電卓すす払い 2022

2022年2月14日

1年から2年ごとに、持っている電卓を一斉にメンテナンスするようにしていて、今回は、私のメンテナンス方法を紹介します。

2014年の年末にメンテナンスしたときの記事は、以下で紹介しています。
年末恒例、電卓すす払い

この時メンテナンスした電卓は11台でした。
My Calcs 


さて、いつもは年末にメンテナンスを行いますが、昨年末は忙しく持ち越しになり、2月にずれこみました。
2014年以降、プログラム電卓と関数電卓は36機種、45台に増殖したので、それなりに手間がかかります。


My_func_calcs_20190803

My_graph_calcs_20190803


My_graph_calcs_2_2020110


My_func_calcs_20210125_1


My_func_calcs_20210204_2

メンテナンス時には、以下のようなチェックをします。
電源スイッチの ON/OFF チェック
液晶の表示チェック (自己診断機能を利用)
キーの反応チェック (自己診断機能を利用)
電池の液漏れのチェック (特にソーラー電卓のバックアップ電池は要注意)

なので、電卓が増えるとチェックが結構大変です。

そこで、fx-9860G 以降のストレージメモリのあるプログラム電卓 (グラフ関数電卓、14台分) については、C.Basic が動作するので、C.Basic の拡張コマンドを使ったバッテリーチェック・プログラムで電池の電圧チェックすると、かなり効率アップします。
バッテリー電圧チェック・プログラム

ソーラー電卓でバックアップ用電池(ボタン電池など)を使っているタイプは、動作確認しても電池の液漏れの確認ができないのが、要注意です。ちなみに、殆どのモデルでは2年ごとに交換を勧めています。

ボタン電池やコイン電池だけで動作するモデルは、毎年チェックするのであれば、電源チェックで電源が入らないときに電池交換すれば問題ないと思います。







応援クリックをお願いします。励みになるので...
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ


 



keywords: fx-5800P、fx-9860GIICasioBasic、プログラム関数電卓

リンク集 | ブログ内マップ


関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
C# (3)
Online Counter
現在の閲覧者数:
プロフィール

やす (Krtyski)

Author:やす (Krtyski)
since Oct 30, 2013


プログラム電卓は、プログラムを作って、使ってナンボ!

プログラム電卓を実際に使って気づいたこと、自作プログラム、電卓での Casio Basic, C.Basic そして Casio Python プログラミングについて書いています。

なお管理人はカシオ計算機の関係者ではありません。いつでもどこでもプログラミングができるプログラム電卓が好きな1ユーザーです。


写真: 「4駆で泥んこ遊び@オックスフォード郊外」

リンク
月別アーカイブ
Sitemap

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR