値が分からなくても、大まかにモデル化することで経済の動きを直感的に理解しやすくしてくれるツールだ、というように理解しています。

例えば農作物が不作だったり水産物が不良だったりすると価格が上がりますが、
それは供給が下がって供給曲線が左に移動し、従って均衡価格が上がったためだと説明できます。

同じように需要が上がって供給が追い付かなくなれば、需要曲線が右に移動してやはり均衡価格が上がります。


> 以前、展示会で自社のブースで fx-5800P と手帳を横に置いて接客していた時、ふと振り返ると fx-5800P が盗まれました。手帳は残っていたので、意図的に電卓だけやられたわけです。買い直した fx-5800P でプログラムを書き直したり、新たにプログラムを作ったりしたところ、Casio Basic への興味が出てきて、当ブログを立ち上げたという歴史があります。

世の中には色んな人間がいますから、すなわち色んな泥棒もいるということでしょうね。(^^;
油断は禁物です。


> 以前 SH4の9860GII を修理に出したら、まるごと交換ということで、SH3 機が戻ってきたことがあります。SH3機を受け取るわけ庭行かず、SH4機に交換してもらいました。Ftune2 を知らなければ、特に気にしていなかったと思います。

なんと実質前モデルになって返ってくるとは……(^^;


>> 振り返ってみると、私のCasio Basicサンプルプログラムをアドインに移植してくださって比較するというのを繰り返し、
>> そうこうするうちに、Bug Trace プログラムのコメント欄が C.Basic 最初のお試し版がリリースされましたよね!
>> https://egadget.blog.fc2.com/blog-entry-457.html

> 懐かしいですね。(^^)
> 純正のCasioBasicのグラフィックスが高速であったならば、C.Basicも存在していないわけで、最初のきっかけもいろんな要因が重なってましたね。(^^)

コメント欄から開発初期の生の空気感が伝わってきますね。

BugTrace は数学的にも興味深い素材だと思います。
結局のところ、(バグがあったとは言え) 1 ドットのみの障害物で完全な千鳥格子にするのは不可能なハズですが、そうなると 2 ドットの障害物で千鳥格子 + 1 になるのは何通りあるのか? という追究の仕方ができそうです。

Re^11: fx-9860GIII のマニュアル

管理人様、Colon様、こんにちは!

Colon様、
>値段的なことを言うと、持ち運ぶ際に気を使うのは財布より電卓、スマホより電卓です。

財布よりもスマホよりもというのがすごいですけど、その値段からすれば分かる話です。(^^)


>CG20 のデフォルトしか知らなかった当時は「こんなもんかな」ぐらいにしか思いませんでしたが、ここを訪れてから随分と世界が広がりました。(^^)

グラフ電卓がただのグラフ電卓ではなくなって世界が広がったというのは私も同じだったですけど、
Colon様の広がりは宇宙並みですよね。(^^)



管理人様、
>> あっ、そもそも均衡価格が高いんですね。(^^;
>わっ、思いっきり経済用語ですね(・д・)

なんとなく意味は解釈しましたが、経済用語だったとは知りませんでした!(^^;


>泥棒がいなかったら、e-Gadgetは存在していなかったわけです。

これはすごいエピソードですよね。(^^;
管理人様の先にさらに泥棒の存在があったとは…誰も想像できない世界です。(^^;


>振り返ってみると、私のCasio Basicサンプルプログラムをアドインに移植してくださって比較するというのを繰り返し、
>そうこうするうちに、Bug Trace プログラムのコメント欄が C.Basic 最初のお試し版がリリースされましたよね!
https://egadget.blog.fc2.com/blog-entry-457.html

懐かしいですね。(^^)
純正のCasioBasicのグラフィックスが高速であったならば、C.Basicも存在していないわけで、最初のきっかけもいろんな要因が重なってましたね。(^^)


>それに続いて、fx-CG版も登場。カラー高精細液晶での表示機能が、C.Basic の可能性をさらに広げて、GBフォントによる日本語表示に繋がりました。
>そして、Slim対応や、GRAPH35E++ 対応の結果、fx-9860GIII 登場前から 既に Ftune3 と C.Basic が準備万端整っているという状況。
>もう待ちきれません。

CG50もアドイン禁止にならずに、さらにはGraph35+EII/9860GIIIもアドイン継続なので、シリーズとしてアドインが継続しているのがすごく良いですね。(^^)
9860GIIIの発売はそろそろでしょうけど、日本で手に入るのがいつになるかということですね。


>そうそう、fx-991MS 2nd edition の記事で、MS991 2nd edition と 9860GIII のサイズ比較をしてみました。
>MS991-2 は fx-JP900 と厚みも横幅も同じ (縦に少しだけ長い) ので、こうやって比べてみると 9860GIII はかなり小さいことがよく分かります。
https://egadget.blog.fc2.com/blog-entry-716.html

拝見させていただきました!
JP900サイズとほとんど同じなんですね。
fx-9860GIIIも一回り大きいだけというのは従来のグラフ電卓よりは電卓サイズに近くなったといえますね。(^^)

Re: Re^9: fx-9860GIII のマニュアル

Colon様、sentaro様、

バタバタしていて、遅くなってしまいました。
すみません。


Colon様

> 私が当時 CASIO や通販サイト以外を検索にかけなかったのでここ e-Gadget に出会えなかったという反省点はありますが、(^^;

おそらく当時は、e-Gadgetの記事はまだ認知度が低かったのでしょう。今では、fx-CG20、fx-CG50 で検索をかけると、1ページ目に出てくるようになっています。


> あっ、そもそも均衡価格が高いんですね。(^^;

わっ、思いっきり経済用語ですね(・д・)
グーグル検索してしまいました。
供給曲線と需要曲線の交点なんですね。なるほどです。
工学系の世界に長く住んでいる私にとっては、人の心理状態を数値化するというのは、違和感があります。物理の式なら係数や定数は、それ相当の理由で決められているのですが、心理状態を示す係数や定数は何を拠り所にして良いか分かりません。なんだか簡単に騙されそうで、チョット抵抗があったりします。


> 知識が足りない人にとっては、こうして価格帯や機能面を細かくレビューして下さっているサイトは非常にありがたいです。(^^)

ありがとうございます。当ブログは、古い記事への追記や修正を繰り返して、知識集約型になっていますので、そう言って頂けると本望です。


> といいつつ、泥棒からしても電卓は盗み甲斐が無さそうですが。

以前、展示会の自社のブースで fx-5800P と手帳を横に置いて接客していた時、ふと振り返ると fx-5800P が盗まれました。手帳は残っていたので、意図的に電卓だけやられたわけです。買い直した fx-5800P でプログラムを書き直したり、新たにプログラムを作ったりしたところ、Casio Basic への興味が出てきて、当ブログを立ち上げたという歴史があります。

泥棒がいなかったら、e-Gadgetは存在していなかったわけです。


> > Colon様が当時にCG20じゃなく9860GIIを選択されていたら、在庫分のSH3の方を買わされていたかもしれないので、その点ではCG20で良かったと思います。(^^)

以前 SH4の9860GII を修理に出したら、まるごと交換ということで、SH3 機が戻ってきたことがあります。SH3機を受け取るわけ庭行かず、SH4機に交換してもらいました。Ftune2 を知らなければ、特に気にしていなかったと思います。


今や、Syscall( については、恐らく世界で一番詳しいColon様が C.Basic開発の強力な助っ人になって頂いているのは、心強いです。これからもよろしくお願い致します。



sentaro様

振り返ってみると、私のCasio Basicサンプルプログラムをアドインに移植してくださって比較するというのを繰り返しているうちに、Bug Trace プログラムのコメント欄で C.Basic 最初のお試し版がリリースされましたよね!
https://egadget.blog.fc2.com/blog-entry-457.html

それに続いて、fx-CG版も登場。カラー高精細液晶での表示機能が、C.Basic の可能性をさらに広げて、GBフォントによる日本語表示に繋がりました。

そして、Slim対応や、GRAPH35E++ 対応の結果、fx-9860GIII 登場前から 既に Ftune3 と C.Basic が準備万端整っているという状況。

もう待ちきれません。

そうそう、fx-991MS 2nd edition の記事で、MS991 2nd edition と 9860GIII のサイズ比較をしてみました。
MS991-2 は fx-JP900 と厚みも横幅も同じ (縦に少しだけ長い) ので、こうやって比べてみると 9860GIII はかなり小さいことがよく分かります。
https://egadget.blog.fc2.com/blog-entry-716.html


Re^9: fx-9860GIII のマニュアル

管理人様、sentaro様、こんにちは!

> 高くなる理由としては、少しくらい安くしてもさほど売れゆきは変わらないから高値安定ということなんですよね。(^^;

あっ、そもそも均衡価格が高いんですね。(^^;

> うわ、3万弱!って、少々の理不尽どころか、国内版の高価格は理不尽しかないですよね。(^^;

値段的なことを言うと、持ち運ぶ際に気を使うのは財布より電卓、スマホより電卓です。

といいつつ、泥棒からしても電卓は盗み甲斐が無さそうですが。

> Colon様が当時にCG20じゃなく9860GIIを選択されていたら、在庫分のSH3の方を買わされていたかもしれないので、その点ではCG20で良かったと思います。(^^)

あっ、そういう可能性も……。
『グラフ電卓』ならカラーの方が見やすいだろうという選択でしたが、正解でしたね。(^^)

> 私もCG10を買ってから、そのもっさり加減に閉口してましたけど、その遅さのおかげでPtune2/Ftune2シリーズが出来上がりました。(^^;

CG20 のデフォルトしか知らなかった当時は「こんなもんかな」ぐらいにしか思いませんでしたが、ここを訪れてから随分と世界が広がりました。(^^)

Re^8: fx-9860GIII のマニュアル

管理人様、Colon様、こんにちは!

>なぜ日本だけ高いんだろうとはつくづく気になっています。

高くなる理由としては、少しくらい安くしてもさほど売れゆきは変わらないから高値安定ということなんですよね。(^^;


>私の CG20 は貯金から 3 万円弱で買いましたが、今となっては CG50 を輸入すれば 1 万円程度ですから、少々の理不尽さは感じます。(^^;

うわ、3万弱!って、少々の理不尽どころか、国内版の高価格は理不尽しかないですよね。(^^;


>数学検定の準 2 級の受験に備えて買ったものですが、価格帯に関する知識がまだなく、当時の最上位機種っぽく見えたので (今思うと速度的に 9860G とどっちが上か微妙ですが)、必然的に国内販売の CG20 になりました。

商品の相場というか、実際に買ってから調べて初めて分かるってことが多々ありますね。(^^;
Colon様が当時にCG20じゃなく9860GIIを選択されていたら、在庫分のSH3の方を買わされていたかもしれないので、その点ではCG20で良かったと思います。(^^)


>私が当時 CASIO や通販サイト以外を検索にかけなかったのでここ e-Gadget に出会えなかったという反省点はありますが、(^^;
>知識が足りない人にとっては、こうして価格帯や機能面を細かくレビューして下さっているサイトは非常にありがたいです。(^^)

私も今でこそ海外との価格差や電卓価格の相場が把握できてますが、以前は高くてもこんなもんだっていう感じで思ってましたから、このあたりは難しいところですね。


>そして、知識不足のままに買った遅い CG20 も、Ptune と C.Basic のおかげで満足に使えるようになっていますから、sentaro様にも感謝です。(^^)

ありがとうございます!
私もCG10を買ってから、そのもっさり加減に閉口してましたけど、その遅さのおかげでPtune2/Ftune2シリーズが出来上がりました。(^^;
C.BasicもPythonの代わりにはならなくとも同等の速度が得られる純正以外の言語として、CG20ユーザーにも喜んでいただければ嬉しく思います。(^^)
そして、そのC.BasicもColon様のおかげでとてつもない進化をしてきましたので、ユーザーあってのC.Basicだと思います。
今後ともどうか強力なサポートをよろしくお願いします。(^^)


>例えば「英 → 仏 → 英」と翻訳にかけて、最初の英文と最後に出てきた英文を比較すれば翻訳の精度が分かるそうです (今では学校でこういうことも教えています)。

なるほど!と納得しました。(^^)


>この性質は実用的ですが、再翻訳の際におかしな文章が出てくることもあるので遊びとしても面白いです。
>「日 → 英 → 日 → 英 → …… → 日」と 100 回翻訳にかけたらどうなるか、というのを投稿している方もいるぐらいです。(^^;

伝言ゲームみたいで面白そうですね。(^^)

Re^7: fx-9860GIII のマニュアル

管理人様、sentaro様、こんにちは!

>> 或いは、国内で fx-7400GIII が1万円未満、fx-9860GIII が海外の2倍程度のぼったくり価格というケース。

> 海外価格を60ドルくらいとするならばその2倍で13000円くらいでしょうか。
> CG50の輸入価格よりはるかに高いという状況が難点ですね。(^^;

なぜ日本だけ高いんだろうとはつくづく気になっています。

私の CG20 は貯金から 3 万円弱で買いましたが、今となっては CG50 を輸入すれば 1 万円程度ですから、少々の理不尽さは感じます。(^^;

数学検定の準 2 級の受験に備えて買ったものですが、価格帯に関する知識がまだなく、当時の最上位機種っぽく見えたので (今思うと速度的に 9860G とどっちが上か微妙ですが)、必然的に国内販売の CG20 になりました。

私が当時 CASIO や通販サイト以外を検索にかけなかったのでここ e-Gadget に出会えなかったという反省点はありますが、(^^;
知識が足りない人にとっては、こうして価格帯や機能面を細かくレビューして下さっているサイトは非常にありがたいです。(^^)

そして、知識不足のままに買った遅い CG20 も、Ptune と C.Basic のおかげで満足に使えるようになっていますから、sentaro様にも感謝です。(^^)


> 診断モードも大きく変わっています。
> いずれ新エントリーで紹介するつもりです。

楽しみです!
製品開発の方向性も見え隠れするのが診断モードですから、これは興味深いです。


> その精度を信じて、英語からフランス語への翻訳に利用してしまうのですが、合っているのかどうなのかがいまいちわからないのが難点です。(^^;

例えば「英 → 仏 → 英」と翻訳にかけて、最初の英文と最後に出てきた英文を比較すれば翻訳の精度が分かるそうです (今では学校でこういうことも教えています)。

この性質は実用的ですが、再翻訳の際におかしな文章が出てくることもあるので遊びとしても面白いです。
「日 → 英 → 日 → 英 → …… → 日」と 100 回翻訳にかけたらどうなるか、というのを投稿している方もいるぐらいです。(^^;

Re^6: fx-9860GIII のマニュアル

管理人様、こんにちは!

>C.Basic がなければ、私は海外のサイトに出入りしなかったと思うので、間違いなくsentaro様のおかげです。

元はと言えば、管理人様のCasioBasicの濃いブログがあったからこそ、C.Basicも生まれたわけですし、
卵が先かニワトリが先かという話になれば、間違いなく管理人様が先ですね。(^^)


>結果的に critor様に見つけて貰えることになったのでしょう。
>プログラム電卓については、海外に目を向ければ、多くの情報が得られるし、楽しめることがよく分かりました。

国内では海外のような電卓フォーラムは無いですし、グラフ電卓は海外主導の製品なので、濃い情報となるとやはり海外中心になりますね。
日本から検索しても海外サイトが普通に出てきますし、逆に海外から検索しても日本のサイトが引っかかるのも間違いないですね。
SNSなどはあっという間に海外にも拡散しますから、ネットワーク時代の凄さを感じます。(^^)


>Planet Casioの登録ができたので、TI-Planet, UCF, Casiopeia, Cemetech など主要サイトは一応登録済みになりました。Google翻訳の精度が良くなったので、フランス語から英語に変換して普通に読めるのは、有り難いです。

おお!主要サイト完全制覇ですね!

フランス語から英語は違和感が無いですよね。(^^)
その精度を信じて、英語からフランス語への翻訳に利用してしまうのですが、合っているのかどうなのかがいまいちわからないのが難点です。(^^;


>カシオのサイトを見ていると、イギリスはヨーロッパの外という明確な扱いになっているのが現実です。fx-9860GIII / fx-7400GIII の公式発表も、イギリスのサイトにはありません。

イギリスはEU外れましたけど、その前から別枠だったのでしょうか。
グラフ電卓の状況が案外、日本と近いのかもしれないですね。


>明らかに、フランスを中心としてヨーロッパがカシオの重要な市場だと分かります。その上で、イギリス/アイルランド地域以外の英語のサイトが用意されているのは、共通言語として>英語を使っているという見方ができて興味深いです。

フランスは以前から独自路線で国内モデルを開発してましたけど、その開発力がここにきて世界モデルに昇格してきてますね。(^^)
JP900シリーズは各国カスタマイズ版がかなりありますが、そのフランス版のスクラッチ搭載のフランスカスタマイズモデルにはフランス語しか選択出来ないという難点がありますが、それが世界モデルに昇格する可能性も無きにしもあらずですね。


>国内は、fx-72f と fx-CG50 だけになる、というのが最悪ですが、あり得ますよね。

かなりあり得ると思います。(^^;


>次が、fx-9860GIII が高い価格で国内発売されるケース。

今まで通りならばこのケースです。(^^;
ただ、CG50があるので、下位機種としての価格帯になってきますね。


>或いは、国内で fx-7400GIII が1万円未満、fx-9860GIII が海外の2倍程度のぼったくり価格というケース。

海外価格を60ドルくらいとするならばその2倍で13000円くらいでしょうか。
CG50の輸入価格よりはるかに高いという状況が難点ですね。(^^;


>望ましいのは、fx-5800P の後継機種がクラムシェルタイプか JP900 風になって 5800P 並の価格で登場するシナリオです。

新規開発となれば、可能性はほとんどなさそうですが、JP900風の後継機種ならばまだ可能性はありますね。(^^;


>実用本位の製品としては、FX-603P の後を引き継いだのが明らかに fx-5800P。この路線は海外の学校用(学販用)にはありませんので、国内の実用向け製品を継続するかどうかの、結構大きな分かれ道なのは間違いありません。

海外ではプログラム電卓というジャンルは日本よりもニッチな感じなので、後継機種は日本主導でのJP900カスタマイズ路線の可能性大ですが、
フランスでのスクラッチ電卓が出てからも何も音沙汰ない状況を考えると、可能性はあまり無いのかもしれません。(^^;


>関数計算(コーデック)精度は、オリジナルの MS991 よりも向上していて、5800P や JP900、その他グラフ電卓と同じになっています。

JP900と同じチップにになっているのは間違い無さそうですね。


>見た目よりも実際は薄くなっていて、チョット縦長になっています。
>診断モードも大きく変わっています。
>いずれ新エントリーで紹介するつもりです。

fx-5800Pの後継機種に繋がる何かが?
なんかちょっと興味が出てきました…(^^)

Re^5: fx-9860GIII のマニュアル

sentaro様、


> C.Basicのおかげとかなると、なんだか恐縮です。(^^;

C.Basic がなければ、私は海外のサイトに出入りしなかったと思うので、間違いなくsentaro様のおかげです。
結果的に critor様に見つけて貰えることになったのでしょう。

プログラム電卓については、海外に目を向ければ、多くの情報が得られるし、楽しめることがよく分かりました。


> お!ついに登録成功おめでとうございます!(^^)
Planet Casioの登録ができたので、TI-Planet, UCF, Casiopeia, Cemetech など主要サイトは一応登録済みになりました。Google翻訳の精度が良くなったので、フランス語から英語に変換して普通に読めるのは、有り難いです。


> 昨今のPythonモデルはすべてフランス発という状況ですし、
> NumWorksのような新興メーカーも出てきて、CASIOもTIもシェアを分け合っていて業界的に活気がありますね。

カシオのサイトを見ていると、イギリスはヨーロッパの外という明確な扱いになっているのが現実です。fx-9860GIII / fx-7400GIII の公式発表も、イギリスのサイトにはありません。

明らかに、フランスを中心としてヨーロッパがカシオの重要な市場だと分かります。その上で、イギリス/アイルランド地域以外の英語のサイトが用意されているのは、共通言語として英語を使っているという見方ができて興味深いです。


> >国内で販売されるモデルがどれになるのか? そしてその価格がどの程度になるのか? そこが気になります。
>
> 発売されたら万々歳ですが、従来のfx-9860GIIの後継機扱いだとすれば、9860GIIIになりそうなので、実売でも\15000くらいの価格になっちゃいそうです…(^^;
> ここは高くても1万を超えないようにと切に願いたいです。(^^)

国内は、fx-72f と fx-CG50 だけになる、というのが最悪ですが、あり得ますよね。
次が、fx-9860GIII が高い価格で国内発売されるケース。
或いは、国内で fx-7400GIII が1万円未満、fx-9860GIII が海外の2倍程度のぼったくり価格というケース。
望ましいのは、fx-5800P の後継機種がクラムシェルタイプか JP900 風になって 5800P 並の価格で登場するシナリオです。


> fx-5800Pからすれば確実に大きいので、小型軽量化という路線だとJP900の路線で行くしか無いですね。(^^;

そうなんですよね。


> その点、fx-5800Pは実用本位で改良されたプログラム電卓なので、その後継となると同等の使い勝手を維持しなければなりません。

実用本位の製品としては、FX-603P の後を引き継いだのが明らかに fx-5800P。この路線は海外の学校用(学販用)にはありませんので、国内の実用向け製品を継続するかどうかの、結構大きな分かれ道なのは間違いありません。


> >で、第2世代関数電卓としての最終形である fx-MS991 2nd edition を記念のコレクションとしてポチッとして到着待ちだったりします。
>
> お!コレクションがますます充実していきますね。(^^)

関数計算(コーデック)精度は、オリジナルの MS991 よりも向上していて、5800P や JP900、その他グラフ電卓と同じになっています。

見た目よりも実際は薄くなっていて、チョット縦長になっています。
診断モードも大きく変わっています。
いずれ新エントリーで紹介するつもりです。


Re:Re: Re:Re: fx-9860GIII のマニュアル

管理人様、
>そんな有名な方だったのですね!
>プログラム電卓の世界は狭いと実感です。
>いずれにしてもC.Basicのおかげです、ありがとうございます。

C.Basicのおかげとかなると、なんだか恐縮です。(^^;


>以前、メアドやパスワードを忘れてしまって、新規登録もできずに困っていたのです。
>で、先ほど gmail アドレスを使って新規登録したら、OKでした。
>とりあえず、アバターの設定をしておきました。
>フランスでカシオの電卓のシェアが高いと、このようなサイトが出来るのですね!
>4月に Python もグラフィックスモジュールが登場するなど、情報が早くて豊富なのが分かります。

お!ついに登録成功おめでとうございます!(^^)
昨今のPythonモデルはすべてフランス発という状況ですし、
NumWorksのような新興メーカーも出てきて、CASIOもTIもシェアを分け合っていて業界的に活気がありますね。


>国内で販売されるモデルがどれになるのか? そしてその価格がどの程度になるのか? そこが気になります。

発売されたら万々歳ですが、従来のfx-9860GIIの後継機扱いだとすれば、9860GIIIになりそうなので、実売でも\15000くらいの価格になっちゃいそうです…(^^;
ここは高くても1万を超えないようにと切に願いたいです。(^^)


>fx-5800P に比べて、縦が 12.5mm (7.7%)増し、横が 2mm (2.5%)増し、厚みが 3.6mm (24%)増しとなるので、厚みが増したと感じるのではないでしょうか? ワイシャツの胸ポケットな難しそうですね。

充電池にすればもっと薄く出来ると思いますが、単4電池採用だとどうしても仕方ないところですね。
fx-5800Pからすれば確実に大きいので、小型軽量化という路線だとJP900の路線で行くしか無いですね。(^^;


>fx-72fは、プログラム電卓として有用だとはとても思えないので、現在の製品としても位置づけが中途半端に感じられます。
>そこに喝を入れる目的で、後継モデルに fx-5800P レベルのCasio Casic を搭載するなら、とても魅力的です。

fx-72fは基本的に学校用モデルなので、実用性は疑問符ですね。
その点、fx-5800Pは実用本位で改良されたプログラム電卓なので、その後継となると同等の使い勝手を維持しなければなりません。


>あと、デザインも fx-MS991 2nd edition とか fx-9860GIII のようになるかも知れませんね。
>そうそう、関数電卓のデザインが fx-MS991 2nd edition のようなものに統一されてきていますし、fx-7400GIII、fx-9750GIII、fx-9860GIII のデザインも同じ感じです。fx-CG50, fx-JP900, >fx-290 Solar II のようなCFRP風のデザインから、模倣対策のために変更してきたような気がしています。

最近の傾向だと間違いなく同じデザインになると思いますね。(^^)

ただ、FD10Proのような実用本位の製品は別デザインで出てきたりするので、
Slimのようなクラムシェルで新発売、…は1%もないかもです。(^^;


>で、第2世代関数電卓としての最終形である fx-MS991 2nd edition を記念のコレクションとしてポチッとして到着待ちだったりします。

お!コレクションがますます充実していきますね。(^^)


>fx-9860GII が国内で既に販売されていないので、fx-5800P の後継は何らかの形で出てくるのではないかと思っています。
>それが fx-72f だと悲しいとしか言えません。多分、fx-xxxxGIII のどれかは国内販売されるのではないかと...

fx-5800Pの後継が予定されていたとするならば、JP900が出て一年以内には出せたと思われるので、その予定が変更になったのかあるいは…
日本でのグラフ電卓の需要状況を考えると、最終的にfx-CG50一機種のみに絞られたかもというのは悲しい予想ですが、
より安価なグラフ電卓としての9860GIIIシリーズは続いてほしいですね。
そして、プログラム電卓のジャンルがGIIIシリーズに吸収されてでも継続するならばそれはそれで良しとするしか無いでしょうか。(^^;

Re: Re:Re: fx-9860GIII のマニュアル

sentaro様、

> Critor様はフランスだけではなく世界中の電卓情報に精通されている方ですし、
> 各国の電卓関連サイトに出没されているので、当然のように見つけられてしまいますね。(^^)

そんな有名な方だったのですね!
プログラム電卓の世界は狭いと実感です。
いずれにしてもC.Basicのおかげです、ありがとうございます。


> で、TI-Planetデビューおめでとうございます!
そういえば初めてのコメントだったのかも知れません。

> 次は、いよいよPlanet-Casioでしょうか。(^^)
以前、メアドやパスワードを忘れてしまって、新規登録もできずに困っていたのです。
で、先ほど gmail アドレスを使って新規登録したら、OKでした。
とりあえず、アバターの設定をしておきました。
フランスでカシオの電卓のシェアが高いと、このようなサイトが出来るのですね!
4月に Python もグラフィックスモジュールが登場するなど、情報が早くて豊富なのが分かります。



> >価格帯と機能から見れば、fx-7400GIII が fx-5800P の後継とも言えるかも知れません。
>
> 機能的に見れば同等なのは7400GIIIですね。
> ただ、価格帯的に比較すれば、fx-9750GIIがfx-5800Pとほぼ同じ価格だったので、ややこしくなってきます。(^^;

国内で販売されるモデルがどれになるのか? そしてその価格がどの程度になるのか? そこが気になります。



> 上位版としてのカラー機種があるので、モノクロ機はコンパクトに整理しようという感じだと思いますが、
> 筐体がCG50と5800Pの中間ほどで程よい大きさなので、5800Pの後継とする可能性はありかもですね。(^^)

fx-5800P に比べて、縦が 12.5mm (7.7%)増し、横が 2mm (2.5%)増し、厚みが 3.6mm (24%)増しとなるので、厚みが増したと感じるのではないでしょうか? ワイシャツの胸ポケットな難しそうですね。


> fx-5800Pの後継はJP900のプロ電版と思ってましたが、
> フランスでのラインナップを考えると、
> 案外、fx-72fの後継として出てくる可能性もありそうです。

fx-72fは、プログラム電卓として有用だとはとても思えないので、現在の製品としても位置づけが中途半端に感じられます。
そこに喝を入れる目的で、後継モデルに fx-5800P レベルのCasio Casic を搭載するなら、とても魅力的です。

あと、デザインも fx-MS991 2nd edition とか fx-9860GIII のようになるかも知れませんね。

そうそう、関数電卓のデザインが fx-MS991 2nd edition のようなものに統一されてきていますし、fx-7400GIII、fx-9750GIII、fx-9860GIII のデザインも同じ感じです。fx-CG50, fx-JP900, fx-290 Solar II のようなCFRP風のデザインから、模倣対策のために変更してきたような気がしています。

で、第2世代関数電卓としての最終形である fx-MS991 2nd edition を記念のコレクションとしてポチッとして到着待ちだったりします。


> 欧米発売は、もっと早く4月ごろからかもしれません。
> となると、早ければ年内、10月には出てきそうですが、そもそも日本で発売されるかどうか、ここが最大の懸念ですね。(^^;

fx-9860GII が国内で既に販売されていないので、fx-5800P の後継は何らかの形で出てくるのではないかと思っています。
それが fx-72f だと悲しいとしか言えません。多分、fx-xxxxGIII のどれかは国内販売されるのではないかと...

Re:Re: fx-9860GIII のマニュアル

管理人様、こんにちは!

>TI-Planet の critor様から、当ブログの[拍手]機能にコメントを頂きました。
>こんな辺鄙なところにある日本語サイトなのに、ちょっとビックリしました。

Critor様はフランスだけではなく世界中の電卓情報に精通されている方ですし、
各国の電卓関連サイトに出没されているので、当然のように見つけられてしまいますね。(^^)

で、TI-Planetデビューおめでとうございます!
次は、いよいよPlanet-Casioでしょうか。(^^)


>価格帯と機能から見れば、fx-7400GIII が fx-5800P の後継とも言えるかも知れません。

機能的に見れば同等なのは7400GIIIですね。
ただ、価格帯的に比較すれば、fx-9750GIIがfx-5800Pとほぼ同じ価格だったので、ややこしくなってきます。(^^;


>本当に fx-5800P のジャンルが無くなるのは寂しいとも言えますが、fx-7000G に立ち戻れば、グラフ関数電卓が異常に肥大化したから、原点に戻ろうということかも知れませんね?

上位版としてのカラー機種があるので、モノクロ機はコンパクトに整理しようという感じだと思いますが、
筐体がCG50と5800Pの中間ほどで程よい大きさなので、5800Pの後継とする可能性はありかもですね。(^^)

fx-5800Pの後継はJP900のプロ電版と思ってましたが、
フランスでのラインナップを考えると、
案外、fx-72fの後継として出てくる可能性もありそうです。


>はい、そうなればいよいよということでしょうね!
>fx-CG50の時は欧米発売の約半年後に日本発売でしたから、今回も半年程度の遅れなら日本の新学期前のタイミングに合いそうです。なので、欧米発売が7月末、国内発売が2月末ってところでしょうか?

欧米発売は、もっと早く4月ごろからかもしれません。
となると、早ければ年内、10月には出てきそうですが、そもそも日本で発売されるかどうか、ここが最大の懸念ですね。(^^;

Re: fx-9860GIII のマニュアル

sentaro様、

TI-Planet の critor様から、当ブログの[拍手]機能にコメントを頂きました。
こんな辺鄙なところにある日本語サイトなのに、ちょっとビックリしました。

> マニュアルをみると、Graph35+EIIと同じと言えますが、ほとんど同スペックの9750GIIIや、7400GIIIまでも新機種として出てくるのはかなり意外でした。
> こうなってくると、fx-5800Pの後継は9860GIII/9750GIIIとなってきそうな雰囲気ですね。

価格帯と機能から見れば、fx-7400GIII が fx-5800P の後継とも言えるかも知れません。
本当に fx-5800P のジャンルが無くなるのは寂しいとも言えますが、fx-7000G に立ち戻れば、グラフ関数電卓が異常に肥大化したから、原点に戻ろうということかも知れませんね?


> マニュアルの日本語版が出てくれば日本での発売も期待できますがどうなんでしょうか。(^^;

はい、そうなればいよいよということでしょうね!

fx-CG50の時は欧米発売の約半年後に日本発売でしたから、今回も半年程度の遅れなら日本の新学期前のタイミングに合いそうです。なので、欧米発売が7月末、国内発売が2月末ってところでしょうか?


fx-9860GIII のマニュアル

管理人様、こんにちは!

>TI-Planet の critor様から情報を頂いた。fx-9860GIII のマニュアルがダウンロードできるようになっているとのこと。

お、さすがですね!(^^)

マニュアルをみると、Graph35+EIIと同じと言えますが、ほとんど同スペックの9750GIIIや、7400GIIIまでも新機種として出てくるのはかなり意外でした。
こうなってくると、fx-5800Pの後継は9860GIII/9750GIIIとなってきそうな雰囲気ですね。

マニュアルの日本語版が出てくれば日本での発売も期待できますがどうなんでしょうか。(^^;

Re: Re:Re: さらに続報です。

sentaro様、皆様、

管理人のやすです。

> fx-9860GIII 予測の
> -FLLから-PFC
> がCG50と同じになっております。(^^;

わ、GRAPH35+E II と同じにするつもりだったのですが...
当初 CG50 と同じかなと思って表を準備していて、それを書き換えるのを部分的に忘れたのでした。


> ここのところは実際にどうなっているのか謎ですが、おそらく35+EIIと全く同じだろうと思われます。(^^)


> ファンクションキーの配色も灰色→白に変更になっておりますね。

えっ? そこんとこ、見落としていました。

ということで、本文修正します。

ご指摘、ありがとうございますm(_ _)m

Re:Re: さらに続報です。

管理人様、皆様、こんにちは!

>早速、ページをアップデートしました。今回は細かいところまでの仕様予測を表にしてみました。

早速にありがとうございます!(^^)

fx-9860GIII 予測の
-FLLから-PFC
がCG50と同じになっております。(^^;

ここのところは実際にどうなっているのか謎ですが、おそらく35+EIIと全く同じだろうと思われます。(^^)


ここまでのところ、35+EIIとの相違点は機種名と本体背面とカバーの配色だけかと思っていたら、
ファンクションキーの配色も灰色→白に変更になっておりますね。

Re: さらに続報です。

sentaro様、皆様、

管理人のやすです。

> 別の販売サイトではケースや裏側の色が変わったことが分かります。
> こうなってくるとこれはいよいよ確定情報ですね。(^^)
> https://tiplanet.org/forum/viewtopic.php?p=250571#p250571

わっ!、かなり具体的な仕様とデザインの情報ですね。
ホットな情報を、ありがとうございます。

早速、ページをアップデートしました。今回は細かいところまでの仕様予測を表にしてみました。

さらに続報です。

管理人様、皆様、こんにちは!

別の販売サイトではケースや裏側の色が変わったことが分かります。
こうなってくるとこれはいよいよ確定情報ですね。(^^)
https://tiplanet.org/forum/viewtopic.php?p=250571#p250571

Re:Re: (追記修正)続報です!!

管理人様、皆様、こんにちは!

>製品画像については、画像処理して、右上の型式のところを書き換えた可能性もあり、チョット怪しい感じがしませんか?
>まぁ、でもそれも有りではありますけど...

怪しさはかなり怪しいですが、一応、販売店なので無いものは売れないということで、
メーカーからの画像だけもらって先出ししている可能性がありますね。


>[SHIFT][OPTN]キーのバックライトのマークが無いのも、切り貼りの画像合成だから?

そうであって欲しいところですが、ハードに変更が無ければバックライトは付かないのは仕方ないかもしれません。


>しかし販売店が情報リークを始めているのは、発売が近いコトを反映しているのかも知れません。

早ければ来月から発売されそうな気配です。
予想以上に早い展開ですね。(^^;

Re: (追記修正)続報です!!

sentaro様、皆様、

管理人のやすです。

続報のご紹介、ありがとうございます。

製品画像については、画像処理して、右上の型式のところを書き換えた可能性もあり、チョット怪しい感じがしませんか?
まぁ、でもそれも有りではありますけど...

[SHIFT][OPTN]キーのバックライトのマークが無いのも、切り貼りの画像合成だから?

しかし販売店が情報リークを始めているのは、発売が近いコトを反映しているのかも知れません。



(追記修正)続報です!!

管理人様、皆様、こんにちは!

https://tiplanet.org/forum/viewtopic.php?f=51&t=23421
外観デザインはGraph35+EIIと同じでバックライトが付くようです。(^^)
さらにはfx-7400GIIIも出るようです。

国内販売があるかどうかが今の所の懸念材料ですね。(^^;


(追記)商品説明はGIIのままだったようで早とちりです。(^^;
 バックライトは無さそうで、Graph35+EIIと全く同じ模様ですね。

Re: 新機種のデザインは?

管理人様、皆様、こんにちは!

>但し、もしこれを外してくる場合は、fx-991MS 2nd edition のようなデザインになると思います。色だけの違いではありますが...但し、この選択肢は fx-5800P の後継機種を作らず グラフ関数電卓をスタンダード関数電卓のデザインに近づけるという考えがセットになるものと思われますが、如何でしょう?

あ、それ、あり得ますね。
fx-991MS 2nd editionは一番新しいデザインの形といえますし、35+EIIには反射で見づらくなる表面加工が無いのでそれを踏襲している感じもあります。
9860GIIIもそのデザインになる可能性が高いかもしれません。(^^)


>バックライトにご興味があるのは、画面が小さいことも関係しているのでしょうか?

従来機がバックライト搭載だったのでそこのところがどうなるのかなという感じです。
ただ、35+EIIは9750GIIシリーズに9860GIIシリーズが吸収合併された感じなので、そうなると9860GIIIもバックライト無しかもしれません。


>9860GII と同等以上の性能で、小型軽量というのは、大歓迎ではありますが、価格がどうなるのか、そして国内販売されるのかも気になります。私の感じだと国内販売は無いと思うんですけど...

仮に国内発売されても、定番化したカラー機の後に出てくるグラフ電卓の新型機としてはかなり弱いですよね。
もし、fx-5800Pの後継機種として、もしくはグラフ電卓のエントリ機種として実売1万程度で発売されるなら国内販売はありだと思います。(^^)


>9860GIII が GRAPH35+E II と同一機能だとして、一番期待できるのは、PCリンク時に外部ドライブとして認識させる点です。これだとCGシリーズのように、ファイルのやりとりがとても楽になりますし、FA-124の制限やバグからも解放されます。

USB外部ドライブとして使えるのはもはや今の時代では当然ですよね。(^^)


>国内販売されるとしても、今のように2倍程度になってしまうのでしょうから、海外から買った方が良いというのが続くかも知れませんね。

今まで通りならばそういうことになっちゃいますね。(^^;
淡い期待としては、fx-5800Pを置き換えるポジションに来るならば高くても1万円程度でということなんですが、どうなるのでしょうか。


>新学期に間に合わせるというのが本当ならば、8月中旬以降というのは十分にありそうです。
>あっと言う前ですよ、きっと...

CG50の発売時期や35+EIIの発売時期からすると、早ければ7月までに入手できるかもしれません。
となると、本当にあっという間ですね。(^^;


>はい、なので慌てて新エントリーを立ち上げました\(^_^)

このフットワークがさすが管理人様というところです。はい!(^^)

Re: 新機種のデザインは?

sentaro様、皆様、


管理人のやすです。

> 9860GIIIはハード的にはGraph35+EIIと同じになるのは予想できますが、問題はそのデザインです。

そうなんです。


> CP400,CG50、JP900、260SoloarIIの黒ベースの長方形デザインを踏襲するのは間違いないので、

私もそのように思います。
但し、もしこれを外してくる場合は、fx-991MS 2nd edition のようなデザインになると思います。色だけの違いではありますが...但し、この選択肢は fx-5800P の後継機種を作らず グラフ関数電卓をスタンダード関数電卓のデザインに近づけるという考えがセットになるものと思われますが、如何でしょう?


> Graph35+EIIの単なる黒バージョンなのか、それプラス、バックライト付きにするのかという感じになりそうですが、
> Graph35+EIIは液晶はfx-5800P並に小さいので、そこのあたりどうなるかというところです。

バックライトにご興味があるのは、画面が小さいことも関係しているのでしょうか?
確かに、9860GII や Slim そして CG50 に慣れてしまうと、バックライトはあって当たり前、みたいに体が求めてしまいますよね!

9860GII と同等以上の性能で、小型軽量というのは、大歓迎ではありますが、価格がどうなるのか、そして国内販売されるのかも気になります。私の感じだと国内販売は無いと思うんですけど...

9860GIII が GRAPH35+E II と同一機能だとして、一番期待できるのは、PCリンク時に外部ドライブとして認識させる点です。これだとCGシリーズのように、ファイルのやりとりがとても楽になりますし、FA-124の制限やバグからも解放されます。


> 従来の9860GIIユーザーから移行する場合に違和感のない大きさにするとなると筐体はCG50と同様の大きさになってしまう可能性もありますが、
> そうなると後に発売されるモノクロ機がカラー機と同じ大きさというのでは若干無理がありますね。
> fx-9860GIIの後継機ポジションはCG50ということになるならば、
> フランス同様に従来のfx-9750GIIと9860GIIを統合してモノクロバージョンは一機種に再編という形に落ち着きそうです。
> CG50筐体ではいまだにキー押下問題が未解決なままなので、935EIIの小さな筐体ならその問題も無さそうですし。

カラーバージョンとの差別化のために、モノクロバージョンの統一と小型化を 9860GIII で行うというのは、とてもありそうな背景だと思います。ついでに価格も、カラーバージョンよりももっと差別化できると良いですね。

国内販売されるとしても、今のように2倍程度になってしまうのでしょうから、海外から買った方が良いというのが続くかも知れませんね。


> 発売はまだ先のことですが、新機種情報があると、何かワクワクしてきますね。(^^)

新学期に間に合わせるというのが本当ならば、8月中旬以降というのは十分にありそうです。
あっと言う前ですよ、きっと...

はい、なので慌てて新エントリーを立ち上げました\(^_^)

新機種のデザインは?

管理人様、皆様、こんにちは!

9860GIIIはハード的にはGraph35+EIIと同じになるのは予想できますが、問題はそのデザインです。

CP400,CG50、JP900、260SoloarIIの黒ベースの長方形デザインを踏襲するのは間違いないので、
Graph35+EIIの単なる黒バージョンなのか、それプラス、バックライト付きにするのかという感じになりそうですが、
Graph35+EIIは液晶はfx-5800P並に小さいので、そこのあたりどうなるかというところです。

従来の9860GIIユーザーから移行する場合に違和感のない大きさにするとなると筐体はCG50と同様の大きさになってしまう可能性もありますが、
そうなると後に発売されるモノクロ機がカラー機と同じ大きさというのでは若干無理がありますね。
fx-9860GIIの後継機ポジションはCG50ということになるならば、
フランス同様に従来のfx-9750GIIと9860GIIを統合してモノクロバージョンは一機種に再編という形に落ち着きそうです。
CG50筐体ではいまだにキー押下問題が未解決なままなので、935EIIの小さな筐体ならその問題も無さそうですし。

発売はまだ先のことですが、新機種情報があると、何かワクワクしてきますね。(^^)
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
C# (3)
Visitors
Online Counter
現在の閲覧者数:
プロフィール

やす (Krtyski)

Author:やす (Krtyski)
since Oct 30, 2013


プログラム電卓は、プログラムを作って、使ってナンボ!

実際に触って気づいたこと、自作プログラム、電卓プログラミングについて書いています。

なお管理人はカシオ計算機の関係者ではなく、Casio Basicが面白いと感じる1ユーザーです。


写真: 「4駆で泥んこ遊び@オックスフォード郊外」

リンク
月別アーカイブ
Sitemap

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR