fx-CG20 のイースタエッグ - 自己診断機能

  ▶ CASIO電卓の自己診断機能 - 目次


 2022/02/19

fx-CG20 のイースターエッグ/自己診断機能を紹介する。


fx-CG20 の診断モード


fx-CG20_L注意! 
自己診断機能の中には、データリセット (データ消去) するメニューを含んでいるので、万一に備えて自己診断機能を使う前に、必ずバックアップをしておくことを勧める。


診断モードに入るには、先ず電源OFFの状態で、[OPTN]+[EXP] を同時押しながら、[AC/ON] を長押しすると、

=DIAGNOSTIC MODE=
Factory Use Only!

 Press : [EXIT]


と表示されるので、 [F1] を押す。ここで [EXIT] を押すとリスタートする。
[F1] を押して自己診断モードに入ると以下のように表示される。

=DIAGNOSTIC MODE=
Factory Use Only!
Delete all data?
   Yes  :  [9]
   No   :  [EXIT]


ここで、[EXIT] を押すとリスタートする。[9] を押すと、自己診断メニューに入ります。

[LY755DZ MAIN]        111
 1.PATTERN   5.SERVICE
 2.FUNC     6.Send-Rec
 3.TEST      7.Rec-Send
 4.VERSION        0.RESET
 +.VER&SUM 
 
     QUIT  : [EXIT]

このメニューで、[EXIT] を押すとリスタートする。

ここで左上に表示される LYxxxxx は、機種とOSバージョンで異なる。


1.PATTERN を実行する。画面の指示に沿って操作すると、ROM VERSIONの表示、ROM TEST、RAM TEST、ディスプレイ テスト ([EXE] で次に進む)、1部のキーのチェック と進み、さらに外部機器を使う診断と思われるチェックが続く。最後に自己診断メニューに戻る。

2.FUNC を実行すると、ROM VERSIONの表示、ROM TEST、RAM TEST、ディスプレイ テスト ([EXE] で次に進む)、全キーのテストと進み、さらに外部機器接続が前提と思われるテストが続き、自己診断メニューに戻る。

3.TEST を実行すると、LCD、KEY、ROM、RAM、DETCT、TRANS、CURRENT、OTHERS の項目をチェックできる。

4.VRSION を実行すると、ROM VERSION を表示する。

5.SERVICE を実行するとサービスIDが表示される。

6.Send-Rec を実行すると、外部機器接続が前提と思われるテストが複数あり、自己診断メニューに戻る。

7.Rec-Send を実行すると、外部機器接続が前提と思われるテストが複数あり、自己診断メニューに戻る。

0.RESET を実行するとリスタートする。

+.VER&SUM を実行すると、ROM VERSION (OSバージョン) の表示、ROM テストを行える。







応援クリックをお願いします。励みになるので...
にほんブログ村 IT技術ブログ 開発言語へ


 

 
keywords: グラフ関数電卓、fx-9860GII、fx-9860GIi SD、イースタエッグ、診断機能

リンク集 | ブログ内マップ
関連記事

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
C# (3)
Online Counter
現在の閲覧者数:
プロフィール

やす (Krtyski)

Author:やす (Krtyski)
since Oct 30, 2013


プログラム電卓は、プログラムを作って、使ってナンボ!

プログラム電卓を実際に使って気づいたこと、自作プログラム、電卓での Casio Basic, C.Basic そして Casio Python プログラミングについて書いています。

なお管理人はカシオ計算機の関係者ではありません。いつでもどこでもプログラミングができるプログラム電卓が好きな1ユーザーです。


写真: 「4駆で泥んこ遊び@オックスフォード郊外」

リンク
月別アーカイブ
Sitemap

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR