Casio Pyhton - turtle / matplotl モジュール

Python Casio Python
 Casioグラフ関数電卓の Python を使ってみる
     - Casio Python 用 turtle / matplot モジュールの入手
目次

初版:2022/01/03


Casio Python 用に turtle モジュールと matplotl モジュールが CASIO USA から公開されました。これらモジュールを使ってみたいと思いますが、先ずは入手方法を紹介します。


CasioEducation US の YouTube
CasioEducation US の YouTube にアクセス

Casio_Turtle

この画面の下にある CasioEducation US のコメントで "もっと見る"  をクリック。

Casio_Turtle_2

MatPlot libraryTurtle のURLをクリックすると、それぞれで Dropbox が開くので、そこから matplotl.pyturtle.py をそれぞれダウンロードする。


Matplotl モジュール

matplot


Turtle モジュール

turtle


ダウンロードしたモジュールのインストール

Pythonモードが搭載されている電卓 (fx-CG50) をPCと接続し、py ファイルが格納されているフォルダにダウンロードした matplot.pyturtle.py をコピーします。

これで、MatPlot モジュールturtle モジュールが使えるようになります。





応援クリックをお願いします。励みになるので...
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ


 


keywords: fx-CG50Pythonfx-9750GIIIfx-9860GIIIプログラム関数電卓

リンク集 | ブログ内マップ

関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

Re: モジュールの解説希望

hangyodon1123様


> ども、あけおめです。

ことよろです。


> Casio Pythonの資料が、こんなに充実しているのを知り、大変驚いている次第です。
> 国内でCasio Pythonの資料はほぼ皆無なので、とても参考になります。

ありがとうございます。励みになります。

実は、2020年の4月から PC で使う CPython を勉強し始めたのですが、その後 Casio電卓の Python モードに casioplot モジュールが追加されたことで、Casio Python の探索を始めました。私の Python 暦はまだ2年に満たないのです。

幸い C# を少しは使えたこと、Python が C# に似ていることから、勉強しながら一連の記事を書いてきております。

turtle や matplotl は私にはとても新鮮、言い換えればこれまで殆ど使ったことがありません。そこで、CPython と Casio Python の両方で探索を始めたばかりです。

Casio Python の turtleモジュールは CPythonのそれに比べて、かなり機能制限されたサブセットだと気がつき始めています。
例えば、現行の turtle モジュールでは turtle クラスを継承して新たなインスタンスを生成することが出来ないようです。

現行モジュールを改造して機能追加するとか、使いこなしでクラス定義して使いこなすとかなど、遊びどころは結構ありそうな感じでいます。

matplotl モジュールはかなり複雑そうで、敷居は高そうな感じがしていますが、ジックリと遊んでみたいと思います。


> 今回追加されたCasio-USのモジュールですが、是非モジュールの解説をお願いします。
> 日本語の解説は、とても貴重です。

どこまでできるのかは全く判らないのですが、自分なりに探索して読者とシェア出来れば良いかな、と思います。


> 日本のCasioは、恐らくこのモジュールに関心を持っていないのでしょうね。
> とても残念な事です。
> 学校でのプログラミング教育には、グラフ電卓のPythonが最短だと思うのですが、、、

そうですね、Python は勉強してみると初心者でも簡単に使えるくらい導入の敷居は低く、プロでも不満なく使えそうな珍しい言語ですから、学校で教えるには最適だと私も思います。

これを教えないなんで、本当に勿体ないですよね!

モジュールの解説希望

ども、あけおめです。

Casio Pythonの資料が、こんなに充実しているのを知り、大変驚いている次第です。
国内でCasio Pythonの資料はほぼ皆無なので、とても参考になります。

今回追加されたCasio-USのモジュールですが、是非モジュールの解説をお願いします。
日本語の解説は、とても貴重です。
日本のCasioは、恐らくこのモジュールに関心を持っていないのでしょうね。
とても残念な事です。
学校でのプログラミング教育には、グラフ電卓のPythonが最短だと思うのですが、、、

ではでは。
最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
C# (3)
Online Counter
現在の閲覧者数:
プロフィール

やす (Krtyski)

Author:やす (Krtyski)
since Oct 30, 2013


プログラム電卓は、プログラムを作って、使ってナンボ!

プログラム電卓を実際に使って気づいたこと、自作プログラム、電卓での Casio Basic, C.Basic そして Casio Python プログラミングについて書いています。

なお管理人はカシオ計算機の関係者ではありません。いつでもどこでもプログラミングができるプログラム電卓が好きな1ユーザーです。


写真: 「4駆で泥んこ遊び@オックスフォード郊外」

リンク
月別アーカイブ
Sitemap

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR